« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月28日 (月)

嵐山の紅葉

やっと紅葉のシーズンになりましたね。と言うことで、晩秋の一時を京都は嵐山で過ごしてきました。嵐山はもう何年ぶりでしょうか。。。記憶も薄れる位前だったのは間違いないww京都自体も久し振りです。

大阪から京都を色々巡る上で欠かせないのが「いい古都チケット」。これで京都までの地下鉄、阪急、バスが乗り放題。2000円なので、十分元取れます。

久し振りの阪急で梅田から嵐山へ。桂で乗り換えでおおよそ1時間で着きます。やはり紅葉シーズンなので人も多め。では今回のルート。

大きな地図で見る

阪急嵐山~~鈴虫寺(華厳寺)~月讀神社~松尾大社~~渡月橋~天龍寺~竹林の道~野宮神社~~愛宕念仏寺~~嵯峨豆腐森嘉~~大覚寺~~阪急四条烏丸

先ずは別名鈴虫寺と言われ一年中境内に鈴虫が鳴いている華厳寺。ここの住職のありがたい30分ちょっとのお話を頂くため、しっか!と並び、笑いありつつもありがたいお話を頂戴しました。願掛けの話しや感謝の心の話などこんな俗世間に塗れていても忘れてはいけない大切な話の数々、感謝です。

因みにここ鈴虫寺にある幸福地蔵様に願掛けをする際、京都のこの神社の方を向きお参りをして頂きたい、しかし長崎県の人は願掛けの際名前を先に唱えていただきたい。。。

神仏に感謝をささげるのを願掛けなど都合のいい時だけでなく、日頃から心掛けることで心に光が差し込んできて、心にこだまが響き渡るようになる、そしてそこから望みがわき出てくる。。。

上の二つの話しの意味するところ分かります?分かったらコメに書いてみてねww

Dsc08595

鈴虫寺の横にある苔寺もお邪魔したかったんですが、どうやらここは一般公開はしていないようなので、ここから歩いて月讀神社、松尾大社方面を散策し、嵐山の中心に位置する渡月橋へ。紅葉はまだこれからが本番と言った感じだが真っ赤っ赤な紅葉より、緑と赤のバランスがあってより紅葉って映えるようにも思うので、ちょうどいい時期に来たかと(゚ー゚;

Dsc08627

渡月橋から嵐山の中心辺りはバスも車もすし詰め状態で全然動く気配なし、一般車は通行禁止にしないとこれは厳しそう。。。橋を渡った先に天龍寺がある。ここの庭園からの紅葉が凄く絵になるとのことでこれは拝んでおかないですね。広い境内にある庭園から見る紅葉はなるほど素晴らしい♪

Dsc08649

天龍寺の裏門から野宮神社辺りは竹林の道が続いており、嵐山らしさを体感できるスポット。また野宮神社は縁結びの神様として知られていて御利益にあやかろうとすごい人だかり。。。ええ、俺もお願いしておきましたww(って誰と?ww)

Dsc08657_2

散策の時間と言うものは本当あっという間で、夕方の閉門時間が迫って来る。まだまだ行きたい所一杯あったんですけど仕方ない、と諦めないのが俺wwで普通なら嵯峨御所大覚寺は欠かせないのですが、あえてそこは省略。清滝行きのバスをハラハラしながら待つ。4時半の閉門がほとんどの寺社の中でどうしても行っておきたかったのが「愛宕念仏寺」。30分に1本ながら、あまりの渋滞にバスが全然来ず。。。やっと来たバスもここから愛宕念仏寺まで30分近くバスに揺られることになり、着いたのが4時半過ぎ。。。アウトかと思ったが、ギリギリ開けてくれていて、俺が入ると同時に閉門。危ない危ない(;´Д`A ```

ここ愛宕念仏寺は千二百羅漢のお寺で、境内に一つ一つ顔の表情の違うお地蔵様が心をほっこりさせてくれます。嵐山から一歩山に入ると観光客も疎らで落ち着いて散策出来ます。

Dsc08677

慌ただしく終えた嵐山巡りでしたが、大覚寺を逃したのは残念。。。なんていうのは嘘で、紅葉の季節に限り実はここ大覚寺は夜間拝観してくれるんですよねえwwその前にちょっと嵯峨野らしいものを。と言うことで有名な嵯峨豆腐を購入♪

嵯峨豆腐森嘉

家に帰って早速湯豆腐にして食べてみましたが、柔らかさの中にも弾力があり、崩れそうで崩れないこの微妙な感触が堪りませんでした♪

さて、買い物を済ませ、またまたバスにて大覚寺へ。丁度夜間拝観の時間の始まりで夜の帳も降りてライトが境内を照らし出す。夜の寺社訪問は初めてですが、底冷えする夜の京都も乙なもんですねww紅葉のライトアップ素晴らしかったです!!

Dsc08707Dsc08710

大覚寺の参拝を終えた頃には7時になっており、ここから家に帰るには2時間以上かかるので、嵐山に出て帰るより座って帰ろうと思い、四条烏丸方面のバスに乗って帰ることにしました。嵐山地域だけで軽く1日過ぎるなんてさすがは京都!奥が深いです。まだまだ知らない所が京都には一杯。また機会見つけ遊びに来たいものです。

2011年11月21日 (月)

製作展が。。。

久し振りの投稿です。仕事で製作展があり、毎日夜中まで準備に追われ、まともにPC触ることもなく、やっと今日ブログUPする時間と気力?がww

毎年この時期は本当仕事場行ったらいつ帰れるのか?モードで帰ってきたら食事して、シャワー浴びて即行布団へGO!だったので、まあ毎年の恒例行事と言えばそれまでなんですが、今年は自分の作りもののイメージが色々出てきてあれもこれもやっているうちに、追い込まれたといった感じ(-_-;)

そんなバタバタの日々もとりあえず今日の最終準備にて終了。今年のテーマは「お祭り」と言うことで2歳児の我らは舞台上に神社を作り上げました♪

Dsc_0006_2Dsc_0007

スティッチ大明神(笑)を祀って、狛犬ならぬ狛ペンギンを配置して完璧♪おみくじはちゃんと棒が出るやつ頑張って作りました!!おみくじはおいら特製で子どもだからと言って容赦なしの?大凶入りww確率は20分の1!さあ、何人引くのかww

しかし、作ってみて実は子ども達の作品をどのように拡げていけるか考えてやってみたつもりでしたが、今年は正直俺の手が入りすぎたなあ、とちょっと反省。。。子どもの作品を活かすバランスはもう少し考えないとなあ。。。部屋の方のクラス展示はうまく出来たんですが。。。

まあ、いずれにせよこれで準備も終わり、明日からは製作展本番。一杯子ども達と遊んでしまおうと思っています。

2011年11月 8日 (火)

大阪の山の上から

手術上がりでまだ完全ではないのですが、調整で半休をもらったので、すすきの風景を味わおうと車でドライブがてら紀泉高原に行ってきました。紀泉高原とは大阪と和歌山を隔てる葛城山地の泉州地域にに拡がる高原。大阪にもそんなところがあるんですよ。

和泉市の南端父鬼と言う所から和歌山へ抜ける国道480号へ。ここから先すれ違い困難な1車線道になるので対向車がこないことを願うのですが、甘い。。。ワイディングで鉢合わせで何度となくどちらかがバックして譲って、、、を繰り返しやっとこさ和歌山側へ(゚ー゚;

和歌山県との県境からは葛城山地の尾根を走る紀泉スカイラインを走って頂上部に到着出来るんですよ。。この場所一体が紀泉高原と言われ大阪を一望できます。展望台に登ると気持ちいい風が心の洗濯をしてくれます。すすきも良い感じで高原を1枚の絵に仕上げてくれていました。

Dsc_0057Dsc_0059

これで紀泉ドライブを終えるにはまだ時間が早かったので、久し振りに泉州地域を巡ってきました。葛城山地を下って貝塚市の奥座敷、水間へ向かう。水間寺やローカル鉄道「水間鉄道」の終点地として、小じんまりながら散策するにはちょうどいい所。駅舎も水間観音をモチーフに洒落てます♪

Dsc_0066Dsc_0072_3

水間を後にして今度は和泉市に戻って来ましたが、まだ夕方ではあるものの日没までは若干時間があるので「久保惣記念美術館」で暫し日本、朝鮮、中国の装身具展を見学させてもらう。そしてこの美術館からほど近い「松尾寺」へ。もうそろそろ紅葉も始まっているかな?と思ったのですが、今年はまだほとんど色付いておらず、、前来た時にはもうこの時期は結構良い色付きだったんですが残念。

Dsc_0084

今年は秋も暖かい日ばかりだったから紅葉前線も止まっているんでしょうかね。紀泉高原もまだまだ緑の割合が高かったし、これからですかね。

以上午後の一時ドライブでした。

2011年11月 6日 (日)

療養?

暫くぶりの更新です。

と言うのも先週ちょっくら手術もどきモードになってしまいwwなのにちゃんと仕事には行っているという(爆)しかし筋肉注射やらあちこちの局所麻酔やら結構痛いのね(;ω;)

まあ仕事に行けるので、その程度のものなんですが、麻酔切れた後の鈍痛が続き、更新する気になれずずるずる来てしましましたorz。。

そんな鈍痛続く週末、はいはいはいwwとお好み焼き屋についていってしまいましたw

個人的に大好きなお好み屋さん、4人で6枚のお好み焼きと4人分の焼そば、同じく4人分の豚ステーキを頬張りww

あ゛~食欲の秋ですよねえ♪(;´Д`A ```

Dsc_0045

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

兄弟サイト

カテゴリー

リンク先

ランキング

  • ランキング
無料ブログはココログ