無料ブログはココログ

リンク先

ランキング

  • ランキング

« 台湾郊外を巡る旅…1日目 | トップページ | 台湾郊外を巡る旅…2日目 »

2017年1月16日 (月)

三河、遠江歴史探訪…田原、鳳来寺山

年始の三河、遠江旅行記はこちら↓
三河、遠江歴史探訪…本宿、豊川

年末の台湾旅行記はこちら↓
台湾郊外を巡る旅…1日目

2日目、1月3日は朝から前日時間が無くて寄り道できなかった二川宿に寄ってから渥美半島を再訪しようと思います。豊川稲荷に続いて記憶の再構築のための再訪です。
朝一で二川宿に行こうと浜松から一路西に向かっていると弁天島の名が、、、久しぶりにちょっと寄り道しちゃおう!

PhotoPhoto_2Photo_3

浜名湖湖畔にある舞阪宿、新居宿と2か所も宿場町に寄り道してしまいました。新居宿はあの「新居関所」でも有名ですね。とは言っても今から行く二川宿に比べると規模は小さめで本宿とよく似た感じかな。やはり二川宿が今回のメインで正解。静岡を一旦後に、愛知県は豊橋市に入ってすぐにある二川宿に着、早速町並み探訪したいと思います。
二川宿は東海道五十三次の三十三番目の宿場町で大名の宿所である本陣をはじめ、旅籠屋、商家等身分の上から下までの当時の旅路の在り様の全てが見学できる日本で唯一の宿場町と言うことで、町並みもほとんどいじられておらず、升形の道路も自然な形で現存していて見ごたえあります。現存の宿としては馬籠や妻籠、奈良井には適わないけど東海道沿いの宿場町の一つとして凛とした姿を現代まで残してくれています。
PhotoPhoto_2Photo_3Photo_4

午前はこの3つの宿場町を巡る形で終了。時間経つのってあっという間ですね。この後は本当なら長篠の方に車を向かわせるのが、今回の旅の主目的となるんですが、裏の理由に「過去の記憶、記録の再確認」があり(笑)これまた10年位?アバウトな記憶のまま残していた場所への再訪が必要、と思いこの場所へ向かいました!
それがここ。。。






Photo_5

はあ?

ここは豊鉄の大清水駅。2回目の登場ですw
過去の別サイト「クルル」で書いていた頃の記事(今はココログに持ってきたので写真の大きさが微妙だったりやコメはなかったりですが。。。)以来の来訪!
http://sugisi.air-nifty.com/blog/2009/01/post-f747.html
さてさて、お分かりか?分かった人は買いに向かってくださいww

折角ここ渥美半島まで足を運んだので、このまま渥美半島をぐるっと巡ってきちゃいます♪渥美半島の端っこ「伊良湖岬」です!

Photo_6Photo_7

伊良湖岬からは伊勢への船が頻繁に出ていて、ここからお伊勢参りもあっという間♪実は三重とも近いこの場所なんですね。ここは本当風光明媚で、近くには日の出の石門等自然の造形美を眺めるには最高な場所です。ここに来た時少し雲が多かったけど雲の隙間から注ぎ込む太陽の光が差し込む様は幻想的ですね。

Photo_8Photo_9Photo_10

渥美半島を戻ってくる途中には田原の名物?でもある菜の花が満開。まだ正月なのにここは完全に早春の世界が広がっていました!

Photo_11

渥美半島に寄り道したおかげで長篠巡りはちょっと厳しいかも。。。でも1カ所なら巡れるか。2日目は記憶を遡ることを主テーマに完全切り替えwwならばあの場所へ行くっきゃない!それは「鳳来寺山」。ブログを書き始める前に行ったことのある場所です。写真も数枚撮っただけなので改めて自分の記憶と記録をしっかり残すため再訪しちゃいます。
しかし、あの豊川を通らねばなりません(;^_^A。。。そして案の定豊川で大渋滞。正月だから仕方がないとはいえ、昼下がりに鳳来寺山に向かうには時間が厳しい。
それでも何とか16時前には麓の駐車場に到着!
前回来た時には山頂近くまでパークウェイがあって車で迎えたんですが、今回は頑張って麓から上りきります!時間との戦いですがww

Photo_12Photo_13

駐車場から山門の入り口まで1,5キロ弱あります。途中十二支の石像がその長い道のりを静かに応援してくれているようです。今年は酉年と言うことでここで一枚。誰かがかわいい鏡餅飾ってますね。

Photo_14

そうしてやってきた山門の入り口。ここからあの岩肌が見える辺りまで山を上っていきます。因みにあの岩肌は鏡岩と言う名がついているのだそう。総段数1425段の石段を頑張って登っていきます。利修仙人によって開かれたこの鳳来寺は徳川家康誕生の所縁の地として幕府の保護を受け、途中参道には徳川家光が建立したと言われる仁王門を初め、徳川家栄光の象徴としても大切にされてきた寺院。鳳来寺東照宮も建立され、この地域をじっと眺めてきている由緒ある地を今から上っていくのですが、日暮れまでの時間は少ない、そして何といってもこの1425段の石段をヒーコラ登っていく辛さ(;´Д`A ```完全修行モードです(;д;)

Photo_15Photo_16

石段を上りきること40分弱、やっと着きました。鳳来寺!
鑑岩もお疲れさん、とねぎらってくれているようです。ここからの眺めは最高!疲れも一瞬で吹き飛びます。

Photo_17Photo_18Photo_19Photo_20
苦労しながら登ってきたので当然下りも石段を下りて行かねばなりません。降りた時には見事に17時過ぎて、完全日暮れ。。。ギリギリの参拝?(登山)となりました。石段がきつい方は前述の様にパークウェイを使えば近くまでアプローチ出来ますんで、そちらをお勧めしますw

2日目、ミッションコンプリート。でも長篠見きれなかったなあ。。。と言うことで最終日で長篠リベンジいたしますw
浜松に戻って一日の疲れを癒すべく、さっそうと夜の町へ!今日も鰻?

でも良かったんですけどねえ。。。




これにしちゃいましたww


6

そう!浜松餃子!!もやしをデーンとおいて結構肉がぎっしり詰まっているのでボリューミー!三ケ日ミカンサワーとセットでザ・浜松を堪能!!これならもう一皿食べられる!!で、はしごしよう、と2軒目もどこにしようかなwと探し始めたのが運の尽き。。。どこも人一杯
il||li _| ̄|○ il||li初めの店でもう1皿追加すればよかった( ;∀;)。。。
それでもお腹はまだ入る、、、今日は完全お腹中華モードなので気持ち切り替えデーンとラーメン行くかああw

Photo_21

人の出入りが多かったのできっとここなら当たりだろう、と入って調子乗って頼んでしまったセットのそぼろご飯、ひどいですう、、、学生向きだろこれww(でもアルコールは別腹ww)
でもちゃんと食べ果せるわたくし。。。今明らかにお腹の周りがやばいです。。。
 
3日目に続く
(その前に台湾旅行記2日目挟んじゃいますw)

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

2日目の行程
浜松(舞阪宿~新居宿)~豊橋(二川宿)~田原(大清水駅~伊良湖岬)~新城(鳳来寺山)~浜松

« 台湾郊外を巡る旅…1日目 | トップページ | 台湾郊外を巡る旅…2日目 »

旅行日記(中部)」カテゴリの記事

コメント

渥美半島、気持ち良さそうな場所ですね。菜の花が満開なんてなんて温暖な場所なんでしょう。寒いのが苦手な自分には羨ましい所です。自販機の意味分かりました!珍しいと言うかまず無いですよね、ぬるーいって(笑)
鳳来寺山を登山ですよね、これって(爆)大樹さんと寺社参拝しよう、と誘われたら軽く山登りの準備しないと(^^;

浜松餃子、堪らないッス!宇都宮と二分する人気の餃子大国!見ているだけでよだれが…

Re:紫苑さん、そうなんですよ、1月始まったばかりだというのにすごく年末年始が暖かったこともあってか、春の訪れを告げる菜の花が咲き誇っていました。ある意味ラッキーでした。
自販機、ナイスですよね。でも自分ぬるーいのは微妙ww
鳳来寺山、2度目の来訪だったので麓から、と決めていたんですが、かなりの距離&高低差でした。山の上の寺院を参拝するのには気合がいりますね。でもその分疲れ以上の神聖な雰囲気を直に味わえるのもまたこういった山上の寺院ならでは、かな。
浜松餃子が有名になったのってそんなに経っていないですよね。その昔しょっちゅう浜松に行っていた頃は、そんなに餃子餃子って言っていなかったような気がします。でもとってもおいしかったよ♪

宿場町って風情があって良いですよね。
こういう景色はいつまでも残して欲しいなって思います。

ぬる~い(笑)
どうやって自販機の温度設定してるんでしょうね?
意外と結構な技術が使われていたり…coldsweats02

渥美半島、菜の花キレイですよねshine
私も昔、行ったことがあるけど良かったなぁ。

浜松餃子美味しそうflair
それに三ケ日みかんサワー…うぅ、飲みたくなってきたbeer

Re:ナユタさん、宿場町巡りって本当風情があっていいですよね。半日かけて回りたい宿場町もある位。まだまだ未踏の宿場町もあるので、機会があったら是非巡りたいです。
ぬるーい。。。猫舌さん用ですよねw
笑いのネタに一つぶっこんでみましたw
菜の花、早すぎる春の訪れをまさか正月に味わうことになろうとは、って感じでしたが、逆に今年の運の良さ?をもらったかな?と良いようにとりましたw

浜松餃子に鰻、俺も浜松堪らんですw
飲みすぎ注意してくださいねw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540773/64751851

この記事へのトラックバック一覧です: 三河、遠江歴史探訪…田原、鳳来寺山:

« 台湾郊外を巡る旅…1日目 | トップページ | 台湾郊外を巡る旅…2日目 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31