無料ブログはココログ

リンク先

ランキング

  • ランキング

« 青春18きっぷの春旅…敦賀 | トップページ | 弾丸南紀熊野…十津川、瀞峡 »

2017年4月16日 (日)

青春18きっぷの春旅…豊岡

1か月にわたり書いてきた青春18きっぷの春旅も5回目、つまり最終回です。11850円で5日分の旅費が浮くのは本当貧乏保育士にはありがたい限り。鈍行メインの旅になるのでどうしても時間的な拘束は受けますが、日帰り旅なら十分使える切符。今後も機会を見つけて使いこなせたらな、と思います。

1回目は名古屋編
2回目は高松編
3回目は琴平偏
4回目は敦賀偏

それでは最終回5回目の記事へ。最終回は前回書いた通り、東西移動から南北移動を目指します。前日まで南にしようか北にしようか、迷っていたんですが、南は和歌山の紀勢本線、北は福知山線や山陰本線…日帰りでどこまで向かえるかを検索しまくった結果。。。
 
北に向かうことに決定!
 
南だと紀伊田辺辺りまでは可能なんですが、そこから先は1日数便の鈍行でとても和歌山の先、新宮や紀伊勝浦までは日帰りでは不可能。ならばその手前の御坊や有田、田辺、田辺からバスに乗って白浜もありかな、と思ったんですが、北の方もとりあえず調べてから決めよう、となり。。。
北も福知山まで出るだけでも結構大変だけど1時間に1本あるので接続さえ合えば城崎までは紀伊田辺までとほぼ同じ位で行けそう。。。さてさてどっちにするか、と悩んだ末、観光地が駅周辺に多い北の方が揃っていそうだと言うことで決定した次第。
 
しかし今回の旅、5回の旅行記の中では比較的短い距離なのに、何と!高松編と同じ時間がかかってしまっている(;´Д`A ```それ位鈍行旅には厳しい路線を利用しての5回目の18きっぷ旅は幕を開けます。
5:04発の列車に乗れば乗換は多いけど、一番早く城崎温泉に着くことが出来る(10:23着)でも、前日遅くまで仕事を片付けていた関係でどうしても早く起きる気力が(-_-;)
案の定、時計を4時に合わせるも身体は言うことを聞かず、、、1時間半後の6:38分発なら1時間遅れにはなるけど(11:33着)まあ、良いか。と5時半までうだうだし、やっと家を出発!
 


6:38…鳳駅(快速天王寺行)
6:58…天王寺駅(大阪環状線)
7:23…大阪駅(丹波路快速福知山行)
福知山まで快速で快適移動かと思いきや、三田からずっと各停(;´Д`A ```そりゃ、5時間もかかる訳だわ。その上福知山から乗換のために山陰本線の城崎方面の列車を待つが40分以上待つのでコンビニで時間を潰すもヒマヒマ。。。
そして出発10分前にホームに入ってきた城崎温泉行の列車はローカル線らしく2両。それでも列車はJR西のメインで使っている列車なので乗り心地は問題ないのが救いか。

Photo
 
10:11…福知山駅(普通城崎温泉行)
11:28…玄武洞駅着
あれっ?城崎温泉行くんじゃなかったっけ?実は1本後の列車にした関係でどうしたらこの1時間の穴を埋められるかなと、スマホと格闘していた所この玄武洞を先に見ておけば接続良く今日の観光地を巡れることが分かり急きょ一駅手前のこの駅に降りることになった訳なんです。
で、ここ玄武洞、名前通り玄武岩で出来た洞窟で、きれいな正五~八角形の石柱がここ玄武洞のあちこちで見ることが出来ます。因みにこの洞窟は自然に出来たわけではなく、この石柱の規則的な形を採掘するために出来たもの。しかし石柱は自然が作り出したものなのでまさしく人工の採掘場が自然の造形美を表に表したところ、とも言えますかね。ここは是非とも寄っておきたいと思っていたところでレンタサイクルで豊岡から行こうかな、と思っていたんですが、前述のような関係で途中下車での寄り道と相成りました。ただし、ここへ向かうにはちょっとした難関が。。
それが円山川です(-_-;)
駅の対岸に玄武洞はあるのですが、橋は見渡す限りない。ならばどうするのか??
こうするんです。

Photo_2
 
そう、!渡り船に揺られるのですw予約制なんですが、急きょ計画を立てたので福知山駅にいる時に予約入れたんです。片道300円しちゃうけどちょっと面白い形での上陸もいいですよね!

Photo_3Photo_4Photo_5Photo_6Photo_7
 
ここ玄武洞には玄武洞のほか、青龍洞、白虎洞、北朱雀洞、南朱雀洞があり、その昔の火山活動で流れ出たマグマが冷え固まる時に、規則正しい割れ目を作り出したものだとか。こんな不思議な規則的な形の岩を作り出すなんて自然のパワーってすごいですね!
30~40分程で十分見て回れて、次の予定地城崎温泉までのバスにもちょうどピッタリあう!バスに乗るべく帰りも渡し船に乗り、玄武洞駅から路線バスに揺られ城崎温泉に向かいます。JRは?あいにくこの時間帯列車ないんですよおil||li _| ̄|○ il||liでも、他の公共交通機関を使うのも旅の楽しみの一つですよね♪
バスに揺られ15分程で城崎温泉 に到着!
 
Photo_8

一杯の観光客でにぎわっています!久しぶりの城崎温泉!前回はカニ食べ放題バスツアーにみんなで参加した時に来て以来かなあw
早速城崎に来たんだからお風呂入っちゃいますよおw
で、選んだのが「一の湯」さん、前回もここは入っているんですが、洞窟風呂が有名で再度その味わいを得たくチョイス!ここ城崎温泉は外湯巡りで七つの浴場があり、「ゆめぱ」と言う一日風呂入り放題券がありますよ。2か所以上入るとほぼ元が取れるのでゆったり温泉巡りしたい方にはお勧め!あいにく自分は時間がないので今回は買っていませんが。。。

Photo
 
風呂にはいってさっぱりした後は温泉界隈をぐるっと散歩♪まず向かったのが「温泉寺」、山門をくぐり上っていくのですが、、、
ゼエゼエww…
風呂入ったばかりなのに山道をどんどん上っていく。。。明らかに順番間違えたなw15分程上ってやっと本堂へ。その横にはにゃんと!城崎ロープウェイの駅が(-_-;)おいおい、相当えらい所まで上ってきてしまったわけね(;^_^A


Photo_2Photo_3Photo_4
 
この温泉寺そばには城崎美術館もあるのですが、今回は時間の関係上省略してますが、お時間のある方は是非。
上ってきた参道を駆け足で降りるとまだ春も始まったばかりなのにすごい汗。。。降りて来たところにある城崎温泉の源泉の足湯で一休みし町並みを散策して戻ろうと思います。

Photo_5
 
駅から温泉寺までは川を挟んで多くの飲食店やお土産のお店、旅館等賑わいを見せる温泉地そのものを味わえます。途中、城崎麦わら細工伝承館や木屋町小路等に立ち寄って数時間のショートトリップを満喫。はっきり言って城崎温泉だけで企画しておけば良かった、と思う位満喫できる場所でした。お風呂ももう少し入りたかったw
 
Photo_6Photo_7Photo_8
 
さて、そろそろ出発の時間なんですが、折角城崎に来たんだからちょっと奮発して魚介のものでも食べておかないともったいないですよね。で、入ったお店で時間がないので海鮮丼を注文!さっきまでかなり混んでいたのか片付けに大忙しの様子、大変そう。。。

Photo_9
 
身がきっしり入っていてちょっとしたプチ贅沢。時間ない中もっとゆっくり味わえたら良かったんですけどね、でも十分満足!かにも食べたいな、と思ったんですがさすがに2種頼むのは厳しいので断念、その代わりこの写真の上に写っているお店で但馬牛まんと松葉カニまんを売っていて時間ないのに買ってしまい、電車の中で頬張っておりましたw
さて、城崎を後に次は豊岡に向かいます。(因みに平成の大合併でここ城崎も豊岡になっておりますw)
14:42…城崎温泉駅(普通福知山行)
14:56…豊岡駅着
もう15時前、大阪に戻る予定の列車は17時33分、僅か2時間ちょっとしかないですが、いく所はちゃんとチェック済み。それにそのために玄武洞を初めに持ってきているわけですしwレンタサイクルを借りて早速向かうその先は。。。
 
コウノトリの郷公園 

自転車で20分程走った場所にあり、公開ゲージにはたくさんのコウノトリが羽を休めています。ゲージとあるのに網なども全然張っておらず、どう見ても普通に飛び立っていってしまいそうですが、、、

Photo_10Photo_11
 
奥にはため池ゾーンなどもありましたが、乾季故か水は張っていなくてコウノトリもおらずここ公開ゲージだけでしか見ること出来ないと思っていたんですが、、、
おっと!もしかして空を飛んでいるのはもしかしてコウノトリではありませんかあ!!

Photo_12
 
これって本当普通に放鳥している中で自然に繁殖を目指しているんですかね、コウノトリと言えば日本古来種は絶滅しているのにここまで普通に増えてきていることに少々驚きをもちつつ、暫しコウノトリ達の雄姿を眺めておりました!これだけでも豊岡に来た甲斐があるというものです!
もう少しゆっくりしていたいですが、すでに小一時間過ぎてしまい、残りも1時間ちょっとしかないので次の場所へ向かいます。コウノトリの郷から15分ほど走ったところにある「久々比神社」へ。ここはコウノトリに縁のある神社で、コウノトリと言うだけありご縁、特に懐妊にご利益があるとか、静かな神社ですが授かりを願いお参りに来られてた方が何家族かおられました。

Photo_13Photo_14
 
もう残りわずかなので市内に戻りますが、その途中、「大石りく遺髪塚」と。。。大石りくってどんな方?と思いつつ寄り道してみるとあの忠臣蔵で有名になった大石内蔵助良雄の妻と。。大石良雄を陰から支え続けた妻、波乱の人生を精一杯支え続けた大石りくさんに頭が下がります。。。

Photo_15

遺髪塚を後に市街地まで戻ってきました。残り20分ちょっとですが、豊岡と言えばここに寄り道しておかないと。。。と向かった先が…
豊岡カバンストリート!

Photo_16Photo_17Photo_18
 
さりげなく実はここ豊岡って鞄の名産地で、地場産業の復興を目指し商店街の活性化のために出来た通りなんです。自販機までちゃんと鞄売ってくれてます♪静かな町で活気は少なめですがこうして地道に頑張っている豊岡、応援したくなります!
 
僅か2時間ちょっとの豊岡観光でしたが十分時間ギリギリまで満喫できたかな。さて帰りも長時間列車に揺られるわけだ。。。大阪府はお隣なのに軽く5時間近くかかるこの豊岡の地、兵庫県は大きいなと言うことを実感です。
17:33… 豊岡駅(普通福知山行)
18:59…福知山駅(丹波路快速大阪行)
21:25…大阪駅(関空快速関西空港行)
21:54…三国ヶ丘駅着
最後まで十分元は取らせてもらいましたがこの切符のおかげであちこち出掛けるきっかけも出来たわけで感謝です。忙しいから、と今まで春先はあまり出掛けることは無かったんですが、これからは時間を自分で見つけてどんどん外に行けたらいいなと思います。
さて、今回は三国ヶ丘~城崎温泉で3670円。今回も片道だけで元取っていますね。単純計算ですがどれだけ元取ったか。。。
名古屋編…3670円×2
高松編…4910円+5530円
敦賀偏…2590円×2
豊岡編…3670円×2(あっ、名古屋と同じなんだw)
 
計30300円

切符が11850円なので18450円分サービスしていただきやしたw
これは18きっぷ旅はまりますね!
これにて春の青春18きっぷの春旅も終了。GWももうすぐですが、今回は土曜日も出勤なので遠出の予定はなし。どこか近場でも散策しようかな、と思っております。
次回からは昨年の4月から12月にかけての京都巡りを不定期で書いていけたらなと思ってます。毎月1~2回京都通いをしていたついでに?巡っていたんですがその訳とは。。。
次回へ続く。。。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

« 青春18きっぷの春旅…敦賀 | トップページ | 弾丸南紀熊野…十津川、瀞峡 »

散策日記(近畿)」カテゴリの記事

コメント

城崎温泉!一度行ってみたいと思っている所です!かなり関東からは行きづらい場所だな、と思っていましたが、大阪からでも相当かかるんですね。特急とかだったらもう少し早くは着くのかな?
海鮮丼美味しそうですね。さすがは日本海の海の幸一杯ですね。
豊岡って色々見所あるんですね、ますます城崎温泉方面への憧れが増しました!

Re:紫苑さん、城崎方面は確かに特急使わないと時間的ロスが大きい所かもしれませんね、何といっても大阪の伊丹からここ豊岡にある但馬空港まで飛行機が出ている位の場所ですから。
今回は普通列車だったので5時間(;^_^A隣の県なのに日本も実は広い!!
海の幸にコウノトリ、兵庫北部も色々見所ありました。紫苑さんも是非!!

こんにちは。
いいですね、城崎温泉!
GWは兵庫にプチトリップなのですが、友人に城崎温泉を勧められたものの、外せない予定との兼ね合いで、行けそうもなく断念しました。。
でも、良さげですね~洞窟も面白そう。

なので、有馬温泉は行こうと思ってます。
海鮮丼おいしそうです。神戸でも美味しい海鮮食べれるかしら。。

Re:はな☆さん、おっと!兵庫県に行かれるんですね。有馬温泉、すごい人が多くなってきているみたいですよ、特に外国人。外国人にとって温泉が一つの日本巡りの一大ポイントになってきているうようですね。楽しんできてくださいね♪

神戸だとなんだろう?うーん、個人的にはすぐ隣の明石のタコかなw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540773/65155206

この記事へのトラックバック一覧です: 青春18きっぷの春旅…豊岡:

« 青春18きっぷの春旅…敦賀 | トップページ | 弾丸南紀熊野…十津川、瀞峡 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30