« 薩摩、種子島を巡る旅…その4 | トップページ | 薩摩、種子島を巡る旅…その6 »

2019年3月31日 (日)

薩摩、種子島を巡る旅…その5

今年度も終わり。新クラスの準備で前日もギリギリまで準備していましたが、書類系が終わらなかった( ;∀;)明日からは新学期、新しいクラスでの担任、子ども達、保護者に早く馴染んでいただける様に頑張らないと!

と言うことで、本題。

薩摩、種子島を巡る旅シリーズ
その1(鹿児島市街編)
その2(種子島北部編)
その3(種子島南部編その1)
その4(種子島南部編その2)

3日目、この日も天気は今一つですが、昼から回復してくるとのこと。夕方には帰らないと行けないのでコースをどうするかなあ、と実はレンタカー借りるまで何も考えていなかった自分。。。頭の中では、

①鹿児島市内を中心に観た後、桜島に渡り錦江湾を巡って空港に向かうパターン
②指宿まで南下して空港に戻るパターン
③南九州、枕崎を巡って空港に行くパターン

レンタカーに乗り込み考えること数分、あいにくの天候の中、曇り空でもある程度観光できそうなコースと言えば、、、
3つ目の南九州、枕崎を巡って空港に行くパターンが最適、と判断。一路南九州市方面に車を運ぶことにしました。
まず向かったのが旧知覧町と言われる地域。ここは太平洋戦争の前線基地となった知覧特攻平和会館があり、また江戸時代の武家屋敷群がある場所でも有名。車でも1時間弱もあれば到着するので午前中はここで観光していこうと思います。

まず向かったのは「知覧特攻平和会館」、太平洋戦争の前線基地としてここから南方の前線に向け多くの特攻隊が旅発って行った地として知覧に来たら是非とも寄っていきたい所です。戦争の痛ましさと鎮魂の気持ちを心に刻み隅々まで見ていこうと思います。多くの来客がおられ、外国から来たであろう団体も訪れていました。海底から引き揚げられたゼロ戦や、この時期のみ写真を撮ることが出来た「疾風」等の当時の戦闘機や、若くして散っていった特攻隊員の遺品や手紙などを多く展示しており、戦争の悲惨さを再認識。最近の世界は本当天秤バランスが崩れていている感じがしてちょっと将来が不安になってしまいます。英知を絞って平和を維持し続けていくのが今の人類に課せられた課題なんでしょうが、、、
Photo_20 Photo_21

特攻平和会館横にはミュージアム知覧もありますので、雨天ならではの博物館巡りは助かります。薩摩の歴史もここで色々知ることが出来ます。ここで南九州市の川辺地区の情報ももらえたのでこの日は南九州市一帯を一杯巡れそうです。
知覧特攻平和会館を後に車で5分程で知覧市街に到着。ここで車を停めて「知覧武家屋敷群」を巡ろうと思います。
国の重要伝統的建造物群保存地区にも選定され、独特な石垣の塀や屋敷が主に7カ所点在しており、武家屋敷群を両側に整備された町並みが往時を思い起こさせてくれます。武家屋敷ごとの庭園にも趣向が凝らされていて見ごたえあります。ここで大河ドラマ「西郷どん」もロケが行われていたんですよ。

Photo_22 Photo_23 Photo_25 Photo_24 Photo_27 Photo_26

おおよそ1キロ弱の本馬場通りに7つの武家屋敷群の他に旧宅もいくつかあり、今流行りの古家カフェもあちこちに。ちょっと疲れたので知覧物の知覧茶と薩摩の郷土食「あくまき」をいただきます♪ 

Photo_29 Photo_30

あくまきはもち米を灰汁(あく)で炊いたものと聞いてびっくり!灰汁って大体すくい上げてしまうものなのに!!
えぐみもなくきな粉がうまくコーティングされていてとってもおいしい!知覧茶も渋みよりはさっぱり、でも深みのあるお味でおいしゅうございました。
この後、水からくりの豊玉姫神社を参拝して南九州市の南部「頴娃」地区に行こうと思います。


南九州市観光サイト
川辺、知覧、頴娃の3町が合併し出来た南九州市の観光スポットがたくさん。
知覧特攻平和会館
開館時間:9:00~17:00
料金:500円(ミュージアム知覧との共通券で600円)
年中無休
ミュージアム知覧
開館時間:9:00~17:00
料金:300円(知覧特攻平和会館との共通券で600円)
水曜日定休
知覧武家屋敷群
開園時間:9:00~17:00
料金:500円
年中無休


続く

今回の行程
鹿児島市内~知覧(知覧特攻平和会館、ミュージアム知覧、知覧武家屋敷群、豊玉姫神社)

 

 

 

  
にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

« 薩摩、種子島を巡る旅…その4 | トップページ | 薩摩、種子島を巡る旅…その6 »

旅行日記(⑩九州)」カテゴリの記事

コメント

なかなかお邪魔せずごめんなさい。
春っぽい壁紙になりましたね。
鹿児島はたまに行きますけど、知覧の方は行かないですね。
特攻隊の博物館があるのは知っていましたが、機会あれば行ってみようと思いました。最近の世界情勢は本当危ない方に行っていますよね。
武家屋敷群の雰囲気も凄く良い感じです!素敵な場所教えてくれてありがとうございます。

知覧はなかなか遠いですよね…。
一昨年の旅でも近くは通りつつも、結局スルーしてしまいました。
武家屋敷のゆったりした町並みは一度見てみたいなぁ。
風車のある景色なんて素敵すぎです☆

そしてあくまき、灰汁で炊くとかトリッキーすぎです…。

こんばんは。
知覧は、地名として聞いたことはありましたが、
鹿児島なんですね。
戦闘機の展示、ちょっと衝撃ですね。
こんな状態で、良く残ってるなと思います。やはり、こういうのは残していかないと駄目だよなと、そう思います。。

あくまき!!美味しくなるのが不思議ですね~

Re:紫苑さん、こちらこそ返信遅くなりました。
仕事お互い大変ですけど頑張りましょうね。
知覧の特攻平和会館を見学すると今の世情がとても気になります。これからの日本を含め、世の中全体が不安な中に陥っていきそうです。
真に平和な世の中が訪れるのはいつのことなんでしょう。。。
武家屋敷群、天気が良ければもっと鮮やかな庭園世界が拝めそうですよ。また僕も再訪してみたいと思います。

Re:ナユタさん、返信遅くなりすみません。
鹿児島も本当大きいですよね。自分も鹿児島を何度となく来ているくせにまだまだ知らない未踏の地が一杯です。
知覧地域は固まって見所があるので、本当時間を取りやすいです。今度こちらに行く時も必ず寄りたい場所になりました。
あくまきの驚きの製法、普通に考えてないですよねえw

Re:はな☆さん、返信遅くなりすみません。
知覧の特攻基地は確かに名が通っているかもしれません。太平洋戦争の悲惨さを後世に伝えるにはこういった施設も本当大切にし、自分の目に焼き付けていかないと、と思いました。

あくまきの世界、僕もここで初めて食べましたけど、灰汁のイメージがなかなか取れず。。。でも美味しかったですよ♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 薩摩、種子島を巡る旅…その4 | トップページ | 薩摩、種子島を巡る旅…その6 »

兄弟サイト

カテゴリー

リンク先

ランキング

  • ランキング
無料ブログはココログ