« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月24日 (日)

冬のオーストラリア…シドニー(ダーリングハーバー)

過去ブログ

ケアンズ    シドニー(サーキュラー・キー)    シドニー(vivid Sydney)

ブルーマウンテン   ブラックタウン

3日目、弾丸週末オーストラリア旅も最終日です。こんなに長距離移動しているのに週末だけとは。。。もっと休み欲しい(´;ω;`)ウウ・・・
しかし、限りある時間、有意義に使わないといけませんね。朝早速散歩と称して、ホテルから数分のところにあるハイドパーク(結構大きくて最寄駅のMuseum駅からSt.James駅まで続いている公園。道をまたぐと王立植物園があり、そのままオペラハウスのあるサーキュラー・キーまで緑の公園が続くんです)から王立植物園のグリーンベルトを散策します。

とは言え、昨日の昼から降り出した雨が降ったり止んだり。。。最終日なのに。。。ですが、意外と雨のシドニーも悪くはないな、とww雨とは言っても霧雨みたいでオージーはみんな傘もささず、のんびりジョギングしているし、野鳥たちも「雨?」と言う感じで公園内をあっちへこっちへお散歩中♪

Dsc00366Dsc00393

あの頭の黒い鳥は、フェザーデールでもちょろちょろしていたやつ。。。オーストラリアでは普通に見れるやつなんですね♪
散策しながら聖メアリーズ大聖堂までやってくると、丁度日曜ミサの真っ最中。写真は撮れませんでしたが、少しだけ門の所からミサの様子を見学。俄かクリスチャンですww

Dsc00359

王立植物園を散策し、サーキュラー・キーまで小一時間。今回2回目のシドニーフェリーでダーリングハーバーヘ向かいます。歩いてでもダーリングハーバーには行けるんですが、散歩で疲れたんでww

Dsc00394Dsc00395

靄がかかったシドニー湾もなかなか旅情があっていい感じですね。湾をぐるっと廻りこむように30分ほどかけてダーリングハーバー着。ここにはワイルドライフワールドやシドニー水族館など室内アクティビティで遊べるので、雨ならここだな、と思っていたんです。

都市型動物園のワイルドライフワールドにももちろんコアラさんはいますが、この雨でびちょびちょ。。。ちょっとかわいそうな感じです(ノ_-。)

Dsc00407Dsc00418

都市型故にこじんまりとしたスペースながらも色んな動物をコンパクトに観ることができ、時間のない時には良いかもですね。ちなみにここではコアラさんギュッは20ドル近く取られます、、、、、、、

続いてはその横にあるシドニー水族館!南半球の海洋生物を一堂に展示しています。勿論ニモもいるよ♪おーっ、水中回廊には大量のサメやエイが泳ぎまくってますww

Dsc00454Dsc00468

アクティビティ抑えておいて良かった♪午前中で雨も止んできたので、午後はまたまたシドニーフェリーに乗ってシドニーの北の方に向かってみたいと思います。
その前に軽くカフェで「FLAT WHITE」と「ビーフパイ」で一服♪(因みにどちらもオーストラリアではポピュラーなカントリーフーズなんですよ!)

一生懸命店員に、

「WHITE下さい」

「WHITEちょうだい」

「WHITEが良い!」

「WHITEって言ってるやん!」

「WHITEが分からんのかい!!!」


分からんようですorz。。。il||li _| ̄|○ il||li

きっと俺の「WHITE」の発音が「WHY」に聞こえるんでしょうか。。。(と勝手に分析してみたがww)

そして「I  want to drink Flat White coffee, here」と言ったとたん、「Sure!」 。。。初めからちゃんと正式名称言うべきでしたwww

Dsc00478

因みにFLAT WHITEの説明でいいのがあったので、参考にしてみてください。

FLAT WHITE

さ、小腹も膨らんだし、最後のシドニーを満喫しにGO!

2012年6月22日 (金)

冬のオーストラリア…ブラックタウン

過去ブログ

ケアンズ    シドニー(サーキュラー・キー)    シドニー(vivid Sydney)

ブルーマウンテン

ブルーマウンテンから戻ってきて、アクティビティは終了。そして残った時間は何と!!!

あの「ブルーマウンテンライン」に乗ってきてしまったのですwwwwwwwwwwwwwww



何故?ブルーマウンテンラインは「track work」(大規模路線補修)のために全列車運休だったのに???

Cityrailnetwork

MAP

前回ブログでリンク貼ったCity Rail のTOPページにも、どこかの路線でTrack Workがあるのがお分かりいただけるかと(^^ゞ…(ページ右側見てみてね)

では、何故?それはその路線の途中に「Blacktown」という駅があるのですが、そこまでは他路線もある関係で列車が動いている訳で。。。(中央の黄色と灰色の線をたどっていくとBlacktownを見つけられると思います。そこからずっと行くとブルーマウンテンのあるKatoomba)、でも別に列車に乗りたかったと言う訳ではないんです。。。実はここ「Blacktown」には、、、

フェザーデール・ワイルドライフパーク

があるんですぅ。。。♪

前日シドニーに着いたとき、船でタロンガ動物園に行ったのですが、閉園1時間前でほとんど見ることも無かったので、ここフェザーデール狙っていたんですよねえ。。。そして、ここフェザーデールはタロンガ動物園や、シドニーワイルドライフワールドと言った都市動物園と違って、、、

コアラさんギュッ

カンガルーさんギュッ

その他もろもろさんギュッ

レディもギュッ…おっとこれは犯罪。。(^_^;)

と色んな動物と直に触れ合える素敵な動物公園なんです♪それも入園料払ったら追加料金無しよ無し!!他の所だと写真一緒に取るだけで20ドル近く取られたり、時間が決まっていたりするんだけど、ここはまったくそんなの無し!!

フッ。。。( ̄ー+ ̄)本来ならこんなマイナー?な所へは、普通の観光客なら何かに組み込まれていない限り行かないような場所。。。故に足を運ぶだけの価値がある素晴らしき動物公園なのだ!!

と、ダラダラ前置きばかり書いたのでさっさと向かいます。

Blacktownまではおおよそ市内から50分、結構かかるもんです。Rapid Service(快速)でこれだけだからLocal(普通)ならもっとかかるでしょうね。。。。Blacktown駅は近郊ニュータウン的な駅。そこからバスでフェザーデールへ向かいます。フェザーデールがあるところに行くバスは普通に住宅地循環の路線バス。さしずめ〇〇駅~△△台回り、みたいな。。。なんて所にフェザーデールはあるのでしょうか。。。(・_・;)。。。

そして小雨の降りだす中、着きました!フェザーデール・ワイルドライフパーク!!

Dsc00212_2
Dsc00327

本当住宅地にポツンとあるフェザーデール。。。早速チケット購入して動物たちと触れ合ってくるぜ!!

アイビスにコカトゥ等のオーストラリアならではの鳥も間近で見られ、多くの動物も放し飼い、孔雀なんか我が物顔で俺の目の前を横切っては睨まれました(-_-;)。他にも羊や鶏等とも延々触れ合え、本当どこかののどかな野外公園って感じwww鶏のボスが羊たちを「うぉらー!!!(怒)」と追い回すので羊達は俺に避難して頭をスリスリ…かわいい、堪らんわあww

Dsc00222Dsc00234Dsc00296

そして次なるは、、、

カンガルー&ワラビー!!(ってもう違いわからんww)萌え萌えモード1000%ですww

Dsc00274Dsc00242

小雨振っているにもかかわらず、元気なカンガルー&ワラビーww客も少ないので思いきりじゃれあってきました♪日本ではまあ出来ないですよねえ。良い経験させてもらいました!

そして、やっぱり愛しの貴方と

Dsc00251

か、か、かわいい~~~!!!!
コアラをこんなに間近に見れるなんて感激ですwwww

そして、勿論コアラさんとギュッ

でも抱きつくのはちょっと憚れそうなので、優しくなでなで♪勿論一緒に2ショット!!

Dsc00260

あ゛~、一生の記念です~。。。

結局閉園まで居座った俺ですwww小雨&場所がマイナーなんで客も少なく、目一杯動物たちと触れ合えました。メジャー何処も良いですが、こういった隠れ家的な場所は旅していて得した気分になれますね。

帰る頃には日も暮れて1日動き回ってクタクタ。。。シドニーに戻ってきた後、とりあえず食事しておかんと。。。と思ったが、雨でウィンドブレーカーでの移動だったので気軽にフードコートでオージービーフ頼む。。。やはりと言うか、何というボリュームなのだ。。。(分かっていたが、、、)

Dsc00330Dsc00337

これで2日目終了。この日は朝から移動しまくり。。。早いもので3日目最終日ですorz。。。

続く

 

2012年6月16日 (土)

冬のオーストラリア…ブルーマウンテン

過去ブログ

ケアンズ    シドニー(サーキュラー・キー)    シドニー(vivid Sydney)

ホテルに戻ってきたときにはもう、日も変わろうかと言う頃、さすがにシャワー浴びてすぐにバタンキュー。。。そして2日目。。。

7時過ぎに向かうはシドニーより東へ100キロちょっと。。。ブルーマウンテン国立公園です。

初めは、シドニーからガタゴト列車に揺られて3時間ほどの旅を。。。と思っていたのですが、何と運の悪いことに、この日は「Track Work」と言うものがこのブルーマウンテン線で行われており、(「Track Work」とは土曜日曜などに全列車を運休してその路線の補修を行う大規模なもの(-_-;))移動はかなり困難。。。なので、急遽HISにアクティビティをお願いして迎えに来てもらいました…

距離的には新宿から甲府辺りをイメージしてもらったらいいかな。

(地図は下記リンク先を参照のこと)

Transport City Rail

地図の右側の路線がいっぱい固まっているのがセントラル(City)、シドニー市街。そしてそのままずっと延々左に伸びて行っている灰色のラインがブルーマウンテンライン(黄色の線も途中まで伸びていると思います)。その灰色ラインの終点(その先もあるのですが(笑)の6つ手前にある「Katoomba」と言う駅のあるところがブルーマウンテンに近い駅です。

車は一路東へ向かいますが、どんどん朝霧がすごくなってくる。ブルーマウンテン地域は渓谷だけあって、霧の発生率もかなり高いらしく年間200日位は霧が出ているんだとか。。摩周湖も霧の摩周湖と言われ、俺も行ったときにまったく見えなかった覚えがwww

そしてそれは見事に的中するのであるwwwww

やっと着いた!と思ったら。。。。

Dsc00153

ええ、見事に何も見えませんwwwwwwww(爆)ここはエコーポイントと呼ばれる景観地。

ここエコーポイントから見える3つの奇岩(スリーシスターズ)には云われがあり、ブルーマウンテン渓谷に住む悪獣が3人の美人姉妹を襲おうと虎視眈々と狙っていて、ある時その姉妹を襲う機会が訪れた。その危機に父親が気付き娘達を魔法で奇岩にしたものの、その魔法をかけた杖をこの渓谷に落としてしまった。。。そして今でも父親は鳥になって魔法の杖を探し続けているとか。3人の姉妹は今も父親がかけた魔法のおかげで奇岩として現在までこの姿でいると。。。。。

うーん、何とも切ない話です。(ρ_;)

因みに霧がなければこんな感じなんですがww

Src_253949171Src_253949191

まあ、摩周湖並みに霧が多くちゃ仕方がないなあ。。。残念ながらスリーシスターズはお預け…続いてシーニックワールドへ。。。

ここはブルーマウンテン渓谷を上から下からいろいろ乗り物に乗って見て廻れるんです♪先ずはジャーン!Railway!

Dsc00181

すごい椅子でしょ。それだけこの急斜面を降りるにはこの角度でないとダメだということw早速インディージョーンズのように颯爽と出発!ちょっとしたアトラクションですww

すごい急!!これはちょっとUSJモードですね♪

Dsc00183

急斜面のこの乗り物、昔は炭鉱の運搬に使われていたという。うーん、すごい!下に降りてきた後は、ブルーマウンテンのユーカリの樹々の中をウォーキング。マイナスイオンが気持ちいい♪因みになぜブルーマウンテンと言うと、このユーカリの樹々が発するガスが上空から見ると青く見えるためにそう名付けられたらしいです。

Dsc00188Dsc00193

もっと霧が晴れていたらまた違った風景も味わえたんでしょうけど、まあこれも自然の偉大さを味わえたということで。。。帰りはロープウェイで戻ります。

Dsc00206Dsc00169

うーん、やっぱりほとんど見えんwwwそれもまあ思い出の一つとなるかwwwお土産屋でしっかりブルーマウンテンのDVDを買っている辺り少し未練があるようですがwww

これにてブルーマウンテンは終了。シドニー市内に戻ってまた遠出しますwww

続く

2012年6月13日 (水)

冬のオーストラリア…シドニー(vivid Sydney)

過去ブログ

ケアンズ   シドニー(サーキュラー・キー)

陽も暮れて一旦ホテルにチェックイン、そのままベッドで爆睡しそうでしたが、ここは強引に気合入れて近くのお店へ直行。もちろん食べなければならないオーストラリアグルメ♪

とは言いつつ、どーんと!とはいけないのでこの日はオーストラリアのファストフード「フィッシュ&チップス」と、何か三大美湾港らしいものを、と言うことでシーフードサラダを注文。

Dsc00050

ええ、何人前あるんでしょうか???と言うボリュームです。。。∑(゚∇゚|||)
この半分も食べられませんでしたorz。。。フィッシュ&チップスもシーフードサラダも写真では小さく見えますが、大量盛りです。(因みにチップスとは見たとおり、フライドポテトのことね♪)

メガ盛りと言うものが日本でも出てますが、メガ過ぎます。。。とても日本人向けのボリュームじゃねええええ。。。。

なのに横にいたオージーの女性、普通にパクついとるし。。。( Д) ゚ ゚

とんでもなく膨らんだ腹を抱えながら、日本からまともに寝ていない徹夜モードなのに頑張って今回の来豪の目的「vivid Sydney」へ向かいます。最寄駅からまたまたサーキュラー・キーまで行き、会場へ。会場はここサーキュラー・キー一帯で、光と音楽、芸術の祭典が日没から真夜中までこの時期、2週間近くにわたって繰り広げられます。

Dsc00073

周りの高層ビル群も光の祭典に協力していて、ライトを当て、赤に青にと観る者を楽しませてくれます。そしてオペラハウスももちろんライトアップ!ただのライトアップでなく、色んな模様に変化したり、人が浮かび上がったりと延々見ていても飽きのこない工夫がなされてます!!

Dsc00067Dsc00117

本当すごい!としか言いようのない光の祭典。周りのビルディングにも面白いサーチライトが色々当てられ、360度どこを見ても光の祭典を味わえ、テンションも上がります!!

Dsc00093Dsc00108

光のパフォーマンスのみならず、大道芸や音楽等もあちこちのスペースで華を咲かせており、7時近くから行ってたのに、10時過ぎまであっちへこっちへサーキュラー・キーや隣接するロック地区を動き回っていました。徹夜もこれを見たらなんのその!って感じですね。

Dsc00081Dsc00097

ロック地区を歩いているとあの「ハーバーブリッジ」の下までたどり着きます。昼間のハーバーブリッジも趣があっていいですが、このライトアップされた夜の姿も素晴らしい!

Dsc00125Dsc00146

さすがは三大美湾港でのvivid Sydney!無理して来た甲斐がありました。こういった感動を味わえるが故に、思い立ったが病は治るどころかますます重症化していく俺です。。。

2日目は朝から遠出しますww

続く

2012年6月 9日 (土)

冬のオーストラリア…シドニー(サーキュラー・キー)

過去ブログ

ケアンズ

ケアンズ発10時過ぎの飛行機に乗り込むために空港に戻り、国内線で手続き。手続き自体はスムーズだったのに、いざ搭乗の時になってアクシデントが。。。チケット受け付けてくれません(-_-;)

何かしら良く分からん早口オージーに言われるまま、搭乗口で待機させられる。。。何とか他の客が登場し終わった後で、あーだこーだ言いながら「OK」が出て、最後の搭乗。。。いや~、冷や汗もんでした。。。さあ、いざシドニーへ。。。




とは、行きませんでしたorz。。。_ノフ○ グッタリ


出発時間になっても、CAはくっちゃべっていてドアクローズィングの気配もなし。そしてそのまま1時間。。。
どうやら荷物の収納に何らかのアクシデントがあったようだということはオージー会話から読み取れる。。。
1時間半遅れでやっとタクシング始め、やっとランディングかと思いきや、、、急激に天候悪化したケアンズ空港。。。。前の飛行機もランディング出来ず離陸許可を待っている様子。。。いつになったらシドニーに着くのか。。。

本当ここケアンズでは大変な時間ばかりを過ごしました。。。

それでも何とか無事ケアンズを後に3時間ほどの国内線の移動でシドニー空港に1時間遅れで到着。国内線の移動ですので、到着後は即市内へGO!出来るのでまあ、遅れた分取り戻せるかww

シドニー空港から市内へは基本エアポートリンクと言う電車での移動が基本となりますが、なんて高い!!たった15分ほどの移動なのに日本円で1200円近く、、、物価の高いオーストラリア、、、財布の中身があっという間に消えていきそうですorz。。。

Dsc09969

シドニーの電車はALL2階建て。洒落ていますが、落書きが至る所に、、、日本なら大問題ね♪そして先ず向かった先はシドニーNO1の湾港、サーキュラー・キー。あのオペラハウスやハーバーブリッジのある場所です。やはりここは押さえておかないとね。

Dsc09980_2Dsc09976

シドニーの2大名所を一度に見られるサーキュラーキー最高♪折角なんで、今度は船の上からも見てみよう!と言うことで、ここで「My Multi」と言うウィークリーチケットを購入。この「My Multi」は1,2,3とあり地域によって値段が変わりますが、シドニー市街だけなら1だけで十分。そしてこれまたDay,Week,Monthと使用期間で値段が変わるので購入する時には「My Multi 1 weekly ticket ,please?」でOKです。日本円で3200円ほど。これで市内の電車、バス、船全部OKです。(エアポートリンクだけは×)

早速船に乗り込みタロンガZOO行きの船に乗り込んでみます。

Dsc00005

Dsc00006

船から眺める2大名所、良いっすねえ。薄曇りでしたが、冬のオーストラリア、正直上着来ていると暑い位。途中からはTシャツ1枚になっていましたww
15分ほどの船旅で、タロンガZOOに到着。早速動物園に。。。と思ったが残り1時間で閉園のようなので、ここはスルーして入り口から見える動物たちを眺めた後、帰りはノースシドニーの街並みをバスから探訪して市街へ戻ってくることにする。

Dsc00024

バスはあのハーバーブリッジを通るのですごくわくわく♪ですが写真はぶれてしまったww

Dsc00029_2

バスはサーキュラーキーにほど近いウィンヤードに戻って来ました。新旧入り混じっての建物がまたシドニーらしさを醸し出しているというか、いい感じでマッチしています。

Dsc00036_2Dsc00039

折角来たんだから高い所にも上ってみようか、と日本で買っておいたアクティビティのチケットでシドニータワーに向かいます。タワーに着いた頃には夕暮れになり、なかなかの夜景が。。。でもハーバーブリッジは見れたもののオペラハウスは目の前にどデカいビルがそびえていてまったく見えずorz。。。これではタワーの意味あらへんやん!!!

Dsc00043

世界3大美湾と言われるシドニー、夜景も最高ですね。さて、ならばその本場の夜景を拝みに行きますかね。

続く

2012年6月 5日 (火)

冬のオーストラリア…ケアンズ

冬のオーストラリアへ出掛けたい、ふと思ったのがGW前、、、vivid Sydneyと言う音楽と光の祭典がすごく気になり、おっしゃ!行ってみるか。。。と。。。

と言うわけでこれまた週末を挟んで、詰め込みまくりのオーストラリア旅行は幕を開けます。。。

関西からオーストラリア方面に行くには直行便が、、、、、、ありません(-_-;)。いや、正確にはケアンズやゴールドコーストと言われるグレートバリアリーフ(大珊瑚礁地帯)へのリゾート地向けの便はあるのですが、都市向けの便はどういうわけか無いのですorz。。。il||li _| ̄|○ il||li

なので、シドニーをはじめとするオーストラリア各都市圏へ行くには、第三国かケアンズorゴールドコーストで否応なしにトランジットするしかないのです。。。

今回はケアンズでのトランジットについて。

仕事を終え、夜20時25分のジェットスターで一路ケアンズに向かいます。ジェットスターと言えば今テレビを騒がしているLCCの代表格で、この夏からはジェットスタージャパンとして、国内線にも就航しますよね。今回はこのLCCで向かいます。と言うか、カンタス、日本航空のコードシェア便。LCCにコードシェアを頼むなんて、大手ではオーストラリア線は採算取れないんですね。(;´д`)トホホ…

機内は革張りのシートで俺的にはこっちの方が良いかな。シート間隔はLCCとは言え、普通のエコノミー並みにとってあり問題なし。ただここからがLCCらしいところ。機内食や毛布、エンターテイメント等全てが別料金。機内で追加料金をカードで払い、売り上げを上げるシステム。俺は空港で食事して満腹だったので何も購入せず、ただ寝るだけwwww

なのに、離陸してからパプアニューギニア辺りまで天気は悪いようで、揺れるわ揺れるわ、機内が真っ暗になっても雲の中を風を切る音が響き渡り、気流に飛行機が上へ下へ左へ右へ。。。

う゛~~(´Д`;≡;´Д`)アワアワ

寝られへん(ノ_-。)

んでもって、これまたとんでもないアクシデントが。。。ケアンズ到着時間は早朝5:10分、、、なのに到着タイムが4:20分。。。お゛~~~~~~~~~~~~い(-_-;)

んでもって、トランジットタイムは10時発のシドニー行までの5時間ちょっと。

ですが早朝。。。外は真っ暗、でも空港は小さく店も全く無く、小さなカフェが1件だけ(-_-;)。時間を潰すのも兼ね、コーヒーとパンを頬張り、街中へ向かう手段を考える。空港で5時間もダラダラするの嫌ですし。

Dsc09935Dsc09936

ですが、時間はこれだけ時間を潰しても6時過ぎ、、、うーん、まだ夜も明けきらないですが、ケアンズ市内を見て廻るだけでも良いか、とタクシーでケアンズへGOします!

空港から市街地まで6,7キロと近いので市街地にいてもすぐに空港に戻れるのがケアンズの良い所、といいますか、ケアンズ、、、めっちゃ小さくかわいらしい地方の町という感じです。

Dsc09939Dsc09945

ちょっと不思議な感じもしますが、ここケアンズにはビーチがないんですよ。リゾート地なのにww代わりに国内最大規模の人口ラグーンがありますw泳ぎたい方はここか、船でグレートバリアリーフの島々へGO!ですww

Dsc09946

もっと時間があれば、ボタニックガーデン等にも行けたのですが、実質3時間が限度。今回は街中の散策で終わってしまいました。郊外に行けばケアンズは見所も一杯あるので機会あったら遊びに行ってみたいものです。

空港に戻り、ここからは国内線に乗り換えシドニーに向かいます。

Dsc09957_2

全く日本語通じないので、本当拙い英語で頑張りますw
続く。。。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

兄弟サイト

カテゴリー

リンク先

ランキング

  • ランキング
無料ブログはココログ