« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月27日 (月)

徳島上陸

先週に引き続きETC割引を最大限利用すべく今回は四国に上陸。まずは、関西から四国への玄関口、徳島県は鳴門へ。

 

インターチェンジを降りると、ETCはちょうど5000円を示すが、見事1000円!!すでにここで4000円浮きましたねw

朝天気がよくなかったので出発を少しずらし10時過ぎに出て3時間で到着。ここ鳴門は言わずと知れた渦潮の町。ここの渦潮は世界でも屈指の規模だとか。。。

ならば、目の前で見るしかないね♪と言うことで、渦潮観光船に乗り込み鳴門海峡大橋の真下に向かう。

 

 

渦潮の時間はちょっと超えていたが、それでも橋の真下まで来たときの渦潮の荒々しさには圧巻!船の揺れも最高潮ww

 

 

30分の船旅でしたが、これは一見の価値ありですね。俺はもう1回間近で見たいです♪

船から見た後は、橋の上からも見たいなあ、と思い大鳴門橋橋桁空間に設置された遊歩道「渦の道」に移動。船を下りてから1時間と経っていないのに、橋の上から鳴門海峡を眺めると、もう渦はなくなっていた。。。。

うーん、ぎりぎりでよかったww

 

さて、ここ鳴門は渦潮以外にも鳴門金時たるサツマイモの名産地♪

と言うことは、食うしかないでしょうww

 

「金時ソフト♪」

クリームの下に熱々の鳴門金時が敷かれていて熱いお芋とつめたいソフトのコラボレーションがGOO!でしたww

 

 

 

鳴門を出る頃には天気も回復し、晴れ間も覗いて来る。そこで鳴門から吉野川沿いを西へ行くこと約1時間半で、脇町へ。。。

ここ脇町は知る人ぞ知る「うだつ」の町並みが有名。。。

 

そう、あの「うだつの上がらない」で有名な脇町ですww

 

こじんまりとした町並みでしたが、どこの家も立派でさすがは「うだつの上がった」町並みww

因みに「うだつ」とは、防火よけの白壁のこと。それを家につける事が出来る家ほど、仕事的にも家柄的にも成功した家と言うことらしい。。。

この「うだつ」、上の写真の2階の部分に飛び出ている白い部分がそう。

 

俺みたいな「うだつの上がらない」人間はこのような立派な家構えを持つことは出来ないでしょうww

 

ここ脇町を散策し終わる頃には早いもので夕方、徳島ラーメン「いわた」でラーメンを食すww

若干濃い目の汁だが薄味好みの俺でも麺が進む。。。生卵もついてきて、この後汁と混ぜ混ぜしてお汁も味わうことが出来るww

 

 

 

徳島ラーメン奥深しww

また色々試してみたいものです♪

さて、この日は徳島市内で宿をとり次の日に備える。

 

続く

2009年4月22日 (水)

春の鳥取

ETCも土曜日曜限定で1000円均一となり、車での旅行も大分負担が軽くなり安上がりでいけるようになりました。(制度自体は大きな問題がありますが)これは使わない手は無い!と言うことで、月曜日に???(えっww)早朝から岡山県の北部は蒜山高原にサイクリングに行ってきました♪

月曜日だから1000円の恩恵は受けられませんでしたが、そこはETC!色々な節約方法はあるわけで、

夜間早朝割引(大都市圏、100kmまで。50%割引)

通勤割引(大都市圏以外、100kmまで。50%割引)

平日割引(大都市圏以外、1日2回まで。30%割引)

を多用♪、300キロ近くの距離を3000円ちょっとでいくことができました。

しかし、色々制約はあるわけで、初めの早朝割引は朝の6時までに俺の住んでいる南大阪方面から吹田のある北大阪までを駆け抜けなければ割引は適用されず、朝5時に出発し、6時10分前にギリギリ吹田を通過。これで一つ目の割引は無事100キロまで適用♪

兵庫県は加西を過ぎると100キロ超えて割引が利かないので、いったんICを降りすぐにまた高速へ。。。これで都市方面に行かなければ、ここからまた2回目の通勤割引で100キロOK!

こうして岡山の津山まで行った後、3度目の割引を得るべくまたまた高速を降りるww

結構手間ですが、ここから蒜山までは50~60キロほど。このご時勢、お金は大切に♪

かくして8時30分過ぎには、第一の目的地、蒜山高原に到着♪

早速朝から何も食べずにやってきた俺。。。これは何か食べないと!と言うことで蒜山名物の一つ、蒜山そばを食す♪

いや~、すきっ腹には最高♪これで高原をサイクリング出来る。

車に積んだサイクリング車を取り出し、高原内をグルッと廻る。途中には三木ヶ原やジャージー牧場、塩釜の冷泉など見所も一杯!牧場では馬が朝から飯くれ~wwとやってきて鼻をならすww

高原ではタンポポやクローバーが咲き乱れ、しばしハイジのように???寝転んで高原を満喫wwスローライフに憧れる瞬間ですね。別荘でも買おうかww

この高原は言うほどの高低差は無くて、比較的自転車でも走りやすいのでお勧めですよ。途中塩釜の冷泉で冷たい水を頂き、のどを潤す。ここは銘泉100選にも選ばれた所。自然のありがたみを享受させていただきました。

色々廻っているうちによきおやつタイムww

蒜山と言えば…

ジャージーでしょう♪

ソフトにしようか迷ったんですが、やっぱり牛乳かなあwwと

勿論横にあるロールケーキもジャージー牛乳一杯使ったクリーム♪

スィーツで腹も良い具合になったところで、次の目的地は鳥取県は大山へ。。。ここ蒜山は大山国立公園の一つ、勿論大山も牛の名産地ww

山道をドライブしながら40分ほどで鳥取県側の大山へ。。。

大山でも勿論牛を目指し。。。

大山牧場で鳥取地牛のハンバーグステーキをww

いや~、うみゃい!!食後に頼んだ大山牛乳のカフェオレもとっても濃くて飲むたびにミルクの膜が張るくらい新鮮でいいもの口に出来ましたww

食事を終える頃、ふと窓を見ると、砂嵐が。。。そういえば天気は下り坂、もうすぐ雨も降り出しそう。。。ましてここ大山は火山岩で出来た山、どおりで砂が舞うはずだ。。。

食後は若干早めに行動すべく、大山寺をお参りし、鳥取県を東へ移動。

大山を背に、車で約2時間で鳥取県は鳥取砂丘に到着。

まだ雨には降られず、砂丘を往復1時間かけて見て来るが、いや~、この砂の段差はすごいですね。すぐ目の前が海なのにこの砂山の高さは何?と言うくらい。。。さすがに足を滑らすとちょっと怖かった。。。

それでも若いグループが駆け下りようとめちゃなことしておりましたがww

砂丘を後にし、鳥取駅でお土産を買った後、帰路へつくが、鳥取市街を抜けたあたりで雨が。。。ギリギリセーフ。。。帰り道は久しぶりにいとこの家に急遽寄り道をし、夕食をご馳走にww

家に帰ってきた頃には午前様ww

1日丸々遊びほうけておりましたwwまあ、良い気分転換になりましたけどね!

と言いつつ、来週またどこかへ行くのですがww

では!

2009年4月11日 (土)

成長

新学期が始まりまだ10日ちょっとなのにバタバタ劇は延々続き、朝から晩まで毎日残業万歳モード全開ですww

クラスの流れを作って指導していても如何せん3歳児、、、延々繰り返しでこちらも知らず知らずテンションだけがUP状態。それでも少しずつは落ち着きつつあるのかなあ、と無理やり言い聞かせて毎日を過ごしております。

 

そんな中、おととし俺が担任した年長の子ども達からお誘いがあり、地域の学童のドッジボール大会を見に行かせてもらいました。

久しぶりの子ども達との再開。 「お~い!先生!」と手を振って近寄ってくる子もいれば、明らかに照れ隠しモード?でチラ見し続ける子もww

1年前までは保育園児でドッジボールをしていても、まだまだ~♪と思っていたのにこの日のドッジボールのパワーは半端じゃないほどしっかりついていて、担任馬鹿かもしれませんが、他の子ども達のパワーの比じゃないなあwwと。。。

これじゃあ数年後には俺も負けるなあ、、、と思ってしまうくらいの子ども達の成長に感激の俺でした。チーム変えの時に子ども達のところへ駆け寄り、話をしに行くと小学校での様子や習い事のこと、今夢中なこと色々話をしてくれる子ども達、どの子も体も心も大きくなりつつ、目の輝きはそのままだなあ、とうれしく思った瞬間です。

しかし、幼さはまだまだww相も変わらず慣れてくると、「先生、抱っこ~ww」 「おんぶ~♪」とww

 

彼らのこれからがとても楽しみです。

そして、そういう再開があったかと思えば、別れもあり、、、

 

「先生、あんな引越しで栃木の田舎の方に行くねん」

引越しの前日に保育園に挨拶に来てくれ、新たなる土地への旅立ちに手紙をわたし再会を誓う。新たな土地でも自分らしさを忘れず頑張ってほしいと思う俺です。

卒園しても顔を見せに来てくれたり、近況を知らせてくれたり、あれだけ色々あったクラスだったのに不思議なモンです(知っている人は知っているww)

 

こういった繋がりは年長を担任したからこそ味わえる幸せですね。大切な宝物です。

2009年4月 4日 (土)

今年度は

前回の卒園式ブログから一転、4月に入り、新しいクラス運営で毎日てんやわんやの俺です。

今年は3歳児26名の担任となりました。昨年は5歳児から1歳児に降り、ゆったり副担任でのんびりさせてもらったのに、たった1年でまた主担任に戻ってしまった。。。

 

26名の3歳児を担任2名で受け持ちます。

3歳児は保育士1人につき20名の子ども達、なので2名で受け持つのは普通なのですが、今年の学年には自閉症児が1名おりまして、加配で0,5人つく形なんですが、如何せん担任2人。。。

 

子ども達も新しい環境に慣れずバタバタの中、その子にかかわってあげる時間的余裕がなく、また変化を嫌う自閉症故に、パニックを起こしてかわいそうなことをさせてしまってます。

早くクラス運営を整えてもっていってあげないとなあ、とふんどし締めなおしていこうと思います。

 

さてさて、3月のクラス保育終了時にはどれくらい成長してくれているか。。。

頑張らねば!

 

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

兄弟サイト

カテゴリー

リンク先

ランキング

  • ランキング
無料ブログはココログ