無料ブログはココログ

リンク先

ランキング

  • ランキング

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月30日 (水)

雨上がりの淡路島へ

暫く忙しい時間が続き、更新もままならずすみません。やっと大きな一つの山が越えました。しかしすぐにまた次の山が、、、今週はちょっと小休止の時間が出来ましたが、まだ台本仕上げをしたり、バタバタは続く。。。皆さんのところには少しずつお邪魔させていただきますね。重ねてすみません。
そんなバタバタの11月、ちょっと前から淡路島に行きたいね、という話があって今回、空いていた週末で行こうかとなり、雨の中淡路島へ日帰りでドライブしてきました。あいにくの雨の予報でしたが「俺、雨に祟られないんで」(BY 大門未知子風ww)と言うことで雨に祟られない様に頑張るべw
 
淡路海峡大橋を通って。。。

Photo_9


昼前に淡路市に到着。昼ごはん時なので先にご飯にしよう!となり、気になっていたお店2か所チョイスしていたんですが、そのうちの1カ所は以前行ったことがあって、ならもう一つの場所開拓してみよう、ということで向かった先が「キッチンたまご亭 」、名の通り淡路の卵をメインにしたお店なんですが、ここの淡路牛が実はおいしいとのこと。ならばやはり頼まないといけないですね、淡路牛ステーキと淡路玉卵(たまらん)ステーキ丼!

Photo_10Photo_11


値段もお財布に優しくここは当たり!とお互い大絶賛。今度は有名卵を使ったオムライスも食べてみたいな、と言いながら次向かう場所を相談。お腹いっぱいの腹を抱え車に乗り込み、10分ほどで向かった場所と言うのが。。。
Photo_12Photo_13Photo_14

ここ伊弉諾神宮は何と日本最古の神社として有名らしく、(知らなかった(゚ー゚;)伊弉諾尊と伊弉冉(いざなみ)尊を祀っている神社。皆さん、出雲大社、伊勢神宮もいいですが、日本人に生まれたのであれば、是非日本を作ったこの伊弉諾尊を祀っているここ伊弉諾神宮へ!まさかそんなご立派な神社が淡路島に存在したとは、、、恐れ入ります。
ここ伊弉諾神宮から一宮に向けては「神様の結うとおり」と言う洒落た通りがあり、ちょっとしたパワースポットとか、このスポットのおかげでこれからの道中も雨に祟られることはない!はずww

Photo_15Photo_16

ここから一宮の瀬戸内海に向かい、ちょっと戻ったところにあるのが、俺の好きな場所の一つ「パルシェ香りの館」と言うところ。一宮は香りの町、とも言われハーブ系の栽培が多い地。この施設ではアロマオイルやハーブなど色んな香りに関するものが扱っていて、今回は買いませんでしたが、アロマオイルにドライフラワー、せっけん、お香などザ・香りのデパート!って感じ。時間があれば、石鹸やキャンドル、リース作りなど多種多様なものつくりも楽しめるんですよ。
Photo_17Photo_18

香りの館を後にしたあたりで小腹もすきました。関西人なら淡路島へ来て、ここに寄らないなんて愚の骨頂!その場所は、、、

たこせんべいの里!

たこせんべいの里の何がすごいって、ここは。。。
作っているせんべいの試食食べ放題!それもほぼ全種類!!飲み物もコーヒーやお茶など飲み放題なんですよねえw入場料なんてもちろん取りませんww
そんな太っ腹なことして大丈夫?と思われますよね、それが大丈夫なシステムになっているんですよね。と言うのも、ここで一杯試食しているうちに「あっ、これうまいわ、買って帰ろ♪」となる訳なんですよね、うまいこと出来てますわ。(もちろん買わなくてもOKですよ♪)
因みに今回はこの3種類を購入。真ん中の色んなやつが入っているのが一番お得感ありますけど、個人的には左側のチョココーティングされたせんべいが堪らなかったです!2日ですっからかんですww因みにこの袋どれもパーティサイズですよw

Photo_19Photo_20


そろそろ淡路市観光も終盤、最後に立ち寄った場所は、「淡路夢舞台 」と言うところ。なんちゅうでかい所やねん!と突っ込みを入れたくなるくらいの広大な敷地にいろんな花木が植えられて一面が花木の王国な場所。時期的にあまり華やかなものはもう咲いてはいませんでしたが、花木に癒されたいなら来て損はないですよ。海をバックに百段苑をまずは散策。きれいな花が植わっているのか、と思っていたら近づくと何と野菜の苗だらけ(笑)百段苑と言う名で見事に騙されました。ある意味斬新ですww

Photo_21Photo_22

百段苑もすごいですが、周りも花が咲き誇る季節なら山の手、そして海の手に咲き誇る花々に癒される素敵な場所ですよ。今回はもう秋の終わりだったので寄りませんでしたが、春や夏だったらきっとあちこち華やかな世界を味わえると思います。
百段苑を後に、そのまま夢舞台を散歩していくと見えてくるのが「奇跡の星の植物館 」。ここも俺のお勧めスポット!テーマを色々設定して季節ごとに温室をアレンジされるんですが、この時期はちょうど「クリスマスフラワーショー」が始まったばかりで、温室内はLEDを多用し植物とのコラボレーションの世界が広がっておりました。2人して「素敵」を連呼しまくってました。いや俺がかw

Photo_23Photo_24Photo_25Photo_26Photo_27Photo_28Photo_29

きれいなイルミネーションの世界に暫し現実逃避。夜の帳が降りて、温室内も夜モードになり、閉館前まで身心の洗濯させてもらいました。雨も最後まで祟られず良かったです♪
季節はもう冬、皆さん風邪などひかずご自愛ください。

今回の旅程

淡路海峡大橋~キッチンたまご亭~伊弉諾神宮~パルシェ香りの館~たこせんべいの里~淡路夢舞台

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

2016年11月23日 (水)

子ども達の秋

なかなかアップ出来ない状況が続いておりますが、何とかやっております。もう暫くしたら更新頻度あげられるかと思うのでよろしくお願いします。伺うことも最近滞っておりすみません。
近況と言う訳ではないのですが、子ども達の活動の様子の一端を。
最近は天気も安定していて暖かい日が続き散歩日和、天気のいい日はあちこち散歩に出かけて発散しております。

PhotoPhoto_2Photo_3Photo_4
製作展もあって、今年は四季をテーマに♪2歳児は冬の担当でかわいらしいかまくらと雪だるま。なぜかミカンとちゃぶ台付きwwwクラス製作では「はらぺこあおむし」をテーマにあおむし君達を作りました。うん、何ともかわいい♪

Photo_5Photo_6

以上近況報告でした!


にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

2016年11月 3日 (木)

千葉ってでかいんだねえ。。。…上総(大多喜、市原)

一気に更新速度落ちてしまいました。。。今年一杯は微妙な更新頻度になってしまいそうです。(´・ω・`)ショボーン
職場でも色々あり、生活全般に激震が起きそうな勢いの上、仕事には忙殺され、毎月の試験に論文提出といつ自由の身になれるのか。。。今年は試練の年か?(-_-;)
愚痴ってばかりいても仕方がないので、シルバーウィークの記事を仕上げてしまいます。
前回はこちら
国吉駅を後に、15分ほどで大多喜町に着くのですが、かなりの車、町内に入ってからはノロノロ運転が続きます。中心地の駐車場はどこも満車で入れないと、とりあえず町の高台にある大多喜城に車を運んだところ何とかスペースを見つけて止めるが、後から後から車がやってきてその駐車場も一杯。この日はなにがあるの?と思いつつ大多喜町の観光へ。
まずは駐車場近くにそびえる高台の大多喜城へ。
Photo

小さなお城でしたが高台の城だけあって町を眼下に見下ろせるこのお城の城主が羨ましい。因みにここ大多喜城のメイン城主だった武将として有名なのは「本田忠勝」、そう今NHKの大河ドラマ「真田丸」でも猛将として名を馳せた徳川方の武将です。なるほど、真田丸効果でこんなに人がいたわけだ。
と、思っていたんですが、実はそういう訳だけだったわけではないようで、なんとこの後私、あの「本田忠勝」にお会いするのです!!( Д) ゚ ゚
大多喜城を見学した後は眼下に広がっていた城下町「大多喜」を見て回ろうと下っていくのですが、2キロ弱の下り道、すごい人が沿道を埋めています。いくら真田丸効果とはいえ、これは多すぎるだろう、と駅近くまで来てその理由が判明、この日は「大多喜お城まつり」おいうものがあって、そこら中に当時の装束をまとった参加者がわんさか。これは良い時に来た!いつもはもっと静かな町であろうに、多くの観光客に住民が総出で町を盛り上げていてワクワク感も半端ないですw
Photo_2Photo_3Photo_4Photo_5

上総の小江戸と言われるだけあって町並みがまたこの日の祭りをサイドからサポート♪そうこうしているうちにメインイベント、武者行列が始まったようです。

Photo_6Photo_7

大多喜の武者行列、すごい規模!町中の人達が当時の人達に扮して町を練り歩く姿は本当絵になります。ん?あの人だかりは何?どんどん近づいてくるあの集団にみんな釘付け。。。あれ???
もしかして。。。


Photo_8


うぉーーーーーーーー!!
本田忠勝ではないですかああwww

そう、真田丸で本田忠勝を演じている藤岡弘、さんが登場!!馬にまたがる姿の何とも凛々しいこと。バイクに乗っても様になり、馬に乗っても様になり、、、さすがは名俳優さんです!!
偶然訪れた大多喜で名俳優を拝めたことは最大の収穫♪車に戻って次の地へ向かう途中駅に寄り道すると、ムーミン列車もデーンと構えておられこれまたラッキー♪この後の旅程もいいことあるかも♪

Photo_9

昼下がりの大多喜を満喫し、最後の寄り道スポットへ向かいます。その地は「養老渓谷」、名は知っていましたが、結構広範囲に広がる渓谷と言うことを知らず、観光案内所に行ってマップを貰い愕然。。。ちょっと大多喜でのんびりし過ぎたか。すでに時間はこれまた15時過ぎ、全部を見て回るにはちと厳しいか。。。

大きく分けて3つのコースがあるみたいですが、1つは大丈夫として、2つは厳しいか。

Main

この中で一番見ごたえのありそうな、滝めぐりコースだけでも見て回れるかな、と判断して車を走らせます。大小様々な滝がマイナスイオンを吐き出し、心の安らぎを与えてくれるこの滝めぐりのコース、靄もかかり、その雰囲気をより醸し出してくれます。

Photo_12 Photo_10Photo_11Photo_13Photo_14

宮崎の青島にあるような鬼の洗濯岩の様な奇岩に靄のかかった渓谷を流れる養老川、ここにこれただけでも養老渓谷の見どころいただきました!って感じですかね。しかし、自分やっぱ欲張り。。。16時30分に1周して戻ってきて、明らかに時間的にはここが最後かな、と思ってたんですけど、もしかしたらもう1カ所のコース行けるかも、、、と滅茶ぶりを発揮してしまいました(;^_^A
向かった先は弘文洞跡をメインとするコース。駐車場に車を入れると今からでも大丈夫だけど、途中台風の爪痕で川にかかっている遊歩道が通れないかもしれないとのこと。。。でもちょうど戻ってきた人が「何とか倒木の間をくぐったら川渡れますよ」と言ってくれたので、頑張って2つ目のルートも散策することに決定!

Photo_15

2段仕掛けの不思議なトンネルをくぐった先が遊歩道、数百メートル進むと言われていた倒木群が川に引っかかっていて、その後ろ側に飛び石が申し訳なさげに。。。
あの場所をクリアすればいいのね♪とぴょんぴょん跳ねながら渡っていこうとすると、先に渡ろうとしてた人が諦めて戻ってくる。。。
何故?戻ってしまったのか?と入れ替わりで渡り始める俺。難なく渡りきり弘文洞跡へ向かうと後ろからまた先ほどの人達がついてくる。自信なかったようですね。俺も確かにこの情報を仕入れていなかったら悩んだかも。。。そうこうしているうちに弘文洞跡へ到着。洞窟の中を養老川が流れているのかな?なんて思っていたんですが、いざ着いてみると川の分岐点みたいな感じで、まあこれはこれで素敵な風景なんですが、その由来が???
結局この場ではわからず、大阪に帰ってからこの弘文洞跡について調べてみるとこの分岐はその昔、耕地を開拓するため養老川の支流、蕪来川を川まわしして造った隧道だったそうですが、上部が崩壊して現在の様な形になったんだとか。大きな輪潜りの様な形状をしていた頃の弘文洞を見てみたかったかも。。。

Photo_16

養老渓谷の風景美を急ぎ足ながら見て回れ欲張った甲斐もありました。コース最後に出世観音を拝観して養老渓谷巡りは終了。ここ出世観音は源頼朝が再起をかけ祈願した観音がと言うことで開運を願い祈ってきたんですが、今明らかに職場の方向が揺れつつある事態にちょっと心配な状態。観音様への祈願が足りなかったのか??

Photo_17
まあそれはさておき、今回の旅程、勢いで2コース攻め上げて千葉の上総攻め終了。もっと時間があればいいんですが、まあ第1回目の千葉攻めとしては良し、としますか。
小湊鉄道の駅に来るとこれまた何とも時代を感じる気動車が出発を待っていました。最新の列車があちこちに走っている首都圏にこんなローカルな列車があることが何とも驚き。日々の疲れを癒すのにこの上総の地は最高でしょうね。自分の中で千葉の魅力急上昇中ですw
Photo_18Photo_19

ここから川崎まで小一時間で戻れると思ったら帰りのアクアライン、やはり大渋滞。結局19時過ぎてしまいました(;^_^Aまあ、飛行機は最終でしたんで十分に時間はあったんですが、またご飯を味わう時間がなくなりました。。。空港で天丼食っているうちに搭乗時間になり帰阪へ。千葉、本当大きくもっともっと攻め上げたくなってしまいました!
これで千葉旅行記終了!
次はいつ行けるかなあ。。。

終わり
 
過去ブログ

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31