兄弟サイト

リンク先

最近のトラックバック

ランキング

  • ランキング
無料ブログはココログ

« 北の内陸部を突き抜けて…2日目その2 | トップページ | 北の内陸部を突き抜けて…3日目その2 »

2018年9月 3日 (月)

北の内陸部を突き抜けて…3日目その1

北見での夜を満喫し、酒の勢いもありそのままバタンキュー。
朝の目覚めもばっちり!普段は朝が弱くうだうだなのに、旅に出ると生活が規則正しくなるのは一体なぜ?(笑)
それでは3日目、気持ちよく出発です。
前日2日目の様子はこちら
 
2日目は北見から道東に入り、弟子屈周辺を巡ってまたここ北見に戻ってくる循環コース。
先ずは北見市街をちょっと散策。駅周辺はそこそこ栄えており、さすがはオホーツク一の中心都市です。
Photo
北見市街にもいくつか見所があるようなので朝一で2か所、向かってみようと思います。先ず向かったのが「ピアソン記念館」、キリスト布教にこの地に赴任し、北見の発展にも尽力したピアソン夫妻の功績をたたえ、住んでいた私邸を記念館にしたもの。ここを作ったのはウィリアム・M・ウ゛ォーリズと言う有名な建築家が作ったもので、北海道遺産にも登録された場所。
Photo_2
町中にポツンとあるので一見では分かり辛い所にありますが是非訪れてみてください。ちょっとした静かな空間を感じることが出来ますよ。
続いて向かったのが、北見ハッカ記念館。ここ北見はその昔「ハッカ」の生産で世界の7割を超える生産量を誇った地。現在はハッカの生産はほとんど行われていませんが、その功績を後世に伝えようとこの地からハッカ文化を発信しています。周りには一杯の香草も植えられており、メンソール系のスーッとした世界?を味わってみてください。
Photo_3Photo_4Photo_5
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
ピアソン邸
休館日:月曜日
開館時間9:30~16:30
入館無料
北見ハッカ記念館
休館日:月曜日
開館時間9:00~17:00
入館無料
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
それでは一路釧路支庁方面へ車を走らせましょう。美幌から先はオホーツクから道東ワールド。その境にあるのが「美幌峠」。峠道をクネクネ上った先にいきなり眼下に広がるオープンワールドは圧巻!!
Photo_6Photo_7
眼下に広がる大きな湖が今から向かう弟子屈の屈斜路湖。一気に下りたくなるような眺めです。思いきり飛ばしたい気分にもなりますねえ。でもそこは北海道の甘い罠、飛ばし過ぎるとピーポーがやってきますww皆さんも気をつけましょうね♪
PhotoPhoto_2
麓まで降りてきてかわいいミミズク?が1本の木のそばで気持ち良さげにしていたので一枚。こういう何気ない遊び心が擽られちゃうんですよねえ。
屈斜路湖にはいくつかの天然温泉があり、そのなかでも有名な川湯温泉にちょっと立ち寄ります。硫黄泉で温泉による変色でエメラルドグリーンの温泉がかけ流し状態で流れているまさしく川を流れる温泉の湯、川湯温泉。気持ち良かった~♪
Photo_3Photo_4
さて、それでは本日のメイン、摩周湖に参ります!
摩周湖と言えば「霧の摩周湖」ですよねえ。10数年前に行った時には見事なほどの「霧の摩周湖」を拝んだんですが、勿論そのまんま、摩周湖を味わえる状況ではなくww
なので、今回はしっかり?摩周湖ブルーを拝みに参ります♪
展望個所は3カ所あり、今回は天気も完全に晴れモードなので霧の心配も全くないwと来たら全部廻ってしまいましょう!
まず向かったのは「摩周湖第一展望台」、摩周湖を眺める中で一番メジャーなところです。レストハウスなどもあり、ここのみしっか!と駐車料金取られますil||li _| ̄|○ il||li
Photo_5Photo_6
摩周湖はカルデラ湖で、湖の透明度もロシアのバイカル湖に続いて世界第2位の透明度。そんなきれいな神降りる湖を目の当たりに出来感謝感激!!
遠くに見えるカムイシュ島が良く見える第三展望台にも向かってみましょう。
第一展望台からは車で5分ちょっとで着きます。ここは駐車料金も取らず比較的こじんまりとしていますが、高台から眺める摩周湖、そして反対側にある硫黄山の雄姿もここからだと良く見えます!
Photo_7Photo_8Photo_9
こんなきれいな摩周ブルーを拝めるとは今回ついているぜ!気持ちもノッてきたところで、硫黄山にも足を運んでみますかね。実は第一展望台で駐車場料金を取られた際、硫黄山の駐車場もこの半券で停めることが出来る、とありこれは向かわねば!と。。。
場所を確認するとついさっきいた川湯温泉の手前。。。おっと、見過ごしてたぜえ。。。
ちょっとコース重複しますが、再度戻って硫黄山へ向かってみます。
Photo_10
お゛~、冥途の入り口じゃないですかあ。。。
西遊記の世界が目の前に広がっております。硫黄山と言うだけあり、ここは目の前に硫黄臭を漂わせる噴気があちこちから湧き出てきてまさしく冥土。
Photo_11Photo_12Photo_13
この原始的な風景、蛍光色の黄色が異次元空間って感じですよね。
Photo_14
この噴気がなんと足元に!危険とはあるが、柵もない場所で湧き出てくる噴気を足元で感じるここ硫黄山。神の世界への入り口に相応しい場所でした。それではここからまた摩周湖に向かいましょう。えっ?
続く
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
弟子屈なび
屈斜路湖、摩周湖、川湯温泉等、エリアの観光をチェックするのにピッタリ♪
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
今回の行程
北見(ピアソン邸、北見ハッカ記念館)~美幌峠~弟子屈(屈斜路湖、川湯温泉)~摩周湖(第一展望台、第三展望台)~硫黄山
 
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
北の内陸部を突き抜けてシリーズ
3日目その1(北見~弟子屈~摩周湖)←今回
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆   

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

« 北の内陸部を突き抜けて…2日目その2 | トップページ | 北の内陸部を突き抜けて…3日目その2 »

旅行日記(①北海道)」カテゴリの記事

コメント

大阪大変なことになりましたね。大樹さんの所は被害大丈夫でしたか?
摩周湖ドライブ、天気にも恵まれ何とも気持ち良さそうです。摩周湖ブルー、凄く深みのある青ですね。一度見てみたいです。霧の摩周湖も一度拝んでみたいものです。
硫黄山の硫黄の色があまりにビィビィッドですね。凄い!

台風は大丈夫でした?
今年の大阪はどうしちゃったんですかね…。
しかも、北海道の記事の最中に震災まで起こるし…。

美幌峠の景色、キレイですねsign03
雲はあるけど湖にかかってなくて、最高の景色ですshine
そして摩周湖の湖面もキレイだー!

硫黄山、私は行かなかったんですけど、まさかこんな世紀末な景色だったとはsweat01
これは行っておくべきだった…。

大阪は地震に続いて台風直撃でしたが、大樹さんの家の地域は大丈夫でしたか?
北海道も大地震になってしまいましたね…

北海道の歴史ある建物って何だか目を引きますね。
そして硫黄山の異次元の様な景色。ファンタジー映画に迷い込んだかの様です!

Re:紫苑さん、台風ってあんなに恐ろしいものだと言うことを肌身で感じた一日でした。家の方は大丈夫でしたが、車を見ると細かい傷が一杯(-_-;)職場のガレージも吹き飛んでいました。。。
摩周湖、一昔前に行った時には見事霧の摩周湖でしたが(笑)今回は摩周湖ブルーを拝め最高の日和でした!
ビビッド、確かに蛍光ペン使ったかのような世界ですよねえ。

Re:ナユタさん、本当大変でした。俺の家は大丈夫でしたが、車に傷が(-_-;)ご近所さんは塀がつぶれていました( ̄Д ̄;;
北海道も大きな地震があり、最近の日本の自然災害尋常じゃないですね。毎年このような大災害が起こるのか、、、ちょっと怖くなってきました。
摩周湖ドライブ、北見からだとこんな素敵な風景を拝めるんですね。釧路からの北上コースもきっと素晴らしいんでしょうけど、ここの美幌峠の風景は圧巻ですね。
硫黄山、次回道東巡る機会があったら是非リベンジを!

Re:ゆうきさん、返信遅くなり申し訳ありません。
家の方は何とか無事でしたが、車に少々(-_-;)。。。まあ、コンパウンドで何とかなりましたが。。。
北海道も大変ですよね。最近の日本の自然災害の多さが凄く気になります。
西欧の影響も色濃く北海道は歴史的にも受けている部分もあり、西洋建築も年紀があって見ごたえありますね。
硫黄山の風景はなかなか日本では拝めない独特な世界観が広がっていましたよ♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540773/67113541

この記事へのトラックバック一覧です: 北の内陸部を突き抜けて…3日目その1:

« 北の内陸部を突き抜けて…2日目その2 | トップページ | 北の内陸部を突き抜けて…3日目その2 »