無料ブログはココログ

リンク先

ランキング

  • ランキング

« 弾丸南紀熊野…串本、紀伊大島 | トップページ | 幼稚園教諭免許特例取得制度で2度目の大学生(きぬかけの路編) »

2017年5月11日 (木)

弾丸南紀熊野…那智勝浦、新宮

過去ブログ
 
串本を後に、2日目のメイン処、那智勝浦へ車を飛ばします。 那智勝浦と言えば、やはり熊野三山の一つ、那智大社ですね。前日は本宮大社と熊野古道を巡っているので、2日目でここ那智大社と新宮の熊野速玉大社を巡ることで熊野三山コンプリート予定。
那智大社のふもとの大門坂に車を停めて大門坂から那智大社までは1キロちょっとのショートバージョンながら熊野古道九十九王子の最後のルートでもあり、是非とも那智大社参拝時には挑戦していただきたいルートです。前日の本宮ルートでは発心門王子まではバスで上って下ってくるルートでしたが、今回は逆に上った先に那智大社があるので、行きは頑張って徒歩で勝負!

Photo
 
民家横の細い道が熊野古道最後の大門坂入り口、この後に夫婦杉があり、熊野古道の最後の道導となっていて神聖世界への入口へ誘ってくれます。大門坂を上っていくと、苔むす石畳に木漏れ日が味わいを深めてくれます。

Photo_2

前述したとおりルート的には1キロちょっとなので、数十分で頑張れば大門坂ルートはコンプリート出来ますよ。この雰囲気は是非味わってみてください!
上り終えると、那智山の観光センターの裏手に到着。ここから那智大社までは雰囲気が変わりちょっとした寺社町の雰囲気の中石段を上っていきます。

Photo_3

石段に次ぐ石段で少々ばてながらも上りきった先に鎮座している熊野那智大社へ無事到着。頑張って上ってきた甲斐もあるというもの。眺めもいいですねえ。八咫烏が「お疲れ~♪」とばててる俺にねぎらいをかけてくれている様(;^_^A


Photo_4Photo_5Photo_6Photo_7

那智大社を参拝し、隣の青岸渡寺にも立ち寄ろうとしたところ、何やら興味をそそるどでかい筒が。何でも日本一大きなおみくじ筒だとか。。。
これは恥ずかしがらずレッツチャレンジ♪

Photo

結果は可もなく不可もなく「中吉」ww心眼を開け!と書かれていたw
面白いのは漁運と言うのもあって「まづまづ良」と。。。なかなか面白いくじでした。

Photo_2Photo_3
Photo_4

西国三十三ヶ所第一番札所でもある青岸渡寺をお参りし、振り返ると三重塔とその奥にかの有名な「那智大滝」が!HPやテレビでよく見る光景にテンションも揚がる!瀧前バス停に着くと、飛瀧神社の鳥居が構えており、ここから大滝までの石段を降りていくとあの壮大な風景が目の前に広がります。那智大滝の登場です!!

Photo_5Photo_6Photo_7

この流れ落ちる様は壮観!さすがは日本三大瀑布の一つ!一応華厳の滝、袋田の滝にも行ったことはあるのでとりあえず日本三大瀑布は制覇ですねwこの那智大滝に通ずる石段もまた味わいがあって熊野詣をしている気持ちを高めてくれます。そして貸衣装?なんでしょうか平安時代の詣衣装姿で参拝されている方も。味わいある1枚が撮れました。

Photo_8

那智大社巡りを無事終え、ここからはバスにて大門坂まで戻るんですが、あれっ?このバスどこかで見たことがあるような。。。
あっ!普段乗っていた南海バスや(笑)このバス、普段乗っていた路線専用で使われていた金剛駅~泉ヶ丘駅を繋ぐバスでこんなところで第二の余生?を送ってたんやwwちょっと親近感沸きます♪

Photo_9

バスを降りて車に乗り換え、次に目指すは熊野三山の残り、「熊野速玉大社」です。さぞかし本宮大社、那智大社と大きい社を拝んできたので、速玉大社もすごい大きい所なんだろう、と思っていたんですが、着いてみておっと!。。。

Photo_10

本殿はここも拝殿のみで本殿は写真不可ですが、他の2か所に比べ本当こじんまりとした(それでも大社と言うレベルでは十分でしょうが)印象。しかし、実はここ速玉大社境内だけが境内でないことが判明。どうやらここから車で5分程行ったところにある「神倉神社」も実は熊野速玉大社の境内で、摂社扱いで世界遺産に同じく登録されていると。ならばそちらもきちんと拝んでおかないと!狭い住宅の中の道を進み、境内近くの駐車場に着くと、何とも恐ろしい光景が。。。

Photo_11Photo_12

何ですの!このめちゃくちゃな急勾配、いやほぼ絶壁状態と言ってもいいような無茶な石段は!!いや、これって絶対足踏み外すって(-_-;)538段あるそうですが、この急勾配は初めの200段ほど。まるでこれを上れない者は参拝を許さず!と言わんばかりの試練場です。
ここを無事に乗り切ればあとは頂上を目指すのみ!そして見えて来た一枚岩に大きな岩と鳥居。ここがどうやらゴールの様です。

Photo

大きな岩の下に鎮座する神倉神社。御神体が岩とは恐れ入りました。因みにこの御神体「ゴトビキ岩」と言うそうな。
速玉神社の摂社としてこれなら納得、世界遺産としての熊野三山無事にコンプリートです!
それでは大阪に向けて長い長いドライブで十津川方面を延々北上しますか。しかし、朝から激しく動いていたので腹も減る、、、で途中前日の朝寄った志古のドライブインで紀州鶏の親子丼で腹ごしらえ。これで650円は良心的だぜ!

Photo_4

腹も膨らみ、もう1個所折角こっちに来たんだしと、南紀熊野の弾丸旅の締めくくりは十津川村周辺での温泉巡り!しかし、川湯温泉の仙人風呂は冬季限定でもう終わってしまったので、十津川温泉でゆっくり帰路への活力を養うべく寄り道することに。バスセンター近くの公衆浴場、「庵の湯」に入ることにしました。ここはJAFに入っていたらなんと200円で風呂に入れるので絶対お得。十津川温泉はどこの温泉場も源泉かけ流し宣言をしており、100%本物の温泉を味わえます。因みに十津川温泉はナトリウム炭酸水素塩泉で体が湯冷めしにくくポッカポカ♪

Photo_2Photo_3

以上1泊2日の弾丸南紀熊野巡りでした。次回こそは京都???(笑)
 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

« 弾丸南紀熊野…串本、紀伊大島 | トップページ | 幼稚園教諭免許特例取得制度で2度目の大学生(きぬかけの路編) »

散策日記(近畿)」カテゴリの記事

コメント

なんですかこの辛そうな階段の数々は・・・!!!(゚Д゚;)
ずいぶんと絶壁にあるんですね!

平安時代からタイムスリップしてきた方と歩いたのですね(笑)
不思議な写真になりましたね(^-^)

那智勝浦の滝、テレビでよく見ますよね。直に見に行ってみたいな!でもかなり行くには大変そうですね。
熊野巡りを弾丸で巡られたパワーにさすがは大樹さんですね!熊野古道の散策はバテバテな自分ですが、一度挑戦してみたいです。

Re:ゆうきさん、熊野三山の〆としてはなかなか酷な石段となりましたが、段数はそこまでではないので、三山巡りでは是非目指していただきたいところですね。
平安衣装をどうやらレンタルしているみたいですが、これを着ての三山巡りは大変そうだ。。。と言う目で見てしまいました(;^_^Aもっとロマンを感じないとダメですね。

Re:紫苑さん、那智勝浦をはじめとする熊野三山巡り、確かに関東の方からすると行くだけで軽く1日かかってしまいますよね。機会あったら御伴いたしますよw一緒にばてましょう(爆)

こんばんは。
結構、詰め込みましたね。
私は、熊野三山を歩きました。途中でずるしてバスに乗りましたけど。。
神倉神社、私も上まで行きました。怖いですよね。。特に下り。
あそこをたいまつ持って、駆け降りる祭りがあるんですよ。
すごいですよね。

Re:はな☆さん、熊野三山1泊で巡ると必然的にこんな感じですかねw本宮大社~発心門王子間も良かったけどもっと他の所も歩いて見たくなりました!バス、いえいえそれ正解ですよ♪使えるものは遠慮なく使ってOK♪

神倉神社の下り、全くおっしゃる通り!あれを駆け降りる祭って恐ろしい。。。

えぇぇ!
那智大社への熊野古道の道を歩いた後に神倉神社に行かれたのですか…coldsweats02
何というフィジカルsweat02
さすがに神倉神社は階段が色んな意味で恐ろしすぎて、まだ行こうという気になりません…down

那智大社のおみくじ、漁運ってちょっと面白いですよね。
漁師さんくらい体力あると、あの巨大おみくじを片手で引けるんでしょうかね(笑)

Re:ナユタさん、せっかく熊野三山巡りするうえで、速玉大社だけでは世界遺産制覇してないな、と思い頑張ってきてしまいました。ナユタさんなら絶対いけますよ!
巨大おみくじ、チャレンジし甲斐がありますよねえwちょっと恥ずかしかったけど。
片手でやったらそのまま骨折モードですわ(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540773/65250415

この記事へのトラックバック一覧です: 弾丸南紀熊野…那智勝浦、新宮:

« 弾丸南紀熊野…串本、紀伊大島 | トップページ | 幼稚園教諭免許特例取得制度で2度目の大学生(きぬかけの路編) »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31