« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月30日 (日)

津軽海峡夏景色~函館西部~

過去ブログ

 

津軽海峡  深浦  下北半島  青函

 

1時間ほどローカル線に揺られ、16時過ぎに函館駅に着。

久しぶりの函館だがまだまだ見ていないところは一杯!

 

先ずは函館バスと市電が乗り放題のパスを購入し、異人館街の元町へ。

旧函館区公会堂や旧イギリス領事館、ハリストス正教会等のキリスト教会の数々、、、

神戸や長崎と同じく、坂に異国情緒が似合うのは何故でしょうね。

 

 

 

坂はきついけど教会や領事館が元町地区に固まって点在しているので、観光するにはありがたいです。

ここ元町地区から路面電車で7、8分行くと、石川啄木の墓や立待岬のある住吉地区へ。

ほんの数分で町並みがガラッと変わって、本当函館の奥深さを感じさせてくれます♪

立待峠から函館山を見上げるとどんより雲がかかっていて頂上は全く見えず。。。これでは夜の函館山からの夜景は気体出来ずか。。。

 

 

しかし、来たからにはダメもとで上っておかないとww前回は花火大会があって、夜に上れず次の日の朝に上ったんだよなあww

さて、夜の帳が下りるのに少し時間があるので函館駅まで戻り早めの夕食を。

函館といえば。。。

 

 

ジャーンww

イカと丼物でしょうww

 

 

 

 

いくらが大好きでもう何杯あっても良い!!!!!

イカもうみゃかったww

 

とさすがにお替りしていると函館山に登る時間がなくなるのでww食べた後はバスで一気に函館山山上へ!ロープウェイがメジャーですが、さっき買ったパスで函館山までのバスも乗れちゃうのだww

 

そして30分ほどで着いたよ!函館山!!バスも車内を真っ暗にして夜景を見やすくしてくれ、その上車内観光案内付き♪しっか!とバスの窓にへばりついておりましたww

 

アレだけ夕方まで雲が山上を覆っていたのに恐ろしいほどすっきりと晴れ渡り、まさしく展望日和!!!

 

 

もう感動!以外何も無いですね。延々拝んでいたかったです。

9時近くまでずっと眺めていたのですが、帰りのバスも混み混みぽいので早めに切り上げ、バスで函館駅に戻った後は、市電に乗り換え今日の宿は湯の側温泉へ。。。

 

続く

2009年8月26日 (水)

津軽海峡夏景色~青函~

過去ブログ

 

津軽半島 深浦 下北半島  

 

下北から青森市内に入るころには夕方になり、車の交通量も増える。

そんななか、青森市の入り口にある有名な浅虫温泉

レンタカーの返却時間があるので小一時間ほどしか入れませんでしたが、昨日の不老不死温泉に入れなかった分、少しは気持ち的に取り返せたか。。。残りは函館でリベンジww

 

温泉でさっぱりした後は、青森市内まで行き、レンタカーを返した後ホテルへ向かう。

ホテルに着いたころには夜の帳も降り、夜の青森駅周辺を散策♪

 

 

青函連絡船も大分くたびれていますねえ。。。ここ青森には八甲田丸、函館には摩周丸が係留されていて、時代の流れを感じます。

青森駅周辺を散策しているうちに完全に夜になり、腹も空いたので飲み屋さんへ直行。津軽の海産物を頬張り、次の日に備える。

プファ~(^0^)c[]…

 

 

次の日は9時発のフェリーにて一路津軽海峡を縦断。約4時間の船旅である。

お盆前とは言え週末なのでかなりの乗船率。船室では横になれないでロビーで座り込む人も多々。。。俺は早めに船室に入っていたので大丈夫でしたが、本当皆さんお疲れさんです。

 

そうして13時前。。。無事に北海道は函館港に到着!

ここから1キロほど先にある七重浜駅から渡島当別駅までローカル線の小旅行に行くのですが、如何せんローカル線。。。一日9便ほどしかないわけで。。。そして、その乗るべき列車の時間は13時23分。。。

 

にも関わらず、絶対に函館に行った時には絶対に食べておきたいものがありww

それはハンバーガーの店の「ラッキーピエロ

 

ここのハンバーガーは以前行ったときに初めて食べ、30分経っても熱々のままでなかなか口に入れられない位で、ボリュームもこれまたすごい!

さすがはハンバーガーの殿堂である!!!

 

んで、時間も無いにもかかわらず港近くにあるラッキーピエロに寄ってベーコンエッグバーガーを購入♪しかし、買って駅までダッシュしても間に合うかどうか…

 

 

 

間に合わせるのが俺ですww

 

 

 

 

 

ギリギリ乗り込んじゃいましたww

おかげで渡島当別駅までずっと大量の汗をカキカキ。。。(国鉄時代の扇風機オンリーのディーゼルカー1両でしたからww)

約40分ほどの乗車で目的地の渡島当別駅。。。どこの駅も無人駅で列車が行った後は本当換算としている。。。この駅で降りたのも俺と後一人だけ。。。

 

次の折り返しの列車まで1時間半ほどあるので駅舎で先ほど買ったハンバーガーを頬張るww

1時間弱も経っているのにまだ熱々!頬張ると口周りに一杯ソースがww

んなもん気にせずこういうものはぱく付くに限る!!

 

 

 

 

あっ、因みに汚く食い散らかしたのではありませんwwチーズやらソースやらが大量に溶け、原型が(汗)…

 

本来はこんなやつですww

 

 

 

たった一つ食べるだけで20分もかかったww

 

ふ~~~~~~っ♪うみゃかった~~~~~~~~ww

 

 

 

腹いっぱいの俺はご満足モード全開でトラピスト修道院を目指す。。。

はるか遠く一直線の道を延々暑い中、「まだかよ~~~~」を連呼する不謹慎な俺。。。

あ゛~~~~~神よ、こんな穢れたおいらを許したまえ。。。

 

ここトラピスト修道院は男性のみの修道院。勿論見学者も男性のみ。。。

中には俺も入りませんでしたが、女性の方も正門の周りまでは見学できますのでご心配なくww

 

 

帰り道には男爵いもを発明した方の博物館みたいなのがあり、列車が来るまでの間見学してくる。かなりハイカラな方だったようですww

 

さて、ここからは一気に函館の市街まで戻って市内観光♪

 

続く

2009年8月23日 (日)

富田林寺内町燈路

富田林市の寺内町で夏の終わりを告げる寺内町燈路が行われましたので、俺も燈篭を作って寺内町に置かせてもらいました。

保育園に毎年依頼があってこの寺内町燈路が始まって以来毎年作らせてもらっているのですが、毎年規模が大きくなってきて、今年は園だけで20個もの燈篭を作らないといけなくなり。。。子ども達の絵を貼って燈篭に貼り付け、18時に燈路を並べ火を入れる。。。

まだ18時過ぎだと、明るくぼんやりとしか絵が浮き出てこないが17時過ぎには夜の帳が下り、良い雰囲気に、、、そして人並みも最高潮。。。年々人の数が増えて来る。。。

子ども達も見に来て、

「あっ、あった!」「先生のこれでしょ♪」

と自分達の作った燈篭を見てはしゃいでいました。

寺内町中に燈篭を並べているので俺も見て廻るが、本当に色んな個性的な燈篭が並んでいて小一時間廻っていましたが、出来のよさに感動!

21時の終演まで多くの人で賑わった寺内町。

また来年はもっと規模が大きくなっていそう。。。

※下の写真2枚がおいらの作った切り絵バージョンのやつです♪

津軽海峡夏景色~下北半島~

過去ブログ

津軽半島 深浦

 

朝一から旅行の時は食欲旺盛な俺、、、6時半からがっつりホテルの朝食を頬張るww

さてさて今日は朝から弘前市内観光をした後一気に下北半島まで出掛けるので時間は有効に使わないと♪

 

今日の行程

 

弘前禅林街~弘前りんご園~弘前公園~恐山~浅虫温泉~青森(泊)

 

まずは禅林街へ、長勝寺を中心とした寺社の集まった地域で多くの寺院が街路沿いに並んでいます。

 

 

禅林街から五重塔までは少々離れていますが、朝の散歩コースとしてはいいですよ。ただ8時過ぎだというのに夏だからww汗だくですww

この禅林街で汗だくになったら勿論水分補給♪数キロ先にある弘前りんご園に直行!!!

ちょうど8月からキャワイイwwりんごがゲットできるようで早速頂きやす♪

手のひらサイズのきゃわいいりんごですが、甘み酸味共に抑え気味な初心なりんごですww

俺的にはこんなりんごもさっぱりしていて好きです

んで、もってりんごジュースもゲッチュー

 

 

りんごジュースのほうはかなりの甘さ!!相当濃厚で、りんごそのものをまさしく搾り出した感じ。酸味が利いている分、りんご酢の方が俺は好みだったかなあ♪

 

さて、しっかり水分補給した後は、市街に戻り、弘前公園を中心に町並みや城跡を散策。明治時代のハイカラな洋風建築があったと思いきや、仲町伝統的建造物群保存地区や弘前城など日本建築とが街中に点在しているなかなか見ごたえのある街でした。

 

 

朝一から弘前市内を廻っていたので、もう昼前。。。時間のたつのは早いモンです。そろそろ下北のほうへ向かわないと青森は大きい!!

高速を使って青森へ、そしてみちのく道路という有料道路を経由して野辺地へ。。。ここまでで昼過ぎているので、かなり急がないと下北半島はいるだけで1日終わってしまいそうです。

 

半島沿いをコツコツ上っていくとあちこちに風力発電の風車が廻っている。。。地方に行ったら結構な確率でありますね。しかし、見上げるとすごい大きさです。作った人はすごい!

 

1時頃むつ市内に入って、やっとそこから30分ほど。。。

そして、着きました。

 

 

 

あの世の入り口。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

恐山

 

 

 

 

三途の川にかかる赤い橋を渡るとあの世へ。。。(因みに俺はあの世側から現世側に戻って渡ってきてしまいました)

硫黄臭がきつくまさしく霊場です。

三途の川の色もエメラルド色で宇曽利湖も神秘の湖らしく引き込まれていきそうな青さです。

日本三大霊山だけあり、厳かな雰囲気の中地獄の風景、極楽の風景を廻って目に焼き付けてくる。

 

賽の河原までくると強酸性の湖らしく、ほとんど植物が生えてないのがより分かる。

この青さは極楽浄土を願う人々の心の青さか…

神妙な気持ちになりつつ、車まで戻ってくると、現世の欲深さが。。。

まだまだダメダメ男です。。。

んで、ゲット!!特産のよもぎとブルーベリーのジェラートww

 

 

 

ジェラートは久しぶりに食べましたが、暑い中で食べるジェラートは最高!!あっというまに口に消えていく。。。とは言え、朝に食事していらい、まともに食べていないので腹は減ったまま。。

 

ということで、青森に戻る前にむつ市内で郷土料理でもいただきますか!!

下北地域でよく食べられているという貝焼き味噌を食す!!

ホタテに卵を溶き入れ、野菜や魚介類を混ぜて食べる!うみゃい!!

味噌も良い感じにこげてうまみをかもし出す。

 

 

皆さんも是非青森行かれた際はご賞味を!

 

さあ、このあとは浅虫温泉で風呂に入って、青森へ!

 

続く。。。

2009年8月16日 (日)

津軽海峡夏景色~深浦~

過去ブログ

 

津軽半島

 

津軽半島を一気に南下し、十三湖を車窓に眺めつつ目指すは深浦地方。

しかし思った以上の長距離で、行っても行っても深浦には着かない。さすがは陸の孤島と呼ばれるだけの事はある。。。道もスムーズなのに着いたのはもう夕方。。。

 

来ることに必死?だったので全く食事とっておらず。。。急に着いた時に空腹を覚え、、、でももうすぐ夕食タイム。。。

で、結局。。。

 

 

ジャーン!!津軽名物「いか」!!ww

焼きたてだったので、コリコリホクホク、でも簡単に口の中で噛み切れるのは新鮮だからこそ!

これで小腹満足♪さて、深浦地方攻めまっせ♪

まずは千畳敷。。。ちょっと宮崎の鬼の洗濯岩にもにているかなあ、と、、、

 

 

ここから30分ちょっとで今日のお目当ての一つ、十二湖に着く。。。

いや~、、、遠かった。。。この地点で5時近く。

人もまばら、、、まあこの方がゆっくり散策でき、夕闇迫る十二湖も味わえ一石二鳥というもの。

 

さすがに十二湖全部は廻ることは出来ませんでしたがしっかり「青池」はこの目でしっかり焼き付けてきました。

すごい神秘的な池で、真っ青なのに透明度があって引き込まれていきそう。

 

 

青池を上から見ると、靄がかかり、より一層神秘さに輪がかかる、、、

青池の底は異次元と繋がってるんとちゃうか?

 

6時近くまでマイナスイオンしっかり吸い込んで白神山地を森林浴♪

さすがは世界自然遺産!ブナの樹々に囲まれ気持ちも穏やかになります。

ここ十二湖近くには日本のグランドキャニオンと言われる断崖絶壁もあり車窓からでしたが「お゛~~~~~~~~~!」を連呼してました。

 

さて、これから弘前の宿に向かって出発!と思って白神ラインを使おうか迷ったが如何せんこのラインは山道&砂利道で何時間かかるか予想もつかない、ということで鰺ケ沢まで戻ってから弘前に戻るコースをとる。。。

 

で、ここで大きなmisstakeに気づく。。。

知っている人は知っている。。。

 

あの「不老不死温泉」忘れていた!!!!!!orz。。。

 

もう日帰り入浴終わっているだろうなあ。。。

とあきらめモード半分でいくが、やっぱり終了、、、

ここまで来た時には絶対!と思っていたのに、、、

 

悔しいので??とりあえず写真だけでも、、、ということで一枚ww

 

 

次回来た時には必ず!とリベンジを誓い夜の帳が降りてくる中、8時過ぎに弘前着。

泊まる宿がなかなか見つからず、そこからさらに30分ちょろちょろしてましたww

 

朝からまともに食事を摂っていなかったので、居酒屋直行!

枝豆ならぬ津軽名物らしい?毛豆と獲れたてさんまの造りを酒のつまみにプファ~(^0^)c[]…

歳を重ねる毎に酒の量が減ってきている。。。

うーむ。。。

 

 

続く

2009年8月11日 (火)

津軽海峡夏景色~津軽半島~

上野発の夜行列車~♪

と歌のような旅ではないですが、日本列島雨で覆われた中、天候にも恵まれ津軽海峡を挟んでの3泊4日の旅行に出掛けてきました。

朝大阪より空路青森空港着。すぐにレンタカーを借りて一路津軽半島へ!

今日の行程。。。

青森空港~三内丸山遺跡~竜飛岬~青函トンネル記念館~千畳敷~十二湖~弘前(泊)

まずは最初の目的地、三内丸山遺跡!

日本最大級の縄文集落跡で土器や木器をすごく多用していたのが出土品からも見てとれ、当時の生活水準の高さを物語ってます。

佐賀県の吉野ヶ里遺跡も見てきたけど古代人の生活って思っていた以上に高度ですね。

ここを発つころにはもう昼前だったので、ちょっと急いで今日のメイン!津軽半島を延々北上!!

ごらんあれが竜飛岬北の外れと~♪

と、到着したのは。。。

そう、竜飛岬!!ここには日本で唯一階段の歩道国道があります!!

いや~、靄はかかっていましたが沿岸を航行する自衛艦や漁船を見ると、あ゛~、北の海に来たなあ、、としみじみ。。。

と残念ながら出来るほどの時間も残っていなかったので(ええ、かなり欲張ってこの後深浦方面まで行く予定ですのでww)すぐそばにある「青函トンネル記念館」へ…

ここも20分~30分見たらすぐに出発、、、のはずが予定外の行動。。。

にゃんと!青函トンネルに入れるとな!!!

それは入らねばなりません!!

定員制で40分近くかかるみたい。。。でも行っておかないと後悔しそう。。。

と、言うことでしっかり見学コース滑り込み♪

地底まで行くケーブルカー?に乗り込み地下まで10分ほど。。。

真っ暗で急なトンネルをケーブルカーが轟音を立て降りた先には、夢にまで見た青函トンネルが!!!さすがに竜飛海底駅までは行けませんでしたが、案内してもらいながら人力のすごさを満喫!湧き出てくる水を触ると暖かったのがちょっと以外。。。勿論しょっぱかったですがw

ここで予定外に時間を喰ってしまったので、急いで津軽半島から深浦は白神方面へ。。。

かなりの強行スケジュールですww

それは次回。。。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

兄弟サイト

カテゴリー

リンク先

ランキング

  • ランキング
無料ブログはココログ