« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月30日 (土)

夏のオーストラリア…キュランダ(スカイレール)

前回はこちら

飛行機の中で寝ることはできなかったので、夕食を摂ってホテルに戻ったらバタンキューか、と思ったらこれがまた不思議なもので目が冴えて眠れない(;'∀')。。。本場スポンジボムの英語版漫画を見ながら勉強をしながら(いや、した振り(笑))やっと寝付いたのが日が変わるころ。テンション上がっている証拠ですね。
2日目は世界遺産でもあるクィーンズランドの湿潤熱帯地域の中心、キュランダ村を1日かけて巡ります。ここに行くには主に2つのルート。バスでスミスフィールドと言うところまで行ってロープウェイで向かう方法、そしてもう一つはキュランダまで鉄道で向かう方法があるんですが、どうせなら欲張って行きはロープウェイ、帰りは鉄道を使ってみよう、と切符を手配し個人でキュランダを目一杯楽しむことにしました。
朝8時半過ぎにロープウェイの乗り場までの送迎バスに乗って一路スミスフィールドへ。今回使うロープウェイ、その名も。。。
Sky Rail


途中、レッドピーク、バロンフォールズの2つの駅を経由してキュランダまで向かう全長7.5kmもあるロープウェイで1時間以上ののんびり旅がこのSky Railで味わえます。早速ロープウェイで空中散歩にGO!です。

PhotoPhoto_2

スミスフィールドがわずか5m、そして初めの中継地のレッドピークは545m、わずか10分ほどで一気に500m以上上れる辺りロープウェイの本領発揮ですね。早速頂上部のレッドピークで一旦下車し熱帯雨林に設置されたボードウォークを散策してみます。

Photo_3


うわー、スゲー!熱帯雨林の生息する木々の力強さと魅惑を味わえます!

わずか10分で次のバロンフォールズへ向かいます。っておい!!(100メートルちょっとのあまりに短い散策路だったので、ちょっとね(笑))

Photo_4

続いてのバロンフォールズまでは完全個室状態。この区間が一番長い上に原始林が眼下から一枚の大きなキャンバスのように広がっていて何枚も写真撮ってしまうほど見渡す限りの熱帯雨林ワールドを堪能できます。この地域の熱帯雨林は太古の時代の生態系がそのまま残っているとのことで、それが世界遺産登録の一つの大きな決め手にもなったとか。自然ってすごいですね。一人ワクワクしながら2つ目の中継地、バロンフォールズが見えてきました。ここはバロン渓谷から流れ落ちるバロンフォールズ(滝)の絶景を眺めることが出来ます。ちょうど運のいいことにその向こうには高原鉄道も止まっていました。帰りは鉄道側からもこのバロンフォールズ拝めそうですね。

Photo_5Photo_6

雨季だからもう少し滝の量も多いかな、と思ったんですがここ暫くはあまり降っていなかったんでしょうね。量は少なめでした。
途中下車を繰り返し乗り継いできたSkyRailももうすぐ終点、キュランダ村に到着です。キュランダ村自体は大きな村ではないので半日もあれば、散策し尽せる感じでもありますが、見どころは点在していますので、1日使ってちょうどいいレベルかな、と思います。早速駅から小高い丘を上ってキュランダセントラルへ。観光地化されているので色んなお店が軒を連ねていますが、異国の情緒を味わえる商店の街並みって大好きです♪
Photo_8
Photo_7

キュランダセントラルにあるヘリテージマーケットにあるバードワールドとコアラガーデンがあり、昨日コアラを拝んできたばかりですが、折角だからと寄り道。近くには「キュランダレインフォレステーション」もあってそこではケアンズトロピカルズーと同じような動物公園やアーミーダックなどのアトラクションもありますが、セントラルからだと結構な距離離れているので今回は行っていません。コアラ抱っこはここでも出来ますのでトロピカルズーに行かれてない方は寄り道されてみてもいいかも。(コアラガーデンでも因みに抱っこできますけどねw)マーケット内にはいろんな民芸品なども展示販売されていて、楽しいですよ。

PhotoPhoto_2Photo_3Photo_4

コアラガーデンはとてもこじんまりとした動物公園、と言うよりコーナー的で数十分あれば1周出来ちゃいますが、コアラコーナーではやっぱり体が動きません(笑)うーん、前日抱っこしたばかりなのにやっぱり抱っこしてみたくなる(*´Д`*)恐るべしコアラの魅力




コアラ達に癒され、ヘリテージマーケットから出て周りを散歩していると、

「隊長!大変です!行方知れずになっていたDC-3があそこに!!」

そこには残骸となっているDC-3?が、、、、
真面目にここで朽ち果てたものなのか。。。?何ともジャングルの村キュランダらしい一風景でした。
Photo_5Photo_6

ちょうど昼時にかかったので、キュランダで有名だという「ジャーマンタッカー」と言うホットドッグをメインとしている料理屋でランチにします。いろんな種類があってなかなか迷うところですが、オーストラリアに来たからにはそこならではの「肉」を食わねばwwと選んだのがこれ。。。

1453633065282

エミューのお肉!
ホットドッグもいいなあ、と思ったんですが、ちょっと奮発してみましたwお腹が入るようならもう一個ホットドッグ食べよっと♪

因みにエミューとは?→こんなの

20分ほどかかるけどいい?と言われたので全然良いよ♪とお願いし、席に座ると隣の席でオージーさんが(洒落じゃないっすよww)いきなり脱ぎだし、

「いや~、今日も暑いねえw」。。。
「ほんまっすねえ♪」
「兄ちゃんも脱ぎなよ」
「ほんまっすねえ♪」
「兄ちゃんええ身体してるねえ♪」
「ほんまっすか♪」
なんてどうでもええ会話をしながらどこから来たのかとか、この店が結構人気な店だとか、グダグダな英語で色々話しながら盛り上がってましたw(あっ、食事が来た時にはちゃんとまたTシャツ着ましたよww)

日本人にも有名な店なようで昼過ぎには日本人観光客が列をなしてました。(ほんまに人気のお店やったみたいですw)

昼からはキュランダの熱帯雨林を散歩してみたり、南半球最大の蝶の楽園に行ってみたいと思います。ええ、やはり量多くてホットドッグの追加は叶いませんでしたww


にほんブログ村


にほんブログ村


2016年1月21日 (木)

夏のオーストラリア…ケアンズトロピカルズー

前回はこちら
グリーンアイランドから戻っていてちょっと小腹がすいたのでフードコートで昼ご飯を食べます。と言ってもフードコート数百円で食べられるかな、と思っていたら大間違い。軽く1000円以上超えます。。。コーラや水1本買うだけで300~400円レベルなんで日本で普段数百円で過ごしている俺にとってはとんでもない出費(-_-;)実際今回ATM2回追加する羽目になってしまいました。。。カード支払いが怖いですil||li _| ̄|○ il||li
で、頼んだのがシーフードの屋台料理を好きにとっていいバイキング料理。油物が多いですが、このカラス貝ぽい(黒いやつね)のとってもおいしかった!ピり甘のソースがカラス貝のうまさを引き出してくれてまた食べたくなってしまう癖になる味。パイナップルの天ぷらもなかなかいけてましたよ。カンボジアと言い、パイナップルは南国ではメインで使われる食材として納得。フルーツとしてしか食べない日本とは食文化が違って楽しいですね。
Photo
小腹を満足させた後は、ガイドさん付きのアクティビティを一つ。バスを使って行っても良かったんですが、ちょっと面倒くさくなりまして、それといくつか行きたいなと思っていた場所についでに連れて行ってくれるアクティビティだったので別個行動よりも結果的に楽かなあと。。。(*^-^)
でガイドさんに連れて行ってもらった場所と言うのがですねえ。。。
「ケアンズトロピカルズー」!!!











やっぱりオーストラリアに来たからにはオセアニアの動物たちに癒されないと
で、このトロピカルズーなんですが、全く知らなかったんですが今年の3月で閉園らしいです。動物たちは近くの他の動物公園に移るらしいですが、ぎりぎりのタイミングで来れてある意味ラッキーだったかな。
ここトロピカルズーには多くのオーストラリアの動物たちが放し飼いで飼われていて危害を加えない動物達は手を伸ばせば触れる動物たちも♪まあ、鳥とかは警戒されちゃいますがww
もちろんカンガルーちゃん達にも餌を直接あげたりも出来、30分近くカンガルー達との癒しの世界を満喫しておりました。(カンガルーはいつまでおるねん!って感じなんでしょうけど)
Photo_2Photo_3Photo_41453356871849

これだけでも十分満喫なんですけどね、やっぱりオーストラリアに来てこのお友達とお会いしないことには。。。もちろんあの方です





















コアラちゃん!!










うーん、何度目の前で見てもかわいい!堪らんなあwwそんな大樹はあるお願いをします。

「抱っこしたいです!」
「Sure!」
そして念願が叶いました!ついに来ました、この瞬間!!
3,2,1、、、

























Photo_5

ジャーン!!わにちゃーん!!!!!!!!!!!!!!
 
って、あれ???









いや~、クロコダイルを抱えるだけでもこれはこれですごい貴重な経験だったんですけどね。(クロコダイルって結構獰猛らしいですよ、口は噛まないように紐で結ばれていたけど(;'∀'))
では、改めて。。。。

















コアラちゃんでーす!!!!!!!!!!!!





Photo_6Photo_7

このコアラ、にゃんと!この日でデビュー2回目だそうで、抱っこした途端、怖いのか怯えておりました(ごめんねえ、、、しかしこんな赤ちゃんコアラ抱っこできる機会なんてないから超ラッキー!!)貴重な体験ありがとう!キンダールームでゆっくり休んでね♪大人のコアラは我関せずでまったりのんびりお眠中。。。しかし、知っていました?コアラって逃げるときは時速40キロの猛スピードで逃げるそうです、数十メートルwwだから普段は寝て体力蓄えているんですねえ。。。

1時間半の午後の一時の動物園での癒しタイム、あ゛~、この時間止まっていてほしい。。。
1日目にしてグレートバリアリーフにオーストラリアの動物達。。。もう見事にメインディッシュ2皿食べてしまった感じさえします(笑)
大満足の動物園を後にケアンズ近郊のビーチリゾート「パームコーブ」に立ち寄りました。ここならビーチだから泳ぎ放題!と思ったところ「いや、毒クラゲが出るので泳ぐのはほぼ無理だよ」と。。。限られた枠の中で泳ぐ形になってしまうらしいです。しかしこの海と空のブルーのコントラストは「あ~、これぞオーストラリア!」と思わせてくれます。

Photo_8Photo_9
 
パームコーブを後に最後の立ち寄り地、「ケアンズボタニックガーデン」へ。前回来た時にもう少し時間があったら寄りたいな、と思っていた地なのでこのアクティビティに組み込まれていて本当ラッキー!そしてそのラッキーはなんと7年に一度の超ラッキーとなったのである。

ガイドさんいわく、
「昨日から7年に一度、2日間だけ花を開く『ショクダイオオコンニャク』が咲いたんですよ」
。。。
。。。
。。。
にゃんと!!それは宝くじの大当たりレベルではないですか!そして訪れた日は2日目。現地に行くとテレビ局の人とかでわんさかわんさか。普段はこんなに植物園に来る人いないというから、相当のイベントなんですね。本当ラッキー!!
コンニャクと言うだけあって、サトイモ科のコンニャクの仲間と言うのが面白いですが、コンニャク芋の大きいの?と思ってみたら全く違う形でしたが、何とも熱帯雨林らしいけったいな形の巨大植物がそこには存在しておりました。それがこちら。

Photo_10

不思議な形ですよねえ、これが花が開いている完全体。下の葉っぱのようなやつが花で、真ん中が仏炎苞と呼ばれるもので花を守る葉っぱの役割?みたいなものらしいです。見た感じは雌蕊って感じですが。。。
このショクダイオオコンニャク、色んな世界一がありまして。。。

世界一大きい花(実はラフレシアではない!と言うのは驚き)
世界一醜い花(まあ、、見た目けったいですがそこまでかなあ?)
そして何といっても…
「世界一臭い花」!!!
ゲェ~~~~~~~~~~~~。。。。
ところが匂いのピークは咲いて1日目がすごいらしいんですが、後半の2日目だったからか匂いは全く感じず。。。見学する分には一番いいタイミングで来れたのかなwww
せっかくなのでショクダイオオコンニャクの前でピース♡
って今回あまりに俺出すぎてるので省略ww
お目直しに熱帯の植物の美しさをご堪能くださいませ(笑)
Photo_11Photo_12


もし4年前にここに来ていたら、もしかしたら今回来なかったかもしれないので、本当運がいいなあと自分の新年早々の運の良さに幸せ度も急上昇。傷心旅行が一気に癒されていきます。
1日目にして100%以上の経験をさせてもらい、オーストラリア感激の嵐で終えることが出来、気持ちも有頂天の状態で本日の活動を終了。
ホテルに戻ってエスプラネード沿いのシーフードレストランで1日の疲れを癒します。頼んだのは「シーフード盛りだくさんのパスタ」、昼食べたカラス貝?も一杯入っており俺の身体を癒してくれます。お値段はビール1杯付けて45ドル。。。

プロレタリアートの俺にとってはハラハラドキドキの物価です、、、

Photo_13Photo_14

しっかり英気を養い2日目も楽しんじゃいましょう。お金は心配ですがww

続く

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

過去ブログ

ケアンズ
グリーンアイランド


2016年1月17日 (日)

夏のオーストラリア…グリーンアイランド

前回はこちら

早朝に着いたケアンズからそのまま一気にグレートバリアリーフの「グリーンアイランド」へ向かいます。船乗り場に着いた頃は7時過ぎ。出発まで2時間あるので、カフェで軽く食事をして、8時に船のチケットを取りにカウンターへ向かいます。週末でそこそこの観光客、それでも多くは欧米系でアジア系の人はほとんどおらず。日本人はこの船に限って言えば俺とあと数人だけでした。
9時、船は一路グリーンアイランドに向け出発。船は高速船でどんどんスピードアップしていき、小一時間のグレートバリアリーフの海上旅行、途中から海の色がマリンブルーに変わっていき心も踊ります。十分ケアンズの海もきれいなんですが、前回書いたようにマングローブの土壌の関係で少し濁っていたので、余計に海の色に心ワクワクさせられます。船の上ではオージーの子どもが大はしゃぎ、落ちなやあww
PhotoPhoto_2Photo_3Photo_4Photo_5Photo_6

小一時間経ち、目の前に一島の小島が!あれが夢にまで見た「グリーンアイランド」かあ。。。このグリーンアイランドは他のグレートバリアリーフの島々とは違い、サンゴの砂で出来た島で島自体は30分もあれば1周出来るほどの小島です。船着き場周辺は多くの客がシュノーケルやグラスボートに乗ったりして楽しんでいるリゾートアイランドですが、裏側まで行くと誰もおらず、のんびり時間の流れを海と共に味わえます。コバルトブルーのまさしくこれぞ南国の海、これだったら1日いてもよかったなあ。。。今回取ったチケットは昼過ぎに帰る半日チケット。次回来ることがあったら1日いられるよう考えてみてもいいかな。ここグレートバリアリーフには他にも渡れる島が一杯あるようなので、他の島もグリーンアイランド同様楽しんでみたいものです。
遠浅のサンゴの砂浜で水も心地よい冷たさでのんびり小一時間泳いで海を満喫した後は、火照った体に効くアイスを購入しパクッ♪熱い熱帯でのアイスは数十秒でどんどん溶けていきます。2分くらいですべてなくなりましたw
Photo_7
Photo_8Photo_9Photo_10

半日しかグリーンアイランドにいられないので、結構時間にはタイトにならざるを得ないのは惜しい所ですが、このあと船に戻る前にアクティビティがあり、グラスボートで沖まで出てくれ、グレートバリアリーフの浅瀬に群がる魚やサンゴ礁を見て回れるツアーがあったので申し込みしてみたんです。

グラスボートは観光客別に分かれていて、日本人向けにそれ専用の船がある辺りサービスはにわか英語でアタフタしている人間には助かります(笑)船には5,6人の日本人しか乗っておらず、「これだけなんですねえ」「海泳いできたん?」とすぐに和気あいあい。他のグラスボートをみると溢れんばかりの人を乗せ移動中。日本人で良かったと思った瞬間でしたw大小いろんなコーラルや魚の大群、そして海ガメにも遭遇出来てとてもラッキーw(亀の動きが早すぎて写真にうまく収まらなかったのはちょっと残念ですが(;´Д`A ```)半日と言うわずかな時間でしたがグレートバリアリーフ、最高に満喫出来ました!

Photo_11Photo_12Photo_13Photo_14Photo_15

グレートバリアリーフ、来る人を虜にする素敵な世界がそこには広がっていました。ケアンズに戻ったら午後はガイドさん付きのアクティビティに参加してみます!

過去ブログ

 

2016年1月12日 (火)

夏のオーストラリア…ケアンズ

年末、1月の休みが決まって正月明けの8日の金曜日に休みが取れることに、、、と言うことは今回うまいこと土曜日が調整で休みなので4連休が取れる形に。。。ならば久しぶりに海外に行こう!となり候補となったのが台湾再訪かベトナム、いやいや国内の種子島も捨てがたい。。。と色々考えていた時に頭にある言葉がよぎる。。。
「ケアンズ」
なぜケアンズかと言えば、前回 (←4年前ほどに行ってます。その時は季節は真逆の冬でした。なので今回の題名は「冬のオーストラリア」から「夏のオーストラリア」とさせてもらいました)オーストラリアに来た時にトランジットでわずか5時間の滞在でまた機会があったら色々見て回りたいなあ、と思っていたところでそういえば南半球は今ちょうど夏なんだよなあ、と思ったときに一番に出てきた地名が「ケアンズ」でして。。。
でもどのコースよりも遠いし値段も張りそうなんですが。。。と思ってまあとりあえずチェックだけでも、と調べてみたところ思ったよりは値段も抑えめで、ベトナムに行くのとそれほど変わらないと来た。これで一気にオーストラリアモードに傾いてしまいました。

H○Sなどのツアーでとっていくらかを調べて、そのあと個別で取った場合と値段を比べてみると、個別で取った方が2万程安く出来ることが判明。飛行機も使い慣れたジェットスターなら大丈夫だろう、と一気にチケットを取って宿も確保。トップシーズンでこの値段なら納得できるな、と自分の懐に言い聞かせ(笑)出発日を楽しみにしていました。
ところが12月の後半に仕事でもプライベートでも大きなうねりがあり、心が折れそうに(いや、折れてしまってました)なり、バカンスのはずが完全に傷心旅行となってしまいました。
それでも年明けは仕事も忙しく、またプライベートでもある方が大阪までおいでになり(その時の様子はまた次回別個の記事で)いい意味で忘れることが出来た年明け。そしてついに1月の7日、出発の日です。仕事で子ども達と凧揚げに行ったりし、かなり体も酷使。そして前日は前述したようにある方と呑んだりしていたので、体も悲鳴を上げている状態。昼過ぎには少し風邪がひどくなった感じでフラッと。。。やばいなあ、と思うような状態でしたが、ここで旅を諦めるとまたマイナスなことがやってきそうな感じがしたので、仕事を終えると薬を飲んで勢いで関西空港へ向かいました。
 
1452602203985
 
1月の7日の夜発のジェットスターに乗り、ケアンズまで7時間半の飛行機移動です。これだけグデングデンになれば、飛行機の中ではきっと寝られるだろう。。。
 
PhotoPhoto_12
 
飛行機は787ドリームライナー。空気が乾燥せず快適な飛行機なんですが、、、
やはり眠れませんでした。。。il||li _| ̄|○ il||li



嫌な予感は的中し、かなりグロッキーなまま現地時間5時(日本時間4時)にケアンズ着。時差は1時間しかないので時差ボケは大丈夫ですが、いかんせんほぼ徹夜に近いのでこのまま朝を迎え色々遊べるんだろうか。。。なんてことを考えつつ、税関を出て空港ロビーに着いた頃には日の出の時間。まだ6時過ぎですが逆に言えば、それだけ1日を有意義に使えるということ、ならば疲れた、眠いとは言っていられません。ケアンズの町中に向かうために前回使ったコーチを探すがどういう訳か見当たらない。バスターミナルに行くがそれらしいカウンターもない。。。

えっ。。。( ̄○ ̄;)!
それらしき人達も誰もいない。見事にはじめの一歩から挫かれました。いきなりのタクシーでの移動。散財のスタートです。。。メーターは恐ろしいほどポンポン上がっていく。。。市内まで15分ほどですが数秒に一回メーターが上がっていくんです。決してぼっているわけではないんでしょうがさすがは物価の高いオーストラリア、これからが心配です。
 
Photo_3
 
タクシーを降りた先はこの日からお世話になるリッジズエスプラネードリゾート。なかなか立派なホテルですが意外と良心的な値段だったのでここにしてみましたが部屋もすごくきれいで3泊4日満足出来るホテルでした。
Photo_4Photo_5

エスプラネードリゾートはケアンズの海岸線沿いに建つ通りのホテルなので早速海岸線を散歩してみます。前回は冬場(と言っても熱帯ですので寒さは全くありませんでしたがw)でしたが今回は見事に真夏。朝からジトーッと汗が湧き出てきます。日焼け用のスプレーをしっかり体に塗り、準備万端で歩いていきます。海岸ではペリカンや野鳥達が遠浅の海で朝のお食事中でしょうか、のんびりとした風景が。。。ちなみにここケアンズは意外や意外、ビーチと呼ぶものがないんです。ケアンズは実はマングローブの入り江に当たる地で、白い砂浜を作りづらい地形らしいです。しかしその分工夫も見られ、ホテルから15分ほど散策していると前回気になっていた人工ラグーンが現れました。ケアンズではこの人工ラグーンでビーチの疑似体験を味わえるんです。(とはいってもあくまでも人工ラグーンですので大きな期待は禁物)でもこの雰囲気はいいなあ、、、絵になります!
Photo_6Photo_7Photo_8Photo_9Photo_10

この人工ラグーンで遊ぶのはまた別の日にして、まず1日目は朝からグレートバリアリーフの島に渡って南の島を満喫する予定にしました。船の出発は9時なのでまだ時間があります。散策してお腹もすきましたのでカフェで食事しようと思いあの「FLAT WHITE」とサンドウィッチを購入!FLAT WHITEってなに?と言う方はこちら (←冬の記事の下の方までいっていただくとFLAT WHITEの説明リンク先に着きます)をどうぞ!
Photo_11

カフェで購入したこれ、実は勢いで「TO GO」と口走ってしまいテイクアウト仕様になってしました(笑)勢いとはこわいものです(^-^;初めて俺の言う発音の「FLAT WHITE」がちゃんと通ったのがうれしくてついww
まあ、普通に座って食べられたので問題はなかったんですけどねwでは早速8時になったので船の切符を取りに行きたいと思います!
次回 へ続く
 

2016年1月 5日 (火)

気づけば南海。。。

新年を迎え早いものでもう5日が経ちました。仕事も始まり、忙しさも戻ってきそうです。しかし、年末から何かとプライベートに仕事に大きなうねりがあり、大波小波に揉まれながら必死に毎日を頑張っている感じ。
言い方を変えれば、ぼーっとしている間がないといいますか。。。それでも前を向いて進んでいかなければならないですよね。気分一新でまた頑張って行こうと思います。で、今週末からちょっとリフレッシュを兼ねて(はじめは完全バカンスモードだったんですがww)正月休み明けだというのに、俗世間を離れてこようと思います♪
それではぼーっとしている間はないので(笑)早速今年初のテーマを。今回は「今年の験担ぎ」だったはずだったんですが、、、
予定していたテーマを邪魔するものが。。。
それが。。。









「南海」

















はぁ????
いや~、俺もなんで?と思ったんですよ。特段鉄ちゃんでもなく、どの電車が云々と言われても、せいぜい特急が早く着く、とか位のレベルの俺がこの日だけは完全南海フリーク!偶然が偶然を呼び寄せた?南海三昧の1日をブログアップしちゃいますw
大体もってこの日は住吉大社(通称住吉さん)に去年は喪中だったし、もう行ってもいいか、と軽く運試しに出かけたことが事の始まり。
自分の実家は南海の子会社、泉北高速鉄道と言う路線(今の家でも最寄りの一つ何ですが)を使うところにあり、バスに乗って駅まで向かうと、トラックに見慣れない表記が。。。
特急「泉北ライナー」!!


にゃんと!!いままで準急とごく数本の区間急行しかないこの路線によりによって特急参上とは!!(12月のダイヤ改正で出来た新品ピカピカ種別)泉北線住民としては、これは乗らなければなりません!
何といっても堺東を通過するなんてどれだけ気持ちいいことか、、、20分ちょっとでなんばに着けるなんて510円払ってでも一度はブルジョワ気分を味わってみないと!
まだ到着まで3分あるぜ、ネットで特急券購入しワクワクして待っていると。。。
来ましたよ、泉北ライナー!!
 
Photo
 
あれ?これって高野線の特急のやつやん。。。(たまに酔っぱらってなんばから帰るときに使うんですww)
使いまわしですかwwまあ、良い。20分ちょっとでなんばに行けるなら使ってしんぜようww乗車率は正月ということもあってかそこそこ乗っていましたよ、7割くらいかな。特急は泉北NTを抜けると一路大阪市内の天下茶屋までノンストップ!堺の中心堺東を通過するなんて皆の者頭が高い!モードwwちょっと気分良いわあ。。。でも逆だったら「(・д・)チッ」なんですけど(笑)今日だけだからゆるしたってww
 
Photo_2Photo_3
 
いや~、初詣のために散財してしまいましたwwまあ、正月だからいいか。また機会あったら乗ってみたいですね。でも30分も乗っていないのに510円はちょっと高いかなあww
さて、本当なら天下茶屋で本線に乗り換えて住吉大社に行かなければいけないのに贅を味わいたく終点のなんばまで来てしまった。。。(;´・ω・)しゃーないので、一旦帰りに寄ろうと思ってた本屋のはしごをしてから再度お参りに行くか。。。
本屋で目的の本を何冊かかって駅に戻ってくると、南海フリーク第2弾の発動!!
それが、これ!!!
























Photo_4


「ラピート、スターウォーズ仕様」!!!!
鉄ちゃん以外にもすごい数のギャラリーがわんさか!!これは俺も参戦せねばなりません!!
いや~、これはかっちょええ!!!久しぶりに子ども心全開でラピートをあっちからこっちから見入ってしまいました。スターウォーズ人気はすごいですねえ。関西空港に向かう特急だけあって外国人の観光客もあちこちでポーズ取っていましたよ!スターウォーズ恐るべし!
 
Photo_5Photo_6Photo_7Photo_8
 
いや~、初詣前にほんまええもん拝めたわあwさあ、電車に乗って住吉大社に行きましょう!やっとここまで来て本題。。。
まあ、大阪で一番の参拝客を受け入れる住吉さん、すごい人ですわ。。。

Photo_9Photo_10Photo_11
ここ住吉さんのおみくじは以前俺も引いたことがあるんですが、結構な割合で「大凶」が入っているんですよ。手加減なし!と言うあたり良いわあ、と内心ネタ的に大凶を狙ったんですが、
小吉。。。
欲の皮が突っ張っている、、、とありました。。。ある意味当たっとる(-_-;)
まあ、こんなもんですわな。今年はあまり欲張らず頑張りますかね。と言い聞かせ駅に戻ると鉄ちゃんの会話が…



「もう1か月切ったよな」
「11時過ぎから臨時で来てるから写真撮りに行こう」
ん???
ふと見ると住吉大社の駅横に「住吉公園駅」たるものが。。。
お゛~、これは阪堺(これも南海の子会社)の路面電車の駅やねえ。。。
で、これの何が珍しいかと、、、実は、、、(この人達の会話で知ったんですが)この駅、今月末で無くなってしまうんだと。。。それだけなら残念。。。と言うだけなんですが、この駅…



「日本一終電が早い駅」








らしいですwお゛~!南海フリーク第3弾発動!!
構内に入って時刻表を見てびっくり!にゃるほど、朝の7,8時台に数本あるだけでそれ以降は近くの電停から乗る形みたいです。
 
Photo_12Photo_13
 
結構立派な駅なのにラッシュ時の数本だけのために存在した駅。。。きっと往年は多くの人でごった返していたんでしょうね、時代の流れをこんなところからも感じられますね。
ほんの数時間で3つもの南海フリークになるほど最近の南海ネタが多いと言うことか。さすがです、南海!
 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

兄弟サイト

カテゴリー

リンク先

ランキング

  • ランキング
無料ブログはココログ