無料ブログはココログ

リンク先

ランキング

  • ランキング

« 弾丸南紀熊野…本宮、熊野 | トップページ | 弾丸南紀熊野…那智勝浦、新宮 »

2017年5月 6日 (土)

弾丸南紀熊野…串本、紀伊大島

過去ブログ
十津川、瀞峡
本宮、熊野

熊野を後に、今日の宿のある串本町へ車を走らせます。大分夜の帳が降りる時間も遅くなり19時近くまで日が昇っていてくれるので、次の日に見ていこうと思っていた橋杭岩を拝めました。この橋杭橋はかの弘法大師が天邪鬼と一晩で紀伊大島まで橋を架ける賭けをして、一夜にして立てたものと言う逸話が、、、ちなみに一晩で弘法大師に橋を造られそうになった天邪鬼が鶏の鳴き声をして、弘法大師に朝が来たと錯覚させ、勘違いした弘法大師は諦めて杭だけ作って立ち去った、、、というのが話の顛末だとか。なかなか面白い逸話ですね。

PhotoPhoto_2Photo_3
 
ちょうど干潮時で向こうに見える弁天島までも歩いて行けそうですが、もう日暮れ。。。時間があれば行ったのに。。。惜しい(;^_^A
橋杭岩を越えると串本市街に突入、串本市街は半島を突き出したようなところに市街地があってその先にかの有名な潮岬があるのですが、今回の宿、実は本州最南端の宿!いやぁ楽しみだなあ。

そして夕暮れ迫る潮岬に到着。ちょうど日が沈むところで写真のシャッターチャンス!ここは夕日100選に選ばれた絶景ポイントでもある訳で腕がなるぜえwって普通のデジカメとかで撮っているんですけど(;^_^A

Photo_4Photo_5

うーん、なんとも美しい夕日だ。。。沈み行く夕日に感動を頂きながら、潮岬灯台を越え、潮岬観光タワー近くにある今日のお宿に到着。週末だからきっと一杯かな、と思っていたんですがGW前の週末だからか、俺ともう一人だけという何とも静かな週末のお宿。おかげで気兼ねなく1泊させてもらうことが出来ました!!
夕食は地元産の刺身に石鯛を中心としたお鍋!これはごちそうだあ♪

Photo_6Photo_7
こんなに食べきれるか、と思ってたんですが、やはり旅先での食欲は普段以上!もうお腹いっぱい!と思っていたのに、「じゃあ、残りで雑炊もどうぞ♪」とお鍋を持っていかれたかと思えば、ご飯や卵を入れられ、魚の出汁の効いたおいしい雑炊が登場。これまた全部すすってしまった自分。。。どれだけ喰うんだよ┐(´д`)┌ヤレヤレ

Photo_11

タッポンタッポンのお腹を抱え、気付けば爆睡。。。朝日に目を覚ますも見ようと決めていた朝焼けタイムはとっくに終わっていたil||li _| ̄|○ il||li
まあ、仕方がない。朝食までまだ時間があるから灯台周辺を散歩してこよう。灯台は以前来たことがあるんですが、その横にある潮御崎神社は行ったことがないので早朝散歩を兼ねてお参り。この参道奥には鯨山見と呼ばれる絶景を拝める場所があり、そこからは磯釣りの人達が岩場に固まって朝釣りの真っ最中。ここなら大量間違いなし!?

Photo_10
Photo_8Photo_9

散歩を終えるとおかみさんが朝食を作ってくれ待っていてくれました。ほぼ貸し切り状態に近い中サービス旺盛な民宿の皆さん、どうもお世話になりました!!

Photo_12

では早速潮岬に来たんですから、最南端到達証をゲットしようではないか!と宿のお隣にある「潮岬観光タワー」へ。開所直後なので誰もいないタワー。早速300円払って上ろうとするが。。。
 
階段を上り途中階を覗くが何もない(;''∀'')
あるのは何故か合わせ鏡の間。。。(俺が何人もいる(笑))

Photo_13Photo_14Photo_15
 
↓そして何とも懐かしいアイドルの那智黒宣伝(゚0゚)

Photo_16
でやっと上がった展望デッキwってエレベーター使ってください、って上で書かれていてもなあwま、上ってしまったので仕方がない(笑)
昭和遺産見事に1ポイントゲット!なこのタワー、是非皆さんもおいでくださいませw眺めは十分いい感じですんで♪眼下には広大な芝生とその奥に太平洋がデーンと。ここはその昔海軍の望楼だったとのことで、望楼の芝と呼ばれているんだそうです。
Photo_17
さて、ここで一旦本州串本から橋を渡って紀伊大島と言うところに向かいます。紀伊大島には明治時代、オスマントルコ帝国最初の親善訪日使節でやってきたエルトゥールル号が遭難してしまった樫野崎にある「船甲羅」と呼ばれる岩礁に座礁、沈没してしまった悲しい歴史がある場所があるのですが、その時の日本人の献身的な救助の話を昔聞いたことがあってちょっと関心があったので寄ってみた次第。
樫野崎に着くと「トルコ記念館」とエルトゥールル号遭難慰霊碑、そして樫野埼灯台と見所が固まっているのでトルコと日本の友好の歴史を知るには一番の場所。結構多くの方がおいでになっていて往時のことを展示と共に学んでいました。湾岸戦争の時にはイランに取り残された日本人をトルコが飛行機を飛ばしてくれ、九死に一生を得ていたことをここで知る。日本政府の無能さに対し、人道第一で取り組んでくれたトルコ、そしてトルコ人民には感謝です。もっとこういった人と人との交流が国と国の友好に一役買ってくれることを願わずにはいられませんね。

Photo_18Photo_19

↑この真ん中にある岩礁が「船甲羅」、ここでエルトゥールル号は座礁したとか。ご冥福をお祈りします。

Photo_20Photo_21
 
串本巡りも無事終え、これからは2日目のメイン、那智勝浦へ向かいます。
その前にちょっと反対側だけど昔行った串本海中公園がまだあるのかどうか知りたくてちょっと寄り道。

Photo_22

良かった、まだ現役だったのねえ。
(今回は寄っただけで入園はしていないんですが、お魚に関心がある方はお寄りになってみても良いかな?)

さあ、では那智勝浦へ一路車を飛ばしていきます!
続く

« 弾丸南紀熊野…本宮、熊野 | トップページ | 弾丸南紀熊野…那智勝浦、新宮 »

散策日記(近畿)」カテゴリの記事

コメント

串本、潮岬と言うのはよく聞きますけど、何とも眺めの良さげな所ですね!観光タワーの案内が妙に気になります。確かに昭和チック感満載ですよね(笑)

泊まった宿の料理、結構高かったのではありませんか?新鮮な魚に〆に雑炊…羨ましい!
エルトゥールル号の話は初めて知りましたが、今のトルコとの友好関係の裏にはこのような歴史があったんですね。勉強になりました!

串本ってニュースで聞いたことあります。
紀伊半島の南なのですね。
凄い形の岩ですね、海岸。

あれ?この紀伊半島南の灯台って、いつだか大樹さんが教えてくれたサイコロ旅番組のスタート地点だったトコですか?見た記憶がありました。

Re:紫苑さん、台風銀座でもありますからきっとここ潮岬の名は良く聞くかと思います。観光タワーなかなかユニークな昭和遺産wwでした。広い心で味わってみてください(爆)
ここの民宿の料理、地元の海産物を使っているだけあってどんどん食も進みました。値段はこれだけあっても民宿値段で4桁でしたよ♪
トルコと日本の関係の礎がここトルコ記念館にはありました。寄って良かった施設ですね、多くの方にここに立ち寄っていただきたいです。

Re:ゆうきさん、そうそう、台風の時にはしょっちゅうここ中継されますよね。こんな天気のいい日とはまた違う荒れ狂う潮岬、自然の穏やかさと激しさ両方を兼ね備えた地ですね。

おっ!俺自身そのことすっかり言われるまで抜けておりました(;^_^A
そうです、ロケみつの咲希ちゃんがスタートして近畿の北の地まで縦断するスタート地です!あの番組もあいにく終わってしまいましたが、再放送したらきっとまた見るだろうなあw

日が長くなったので観光にはもってこいの時期ですよね^^
夏だと暑すぎるので^^;
さすがに夕日百選!綺麗な夕日に満足ですね。

それにしても素晴らしいごちそう夕食。鍋に刺し身とはゴージャスー!
旅先の食欲のくだりはよくわかります(笑)

潮崎素晴らしい所でしたね^^
エルトゥールル号の話は聞いたことがありました。
トルコ行ってみたかったんですけどね...治安的に暫く行くことが出来なそうだなと思っています。

朝、結構お早いのですね。
本日も頑張ってください!

こんばんは。
和歌山は2回言ってますが、串本は行ってないんですよね。
本州最南端は、ここなんですね。。
知りませんでした。夕日が見られなかったのは残念ですね。

兵庫行ってきました!
近々、ブログにアップしますので、覗いていただけたら嬉しいです。

Re:kenzoさん、ちょうど到着が夕暮れ時だったのと天気が良かったので満足いく風景を拝むことが出来ました。自分写真は記念に、的要素が強いので腕は全くないんですが、この写真はちょっとお気に入りかなあ。

串本は黒潮の流れでいい漁場が近くにありますから魚介で外れることってないですよね。今度はマグロだなw
トルコ、僕も行ってみたいけど、時間とお金が許してくれませんw

あの時はたまたま早い方のシフトだったのですが、遅出だと11時からなので朝寝坊もOK(笑)でも早出だと6時半には保育園にいるので、眠いけどw

Re:はな☆さん、串本方面だとなかなか行きづらいですよね。交通の便が悪いので関西でも大変なのに、それ以外の地域からだとかなり思い切らないと行けないところですよね。

夕日は見れたんですけど、あいにく朝焼けを拝めず。。。それでも夕日はしっか!と拝めたので良しとします(笑)

兵庫旅楽しまれてきましたか?卵焼きチャレンジされました?お邪魔させていただきますね。楽しみにしています!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540773/65244543

この記事へのトラックバック一覧です: 弾丸南紀熊野…串本、紀伊大島:

« 弾丸南紀熊野…本宮、熊野 | トップページ | 弾丸南紀熊野…那智勝浦、新宮 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31