無料ブログはココログ

リンク先

ランキング

  • ランキング

« Kia Ora!ニュージーランド…3日目(ワイトモ鍾乳洞、スカイタワー) | トップページ | Kia Ora!ニュージーランド…4日目(ロトルア…テ・プイア) »

2018年2月21日 (水)

Kia Ora!ニュージーランド…4日目(ロトルア…レッドウッズ)

発表会も無事に終わり、少しの間余裕があるので、頑張って更新続けます!
 
今までのニュージーランド旅行記はこちら↓
 
 
オークランド滞在3日目、大阪から旅発って4日目になります。この日も早朝から大移動です。今回はにゃんとオークランドから飛行機に乗って「ロトルア」と言うところに行きます!
朝5時半過ぎにホテルを出る予定だったんですが、、、
 
 
ええ、寝ぐせ直していたら見事に6時過ぎになってしまいましたil||li _| ̄|○ il||li
 
空港に行くにはオークランドシティに来る際に乗った「スカイバス」が便利なんですが、これが高い!18ドル片道かかるんですが、実は裏技があってですねえ、1日目にスカイバスで降りたブリットマート駅から電車&連絡バスで行くと。。。
 
 
 
 
 
 
5ドルちょっとで行けてしまうんですwwwwww


         
これはすごい!!!
しかし、この裏技?を使うにはあの「AT HOPカード」を購入しておく必要がありますが。
(この件については最終回で詳しく説明しますね)
 
で、今回この裏技を使って空港に向かおうと思っていたんですが、、、
上記理由により、時間がないil||li _| ̄|○ il||li
止むを得ずスカイバスで空港に向かうことにしますorz。。。
6時30分のバスに乗って、一路オークランド空港へ向かいます。
バスもスムーズで7時15分には空港に着いてしまいました。飛行機の出発時間は8時30分、まだまだ時間に余裕があります。因みに電車&バスルートだと6時30分にブリットマート駅から出発し7時過ぎに乗換駅からバスに乗り7時30分位着を予定していました。
オークランド空港は国内線ターミナルと国際線ターミナルとは別々で、1キロほど離れていて国内線ターミナルは地方空港って感じの大きさ。ざっと鹿児島空港位、いやもっと小さいかも。平屋建てのターミナルは本当コンパクトで迷子になることはないですw
 
Photo_9Photo_10      
 
しかし、チェックインカウンターは最新式で、チェックインもあっという間。自分一人で難なくできますよ。数分でセルフチェックインを済ませるも、まだ時間がたくさんあるのでチェックイン後、待合スペース近くのカフェで朝食を。
 
Photo_11
 
ホットサンドとオセアニアでしか飲めない「フラットホワイト」、もうフラットホワイトで困りませんww
 
フラットホワイト奮闘記はこちら↓w
 
因みに「フラットホワイト」とは。。。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
フラットホワイト(Flat White)
…エスプレッソにスチームミルクを注いだものだが、カフェラテ、カプチーノの様にスチームミルク(ミルクフォーム)のふわふわ感はあまりない。エスプレッソ感だけではきついがミルクは多すぎないのが良い、と言う方にお勧めのコーヒー。
オセアニア(ニュージーランド、オーストラリア)で良く飲まれるコーヒー
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
 
のんびり朝食を取り、搭乗時間を待合スペースで待ち、8時15分搭乗開始です。
ところが、このオークランド空港のセキュリティチェック。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
全くないんですけど!!!!!!!!
 

 
 
ええ、チェックインカウンターから搭乗口まで徒歩1分w
本当普通にバスに乗り込む感覚なんですが、こんなノンセキュリティ状態でニュージーランドの安全は果たして大丈夫なのか!?ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ
 
と、こちらの心配などどこ吹く風、流石は治安の良いニュージーランド。誰もそんなこと気にすることなくフレンドリーにCAとあいさつして搭乗していきます。
そして7割ほどの乗客を乗せ、定刻より15分程遅れて8時45分出発です。
リージョナルトランスポート(地域間交通)だからですかね、小さい飛行機で50人乗りのボンバルディアDHC8(ダッシュ8)でわずか40分の飛行機旅。飛行機の窓からはニュージーランドの丘陵地帯が良く見えて楽しい♪
       
Photo_12Photo_13Photo_14Photo
 
そしてロトルア湖が見えてきたら着陸態勢。9時15分過ぎ、ロトルア空港に到着です。
 
Photo_2Photo_3
 
ロトルア空港はオークランドの他、クライストチャーチ、ウェリントンともそこそこ便はあるものの、これまた地方の第3種空港って感じで飛行機が飛び立ったら本当ひっそりしていました。またそれもいい意味で鄙びた感じを出しているんですけどね。
 
Photo_4
 
乗ってきた飛行機は20分後、早々に旅立ちポツンと一人取り残された俺。。。
というのも、ここからロトルアセントラルに向かうにはタクシーorバスなんですが、バスは1時間に1本。タクシーも全くおりませんww
バスしか俺には選択肢が無いのだが、バスの到着予定時間は10時前なので、ほぼ無人と言ってもいい程静かな空港でバスをのんびり待つことに。。。
 
Photo_5        
 
そして定刻よりやや遅れてバスが到着。このままロトルアセントラルまでバスは行くのですが、実は自分、、、
           
 
 
 
 
 
 
途中下車しちゃいますwwww

バス停の名前を運ちゃんに伝えるもピンとこず??発音が悪いのか。。。
仕方がないので目印となるサブウェイが見えてきたところで降りる旨伝え途中下車。ところでなぜサブウェイと言うのが分かるのか。。。それは「Google Map」のおかげww
 
予め下調べの際、周りの風景もチェックしておいたのです♪
そして降り立ったサブウェイ近くの交差点「Te Ngae Road Fronting NO279」バス停。。。うーん、、、今でもこのNgaeがどう発音して良いか分からんw
 
Photo_22Photo_23                
 
まあ、とりあえず無事にバスも降りれたのでその途中下車して向かうべき場所へ歩いていきます。その場所にアクセスするのは公共機関では行けないのでバス停から2キロ弱頑張って歩きます。その行先が。。。
          
             
 
 
 
レッドウッズ!
 
Photo_6Photo_7
 
名の通り「杉」系の森林公園です。杉を初め、シダ植物も多く茂っており、針葉樹とシダ植物のコラボを楽しめ、マイナスイオンたっぷりの森林浴を楽しみながら入り口に向かいます。ここレッドウッズはウォーキングコースがいくつもあり、上級者にはにゃんと34キロもの長大コースも備わっているのだとか(;''∀'')
今回はそんなに歩くだけの時間も体力もないので、一番メジャーなコースをぐるっと巡ることにします。
 
Photo_8
 
i-siteでマップをもらい早速森林浴しにウォーキング開始。と言うかこのi-site来るまででも十分ウォーキングコースモードだったけどw
レッドウッズの森に足を踏み入れると空に向かって一直線に伸びる樹々。背筋がピーンと張っていて観ていて爽快です。上を見上げるとこの背筋の良さに自分の猫背もつられてピーンとなってきます(笑)
 
Photo_9Photo_10Photo_11
 
うーん、気持ちいいheart04
 
なんか上から木の妖精が人間を見下ろして談笑している様なそんなメルヘンさも感じられるウォーキングコース。コース内も樹々の枯れた枝などが良いクッションになり、とても歩きやすい。もっとここを歩き続けていたくなる、疲れるどころか足取りの軽くなる不思議なレッドウッズの森達。
暫くレッドウッズの杉並木やシダの世界を堪能しながら歩いていくと少しずつ硫黄臭が、、、実はロトルア一帯はニュージーランド随一の「温泉地」でもあるんです!ロトルアのあちこちから地熱で暖められた水が湧き出ているんですが、そんな硫黄成分をたっぷり含んだ湧水とレッドウッズの樹々が奇跡のコラボレーションを見せつけてくれます! 
 
Photo_12Photo_13Photo_14   
 
この枯れた樹々と妖艶とも言える水の引き込まれそうな独特の澄んだブルー、、、なんでしょう、この独特の空気感は。。。暫しここで立ち止まって水辺をジーッと座り込み眺め続けておりました。レッドウッズ、あまりツアーなどでは組み込まれる所ではないので、ロトルア観光のメインを取ることは出来ませんが、個人で来られるならば是非ここはおいでいただきたい場所です。
ウォーキングコースをぐるっと周り、i-siteに戻って来たので、それでは次の場所へ行こうか。
いえいえ、折角レッドウッズ来たなら、この「ツリーウォーク」も記念にやっておこうではないか。ツリーウォーク、名の通り樹々を渡り歩くのであります♪
レッドウッズの樹々を見上げると、樹の間を吊り橋がかけられており、空中散歩できるコースがあるんですね。また違った視線を味わえるとあって、結構人気みたいです。それでは早速自分もチケットを購入し上ってみることにしましょうか。
 
Photo_15Photo_16Photo_17Photo_18Photo_21
 
杉の樹々の間を空中散歩、まさしく樹の妖精気分♪見上げてもオーッ!下を眺めてもオーッ♪歩き進めていくとどんどん自分が餓鬼んちょになっていっているww
550メートルほどの空中散歩コースの途中には何とも不思議な物体がレッドウッズの樹々の間に浮いている。。。これは一体なんだ????
 
Photo_19Photo_20
 
実はこれ、ランタンとでもいうのかな。レッドウッズナイトライトと言うもので、夜の帳が降りると点灯し、夜のレッドウッズを灯し出す、これまた妖艶な(また使ったw)世界を醸し出してくれるらしい。。。昼見てもまた独特な雰囲気がありますが夜に見るとまたすごい世界が味わえるんでしょうね。(下部レッドウッズ関連サイトにナイトライトのビューサイトリンクしておきますので良かったらそれをご覧ください)
2時間近くレッドウッズをウォーキングしまくり、森林浴で一杯のパワー頂きました。続いてはロトルア観光のメインディッシュ、「Te Puia(テ・プイア)」までこれまた徒歩で向かいます。頑張るぞ!!!
 
続く
 
オークランド空港からロトルア空港へ↓
 
ロトルア空港からレッドウッズ森林公園へ↓
 
今回向かった場所
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
Redwoods
開放時間…8:30~17:00(サマータイムは18:00)ただしツリーウォークは22:30まで
料金…無料。ツリーウォークは別途↓
Redwoods TreeWalk
開放時間…9:00~22:30(チケット購入は22:00まで)
料金…25ドル、昼夜コンボチケットなら35ドル
 
※ツリーウォークのナイトライト↓
※ナイトライト 360ビュー
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 

« Kia Ora!ニュージーランド…3日目(ワイトモ鍾乳洞、スカイタワー) | トップページ | Kia Ora!ニュージーランド…4日目(ロトルア…テ・プイア) »

旅行日記(⑪海外)」カテゴリの記事

コメント

レッドウッズの森林浴何とも癒しのワールドですね。温泉に浸った木々と水の独特な雰囲気が良い感じです。
ナイトライトの世界、昼間の雰囲気も十分ですが、リンク先の夜の雰囲気は絶対直にみたいですね!
ロトルアの続きとても楽しみです。
国内線のショートトリップ、ニュージーランドならではなんですかね。セキュリティないなんて凄い話です!!

Re:紫苑さん、レッドウッズ、どんなところだろう、とワクワクしながら森林浴の世界を味わってきましたが、想像以上の自然と戯れることが出来る場所でした。
自転車とかでも回れるコースもあるみたいなので、是非機会があttら再訪してレッドウッズを隅から隅まで味わいたくなりました。

飛行機に乗るのにセキュリティチェックもないなんて怖いですよね。荷物も普通に持ち込むので。。。それだけニュージーランドが治安がいい証拠でもあるんでしょうが。。。

こんばんは。
楽しいことが盛りだくさんな旅ですね。
レッドウッズが、とてもよさげ~
花粉症の人は、死ぬ思いしそうですけどね(笑)
コーヒー好きとしては、フラットホワイトが気になります。

連続コメント失礼します。
なんとも神秘的な雰囲気の森ですね。
写真を見ているだけで気持ちが澄んでいく気がします。
こういうところを思う存分楽しめるところも個人旅行の
いいところですね。
続きも楽しみしています。

Re:はな☆さん、ロトルアには前述の「ホビット庄」や「ワイトモ鍾乳洞」などともセットで廻れるくらい実はお互い近い地なんですが、ロトルアは1日かけて巡るには足らないほどの魅惑の地なので今回は自分で企画して向かいました。
その中でも絶対と思って向かったのがここ「レッドウッズ」、ツアーでは絶対行ってくれないので一人で行けたのは本当幸せでした!スギ花粉、確かに春先だとつらいんでしょうね(笑)
フラットホワイト、なぜか日本で飲むことが出来ないんですよねえ。あれはハマりますよ!!もし日本で飲めるところがあったら是非教えてください!!!

Re:Junjiroさん、こちらこそ読んでいただき感謝感激です。またJunjiroさんの所にもお邪魔させていただきますね♪
レッドウッズ、この森林の世界に引き込まれ絶対行こう♪と決めていた所でしたが、見事に予想通り、いや予想以上の魅惑の地でした!
ツアーではここは外されることが多いので、個人旅行ならではの特典?ですかね、行けてよかったです。次回はメイン処となります♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540773/66380270

この記事へのトラックバック一覧です: Kia Ora!ニュージーランド…4日目(ロトルア…レッドウッズ):

« Kia Ora!ニュージーランド…3日目(ワイトモ鍾乳洞、スカイタワー) | トップページ | Kia Ora!ニュージーランド…4日目(ロトルア…テ・プイア) »

最近のトラックバック

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31