無料ブログはココログ

リンク先

ランキング

  • ランキング

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月26日 (日)

青春18きっぷの春旅…高松

青春18きっぷ第2弾は1泊かけての四国旅となります。
向かった先は。。。




四国の玄関口、香川県は高松です!



因みに第一弾は名古屋

日帰りでも行くには行ける場所ではあるんですが、実はこの日はウィークデイ。仕事があったんですが、にゃんと仕事の代休が取れておらず、早出だったこともあり、クラスが何とか回るから残りの時間代休取っちゃって。。。となり、、、で次の日が一日有休だったので必然的に一泊出来る状況下が生まれた次第でして…
ならば、早速向かってしまおうではありませんか!
宿を急いで取り、高松市内で一泊決定!
では青春18きっぷ2回目出発です。
 
仕事場から一旦家に帰りバスで地元の駅へ。JR三国ヶ丘駅から切符を使います。
11:21…三国ヶ丘駅(快速天王寺行)
11:37…天王寺駅(大阪環状線)
12:00…大阪駅(新快速姫路行)
13:05…姫路駅(普通播州赤穂行)
13:31…相生駅(普通岡山行)
今回はやたらと乗り換えが多いので忙しい。それにウィークデイにも関わらず移動の若者が多い。学生さん達は春休みなんですかね、羨ましいなあ。。。ここ相生から先は一気に列車数が減り、岡山方面は一時間に1本。時間間違えると大変なことになります。それにここから岡山に向かう列車、まっ黄っ黄(笑)!どうやらこれがうわさに聞く「末期色」と言う完全手抜きカラー列車なんですね。

Photo_16


14:42…岡山駅(快速マリンライナー高松行)
快速マリンライナーの先頭車両はグリーン車付の2階建て車両。列車も関西と同じ快速仕様。瀬戸大橋線から眺める瀬戸内海、日本の技術の粋を集めた瀬戸大橋を心地良い鉄音を耳にしながら久しぶりに来る香川に心を躍らせます。

Photo_17

15:45…高松駅(普通引田行)
わずか7分の乗り継ぎで高徳線に乗り換え。2両編成のディーゼルカーに揺られ、先に進みます。えっ?高松じゃないの?と思われた方、そうなんです。半日休めたので急きょ観光場所を増やしたんです。その場所は。。。

Photo_18


16:02…屋島駅着
屋島」です!もう完全夕方ですil||li _| ̄|○ il||li
普通ならもう高松で一カ所位巡ったらいい時間なんですが、スマホで調べていたらギリギリながらここ屋島を巡れることが判明、スマホ様様です!
屋島と言えば、源平合戦で有名ですね。あの「那須与一」が射った扇の話は歴史が苦手な自分でもよく知った話。その地へ僅か1時間半程ですが巡ってきました!
駅から徒歩10分ほどで屋島ドライブウェイの入り口にある四国村へ。入場料1000円で四国各地から移築された建造物33棟が当時のままの姿で村のあちこちにあり、四国の住居文化などを堪能できます。徳島のかずら橋を模したものもあり、ユラユラユラ。。。
しかし、ここでの滞在時間はわずか30分。1000円も払ったんだからもっとゆっくりしたかったんですが、屋島の見どころはこのドライブウェイの終点、山の頂に固まっていて、そこに向かう最終バスの時間が16:47分。。。うーんもったいないがやむを得ん。

Photo_19Photo_20Photo_21Photo_22
 
最終バスに乗り込むと乗客は俺一人、そりゃそうだ、夕方の最終便に乗っても見る時間なんかあるもんかい!
ですが、このバスに限ってはありがたいことに30分待機待っていてくれるんです!出発は17:25分。1分たりとも無駄にせず猛ダッシュであちこち巡ってやる!!
屋島の頭頂部は平たい台地状になっていて「メサ」と言うらしいです。なので頭頂部の移動は比較的楽。これなら何とか30分で見て回れそうです。
まずはバス停近くにある「血の池」、源平合戦のとき、檀ノ浦で戦った武士たちが血刀を洗ったため、「血の池」と呼ばれるようになったとか。怨霊こもってそう(;´Д`A ```

Photo_23
 
血の池からすぐのところにあるのが四国霊場八十八カ所の八十四番目、屋島寺です。屋島寺の境内に鎮座する雌雄二体の狸がかわいいww(屋島の太三郎狸)。日本三名狸にも数えられているそう。とってもいいことをした善行の狸さんだそうで、良い顔してるわw
Photo_24Photo_25Photo_26
 
ゆっくり見ていたいんですが、ここですでに10分経過。。。20分で見て回るには小走りが必要か。。。ちょっと焦りながら次の場所へ。

Photo_27Photo_28
 
屋島寺から2分ほどで獅子の霊厳と呼ばれる瀬戸内海が一望出来る展望台へ。夕焼けの瀬戸内海に浮かぶ島々にうっとりしていていると残り15分ちょっと。おっともうそろそろ戻らないとバスの時間が、でももう1カ所どうしても足を運んでおきたい。その場所はここから軽く7,800メートルはありそう。
え~~~~~~い、ダッシュしてやるわ!
息も絶え絶え出発時間ギリギリに着いたのが屋島城跡展望台。山の上にこんな石垣で築かれた山城がそびえていたなんてすごいですよね。って、のんびりしている時間がない(-_-;)

Photo_30
 
バスの時間まで8分。
間に合うのか、それとも間に合わず一人山の上からトボトボと長い山道を降りていく羽目になるのか。。。
ええ、無事1分前にはバスに乗車できました!セーフ♪
帰りのバスから屋島の戦いの古戦場跡が拝めました。しかし、岩石の採掘場ですかね、山の風景はちょっと寂しいものが。。。

Photo_29
 
バスに揺られ、17時45分琴電の屋島駅着。本当ならJRの屋島に行っても良かったんですが、列車の到着まで30分以上あったのと、折角高松市内で泊まるんだから繁華街で飲んじゃおう!と言うことで琴電に変更♪程なく琴電の瓦町行が到着!

Photo_31
 
20分弱のミニトリップで着いた先は琴電の一大ターミナル、瓦町。流石は繁華街の中の駅!どでかいです♪さてここから近くの香川名物を扱っているであろうお店を探そう!交流させてもらっているブロガーさんにも書いてあった香川名物、俺も頬張ってやるぜ!
瓦町近くの商店街には一杯のお店が!その中から今回お邪魔したのがライオン通り沿いにある「讃岐食酒工房 ふるさと」さん。早速地物のものを一杯頼んじゃいます!
ここは讃岐コーチンの骨付鶏がうまいんだと、値段は1500円とそこそこしますが、勿論頼んじゃいます。そして、県魚でもあるはまちの刺身に地だこの酢の物、いさきの姿焼きと香川ならではの名物をこれでもか、と頬張ってしまいました。酒も進む進むww

Photo_32Photo_33Photo_34Photo_35

骨付鶏は骨の髄までしゃぶってくれ、と言われ遠慮なくしゃぶらせてもらいましたwこれはうまい!甘みもありつつ肉の柔らかさが何とも堪らん!また香川上陸時にはお世話になります!
と言うことで香川旅前半、高松編は終了。
瓦町から一駅分ほど歩き、JR屋島駅前のホテルで2日目に備えます。
朝からグルグル巡りますよ♪あるブロガーさんとよく似た行程ですww
続く
 

2017年3月20日 (月)

青春18きっぷの春旅…名古屋

ずっと更新せずすみません。今週でヤマを越え、やっと一息つけるようになりました。新クラスも決まり、来週からは準備にまた忙しい、、、それでもこの怒涛の1か月以上のことを考えれば、まだましかな。
今週から余裕が出たのをいいことに休みの日はほとんど出掛けないとストレス溜まる、と予定のない日は全てどこかへ行ってしまおう、と久しぶりに青春18きっぷを購入。ご存知の方も多いかとは思いますが、この青春18きっぷとはJRグループの普通、快速など普通乗車券だけで乗れる列車ならその日どこまで行っても切符一枚で向かえるという優れもの。値段は11,850円(おとな・こども同額)、1回あたり2370円。片道1200円以上のところへ向かうと十分元が取れるなんて何て素敵な切符なんでしょう!とは言え5回分が1枚になっているので一人で全部使い切るには5日分ルートを考えないといけません。ですがそれもまた楽し!
切符を買った次の日に早速向かったその場所は。。。


「名古屋」です。


愛知県は何度も行っているんですが、何と言うことか名古屋市内だけはいつもスルーはせどもまともに観光をしたことがない(;´Д`A ```用事があってもスルーで終わっていた自分にドアホ!と言ってやりたいです。
と言うことで名古屋市内観光日帰り旅スタート!
5:44…鳳駅(快速新大阪行)
地元は南海沿線なんですが、便宜上今回は鳳からスタートすることに。早朝と言うこともあってか4両の快速はかなりの乗車率。それも1日1便の新大阪行。うーん、出来れば大阪行きの方が乗り継ぎの列車座れる可能性あったんだけどなあ。。。(この新大阪行、唯一大阪駅を通らないのですorz。。。)
6:25…新大阪駅(快速米原行)
乗り継ぎはスムーズですが、混んでいるかなと思っていた所、新大阪で降りる人が多くてラッキーなことにすぐに着席出来ました。米原までは1時間半くらいあるからやはり座っての移動は助かります。

Photo

8:25…米原駅(新快速豊橋行)
米原駅では20分弱の待ち合わせですが、この日は天気は良いものの米原の気温は何と1度!ブルブル震えながら列車が入線してくるのを待ってました。ここからはJR東海の管轄。この列車で目的地の名古屋まで一本。残り1時間の旅路となります。途中まだ冬の名残が残っている伊吹山を左手に見ながら名古屋までの旅路を楽しみます。

Photo_2Photo_4


9:30…名古屋駅着。
1時間ほど揺られると立派なビルが建ち並ぶ中部地方最大の都市、名古屋に到着です。駅ビルとは思えないほどの高層ビルが名古屋の勢いを感じさせます。では早速観光に参りましょう!

Photo_3

と思ったんですが折角名古屋に来たんだからやはりモーニング忘れちゃいけないですわなwどこの喫茶店でも名古屋モーニングは凄い!というのをテレビで見ていたのでとりあえずどこか入ってみよう、と駅チカに行くとお゛~~!結構並んでるやん!ここならいいかも♪と俺も並んで入ったところは。。。
コーヒー一杯でセットにすると何気に野菜たまごサンドが付いてくるなんて素晴らしい!さすがは名古屋。確かこれで500円位だったかな。因みに後で知ったんですが「エビフライサンド」が有名だとか。次回は是非チャレンジしてみたい!

Photo_5Photo_6

朝からモーニングなんて滅多にしないので何とも贅沢な気分。朝冷えていたのでホットコーヒーで十分温まったんですが…
 
ちょっとはしごしちゃおうかなあw
駅チカから地上に出てどこかないかなあ、と地図を見てみるとありました!2軒目レッツゴー!ここも着いたら人が一杯。数分並んで入った2軒目は。。。
ここは必ず全てのドリンクに一日中モーニングサービスが付くみたいで、
A トースト+玉子+カステラ
B フルーツプレスサンド
C 小倉プレスサンド
D ピーナッツクリームプレスサンド
E ポテトサラダプレスサンド
F 野菜サラダプレスサンド
から好きなものを選んで良いんだと!ならばさっきは野菜たまご系を食べたからやっぱ甘いやつですなあ、と言うことで小倉プレスサンドにしちゃいましたよw

Photo_7Photo_8

モーニングのはしごをしてしまい、見事に観光スタート時間を押してしまいました(笑)遅くなりましたが11時のバスに乗り名古屋市内観光に向かいます。主要な観光地を回ってくれる便利なバスが名古屋にありまして、その名も「名古屋メーグル」、早速乗り込み出発です。因みにこの日は土曜日だったので祝日用フリー切符「ドニチエコきっぷ」600円を購入。バス、地下鉄が乗り放題とあってこのメーグルも勿論使えます!
Photo_9

バスに揺られ10分ほどで一番初めの目的地、「トヨタ産業技術記念館」に到着。ここではトヨタの成り立ちから現在までの発展の全てを見ることが出来ます。トヨタって車の会社のイメージですが、スタートは紡績業だったとは知らなかったなあ。館内は紡績のことから再維新の車のことまでトヨタのことならここで知れ、と言わんばかりにトヨタをアピール。トヨタロボット軍団がお出迎えしてくれますよ♪

Photo_10Photo_11Photo_12Photo_13

1時間弱見て回っていても男心くすぐる技術館、名古屋観光のっけからぶっ飛ばしてくれます!一時間後のバスに乗り込み、次に向かうはやはりここは欠かせない、名古屋城!梅の花もきれいに咲いており、本当良い時に来れました!多くの観光客も名古屋城の雄姿に感嘆の声を上げていました。(特に外国人)そうそう、金の鯱を忘れちゃいけませんね。写真ではあんまりですが、直に見ると結構煌びやかでシンボルと謳われているだけのことはありますよ。本丸御殿も一部復元され、内部を公開中。ふすまの装飾の何とも派手なこと。流石は一大巨城!

Photo_14PhotoPhoto_2Photo_3

名古屋城を後に次に向かうは尾張徳川家の居所としても使われていた「徳川園」へ。徳川美術館も併設されており、歴史好きならここも立ち寄って損はないかも。ただ今回は時間がないので美術館は入らず庭園のみ。時間おしているだけにちょっと惜しいな。。。

Photo_4Photo_5

メーグルは30分に一本のバスなので予定を組みやすいのですが、便数が限られているのでその辺りはシビアな行動が求められてしまいます。徳川園を後に街中に戻り、着いた先は「栄」、名古屋のメインです。有名なテレビ塔がようこそ名古屋へ!と話しかけて来てくれている様です。しかし、ここでもゆっくりしていられない、16時30分までにある所に向かわないといけないので(;´Д`A ```

Photo_6

観光巡回バス、メーグルから離れ、ここからは地下鉄を使います。名城線と言う路線に乗って向かった先は「熱田神宮」、言わずと知れた名古屋一の寺社。三種の神器の一つ、草薙神剣を祀り、伊勢神宮に次ぐ大宮として知られ、神明造のお社がその偉大さをアピールしています。この日も多くの参拝客がお参りされておりました。しかし時間がないのでどうしても早足になってしまいます。すでに時間は15時を越えてしまってます。16時に名古屋駅に戻らないと間に合わないのでやむを得ないのですが、何ともせせこましい。。。

Photo_8Photo_9Photo_10

それなのにもう一カ所どうしても寄っておきたい場所が。。。
焦っているにも拘らず何しているんだか、、、地下鉄を乗り継ぎ着た場所は「大須観音」。観音さんの近くにある商店街がまた楽しいらしい。しかし、今回はちょっと見ただけで退散。時間に余裕がないとこういうところで犠牲が出てしまうのが本当辛い。次回来た時は優先順位上げておきますw

Photo_7

大須滞在時間わずか15分、おいおいw16時の名古屋間に合うのか。。。
ギリ間に合いました(;´Д`A ```
何故16時に名古屋駅なのか。。。
それはこの場所に向かわなければならなかったからです。

あおなみ線と言う第三セクターに乗り込み終点の金城ふ頭駅までの30分弱のトリップで着いた先は。。。


JR東海「リニア・鉄道館
閉館時間まで1時間を切った16時40分、ギリギリの到着。朝のモーニングに時間を取り過ぎたツケが後半のバタバタに繋がってしまいましたが、無事入場。

Photo_11Photo_12Photo_13

流石はJR東海、新幹線関連はここには敵いません。滅多にお目に掛かれないドクターイエローもここでは間近に拝めます。リニアの模型も今にも動き出しそうな、、、生きているうちに一度は乗ってみたいものです。
規模的には京都の鉄道博物館の方が大きいけど、ここもなかなかどうして、、、閉館までの小一時間、童心に帰って楽しんできてしまいましたw

一日で強引にほり込んだ名古屋観光もこれで無事終了。名古屋駅に戻って来て夕食も折角ですから名古屋めしで締めましょwと向かったのは「味噌カツ双葉」、奮発してこれまた名古屋名物の手羽先も付けちゃいましょwここも結構混んでいて俺が入った直後にズラズラズラと人が並び始めていました。
Photo_14Photo_15

駆け足で巡った名古屋市内、一日ではやはり巡りきれないな、また機会をみてモーニングから攻めてみたい、そんな町でした。
しかし、日帰りの旅の辛い所はこれから、、、
勿論名古屋から大阪までは在来線の普通列車で帰らなければならないのですorz。。。

19:00…名古屋駅(新快速米原行)
前日に東海道線に突っ込んだ車が線路や列車を破壊しまくった大事件の影響が残っていて5分程の遅れが。。。米原到着もそのあおりを喰らい20:14分着。つまり猛ダッシュでの乗り込み(;´Д`A ```

20:14…米原駅(新快速網干行)

21:42…大阪駅(大阪環状線)
22:14…天王寺駅(快速和歌山行)
22:30…鳳駅

片道3時間半~4時間の列車旅、フ~ッ。。。楽しいけど疲れる。
因みに鳳~名古屋間の片道料金3670円なので片道だけで十分元取れていますね、流石は青春18きっぷ!次回は西側へ向かいます。

続く

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31