無料ブログはココログ

リンク先

ランキング

  • ランキング

« 台湾郊外を巡る旅…2日目 | トップページ | 台湾郊外を巡る旅…3日目 »

2017年2月 4日 (土)

三河、遠江歴史探訪…浜松、長篠

正月に出掛けて来た三河、遠江の旅も3日目、最終日です。
過去ブログ
朝食事をして、腹がタッポンタッポンになったのでちょっと駅前を散策。あのバベルの塔、やっぱり浜松のシンボルですよね。(人によっては未来少年コナンの建物に似ているという人もww)
Photo

小一時間駅前をぐるぐる散策した後、チェックアウトし、浜松は細江の方に向かいます。細江と言えば、今年の大河ドラマの「おんな城主 直虎」で一躍有名になった井伊谷!よく通っていたのに結構スルーしてしまってました(;^_^Aここぞとばかりに第1話が始まる前に前乗りでトレンド先取りしちゃいますww
と言うことで朝一番に着いたところが井伊谷宮と龍潭寺。
龍潭寺は井伊氏の菩提寺で井伊直虎の墓もありここに井伊の世界が凝縮されています。
詳しくは学のない自分が説明するよりはリンク先でww

龍潭寺
Photo_2Photo_3Photo_4

朝一で行ったのでまだ静かに拝観することが出来、ちょっと優越感に浸っていたらあっという間に拝観者がゾロゾロ、、、束の間でしたが静かな空間を味わえ良かったです。龍潭寺の徒歩圏内には井伊谷宮、井伊家発祥井戸などもあり、大河ドラマファンなら是非訪れて損はない場所です!バスで行くと軽く浜松から1時間は見ておかないといけないので計画もって出掛けてくださいね。

Photo_5Photo_6

細江巡りのついでに久しぶりに奥山の方広寺にも寄ってきました。ここは五百羅漢が有名ですが、この極楽橋の様な赤い亀背橋が有名。五百羅漢様の中には自分に似た羅漢様がいるかも、とのこと。機会があったら言って探してみてくださいね。

Photo_7Photo_8Photo_9


細江を後に、一旦浜松市街近くまで戻ります。実はどうしても行っておきたいところがありましてねえ。。。
それは「うなぎパイファクトリー 」!!!!!!!!


Photo_10Photo_11Photo_12

ここに来たからにはどうしてもうなぎパイ食べておきたいんですよねえ。と言ってもいつものうなぎパイじゃないですよ。それだったらここでなくてもお土産でしょっちゅう食べてるから。。。それはここでしか食べられないものでして、、、
 
それが「うなぎパイの苺ミルフィーユheart04


Photo_13

冬季限定物で、イチゴをそのまま頬張るのは喉がイガイガしてだめな俺もアイス&クリームにくるまれていればノープロブレム!そして何といってもこの主役のうなぎパイのサクサク感が堪らん!普通時間が経てばパイ生地とアイスがまじりあいサクッと感が失われそうなものですが、いえいえそんな軟なものではない。流石はうなぎパイ!時間経ってもサクサクでアイスとのコラボにしっかり自己主張してくれていました!これはお勧めです!!カフェ内はうなぎパイでデコレートされていて、シャンデリアもうなぎパイでした(笑)うなぎパイファクトリーでは見学も出来、お土産にうなぎパイも配布してくれますよ。ミルフィーユ食べたばかりなのに早速車の中で頬張ってしまいましたw

Photo_14Photo_15

静岡観光はこれで終了。帰りに三ケ日にも少し寄って大福寺や摩訶耶寺を参拝した後、愛知県は新城市へ。前日も来ていたんですけど鳳来寺山しか行けてないので、今回は長篠市街を巡って今回の旅を〆たいと思います。
長篠と言えば有名なのが「長篠の戦」ですよね。と言うことでまず向かったのは長篠城址。今は跡形もないですが、そばには資料館もあり長篠の戦のことが色々学べます。その中でとても気になった人物が。。。

Photo_18Photo_19

鳥居強右衛門という雑兵なんですが、この人が長篠の戦の流れを変えて徳川、織田の連合軍の大勝利へと導いたと言っても過言ではない。詳しくは抜粋ですが、、、
長篠城で籠城中の徳川方の奥平信昌は城の危機と城内の状況を主・徳川家康に伝えるための伝令に鳥居強右衛門に特使を命じ、武田方に包囲された城のなかから脱出を試み、そして彼は見事脱出に成功し岡崎へ向かい、無事岡崎の家康の元へたどり着き、その使命を果たしたのである。そして仲間に吉報を知らせるべく、長篠城に戻るも、あとわずかなところで武田軍に捕まってしまう。武田勝頼はこの強右衛門が援軍を呼びに行った城兵であると見破り、ある条件を持ちかけ、強右衛門は磔にされ城内から見える場所にさらされ援軍は来ない旨叫ぶよう強要されるも、
「援軍は間もなく来る!三日の間、頑張れ!」
いやあ、漢ですね!ちょっと惚れました。
この言葉で鳥居強右衛門はそのまま殺害されてしまうんですが、この方の義を通した生き方好きだなあ。
ここ長篠は移動できる距離に色々長篠の戦にまつわる史跡が点在していますので、是非関心がある方は新城は長篠へ。鳳来寺山もすぐそばですよ。

Photo_20Photo_21Photo_22Photo_23

これにて正月の三河、遠江歴史探訪は終了!次回は年末の台湾郊外旅 も最終回!またよろしくです。


にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

« 台湾郊外を巡る旅…2日目 | トップページ | 台湾郊外を巡る旅…3日目 »

旅行日記(中部)」カテゴリの記事

コメント

龍潭寺ーsign03
今大河で激アツスポットじゃないですかー!
この時期に龍潭寺に行くなんて羨ましすぎます!!
井伊谷宮や井伊家発祥の井戸も近くなんですかup
これは近いうちに行ってみたいなぁ。

うなぎパイファクトリー、私も昔行ったことがあります!
うなぎパイを使ったデザートが美味しいですよねheart04

鳥居強右衛門の生き様はカッコ良いですよね。
命を張って味方の勝利を導いたからこそ、歴史に名を刻んだのですが、こういう信条を貫ける人生を送りたいものですshine

龍潭寺、まさしく今旬な所ですね。直虎フィーバー先取りとはやりますね!あまり直虎のことは詳しくはないので、大河ドラマみながら少しずつ勉強していこうと思います。
うなぎパイ旨いですよね。僕も何個でもいけます!このパイのミルフィーユ、かなりのブルジョアな雰囲気が…美味しそう!
長篠、武田軍の滅亡に繋がった場所ですよね。数百年前に歴史が大きく動いた地、一度足を運んでみたいものです。

Re:ナユタさん、そうでしょ♪1月からの大河ドラマのロケ地と言うことで一足先に行ってきちゃいましたwしかしあっという間に観光客だらけになりました!真田丸の時の九度山も結構な人気だったようですがここも御多分に漏れずそうなるのかな。

うなぎパイファクトリー、癒しの空間ですよねえw夜のお菓子、ここにあり!って感じです(笑)(なんやそれw)

鳥居強右衛門、ここでその存在を知ったんですが、歴史に疎い自分がここで歴史の深さを久々に色々感じることが出来たので本当行ってよかったなあ。。。と
自分の生き方の一つの支えとなりそうです。

Re:紫苑さん、そうなんです。ここ龍潭寺に一足大河ドラマファンが押し寄せる前に行ってきてしまいましたwwこのドラマが無ければ本当静かな一地域であったろうに何とも面白いものです。
うなぎパイのミルフィーユ、確かに散財しましたwwでもこの位は折角浜松に来たら、と頑張ってしまいましたw普段ならまず手を出さないですよww
長篠、俺も地名位しか知らず、武田騎馬軍が織田、徳川の鉄砲隊に撃退される天下分け目の戦いの場、としか知りませんでしたが、鳥居強右衛門の様な雑兵の働きが今の現代を作っている因果にすごく興味が沸きました。

花より団子・・・
うなぎパイの苺ミルフィーユが頭から離れません・・・

浜松辺りなら、そう遠くもないのに、ゆっくり観て回ったことがありません。
ミルフィーユ目的でいってみたいなぁ♪

Re:とわさん、ミルフィーユうみゃかったですよおw
あのうなぎパイのサクサク感が最後まで味わえるあたり、それなりの値段出して食べる価値あったなあwと思います!
是非今度足を運んでみてくださいね♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540773/64822235

この記事へのトラックバック一覧です: 三河、遠江歴史探訪…浜松、長篠:

« 台湾郊外を巡る旅…2日目 | トップページ | 台湾郊外を巡る旅…3日目 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31