« 薩摩、種子島を巡る旅…その1 | トップページ | 薩摩、種子島を巡る旅…その3 »

2019年3月 9日 (土)

薩摩、種子島を巡る旅…その2

前回の記事
その1 (鹿児島市街編)
 
13時、鹿児島を後にジェットフォイルは90分強かけ種子島は西之表港へ向かいます。時速80キロも出るジェットフォイルですが、とても海の上を走っているとは思えない位静かで微妙な揺れも飛行機とほぼ同じくらいの乗り心地。
 
Photo_14   
 
開聞岳もきれいに見え、ここまでは静かなもんだったんですが、大隅半島を越え太平洋に面する辺りに差し掛かると波も出てきてそこそこ揺れる。そして見事にここから天候が怪しく真っ黒な雲が空を前面に覆っている。
 
Photo_15
 
どす黒い雲が覆いつつも予定より10分弱の遅れで無事ジェットフォイルは西之表港に入港。15時からはレンタカーを借りて西之表市を中心に巡ってみようと思います。 
 
Photo_18   
 
種子島は南北に細長く57.2キロもあるのに東西は細く、長い所でも12キロほどしかないサツマイモの様な形の島。当然有名農産物は「安納芋」と言うサツマイモ!
勿論旅の途中で安納芋登場しますよw
そして宇宙産業でも有名な種子島。2日目に宇宙センターにも訪れる予定です。
1日目は時間もそんなにないので、種子島の北半分を巡ろうと思います。
 
第一の目的地は「奥神社」、ここで種子島での旅行の無事を祈願していきます。境内にあるあこうの樹の大木が島の守り神っぽくて素敵ですね。
 
Photo_16Photo_17
 
奥神社から車で5分程行くと種子島の北端、喜志鹿崎灯台に着きます。太平洋を見渡せる風光明媚な場所ですが、ちょうど干潮時間なのかな、波の芸術で作り出された岩場が印象的でした。
Photo_19Photo_20
 
喜志鹿崎からは太平洋側を南側に下っていきます。途中高台に当たる天女ヶ倉やあこうの樹のアーチ等種子島の自然風景を楽しんだ後、この日一番の見所でもある「馬立の岩屋」までドライブしてきます。
奥神社でも思いましたが、あこうの樹は本当大木になればなるほど神秘さが増す不思議な樹ですね。このアーチも普通の樹では出来ない曲がり方ですものね。
Photo_21Photo_22Photo_23
 
あこうの樹のアーチを越えて暫く海岸線沿いの道を走っていくのですが、どういう訳か目的の馬立の岩屋が出てこない。。。ナビではとっくに超えているのだが。。。
かなり走ってもう無理か、と諦めかけていると本当に小さな脇道に入る道があって、そこが馬立の岩屋の入り口と分かるものの、小さな木柱が一本立っているだけ。これは到達難易度高いわ(;´Д`A ```
 
んでもってこの脇道がこれまた狭い&悪路で1キロ近く下っていくのが不安になるような道!
 
そんな困難に打ち勝つとこのような海岸の造形美を拝むことが出来ます。
ここが頑張って来た者のみ拝める「馬立の岩屋」です!!
 
Photo_24
 
干潮時間なのもあり、馬立の岩屋の海蝕洞窟の中にも入ることが出来そうです♪
馬立の岩屋はその昔、種子島領の領主、種子島幡時がこの洞窟で行方不明になった際、乗ってきた馬がこの地で待ち続けていた所から名付けられたとのこと。
一説ではこの洞窟は南種子の宝満の池(これについては次回詳しく)まで繋がっているとかいないとか。。。
 
Photo_25Photo_26Photo_27
 
洞窟の中は海蝕でもろくなったであろう岩がゴロゴロと落ちているのであまり長居はしない方がいいかもしれませんね。しかし、こんな洞窟を作り上げるなんて太平洋の波の力は凄いですね。素晴らしい海の芸術を拝見させてもらいました!
 
ここまでが今日の行程の最南端。もう日暮れですので西之表市街に戻ります。
途中空港近くに男淵、女淵の滝があるとナビで発見したのでちょっと寄り道。上下2段の滝があり迫力はないですが、静けさの中の川音を楽しむには良い所ですね。
 
Photo_28
 
この後空港に立ち寄りパンフを大量にもらい(笑)帰り道を西側の海岸線に変えると雄龍、雌龍の岩があることを発見!やっぱ地元パンフは必須アイテムですよね。
最後の寄り道で写真に収めさせていただきました!
 
Photo_29
 
雄龍の方が角が生えている感じでやはりゴツさがありますね。
3時間半の種子島観光の前半戦を終え西之表の宿に到着すると、宿が経営している居酒屋がいくつかあると言うので早速そこにお邪魔。
新鮮な海鮮ものや食べたかった甘い安納芋も食べることが出来、幸せな気分で次の日も種子島の南部を巡れそうです。ただ天気はダメっぽいですが( ;∀;)。。。
 
Photo_30
 
近海ものの刺身盛りに、、、
 
Photo_31
 
安納芋の天ぷら♪
これがまた絶品だった!甘みも凝縮されており、しっとりしていて普通のサツマイモとはまた違い、どんどん箸が進む。調子に乗って島安納と言う芋焼酎もグビグビ。。。呑みすぎてしまいました。。。
 
続く
 
今回の行程
 
西之表港~奥神社~喜志鹿崎~天女ヶ倉~あこうの樹のアーチ~馬立の岩屋~男淵、女淵の滝~種子島空港~雄龍、雌龍の岩~西之表
 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

« 薩摩、種子島を巡る旅…その1 | トップページ | 薩摩、種子島を巡る旅…その3 »

旅行日記(⑩九州)」カテゴリの記事

コメント

種子島についてほとんど知識がないのですが、一番の衝撃は鹿児島からわずか90分ほどで行けるということでした
予想以上に近いんですね

ロケットと言えば、そういえば下町ロケットでも種子島結構出てましたね!
俄然気になり始めました
馬立の岩屋、これは行ってみたいです

こんばんは。
種子島、いいですね~
屋久島に行くときに、種子島も一緒に行けたらいいのに。
と思いました(日程的に無理でしたが)
離島って、いいですねー
私は、今年は小笠原諸島へ行ってきます。楽しみです~

Re:ナユタさん、ジェットフォイルってかなり飛ばすんですよねえ。乗っているとそこまでのスピードは感じないんですが、やはり種子島まで90分ちょっとって早いんですよねえ。佐渡でジェットフォイルが鯨にぶつかって事故った話がありましたが、それだけのスピードが出ていると急に止まれませんしね。
ロケットは次回の話で出てくるかなあ???
馬立の岩屋すごくお勧めスポットですよ!しかし、ここはさしずめオードブル♪
ここ以上にすごい絶景が次々回あたりに出てくる予定!(笑)

Re:はな☆さん、種子島も僕も前から狙っていたんですけど、なかなかきっかけを掴みづらくついこの時期になってしまいました。天気は今一つでしたけどなかなか素敵なところでした!
小笠原に行かれるんですね!!週1度ペースの船ですからなかなかの長旅となりますので楽しんできてくださいね♪
小笠原諸島に行ったら是非とも「南島」と「母島」に行ってみたらいいかと思います!

わずか3時間半で島の北半分をいろいろと回られていますね。
喜志鹿崎灯台以外は他の場所はまったく知らないところばかりでして、
夕食も含めて島を満喫されているところは、さすが大樹さんです。
千座の岩屋には行きましたが、馬立の岩屋というところもあるのですね。
しかもこちらの方が雰囲気が良さそうで、この場所に立って景色を
見てみたいと思いました。ただ1kmも狭い&悪路を運転するのはちょっと…。

Re:Junjiroさん、サツマイモの形の種子島。ルート上は本当単純に巡りやすいコースでした。
千座の岩屋はもうしばらく後の回で出てきますのでお楽しみに♪
千座の岩屋も馬立の岩屋も干潮時間に行くと見ごたえが凄くありますよ。こんかいはその時間を見越してどちらも訪れました!
馬立の岩屋の道は確かに少々厳しかったですけど、気を付けて行ったら全然大丈夫ですよ♪

あれ!この記事にコメントしたつもりでしてなかった!!

種子島がもうイメージと違いすぎて読んでて面白いです!
もう宇宙研究所ばっかりなつもりでいました(笑)
それと火縄銃・・・

でも考えてみれば当たり前ですが南国の植物が多いですね!
南国の島、いいなあーーー

Re:ゆうきさん、もしかしたらココログのリニューアルで意図せず反映されなかったのかもしれませんね。お手数おかけします。
種子島宇宙センターは確かに種子島のイメージのメインを取っているといってもいいかもしれませんが、さりげなくええもんお持ちでっせ、この島は♪
今度はこちらへご旅行などいかが?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薩摩、種子島を巡る旅…その2:

« 薩摩、種子島を巡る旅…その1 | トップページ | 薩摩、種子島を巡る旅…その3 »

兄弟サイト

カテゴリー

リンク先

ランキング

  • ランキング
無料ブログはココログ