無料ブログはココログ

リンク先

ランキング

  • ランキング

« 青春18きっぷの春旅…豊岡 | トップページ | 弾丸南紀熊野…本宮、熊野 »

2017年4月29日 (土)

弾丸南紀熊野…十津川、瀞峡

ええ、すみません(-_-;)前回の記事にて今度から昨年4月~12月の間京都通いをしていた時の記事を、と書いていたんですが、、、
前回の青春18きっぷで向かえなかった「南」にやっぱり行きたくてですねえ。。。


行ってしまいました(笑)


とは言えさすがに鈍行で向かうには時間的に厳しい。と言うことで今回は自分の車で4月唯一の土日の週末で「南」へ向かうことに。
でもどうせ「南」に向かうなら列車では厳しい熊野方面に行こうではないか!
3日前に思いつき、4月22日の土曜の早朝、車で一路熊野路へ出発!
車で向かうにも熊野路は結構大阪でも遠い。和歌山県の南の果てまで延々車を飛ばし軽く3時間以上かかる地。海岸線沿いは遠回りだし、山路はワイディングと狭路続きの国道。。
どちらにしようか迷っていた時、そういえばネットで瀞峡のウォータージェットが金曜から水量も戻って再開した、と。。。
ならば確実にルートは決定!山を突っ切ります♪
 
朝6時家を出て、五條からは奈良県を突っ切る国道168号線で日本一大きな村、十津川村を縦断します。昔は168号はワイディングの上1車線道路の部分も多いのでスピードも出せず大変な道でしたが、今は大分高規格道路がところどころですが完成していてスムーズに移動が出来るようになってきました。とは言え、軽く十津川村を縦断するのに2時間弱かかるのは相変わらず。
7時20分位に休憩がてら久しぶりに「谷瀬の吊り橋」へ寄り道。
まだ朝早いのもあって誰もいません、一人で橋を堪能♪ってなかなかスリリングな橋なんですよ。何故なら下は薄い木板1枚だけで板の合間は見事真っ逆さまモードの視界(笑)

PhotoPhoto_2Photo_3Photo_4

全長297メートル、高さ54メートルのこのつり橋も実は生活道路の一部と言うことで無料で渡ることが出来るのですが、(駐車料金は別途)観光名所として有名になって人も増えたので1回に20人を超えての通行は禁止となっているとか。俺が行く時は20人も乗っている様なシーンに出くわしたことは無いのですが、時間帯によっては凄いんでしょうね。

谷瀬の吊り橋を後にまたまた1時間半ほど車を走らせ、9時過ぎに十津川村を縦断し和歌山県は本宮へ。しかし本宮はまた昼に再訪するとしてちょっと先の「志古」へ。
「志古」には冒頭でこのルートを選ぶに至った理由「瀞峡」巡りの出発地、ウォータージェットの乗り場があるのです。朝一番のウォータージェット出発時間は9時30分。早速ジェットに乗り込み瀞峡巡りのスタート!

Photo_5Photo_6

乗船率は土曜日の一番の船と言うこともあり、もう少し多いかなと思ってたんですが、前日から再開と言うのがまだ周知されていないのか、大体50%位の乗船率。でも全員が窓側をキープ出来る感じなので良かったのかも。

船は新宮川と北山川の合流地まで遡り、北山川へ。北山川へ入ると一気に川の色も鮮やかさを増し、両岸にきれいな石河原を見ながらジェット船は颯爽と走り抜けていく、結構スピード出すんですね。ところどころ流れの早い所では船もガタガタ言わせながら立ち向かっていくジェット船、なかなか楽しい乗り物です。

Photo_15

小一時間ほどかけジェット船は瀞峡へ。両岸が迫ってきて色々な川の流れが作り出した奇岩の数々、流石は瀞峡!でも瀞峡の風景は実は川の流れだけでなく、あちこちから流れ落ちて北山川に流れ出る多くの滝の浸食により今の瀞峡は形成されているのだとか。自然のパワーは本当すごいですね。そして船は瀞八丁と呼ばれる下瀞に到着。多くの奇岩がようこそ瀞峡へ、と来客を向かい入れる。亀岩↓もすごいリアル!

Photo_9
Photo_11

多くの奇岩や絶壁を右左見ていると田戸発着場に到着。ここ瀞八丁は和歌山、三重、奈良の三県境で、かなりの山奥に来たことを実感します。ここでは20分程上陸できるのですが、船着き場とは名ばかりで石河原に乗り上げての上陸(笑)ここには知る人ぞ知る、僻地のホテル「瀞ホテル」があるんですよ。テレビで見ていてここ来たいなあ、と思っていたんですよね。願いが叶いました!

Photo_12Photo_13

上の写真ではちょっと分かり辛いかもしれませんが、瀞ホテルには別館もあるのですが、数年前の紀伊豪雨であのホテルの所まで水嵩が上がり、手製の吊り橋が流され、数年たってもそのままの状態に。。。あんな高い所まで水位が上がるなんて恐ろしいです。瀞八丁は景勝も最高ですが、その風景の裏には自然の厳しさを感じさせる風景もこうして見え隠れしているのかと思うとちょっと恐ろしさも、、、
さて、20分の上陸時間はあっという間。近くには山彦橋という吊り橋があって写真を撮っているとみんな船に集まり始めている。猛ダッシュで船へ戻り上瀞峡へ出発です。

Photo_14
Photo_10


獅子岩

上瀞も奇岩がこれでもか、と造形美を披露。普段は静かな北山川が作り出す奇岩の数々。良い目の保養になりました。
11時30分に2時間の瀞峡探訪を終え、次に向かうは朝通過した本宮。
本宮では勿論「熊野巡礼」をしたいと思います。
 

« 青春18きっぷの春旅…豊岡 | トップページ | 弾丸南紀熊野…本宮、熊野 »

散策日記(近畿)」カテゴリの記事

コメント

ゴールデンウィーク始まりましたね。僕はちょっと友達と長野の方へ遊びに行ってこようと思います!
奈良県の十津川って凄い大きいのですね。車で何時間も走るなんてびっくり!谷瀬のつり橋チャレンジしてみたいです!かなりわーわー言ってしまいそうですが(笑)
船での渓谷巡りもまた良いですよね。ビール飲みながらゆったり…って大樹さん車でしたか(^^;飲めたら最高ですよね(笑)

相変わらずすごい移動されてますね…。
さすがは大樹さんです。

谷瀬のつり橋、つり橋好きには行ってみたいスポットですねぇsign03
私も一昨年瀞峡に行きましたけど、結構車で走ると山道すごいですよねsweat01
でも懐かしいなぁ、獅子岩とか。

こんばんは。
熊野は二回行きましたー
瀞峡は行かなかったんですよね。。
谷瀬のつり橋も行かず、、なぜなら、高いところが苦手なもので。
しかも、バスで山越えしたので、時間がなかったというのもありますけど。
本宮大社も行かれたんですね!次の記事も楽しみにしていますー
ちなみに、明石のたこはやっぱりおいしいんですね。明石も一泊するので、必ず食べます!!

Re:紫苑さん、いいですねえ、長野かあ。どのあたりに行かれるのかな?また教えてくださいね♪
奈良県の十津川村は本当でっかいです!毎回行く度にまだ続くのかあwが口から出てきます(笑)
谷瀬の吊り橋、なかなかスリリングですがちょっとハマりますよ、是非機会があったらワーワー言いに行ってくださいww
瀞峡巡り、ビール飲みながら。。。うっ、そんなん言われたら(;^_^A

Re:ナユタさん、ナユタさんも十津川ドライブされてましたよね。大阪からならすぐに行けそうなものですが、近畿もやはりかなり大きいことを実感です!
大分十津川縦断も道が整備されて走りやすくはなってきましたが、まだまだ1車線の道路でワイディングの所も多いので、運転し慣れていないと厳しいかもしれませんね。関西人は前も言ったかもしれませんが法定速度+20キロですw

Re:はな☆さん、熊野に2回行かれているんですか!ならばあと1回は行くことになりますねw
この辺りはバス移動も限られてしまいますから時間配分大切ですよね。

もう兵庫の方に向かわれたのかな?明石市行ったらタコともちろん卵焼きも召し上がってくださいw(俗にいう明石焼き!)おいしいお店一杯ありますよ♪

瀞ホテル、十津川の方にあったのですね!
四国にあるのかと勘違いしてました。
とんでもない僻地ホテルですね~。

紀伊半島、全く行った事ないので興味津々で読んでます(*^^*)

Re:ゆうきさん、瀞峡ホテルさりげなく有名なんですね。ここでお茶することもできるんですが、あいにくそんな時間もなく。。。もしここでお茶出来たら俗世間の嫌なことを全て忘れさせてくれる時間と空間を提供してもらえそうです。
紀伊半島は交通僻地なので来るまで相当時間がかかってしまいますよね。大阪からならまだいけないこともないので、もしこちらに行きたいと思ったら声をかけてくださいね。車位はお出ししますよ♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540773/65213035

この記事へのトラックバック一覧です: 弾丸南紀熊野…十津川、瀞峡:

« 青春18きっぷの春旅…豊岡 | トップページ | 弾丸南紀熊野…本宮、熊野 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31