« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月16日 (火)

関東右左…山梨

過去ブログ

茨城

週末のみの駆け足で向かった2日目は茨城とはきれいに反対側の「山梨県」、甲府に住んでいる友人と会って来ました。宿は横浜なので、約3時間近くの電車旅。横浜線から中央線をのんびり電車旅♪ホリデー快速ってやつで着いた先は「勝沼ぶどう郷」駅。。。

Photo_2

お゛~!ぶどう狩りかあ…いやいや、まだ時期は早い。。。この時期、桃?いやいや、、、

ジャーン!!!

さくらんぼ狩りでしたあああww

Photo_33_4

2000円で一時間弱食べ放題♪真っ赤っ赤なやつより、俺が背伸びして取っているやつのほうが適度な甘みと果肉を含んだ時の感触がすごくおいしかった♪適度な歯ごたえがあるというのは表現ベタかもしれないけど、俺的には良かったです!

腹一杯さくらんぼ頬張ったので、ちょっくらドライブがてら笛吹川フルーツパークへ。ここから眺める甲府盆地は最高!!この公園内の道を登っていくとあの「ほったらかし温泉」があるんですよねえ。。。今回は行きませんでしたがw

Photo_4

続いてドライブで向かったのが甲府市の北部にある渓谷「昇仙峡 」。奇岩が数多くあり、渓谷美を醸し出してくれます。週末ながらも観光客でごった返している訳でもなく落ち着いた環境の中で渓谷美を味わうことが出来ましたよ。

Photo_5Photo_7Photo_10

散策から戻ると、ここ昇仙峡には色々な博物館やら美術館やら見所も結構ありまして、クリスタルサウンド(水晶の博物館)、影絵の森美術館(藤城清治)、んでもって山梨ワイン王国 等、結構な時間色々見て廻れるんです。友人に運転してもらっているので遠慮なくwwワインの試飲を楽しめ幸せw

Photo_11

この白ワイン、すっきりながらも奥深い味わい、赤いほうは完全にジュースそのものの味ですwwwあとどれ呑んだっけ?ww影絵の第一人者藤城清治氏の影絵の世界は感動モノでした。名前はここに来るまで実は存じ上げてませんでしたが、影絵は知っていて、一つ一つの細やかな切り絵が影を持つことで表現される独特の表現美に見入ってしまいました。

あっという間の山梨巡り、色々楽しめました。そしてやはり〆は山梨名物「ほうとう」でしょう♪

Photo_12

太目の麺生地にこれでもか!と言わんばかりの根菜類!!カボチャなんてほんまのブツ切り!これぞ山梨!って感じww
こんなバタバタながらも見所満載であちこち連れて廻ってお付き合いしてくれた友人に感謝。ありがとうございました。

2013年7月 7日 (日)

関東右左…茨城

全く更新せず申し訳ない。。。気力0%なまま、来てしまいました。
更新していない間は仕事がこなせない環境に辟易。かなりムッと(≧ヘ≦)。。。

と、まあそんなイケテナイ環境は捨て置き、6月末の週末に友人達と会う為に飛行機で上京。時間があったので会う前にフラッと羽田から一気に茨城県は「つくば」まで行ってきました。

つくばといえば、つくば万博か学術研究都市位しかイメージ無いんですが、「いい旅○気分」でたまたま筑波山の特集をしていて、ちょっと行ってくるか、と。。。

9時に羽田に着いてそのままモノレールとJRを乗り継いで、秋葉原から「つくばエクスプレス」と洒落た名前の鉄道に揺られ、小一時間。。。早いですねえ、茨城県はつくば中央駅に到着。ここからバスに乗り換え、一路筑波山を目指そう。。。と思ったんですが、なんと!直通のバスは行ってしまった後。。。次は13時までありません。

げっ、と思ったところ「つくバス」と言うベタなゴロ合わせのバスが筑波山の麓に行くようなのでトレッキングもいいか、と乗り込むことにしました。

Photo

バスはほとんどバス停に止まることなく、初め乗っていた3人の乗客もあっという間に降りてしまい、ほとんど俺だけのために麓まで走っていく。。。出発から1時間ほど掛け筑波山口と言うバスターミナルへ。。。誰もいませんw

ここから、「つくば道」と呼ばれる参道を通りながら筑波山を目指すことにします。

筑波山

薄曇りながらもかなりの暑さ。。。とても山登りなんて無理無理ww

Photo_2Photo_3

滝の様に噴出す汗を拭き拭きすること45分、ようやくケーブルカーのある宮脇駅まで到着。ここには筑波山をご神体とする筑波山神社があり、今日の山登りの無事を願う。因みに筑波山とは筑波側から見て左側の山が男体山、右が女体山といわれ、山全体がパワースポットとして有名でこの日も山ガールで一杯でしたよ♪

Photo_4

しかし、俺は今日は山登りに来た訳ではなく、あくまでフラッとなのでwwスニーカーにジーンズ、そしてこの暑さに登る気は0%!勿論ケーブルカーを使いますww文明の利器バンザーイ!!こんな急坂見ただけで倒れてしまうわww

Photo_5

文明の利器を使い上がってきた男体山!ここから15分ほど上ると男体山頂上となるので、そこは流石に頑張りますか。しかし、難と言う岩場、老体には堪えます。。。頂上を拝むと男体山を1周出来るトレッキングコースもあるので一緒に廻ってきましたが、体力の消耗が激しい。。もっと体鍛えないとダメですね。。。

Photo_7Photo_8Photo_9

男体山を1周した頃にはTシャツは絞れるほどの汗だく。。。本当汗かきにはつらい季節です。しかし、まだ道は半ば。。。ここから女体山に向かわないと筑波山を攻めたとは言えません。マップでは20分~30分ほどとなっているので頑張りましょう!女体山の上からの方が眺めも良いらしいですし。。。

男体山と女体山は標高がそれ程変わらないので尾根沿いの道はそれ程苦にはならずちょっと安心。そしてついた女体山には結構な登山客、どうやらみんな頂上の岩場からパワーをもらっているのか、断崖絶壁に腰掛けている。。。え゛~、結構怖いんですけどwwでも眺めは最高!眼下を見下ろす筑波の風景、いいですねえ。。。

Photo_1110

さあ、帰りは女体山からロープウェイに乗って下り、バスでつくばセンターに戻ります。結構な時間とりましたね、バスに乗り込む頃にはすでに夕方。簡単に1日使ってしまいましたw

11

この後は友人達とワーワー終電近くまで飲み会wwワザワザ上京野郎に集まっていただきありがとうございますwたまにこうやって仲間と会うのも良いもんだw
次の日は別の友人と会うんですが、今度は茨城から山梨へ飛びます。。。

続く

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

兄弟サイト

カテゴリー

リンク先

ランキング

  • ランキング
無料ブログはココログ