リンク先

最近のトラックバック

ランキング

  • ランキング
無料ブログはココログ

« 北の内陸部を突き抜けて…2日目その1 | トップページ | 北の内陸部を突き抜けて…3日目その1 »

2018年8月26日 (日)

北の内陸部を突き抜けて…2日目その2

前回の2日目その1はこちら
美瑛を後に旭川空港にちょっと立ち寄り、この後向かう大雪山系の情報を仕入れます。
旭川空港も観光シーズン真っ盛りと言うこともあり、インバウンドの人達であふれかえっていました。
Photo_23Photo_24
今から行く大雪山系、実は西側から攻める方法と東側から攻める方法があり、西の入り口が、ここ旭川空港のある東川町なんです。因みに東側の入り口は上川町にある層雲峡。どちらから攻めるのが良いかな、と思って山の方を見ると、朝はほぼ雲に覆われていた大雪山系も少しながら雲が取れてきている感じが見受けられます。よっしゃ!ではこのまま西側東川町から大雪山系の一つ、旭岳に向かうことに決定。
車で40分程走ると旭岳にあがるロープウェイ乗り場に到着。この時期は15分毎にピストン輸送してくれていたので時間ロスもなく標高1600メートルの姿見駅に到着。今年は例年以上に熊野出没が多いらしく、駅から出る前に何度も注意喚起されてました。
Photo_25Photo_26
夏山とは言え、北海道の1600メートルは気温も10度前後。半袖シャツでは涼しいw
そんな涼しい旭岳、トレッキングの準備してきてたら上れそうな感じです。因みに旭岳は北海道最高峰で標高2291メートル。標高はそれほどでも気候的には日本アルプス並みの厳しさだとか。十分な装備が必要ですね。
Photo_27
因みに今回は姿見駅から気軽に回れる1.7キロのコースを時計回りに巡ってみようと思います。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
旭岳ロープウェイ
 
運賃:シーズンにより値段変動あり。1800~2900円(共に往復)
運行時間:6:00~18:00(季節により大きく変動あり。15~20分毎に運行)
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
夫婦池と言われる鏡池と擂鉢池
Photo_28Photo_29
鏡池にはまさしく旭岳が鏡の様に美しい姿を映し出してます。こっち(西側)から訪れて大正解!
旭岳はこんな静かな空間と思いきや実は活火山、所々から水蒸気が。でも、そんな荒々しい風景と共に高原植物も咲き誇っており、短い北海道の高山の夏を味わえるのもこの時期だからこそ!
Photo_30Photo_31
そしてコースで一番旭岳に近い姿見の池から眺める旭岳。富士山に通ずるほどのきれいな尾根が上ってみたい衝動を駆り立ててきますが、今回はここまで。いつの日か企画して上ってみるぞお!!
↓   
Photo_32
小一時間かけて散策路を散歩して麓に戻って来た時にはもう昼下がり、ちょっと時間がおしているので少し飛ばして今度は上川町、そう大雪山系の東川からも眺めてみようと思います。その前に大雪山系の湧水が飲める大雪旭岳湧水公園で水分補給。ここも熊の出没地で、あいにく湧水地までは行くことは出来ませんでしたが、お水は汲めるのでペットボトルにありがたくお水を頂き、一路大雪山系の東側までノンストップで参ります♪
Photo_33
東川から上川までは大雪山系を挟んで20キロもないのに、この大雪山系のおかげで100キロも大回り(^_^;)
黒岳の麓、層雲峡に着いた頃にはもう夕方、ギリギリ黒岳ロープウェイも乗れそうですが、上ってすぐに戻って、とせせこましいのと、やはり西側とは違い東側は雲が多いのもあり、層雲峡の方を探訪することにします。以前ここの温泉宿に泊まった時にはかなり雪が残っており、まだ春遠い季節で(とはいえGWに訪れたんですがw)黒岳は吹雪いてたんですよねえ。。。
PhotoPhoto_2
ここ層雲峡は小函、大函と呼ばれる石狩川に沿っての断崖絶壁が20キロ以上続き、その断崖絶壁は柱状節理により形成されて、その昔の火山活動により作られた自然の芸術美を拝むことが出来ます。以前は大函、小函を歩いて渡れたようですが、現在は崩落がひどく移動不可だそう。
小函では以前来た時には凍り付いていた「銀河の滝」や「流星の滝」が柱状節理からダイナミックに流れ落ちる姿を拝むことが出来ました。
Photo_4Photo_5
大函は見どころはこの風景のみil||li _| ̄|○ il||li
ここから小函に行く遊歩道が前述の通り崩落で封鎖され、2016年の台風からやっと今年7月の末に復旧したばかりの大函、この場所から拝めただけでもありがたいと思わねば。それでもこの渓谷に引き込まれていきそうな大函の風景、なかなかいいアングルです。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
層雲峡観光協会
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
Photo_6
これで、2日目の行程はとりあえず全て終了。ここから夜の帳が降りるまでにオホーツクの一大都市、北見まで90キロちょっとをすっ飛ばして最後の頑張り。国道39号をひたすら東進します。北見市街に入るまでほぼ信号はないので夜の帳が降りるまでには無事北見に入ることが出来ました。
北見は実は北海道の主要都市の中で恐らく訪れたことのない唯一の中心都市。前々から一度は来てみたかったんですよねえ。それにここ北見は今年一番ホットな町ですよねえ。
 
そう、「そだね~」の町ですから♪
 
そんな「そだね~」の町にさっそく繰り出し、オホーツクの幸を頬張ります!
Photo_7
北の海幸の刺身うめー!
Photo_8
ほっけうめー!!(スプーンに乗っているのがまた独特な固形醤油♪)
Photo_9
ザンギうめー!!!
Photo_10
北見塩焼きそばうめー!!!!
Photo_11
EXILEうめー!!!!!、違った、レモンハイうめー!!!!!
(ここのレモンぶち込みすぎ!)
 
やばい、ちょっとここ北見ハマったかもw
見事調子乗って同じもん何杯も頼んで財布が軽くなって(笑)3日目に突入です。
続くww
 
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
北の内陸を突き抜けてシリーズ
2日目その2(美瑛~東川~層雲峡~北見)←今回
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
 
今回の行程
美瑛~東川(旭川空港、旭岳、旭岳湧水公園)~層雲峡(小函、大函)~北見

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

 

« 北の内陸部を突き抜けて…2日目その1 | トップページ | 北の内陸部を突き抜けて…3日目その1 »

旅行日記(①北海道)」カテゴリの記事

コメント

レモンサワー、レモン多っ!!

夜の張が降りるまでっていう表現が素敵ですね。
小説家みたいでシビれました!!

北見ってこんなに東の方にあるのですね。
海の幸がとっても美味しそう!道東、行ってみたいなあ・・・

こんばんは。
おお!いつの間にか北海道に!!
旭岳のトレッキングよさそうですね。

そして、美瑛から北見までいかれたんですねー
もしかしたら、知床まで行かれたのでしょうか??
私は来年、北見に行くかもしれません~マラソン大会に参加するために(笑)

Re:ゆうきさん、北見の居酒屋、ここは再訪した時には絶対ここにまた行きたくなってしまう位のお店でした!!レモンサワー最高♪次の日もここで飲んで違うレモンハイ飲んだんですよ!
今回はオホーツク、道東、上川の内陸部を攻めてみました。色々テーマを作って旅発つのって楽しいもんです。

Re:はな☆さん、今回ちょっと海外にするかどうか迷ったんですが、飛行機や宿を取ったのが半月ほど前だったのと日程的に海外は諦めました。
旭岳、この山だったら上れそうな気がするんで、いつか機会を見つけて登ってみたいです♪
知床も行けない距離ではなかったんですけどねえ。。。微妙に時間が足りず今回は諦めました(^_^;)
北見でマラソン大会があるんですか!!うわー!俺にそんなに走れるほどの体力残っているかなあ?頑張ってください!!

旭岳のトレッキング、ここなら自分も出来そうかな?短い北海道の夏をこんな所で過ごしたい!
層雲峡の滝もきれい!!柱状節理って言うんですね。幻想的な世界が北海道には色々あって良いですね。
北見でのグルメ三昧、こんなに一杯美味しいものが並ぶと食も進みますね!

旭岳の景色、静と動が入り混じっているという印象です。
鏡池、名前の通り鏡のように美しいですねshine
大函の岩壁や滝もダイナミックですsign03

そして最後のレモンハイはレモン漬けにしか見えません(笑)
どれも美味しそうだー。
こんな時間に見るべきではなかった…sweat02

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540773/67071663

この記事へのトラックバック一覧です: 北の内陸部を突き抜けて…2日目その2:

« 北の内陸部を突き抜けて…2日目その1 | トップページ | 北の内陸部を突き抜けて…3日目その1 »