兄弟サイト

リンク先

最近のトラックバック

ランキング

  • ランキング
無料ブログはココログ

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月26日 (日)

北の内陸部を突き抜けて…2日目その2

前回の2日目その1はこちら
美瑛を後に旭川空港にちょっと立ち寄り、この後向かう大雪山系の情報を仕入れます。
旭川空港も観光シーズン真っ盛りと言うこともあり、インバウンドの人達であふれかえっていました。
Photo_23Photo_24
今から行く大雪山系、実は西側から攻める方法と東側から攻める方法があり、西の入り口が、ここ旭川空港のある東川町なんです。因みに東側の入り口は上川町にある層雲峡。どちらから攻めるのが良いかな、と思って山の方を見ると、朝はほぼ雲に覆われていた大雪山系も少しながら雲が取れてきている感じが見受けられます。よっしゃ!ではこのまま西側東川町から大雪山系の一つ、旭岳に向かうことに決定。
車で40分程走ると旭岳にあがるロープウェイ乗り場に到着。この時期は15分毎にピストン輸送してくれていたので時間ロスもなく標高1600メートルの姿見駅に到着。今年は例年以上に熊野出没が多いらしく、駅から出る前に何度も注意喚起されてました。
Photo_25Photo_26
夏山とは言え、北海道の1600メートルは気温も10度前後。半袖シャツでは涼しいw
そんな涼しい旭岳、トレッキングの準備してきてたら上れそうな感じです。因みに旭岳は北海道最高峰で標高2291メートル。標高はそれほどでも気候的には日本アルプス並みの厳しさだとか。十分な装備が必要ですね。
Photo_27
因みに今回は姿見駅から気軽に回れる1.7キロのコースを時計回りに巡ってみようと思います。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
旭岳ロープウェイ
 
運賃:シーズンにより値段変動あり。1800~2900円(共に往復)
運行時間:6:00~18:00(季節により大きく変動あり。15~20分毎に運行)
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
夫婦池と言われる鏡池と擂鉢池
Photo_28Photo_29
鏡池にはまさしく旭岳が鏡の様に美しい姿を映し出してます。こっち(西側)から訪れて大正解!
旭岳はこんな静かな空間と思いきや実は活火山、所々から水蒸気が。でも、そんな荒々しい風景と共に高原植物も咲き誇っており、短い北海道の高山の夏を味わえるのもこの時期だからこそ!
Photo_30Photo_31
そしてコースで一番旭岳に近い姿見の池から眺める旭岳。富士山に通ずるほどのきれいな尾根が上ってみたい衝動を駆り立ててきますが、今回はここまで。いつの日か企画して上ってみるぞお!!
↓   
Photo_32
小一時間かけて散策路を散歩して麓に戻って来た時にはもう昼下がり、ちょっと時間がおしているので少し飛ばして今度は上川町、そう大雪山系の東川からも眺めてみようと思います。その前に大雪山系の湧水が飲める大雪旭岳湧水公園で水分補給。ここも熊の出没地で、あいにく湧水地までは行くことは出来ませんでしたが、お水は汲めるのでペットボトルにありがたくお水を頂き、一路大雪山系の東側までノンストップで参ります♪
Photo_33
東川から上川までは大雪山系を挟んで20キロもないのに、この大雪山系のおかげで100キロも大回り(^_^;)
黒岳の麓、層雲峡に着いた頃にはもう夕方、ギリギリ黒岳ロープウェイも乗れそうですが、上ってすぐに戻って、とせせこましいのと、やはり西側とは違い東側は雲が多いのもあり、層雲峡の方を探訪することにします。以前ここの温泉宿に泊まった時にはかなり雪が残っており、まだ春遠い季節で(とはいえGWに訪れたんですがw)黒岳は吹雪いてたんですよねえ。。。
PhotoPhoto_2
ここ層雲峡は小函、大函と呼ばれる石狩川に沿っての断崖絶壁が20キロ以上続き、その断崖絶壁は柱状節理により形成されて、その昔の火山活動により作られた自然の芸術美を拝むことが出来ます。以前は大函、小函を歩いて渡れたようですが、現在は崩落がひどく移動不可だそう。
小函では以前来た時には凍り付いていた「銀河の滝」や「流星の滝」が柱状節理からダイナミックに流れ落ちる姿を拝むことが出来ました。
Photo_4Photo_5
大函は見どころはこの風景のみil||li _| ̄|○ il||li
ここから小函に行く遊歩道が前述の通り崩落で封鎖され、2016年の台風からやっと今年7月の末に復旧したばかりの大函、この場所から拝めただけでもありがたいと思わねば。それでもこの渓谷に引き込まれていきそうな大函の風景、なかなかいいアングルです。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
層雲峡観光協会
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
Photo_6
これで、2日目の行程はとりあえず全て終了。ここから夜の帳が降りるまでにオホーツクの一大都市、北見まで90キロちょっとをすっ飛ばして最後の頑張り。国道39号をひたすら東進します。北見市街に入るまでほぼ信号はないので夜の帳が降りるまでには無事北見に入ることが出来ました。
北見は実は北海道の主要都市の中で恐らく訪れたことのない唯一の中心都市。前々から一度は来てみたかったんですよねえ。それにここ北見は今年一番ホットな町ですよねえ。
 
そう、「そだね~」の町ですから♪
 
そんな「そだね~」の町にさっそく繰り出し、オホーツクの幸を頬張ります!
Photo_7
北の海幸の刺身うめー!
Photo_8
ほっけうめー!!(スプーンに乗っているのがまた独特な固形醤油♪)
Photo_9
ザンギうめー!!!
Photo_10
北見塩焼きそばうめー!!!!
Photo_11
EXILEうめー!!!!!、違った、レモンハイうめー!!!!!
(ここのレモンぶち込みすぎ!)
 
やばい、ちょっとここ北見ハマったかもw
見事調子乗って同じもん何杯も頼んで財布が軽くなって(笑)3日目に突入です。
続くww
 
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
北の内陸を突き抜けてシリーズ
2日目その2(美瑛~東川~層雲峡~北見)←今回
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
 
今回の行程
美瑛~東川(旭川空港、旭岳、旭岳湧水公園)~層雲峡(小函、大函)~北見

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

 

2018年8月19日 (日)

北の内陸部を突き抜けて…2日目その1

お盆ももう終わりですねえ。
ここ数日気温も落ち着き、少しずつ夏から秋へ移行していくのかなあ、と思っていた矢先、我が地区では恐ろしいことが起こり、業務にも影響が(汗()
警察も大変だがマスコミ、いやマスゴミの横暴を何とかしてほしいもんです。まあ、勿論犯人が一番悪いのだが、その取材で振り回される我ら、、、早く捕まえてくれ!!
と、まあかなりやばい状況が日々続いている現場からは以上ですw
と言うことで気を持ち直して本題へ行きます。
 
前回はこちら
1日目は上富良野のペンションにチェックイン、ここのペンションは2回目。以前美瑛、富良野を巡った時にお邪魔した趣のあるペンションなんです。
目を覚ますと朝の陽ざしがペンションを照らし出し何とも気持ちいい。早速庭のベンチで北海道の夏空を体いっぱいに浴びながら朝食をいただきます♪
Photo_20Photo_21
朝から何とも優雅なカフェタイム♪富良野、美瑛はカフェが似合うねえ。でもそれをエンジョイしているやつは明らかに居酒屋向け野郎ですがww
それでは2日目も元気に出発です♪
2日目は午前中上富良野に美瑛を巡り、昼からは大雪山系を拝めたらなあ、と思っております。
さて、かみふらの八景全部を巡るには時間がないので、前回行った十勝岳温泉郷だけは省略し、その他の7つを巡ることに。前日そのうちの2つはクリアしているので、残り5カ所を訪れたい(再訪したい)と思います。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆  
かみふらの八景
 
ジェットコースターの路
②深山峠
③千望峠
④パノラマロード江花 
⑤日の出ラベンダー園
⑥和田草原とどんぐりの郷
⑦旭野やまびこ高地
⑧十勝岳温泉郷
 
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
先ずは行ったことのない⑥、⑦を巡るルートを取ります。でもその前に駅近くにある⑤の日の出ラベンダー園もやっぱ寄っておかないとね♪まだラベンダー咲いているかなあ?
Photo_22Photo_23
生憎ここはラベンダーはほぼ終了、でもわずかに咲いているスポット発見。それでもここの小高い丘から眺める上富良野の町並みはラベンダーとは関係なく素敵な眺めですよ。
Photo_24
続いて向かったのが⑥和田草原とどんぐりの郷。十勝岳温泉郷に向かう道の脇に数台車が停められるスペースがあるんですが、先ずそこからして発見し辛い。。。(-_-;)
そして小さな木製の階段を上っていくと見えてきたのが和田高原。
PhotoPhoto_2
高原ではなく草原、うんうん。まさしく「草原」ですねえwでも上富良野市街を眼下に見下ろせる絶好の場所に不釣り合いな白いガードレール。。。危険防止とは言え、折角かみふらの八景名乗っているのであれば、ここは草原にマッチしたものにしてくれた方が良いなあ。。。
かみふらの八景探訪、まだまだ進めていきますよ。次もこれまたかみふらの八景の中ではかなりマイナーな場所にあり、ナビでは一発では行けない場所。小さな看板だけが頼りです。和田草原とどんぐりの郷から10分程裏道農道を進んでいくとついにかみふらの八景で来たことのない最後の地、「旭野やまびこ高地」に到着です!
Photo_3Photo_4
ここから眺める十勝岳連峰が、、、でもちょっと雲かかってしまってるけどw
でも個人的にはこちらの風景の方がここの良さを醸し出している様な。。。
Photo_5
一面に広がる麦畑!これが本当の「黄金麦」状態なんですね。麦畑自体はそれほど珍しくはないですけど、ここの黄金色に輝く麦畑を見るとジブリワールドに引き込まれるほどのきれいな絶景!マイナーながらここはかみふらの八景にまさしく相応しい場所♪
こんなマイナーながらも素敵な風景が拝める上富良野、まだまだ奥が深いです。
これで一応かみふらの八景は全景制覇!ですが折角だしメジャー所もいくつか寄っておこう♪
美瑛に向かう手前にある深山峠。ここも峠と言うことで眺望は最高。バス停とその後ろの色とりどりの畑がミスマッチなのに絵になるわあ。
Photo_6Photo_7 
深山峠からすぐの道を進むと「ザ・北海道」の一つ「ジェットコースターの路」に到着。
Photo_8
波はジェットコースター、素敵な風を集めながら~♪
Photo_9
うーん、何度訪れてもいいわあ。この坂道いつも車でしか下ったことないけど、いつの日か愛用のチャリで下りきってみたい!!でもきっと上り死ぬなw
さあ、これでかみふらの八景巡り終了。今回は⑧の十勝岳温泉郷以外はこれで全部廻りましたね。⑧も以前巡ってはいるので今回でミッションコンプリートです!
 
ではここからは美瑛に突入でございます。とは言え上富良野と美瑛だけで軽く1日もろに掛かってしまう位の人気観光スポット故、今回はちょっと省略バージョンで。美瑛大好き人間ですが、この日は一気にオホーツクの北見まで行かないと行けないので半日で上川地方を抜けないといけない計画。頑張って巡ってしまいましょう!
とは言え、毎回美瑛ではナビとの戦い。最近はナビを気にせず自分の勘だけでルート押さえてしまってます。ナビ当てにならんもんw
Photo_10
ケントメリーの木は簡単に行けるんだけどねえw
Photo_11
黄色い花が一面に咲き誇っていてケンとメリーも映えてます!
さて、ここからがナビとはさようなら。自分の勘で進めていきます!
先ずはセブンスターの木。
Photo_12
↑これがセブンスターの木なんですが。。。
Photo_13
俺的にはこっちの白樺並木が結構お気に入りだったりww
Photo_14
下ってきた先からの眺め、、、この後親子の木に向かいます。
Photo_15
親子の木。近くまでは行けないので皆さんこの場所から望遠レンズを身構え撮っていました。哲学の木がなくなって今度はこっちがメジャーになってきたのかな?
Photo_16Photo_17Photo_18
そして美瑛を締めくくる「マイルドセブンの丘」、こんなに隙き隙きだったかなあ。。。?
因みにマイルドセブンの丘はもう一つあるのですが、そこがどうしても記憶がはっきりせず( ;∀;)、、、くっそー!次回こそは2カ所とも攻めてやるぜ!
ちょっと駆け足気味に美瑛を攻めましたが、ほんとうはまだまだ見どころたくさん、個人的には美馬牛の方も素敵な美瑛ワールドを味わえるので是非訪れてもらいたいです。
メジャー処もいいですが、美瑛は町全体がキャンバスと言っても良い位絵になる町。お好きな場所で自分だけのナイスショットを見つけてみてくださいw
Photo_19Photo_20Photo_21Photo_22
※ナビではなかなかうまく回れないと言いましたが、今はマップコード入力もあるので美瑛駅等でマップをもらい、ナビ入力すると連れて行ってくれるので(笑)地図の苦手な方は是非マップコードでw
さて、美瑛を後にする頃にはもう昼時、ちょっとペースを上げます。
次回は大雪山系を中心に北見まで猛ダッシュ!
 
今回の行程
上富良野(日の出ラベンダー園~和田草原とどんぐりの郷~旭野やまびこ高地~深山峠~ジェットコースターの路)~美瑛(ケンとメリーの木~セブンスターの木~親子の木~マイルドセブンの丘)
 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

 
 

2018年8月12日 (日)

北の内陸部を突き抜けて…1日目

今年の夏休み、思ったより休みがとりやすく、(ここ数年厳しい状況が続いていたのに)まだ休みが取れますよ、と。。。どうも今年から新しく入った先生方の休みの有休発生が6か月後からと言うのが大きな原因らしいが。。。
とは言えあまり取りすぎると他の人にも申し訳ないので、空いてたらでいいよ、と言ったところ普通に通ってしまったので、ありがたく週末を挟んでの5日間で、北海道に行かせてもらうことにしました。
 
今回は北海道の中でもちょっと自分の訪問地の中では薄かった「内陸部」を中心に攻めてみようと思います。
今回の行程
1日目
新千歳空港~札幌~富良野~中富良野~上富良野
2日目
上富良野~美瑛~旭岳~層雲峡~北見
3日目
北見~弟子屈~摩周湖~大空~北見
4日目
北見~遠軽~上川~旭川
5日目
旭川~和寒~剣淵~朱鞠内~名寄~士別~新千歳空港
 
と、上川支庁、オホーツク支庁、釧路支庁の内陸部をメインに攻めた感じのコースとなりました。
今回は1日目、我がブログの中では御馴染みの富良野、美瑛ゴールデンルートにプラスして久しぶりに札幌ランチを放り込む形でスタートです。
 
朝7時過ぎの伊丹空港、ついこの間伊丹空港リニューアルされ、ターミナルビルは動線がすっきり。朝早いのでオープン前ですが、空港内にワイナリーまで。一度洒落てここで飲んでみたいもんです。
Photo   
暫しのターミナル探訪を楽しんでいると搭乗時間、8時前に定刻通り出発です。  
Photo_2Photo_3
離陸直後の伊丹空港、街中の空港なので滑走路脇まで住宅が密集しているのが良く分かりますね。
飛行機は順調に10時前に北海道は新千歳空港に到着。いつもならここからすぐにレンタカーなんですが、今回はちょっとだけ寄り道して札幌からレンタカーを借りて出発予定。なぜって?
 
 
 
 
スープカレーが食べたいからさww
 
札幌市内まで電車で移動するが、まだランチタイムまで少し時間があるのでちょっくら札幌駅近くを散歩。
Photo_4
北海道庁や、、、
Photo_5Photo_6Photo_7
北海道大学構内を散歩していると11時30分、よっしゃ!レンタカーを借りるまでちょうど1時間。駅近くのスープカレー屋さんを探すぜ!ところがスタートダッシュミスった( ;∀;)
行く所行く所、人、人、人、、、
 
レンタカーに間に合わんではないかあ!!
結局レンタカーの時間になってしまいました(つд⊂)エーン
止むを得ず今回は諦めて一路富良野方面へ行くしかないか。。。
 
でもやっぱ諦めきれん!
どこか食べられる場所はないか?と探してみると、、、
おっと、イオンモールに食べるところあるやん♪ならば即行その店へ行くぞ!
Photo_8
まさかフードコートでスープカレーを食べることが出来るとは!!
「クレイジースパイス」と言う店でクレイジーチキンカレーと言うものをチョイス。
かなりスパイシーで、汗が湧き出る湧き出る。ボリュームもかなりあり、野菜がどれも大きくてゴロゴロ。スパイスチキンも写真の見立て以上に大きくて、汗とボリュームに完全にやられてしもうた!
少し時間は押してしまいましたが、何とか札幌でのミッションコンプリート♪これで心置きなく富良野へ向かえます。
車をのんびり走らせていくこと2時間半、先ずは富良野のカンパーナ六花亭 へ。
Photo_9Photo_10
特に寄り道するつもりはなかったんですが、ふらのワイン買ってこ♪と思っていた所、おっと!行き過ぎた!と折り返すつもりでいたのですが、ここカンパーナの看板が見え。。。
 
ええ、そのままレッツゴーしてしまいましたw
人間、目先のものに惹かれて本来の目的を忘れると言う(笑)結局ワインからバターサンドに土産が変わってしまいました♪
まあ、それはそれで良し。次へ行こう!
 
富良野からお隣の中富良野町へ。中富良野と言えばやはりここは必須!「ファーム冨田」
Photo_11Photo_12
10回以上はここ訪れてるなあ。。。
ラベンダーはピークを越えてそろそろ見頃も終了。でも遅咲きのラベンダーがまだギリ見ることが出来ました!
Photo_13Photo_14
ラベンダーパープルワールド最高!!
富良野は何回来ても新しい風景が自分の脳内に上書きしてくれるので全然飽きない。また必ず来るよ♪
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
カンパーナ六花亭
夏時間のみ営業
9:00~17:00 
ファーム冨田
8:30~18:00(季節により変動あり)
ただし花畑、駐車場は24時間開放
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
さて、今回は富良野、中富良野はちょっと少な目。その分上富良野町に割合を割きたいと思います。上富良野も見所色々あるんですが、特に風光明媚な風景を拝める「かみふらの八景」と呼ばれる場所が町内に点在しており、いくつかを攻めてみたいと思います。
 
因みにかみふらの八景とは。。。
①ジェットコースターの路
②深山峠
③千望峠
④パノラマロード江花
⑤日の出ラベンダー園
⑥和田草原とどんぐりの郷
⑦旭野やまびこ高地
⑧十勝岳温泉郷
 
この中で行ったことのない④、⑥、⑦をコンプリートするべく訪れたわけですが、すでにもう夕方、時間的にも④のパノラマロード江花と近くにある③千望峠が一杯と言う感じかな。
Photo_15Photo_16
千望峠からすぐの所にあるパノラマロード江花、ここもジェットコースターの路ほどではないかもしれませんが、十勝岳方面に向けての一本道が絵になる風景が目の前に。ファーム冨田からもすぐなのでアクセスしやすいですよ。
さて、もういい時間。この日の宿へ向かおうと思うんですが泊るペンション、夕食がなく外で食べて行かないと行けないので、上富良野駅近くの「フラノカフェ」でカフェタイム。すべてが地元富良野地域の食材で提供されるカフェメニュー。夕食代わりで名物のパニーニとこれまた期間限定の上富良野苺スムージーを頂く。
Photo_17Photo_18
この2つがセットでなんと1000円でおつりが来てしまう!!苺スムージーは氷は全く使わずグラスにこれでもか!と詰め込まれており、イチゴの甘酸っぱさが全身に染み渡る。
春~初夏にかけての上富良野の苺ももう季節的に終了とのことでふらのメロンスムージーと悩んだけどやっぱこっちにして正解!というか実はメロン痒い痒い星人の俺は言うほどはメロン食べないのもあるけど(笑)
これに気を良くした自分、これまたふらの牛乳をふんだんに使ったカフェラテを追加注文♪
Photo_19
いや~、たまにはカフェでまったりもいいもんだねえ。。。
そんな地産地消の素敵なカフェはこちら↓
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
フラノカフェ
10:00~19:00
定休日:月曜日(ただし期間限定で開いている場合もあり)
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
素敵な時間を夜の帳が降りるまでカフェで過ごした後、今日のペンションへ向かいます。
 
続く
 
今回の行程
新千歳空港~札幌(北海道庁、北海道大学、イオンモール元町)~富良野(カンパーナ六花亭)~中富良野(ファーム冨田)~上富良野(千望峠、パノラマロード江花)

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

 

2018年8月 7日 (火)

(再)山を見よう。。。…白川郷

梅雨の合間に出掛けて来た乗鞍、飛騨の横断記も今回で最終回。最終回は前回の「山を見よう。。。」シリーズのスタート地点、白川郷。飛騨古川から天生峠を越えるとすぐに白川郷に入れたんですが、何と言うことか…
 
「天生峠通行不可」
 
何と言うことでしょう。。。il||li _| ̄|○ il||li
 
明らかに倍近い距離をロスしながら高速を使い白川郷入りとなってしまいました。
↓本来ならこのルートで1直線だったのに。。。
↓かなりの大回りルートとなってしまいました。。。
 
それでも時間ロスはありましたが、天気には恵まれ無事昼下がりに白川郷は萩町に到着。
月曜日にも関わらず多くの観光客がここにも。もう日本中どこに行ってもインバウンド効果広がっていますね。多国籍の方々がこの白川郷の世界を堪能されていました。
 
PhotoPhoto_2Photo_3Photo_8  
 
まさしく日本の田舎の原風景そのもの、と言ってもいい世界が目の前に。いいねえこの雰囲気。白川郷には約10年ぶりの再訪でしたが、雰囲気そのままで心の洗濯しに来るにはピッタリ。和田家や神田家、長瀬家などは中も拝見できるので、白川郷の世界を隅々まで堪能できます。
 
PhotoPhoto_2Photo_3
 
しかし、何とも日差しがきついねえ、、、まあ、この頃の38度、9度の世界からすれば30度そこそこなんて大したことないんでしょうが、、、軒先で飼われていたワンちゃんもちょっとお疲れ気味?
こんな暑い夏の盛りにも関わらず、葺き替えの作業の様子も拝ませてもらいました。暑いのにお疲れ様です。
 
Photo_4Photo_5Photo_9
 
萩町界隈を色々巡ると裏手の山道から展望台まで歩けるようなので頑張って歩いて見ます。車でもいけるけど、ここは自分の脚力で攻めましょ♪ 
麓から10分も歩けば着くので是非この展望台からの萩町を拝むのもお勧めですよ。
 
Photo_6Photo_7
 
萩町一帯を一望していると、白川郷って結構広いですね。
萩町の合掌造りと田んぼのコントラスト、夏の絵としては最高です!冬は豪雪地帯で、これまた合掌造りと雪とのコントラストで冬の絵を描く白川郷。いつの日か冬にも訪れてみたいなあ。。。
 
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
白川郷観光情報
野外博物館 合掌造り民家園
入園料…600円
開園時間…8:40~17:00(季節により変更有)
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
 
Photo_10Photo_11
 
合掌造り民家園等もあり、白川郷をあちこち堪能した後は帰阪なんですが、最後はやはり「食」で。。。地元のそば粉を使った「飛騨そば」をすすります。やっぱ暑い時にはざるそばだねえw
 
Photo_12
 
これにて梅雨の合間に出掛けた乗鞍、飛騨を東から西への横断記も終了。次回からは久し振りに北の地へ出掛けてこようと思います♪
 
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
(再)山を見よう。。。シリーズ
白川郷編…3日目←今回
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
 

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »