兄弟サイト

リンク先

最近のトラックバック

ランキング

  • ランキング
無料ブログはココログ

« 東北の静脈を辿る…蔵王、米沢 | トップページ | 東北の静脈を辿る…裏磐梯、喜多方 »

2017年10月29日 (日)

東北の静脈を辿る…会津若松、大内宿

山形県米沢からさらに南下していき今回から南東北の福島県に突入です。宮城→青森→秋田→福島と岩手を除く東北各県を辿る東北夏旅もそろそろ終盤です。

東北の静脈を辿るリンク先↓
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
米沢から山間の国道121号線を走り抜けて喜多方を抜け昼前に会津若松は鶴ヶ城に到着です。
戊辰戦争ではかなりの激戦を繰り広げられた会津の町を守り続けた城として有名ですね。真っ白い壁が往時の迫力を誇示している様です。城を囲むようにある鶴ヶ城公園内には千利休の子、少庵が建てたと言われる麟閣もあり一緒に見てまわると軽く1時間位かかってしまいます。ここと御薬園とのセットの切符がお得でしたので購入し、車で5分ほどの所にある山水庭園の御薬園も一緒に見てまわってきました。御薬園で頂くお茶がまた暑さでのぼせた体に染み渡りすごくおいしい。どうやらここでしか手に入らない薬草茶の様で、あまりのおいしさに3杯も続けて飲み、土産に3袋も自分用に買ってしまいました。俺にとり隠れた新名スポットw

鶴ヶ城↓
Photo_11
Photo_12
天守閣からの眺め、以前泊まったことのある東鳳のタワーが遠くに見えます。

麟閣↓
麟閣ではお茶室もありますよ。
Photo_13
鶴ヶ城から5分程車で行ったところにある御薬園の広い庭園には薬草も一杯植えられており、ここで作った薬草茶はかなりの美味。健康にも良いとのことで今家で毎日飲んでおります。冷やすとかなり臭みも抑えられて飲みやすいですよ。
Photo_14Photo_15
盛夏の8月、蓮の花がきれいに咲き誇っていました。↓
Photo_16
 
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
鶴ヶ城
開城時間 8:30~17:00
入城料 410円 麟閣との共通券510円
御薬園
開園時間 8:30~17:00
入園料 320円 鶴ヶ城、麟閣との3施設共通券720円
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
街中に多くの観光名所が点在している会津若松市街、移動も車があれば5分程で名所に着くような距離にあるので1日かけ巡りまくるには最高の町ですね。バス便もこまめに市街地を巡っているので結構便利♪次回来訪時は集中的に町中を攻めてみたくなります。
そういえば前回来た時には会津ぐるっとカード を使って巡り廻ったんですよねえ。
 
そして、次に向かったのは「会津武家屋敷」
会津家家臣西郷頼母の屋敷を復元し、会津の歴史的資料などを展示しており、ちょっとした会津歴史を知る事が出来ます。東山温泉の手前にあり、アクセスも良好です。
Photo_17Photo_18
武家屋敷を後に、慶山のふもとを沿うように車を走らせると飯盛山の入り口に到着。周りには旧滝沢本陣や白虎隊記念館、会津さざえ堂等あり、ここも会津観光地として絶対欠かせない場所。
しかし、ここの駐車場は無料と謳っておきながら見事に金を取るいやらしいやり方をしている(飯盛山上の店で何かを買うと無料と言うチケットを渡される(怒))
まあ普通にお店で飲み物を買わないと暑くて堪らん状態なので結果普通に買ったが、それなら駐車場料金請求してもらった方が良かった(`Д´)
と、まあ愚痴はほどほどに、早速飯盛山を上っていこうと思います。登り口横にはエスカレーターもありちょっと残念?な風景なので回り道でさざえ堂から巡る形をとる。さざえ堂は世にも不思議な二重らせんのお堂で一方通行のまま、すれ違うことなく下から上の階へ移動できるのが面白い。国の重要文化財にも指定されています。
さざえ堂からは数分ほどで飯盛山に到着します。白虎隊の自決の地で有名です。日本の歴史の中での痛ましい出来事の一つでもある白虎隊の集団自決。百ウン十年前の惨劇がこの地で起こっていたことを感じさせない位平和な会津の地。歴史が変わったら今の日本は一体どうなっていたんでしょうね。
Photo_19Photo_20Photo_21
この風景を見ながら鶴ヶ城が落城と勘違いし、自害していった若人達。日本の今は彼らの歴史の上にある。。。↓
Photo_22
会津観光、まだまだ見どころはたくさんですが、今回の旅程ではもうタイムリミット。我ながらかなり詰め込んでいます。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
会津武家屋敷
開館時間 8:30~17:00(冬季9:00~16:30)
年中無休
入場料 850円
 
さざえ堂
開場時間 8:15~日没(冬季9:00~16:00)
年中無休
入場料 400円
会津観光ナビ
会津観光を参考にするならこのサイトが便利ですよ。
 
会津ぐるっとカード
車が無くてもこのカード一枚で会津全域、喜多方、裏磐梯まで制覇。恐ろしくコスパの優れたカード。電車、バスなどの公共交通機関派は絶対ゲットすべし!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
 
会津を後にする頃にはもう昼下がり、会津から南下してある場所へ向かいます。
その場所は「大内宿」
10年前に来た時には交通アクセスが不便で、湯野上温泉駅まで出た後はタクシーをチャーターしなければ向かえなかったこの地ですが、今はバスも運行されている様で大分アクセスも改善されているようですね。
Photo_23Photo_24Photo_25
やや観光地化されてはいますが、この独特の雰囲気は大内宿に来ないと味わえない。
ここ大内宿はその昔会津西街道の要所として栄えたものの、その後いったん廃れかけていた所を保存運動が実を結び、国の重要伝統的建築物群保存地区に指定されて、今では多くの観光客が再び訪れるようになり往時の賑わいが戻って来ているかの様。
そして、ここ大内宿で絶対食べておきたいものが。
それが「高遠そば!」
茅葺の立派なお店の中で名物の高遠そばを頂きます。前回はこのそばを食べるのに大分苦戦したので、今回は普通に食すw
と言うのも、この高遠そば。。。



ネギで食べるべし!
白ネギがデーン!と一本そのまま載っておりいやあ、一見様は食べ辛いのなんの(;''∀'')
なので、今回はしっか!と箸で食べつつネギをもう片方の手で持ちながらかじり食べていくスタイルで完食!今回は天ぷらの盛り合わせも付けちゃいましたよお。この天ぷら、ボリューミーなだけではなく、何と!ある「おまけ」まで付いてくるのです!(詳しくはリンク先参照)
素敵な茅葺屋根の外観↓
Photo_26
付け出しもおいしい!↓
Photo_27
この天ぷらの数々の中にあるものが隠れています…w(゚o゚)w↓
Photo_28
名物高遠そば。ネギ1本で必死に食べる姿は面白いですw
今回はお箸とねぎの両刀使いで攻めましたが(笑)↓
Photo_29
腹一杯になった後は、大内宿の最上部まで上ってみたいと思います。
観音堂がある山の山腹まで上ると大内宿の全景が眺められます。
Photo
何とも味わいのある風景、そうそう大内宿の街道沿いには水路も現状で残っていてあちこちで天然の冷蔵庫として使われている風景もまた良い。10年前に来た時はキュウリやトマトも冷やしていたんですが、今回は見つからずだったのがちょっと残念。。。
Photo_2
もう少しゆっくりしていたかったんですが、実はこの日は週末、宿を会津若松で取ろうと頑張ったんですが。。。
「満室」il||li _| ̄|○ il||li



と言うことで朝通ってきた山形県は米沢まで戻らないといけないのです。。。
こればかりは仕方がない、時間はすでにタイムリミットに近い。
しかし、ここから折角南会津まで来たのならやはりあの場所も近くだし行っておきたいし。。。その場所が「塔のへつり」。滅多に来れない東北故にどうしても欲張ってしまいます。
大内宿から20分ほどで着いた「塔のへつり」、ちなみに「へつり」とは会津地方の方言で「断崖」の意味があるのだそう。自然の造形美である柱状の断崖が200メートルにわたり流れる大川を形成しています。長年の水の流れが作り出した浸食のすごさを味わえますよ。
Photo_3Photo_4Photo_5Photo_6
1日かけ蔵王からここ南会津までやってきたのですが、ここからまた半分以上戻っての米沢泊。ちょっとロスが大きいですが仕方がないですね。後々考えたら喜多方とか猪苗代で泊まると言う考えが出なかったのか?うーん、謎だあw
と言うことで長距離移動に備え小休止。湯野上温泉駅で少しだけ足湯に浸かり米沢へ戻ります。
Photo_7Photo_8
米沢まで2時間以上のロングドライブ、うーん、疲れたわあ(;´Д`A ```
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
大内宿
蕎麦「美澤屋」
開店時間 10:00~16:30
天ぷらの秘密についてはこのページの「天ぷら」を参照してみてください♪
塔のへつり
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
米沢に着いた頃にはもう夜の帳も降り完全日が暮れてしまいました。即行呑みに出掛けます。この日は東北巡りの最終日、贅沢に米沢牛でも、と思ったんですが前回行った「オルガン 」と言う店に行きたかったものの宿からは結構な距離。今回は諦め近くの飲み屋でグビグビ。。するとメニューの中に米沢牛ステーキが!これは食べなければなりませぬ!値段も手頃なので即注文。最終日の晩餐にステーキを頬張れて満足な気持ちで最後の夏旅の夜を過ごせました。
Photo_9Photo_10
次回3か月続いた夏の東北旅もやっと最終回です。
 

にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


今回の旅程
米沢~会津若松(鶴ヶ城、御薬園、会津武家屋敷、飯盛山)~大内宿~塔のへつり~米沢

« 東北の静脈を辿る…蔵王、米沢 | トップページ | 東北の静脈を辿る…裏磐梯、喜多方 »

旅行日記(②東北)」カテゴリの記事

コメント

会津巡り堪能されてますね。会津城って言わず鶴ヶ城と言う辺り他の城とは違う荘厳さが感じられますね。
会津の歴史探訪一度やってみたくなりました。
そして大内宿、テレビで見ていて一度は、と思っていた所です!やっぱりこのネギ一本の蕎麦は食べないと!ですね。う、羨ましい(゚▽゚*)
んでもって米沢まで戻っての米沢牛ですか!?こっちもう、羨ましい(゚▽゚*)(゚▽゚*)

Re:紫苑さん、会津城こと鶴ヶ城の荘厳さ、流石は江戸末期の戦乱を戦った城だけあり迫力がありました。

大内宿のそば、やはり旅番組見ていたらよく出てきますよね。ネームバリューに負けずおいしかったですよ。是非一緒に天ぷらもどうぞ!!
米沢牛、今回半分諦めていたんですが、まさかの居酒屋でゲットできるとは!って感じでラッキーでした。おいしかったww

御薬園の薬草茶って、確か試飲させてくれるところですよね?
記事を読んで色々思い出してきましたhappy02

会津武家屋敷の西郷邸の様子は、ちょっと見るに堪えなかったです…。
飯盛山もそうですが悲しい歴史ですよね。

大内宿のおそば、一度食べてみたいんですよねnoodle
例の天ぷらは、私は会津若松で食べましたよ、ほほほ。

そして塔のへつりsign03
なかなか面白いスポットを巡られてますねーshine

大移動ご苦労様でした!
鶴ヶ城と大内宿も2年前にいきましたー!

大内宿では高遠そば食べたんですね!?
私は会津若松でソースカツ丼食べてしまったので食べれませんでしたが。。。
ネギで本当に食べれるのでしょうか?(笑)
ちなみにこんもり天ぷらの中に何が。。。?(ゴクリ)

Re:ナユタさん、そうです!おっしゃる通り御薬園の薬茶3種類くらい飲み比べで銀杏のお茶が一番自分に合っていて3袋買ってしまいましたw
会津藩の悲しい幕末の歴史が今の日本を作っているのもまた事実。もし歴史が違っていたら今の日本ってどうなっていたんでしょうね。人と人との血を見る戦いから得られるものってあるのかなあ、なんて思ってしまいます。

おっ!例の天ぷら召し上がられましたか。あれってなかなか粋な演出ですよねえ。

Re:kenzoさん、高遠そばのあのネギ一本、これがまた食べ辛いのなんのw前来た時は1本ネギにそばを絡ませるのに四苦八苦したのを覚えていたので、今回は左手に箸、右手にネギを持ちカジカジしながらしっかり全食いたしましたw
天ぷらなんですが、これは。。。

http://www.misawaya.jp/m_01.php
の天ぷらを参照してみてくださいww答えが見つかりますよ♪

ま、まんじゅう!?!?!?
これはびっくりですwww

Re:kenzoさん、そうなんですよ。このまんじゅうがまた天ぷらを頬張った後、この甘みを持った天ぷらを頬張ることで胃袋が広がっていくんです。いや、本当!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540773/65920662

この記事へのトラックバック一覧です: 東北の静脈を辿る…会津若松、大内宿:

« 東北の静脈を辿る…蔵王、米沢 | トップページ | 東北の静脈を辿る…裏磐梯、喜多方 »