無料ブログはココログ

リンク先

ランキング

  • ランキング

散策日記(近畿)

2016年11月30日 (水)

雨上がりの淡路島へ

暫く忙しい時間が続き、更新もままならずすみません。やっと大きな一つの山が越えました。しかしすぐにまた次の山が、、、今週はちょっと小休止の時間が出来ましたが、まだ台本仕上げをしたり、バタバタは続く。。。皆さんのところには少しずつお邪魔させていただきますね。重ねてすみません。
そんなバタバタの11月、ちょっと前から淡路島に行きたいね、という話があって今回、空いていた週末で行こうかとなり、雨の中淡路島へ日帰りでドライブしてきました。あいにくの雨の予報でしたが「俺、雨に祟られないんで」(BY 大門未知子風ww)と言うことで雨に祟られない様に頑張るべw
 
淡路海峡大橋を通って。。。

Photo_9


昼前に淡路市に到着。昼ごはん時なので先にご飯にしよう!となり、気になっていたお店2か所チョイスしていたんですが、そのうちの1カ所は以前行ったことがあって、ならもう一つの場所開拓してみよう、ということで向かった先が「キッチンたまご亭 」、名の通り淡路の卵をメインにしたお店なんですが、ここの淡路牛が実はおいしいとのこと。ならばやはり頼まないといけないですね、淡路牛ステーキと淡路玉卵(たまらん)ステーキ丼!

Photo_10Photo_11


値段もお財布に優しくここは当たり!とお互い大絶賛。今度は有名卵を使ったオムライスも食べてみたいな、と言いながら次向かう場所を相談。お腹いっぱいの腹を抱え車に乗り込み、10分ほどで向かった場所と言うのが。。。
Photo_12Photo_13Photo_14

ここ伊弉諾神宮は何と日本最古の神社として有名らしく、(知らなかった(゚ー゚;)伊弉諾尊と伊弉冉(いざなみ)尊を祀っている神社。皆さん、出雲大社、伊勢神宮もいいですが、日本人に生まれたのであれば、是非日本を作ったこの伊弉諾尊を祀っているここ伊弉諾神宮へ!まさかそんなご立派な神社が淡路島に存在したとは、、、恐れ入ります。
ここ伊弉諾神宮から一宮に向けては「神様の結うとおり」と言う洒落た通りがあり、ちょっとしたパワースポットとか、このスポットのおかげでこれからの道中も雨に祟られることはない!はずww

Photo_15Photo_16

ここから一宮の瀬戸内海に向かい、ちょっと戻ったところにあるのが、俺の好きな場所の一つ「パルシェ香りの館」と言うところ。一宮は香りの町、とも言われハーブ系の栽培が多い地。この施設ではアロマオイルやハーブなど色んな香りに関するものが扱っていて、今回は買いませんでしたが、アロマオイルにドライフラワー、せっけん、お香などザ・香りのデパート!って感じ。時間があれば、石鹸やキャンドル、リース作りなど多種多様なものつくりも楽しめるんですよ。
Photo_17Photo_18

香りの館を後にしたあたりで小腹もすきました。関西人なら淡路島へ来て、ここに寄らないなんて愚の骨頂!その場所は、、、

たこせんべいの里!

たこせんべいの里の何がすごいって、ここは。。。
作っているせんべいの試食食べ放題!それもほぼ全種類!!飲み物もコーヒーやお茶など飲み放題なんですよねえw入場料なんてもちろん取りませんww
そんな太っ腹なことして大丈夫?と思われますよね、それが大丈夫なシステムになっているんですよね。と言うのも、ここで一杯試食しているうちに「あっ、これうまいわ、買って帰ろ♪」となる訳なんですよね、うまいこと出来てますわ。(もちろん買わなくてもOKですよ♪)
因みに今回はこの3種類を購入。真ん中の色んなやつが入っているのが一番お得感ありますけど、個人的には左側のチョココーティングされたせんべいが堪らなかったです!2日ですっからかんですww因みにこの袋どれもパーティサイズですよw

Photo_19Photo_20


そろそろ淡路市観光も終盤、最後に立ち寄った場所は、「淡路夢舞台 」と言うところ。なんちゅうでかい所やねん!と突っ込みを入れたくなるくらいの広大な敷地にいろんな花木が植えられて一面が花木の王国な場所。時期的にあまり華やかなものはもう咲いてはいませんでしたが、花木に癒されたいなら来て損はないですよ。海をバックに百段苑をまずは散策。きれいな花が植わっているのか、と思っていたら近づくと何と野菜の苗だらけ(笑)百段苑と言う名で見事に騙されました。ある意味斬新ですww

Photo_21Photo_22

百段苑もすごいですが、周りも花が咲き誇る季節なら山の手、そして海の手に咲き誇る花々に癒される素敵な場所ですよ。今回はもう秋の終わりだったので寄りませんでしたが、春や夏だったらきっとあちこち華やかな世界を味わえると思います。
百段苑を後に、そのまま夢舞台を散歩していくと見えてくるのが「奇跡の星の植物館 」。ここも俺のお勧めスポット!テーマを色々設定して季節ごとに温室をアレンジされるんですが、この時期はちょうど「クリスマスフラワーショー」が始まったばかりで、温室内はLEDを多用し植物とのコラボレーションの世界が広がっておりました。2人して「素敵」を連呼しまくってました。いや俺がかw

Photo_23Photo_24Photo_25Photo_26Photo_27Photo_28Photo_29

きれいなイルミネーションの世界に暫し現実逃避。夜の帳が降りて、温室内も夜モードになり、閉館前まで身心の洗濯させてもらいました。雨も最後まで祟られず良かったです♪
季節はもう冬、皆さん風邪などひかずご自愛ください。

今回の旅程

淡路海峡大橋~キッチンたまご亭~伊弉諾神宮~パルシェ香りの館~たこせんべいの里~淡路夢舞台

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

2016年4月10日 (日)

あまの街道を走る

新しい環境で子ども達も自分も気力体力共に一杯一杯の状態の職場。暫くは大変な環境が続く感じ。毎日月~土まで帰ったらご飯食べてそのままバタンキューです。早く慣れてくれたらいいなあ。。。

さて、先日天気も良かったので気晴らしがてら自転車で「あまの街道」と呼ばれる尾根道をサイクリングしてきました。家からも気軽に行けるところなのに全部を制覇したことがないのでせっかくだから、町探訪を楽しむことにし、その第一弾がこのあまの街道に選んだ次第。
因みにあまの街道とは大阪狭山市の岩室から河内長野にある真言宗の大本山、天野山金剛寺 を結ぶ15キロほどの街道で天野山は「女人高野」(高野山の金剛峯寺は女人禁制であったため入山できなかったが、そのふもとにある天野山金剛寺は女性の参詣が認められていたため、高野詣が出来ない女人詣の街道として発達したのがこの「あまの街道」と言う訳。
では早速スタート地点の岩室へ。すぐそばには日本一の岩盤浴がある「スパヒルズ 」があり、ちょくちょく以前はお世話になってたなあ。あっ、今回はスタート地点なので入りませんよww

Photo

スパヒルズの横の細い路地を入っていくと「右あまの 左かうや(こうや)」の石碑が。ここから右側が今回のあまの街道のスタート地点となります。ちなみに左は「西高野街道」となります。西高野街道はほぼメインロード沿いなので、やはり自然の雰囲気を味わうなら「あまの街道」が勝ります。

Photo_2

このあまの街道は天野山金剛寺方面に進んで左手は狭山ニュータウン、右手が泉北ニュータウンときれいに造成された人工の街を挟んで存在するので地域の方の憩いの道としても結構使われています。ジュノンボーイで有名な小池○平君の家の近くを通り、しばらくは両ニュータウンを挟んでの尾根道を気持ちよく進んでいきます!

Photo_3Photo_4Photo_5

極端なアップダウンはないのでサイクリングしていても気持ちよく進みます。以前ほど体が言うこと聞かなくなっているのでこれ位の方が無理なく出来て良いです。途中、狭山側に降りて「三都神社」をお参り。大きい神社ではないけど結構地元の人の信仰を集める神社。正月や秋祭り時期には多くの参拝者が来られます。

Photo_6

この周辺の尾根沿いは陶器山と呼ばれ、名前通り、この地域から古代陶邑窯が多くみられ、それが由来だとか。。。地元にいながら全く知らん俺って一体。。。(-_-;)
泉北ニュータウンと狭山ニュータウンの間を5キロほど進んだところで、狭山ニュータウンの方を眺めてみると近畿大学医学部付属病院が遠くに見えます。狭山は5万人ちょっとの小さな町ですが、この大病院のおかげで住みやすさで関西ベスト20に入る町なんです。他にも遊興施設0とか、完全小中給食化とか色々頑張っているみたいですw

Photo_7

ニュータウンを抜けると堺、大阪狭山、河内長野の市境に来ます。この辺りまで来るとのどかな風景も多くなり、散策感もより高まってきます。尾根沿いを心地よく走らせてくれるあまの街道楽しい♪農家の直売コーナーもいい味出してます。リュック持ってきてたら買って帰ったのにww

Photo_8Photo_9Photo_10

そうこうしているうちに天野山金剛寺のある河内長野市に入ったようです。ここからは少し下り坂で尾根を下って行きます。と言うことは帰りは上りか。。。(-_-;)
それでも咲きだした菜の花がきれいで疲れを癒してくれます。金剛寺まではあと3キロちょっと、頑張りましょう!

Photo_14Photo_15

青賀原神社を越えた辺りから街道沿いの民家が続くと最終目的地、金剛寺はもうすぐ。そしてのんびり1時間ほどかけて目的地の天野山金剛寺に到着。
本殿は平成の大修理中で拝めませんでしたが、咲き始めの桜を初め、庭園の行き届いた癒しの空間に暫し疲れた体や心を浸からせてきました。

Photo_11Photo_12Photo_13

ついつい遠くへ遠くへ、と足を運びたがる自分ですが、こういった地元の良き風景や場所を知る機会もいいなあ、とつくづく思った1日でした。
サイクリングの締めはやはりスィーツでしょうwwと言うことでお気に入りのお店「リトルリッチ 」でロールケーキをゲット!疲れた体には糖分ですなww

Photo_16


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
 

2016年4月 3日 (日)

狭山の桜

新年度が始まり、バタバタのなか更新が滞っております。まだGWまではきっとバタバタだと思うので更新自体怪しいですが、よろしくお願いします。
忙しい中、休日も仕事の処理で頭爆発してしまい、もうええ、サボってしまえ!と大量の事務仕事を後回しにして、近くの狭山周辺の桜を見にリフレッシュしてきました。
ちょうど満開の時期に当たり、見に出かけた狭山池周辺の桜は多くの花見客で一杯。春の訪れを待ちわびていた様子。ここ狭山池は池の周り2850メートルの日本最古のダム式ため池で、築かれて今年で1400年も経つという歴史ある国指定史跡で、世界遺産を目指す動きもあるとか、いや~、すごいことです。
そんな狭山池、花見客も一杯ですが、どこもみんなのんびり花見をされていて、誰もバカ騒ぎしていないところがまた良い。静かな町らしいこの狭山の良さを垣間見た一時でした。

PhotoPhoto_2Photo_3Photo_4Photo_5Photo_6
池そばにあるマンションからこの池や桜を眺められる人達、本当羨ましいなあ。実際この地域は周りの家の相場より高いですしw

Photo_7

この池の周りには狭山池博物館もあって、狭山池の歴史を初め、狭山のあらゆることが学べる施設もあります。なかなか立派な建物なのになんと入場は無料。またいつかこの施設を含め、狭山の案内でも書いてみようかと思います。
そうそう、この狭山池にとんでもないお客がおいでなすっておりました。。。
それが「ラバー・ダック
オランダのアーティストの現代芸術の作品で、世界各地の海や河川などを「バスタブ」に見立てたパブリックアート!これはなかなか斬新なアイデアですね。芸術はまさしく自由です♪

Photo_17
さて、狭山池がメインの桜見どころ、とすれば、知る人ぞ知る、狭山の桜を満喫できる場所がまだありまして。。。普段南海電車で通勤、通学している人達はこの時期、車窓の風景に癒されているんではないでしょうか。それが大阪狭山市駅~狭山駅の間の桜並木。自分も大阪市内の保育園に通勤していた時にはよく癒されていました。

Photo_8Photo_9

この線路の脇に植えられている桜並木、味がありますよね、昔ながらのレンガトンネルも相当昔から使われているであろう歴史が桜並木をより映えさせてくれますね。
こういったレンガトンネルが狭山にはいくつかあり、ちょっとした歴史探訪も出来ます。ちょうど列車が来たのでいくつかのポイントを探してみて撮ってみました。うーん、電車の写真ってよく見るけど撮るのって本当難しいね。まあ、普通にスマホやデジカメで何気なく撮っているレベルの人間ですから、思い出の一つになればいいかな(笑)

Photo_10Photo_11Photo_12Photo_13Photo_14
運よく特急も来たので撮ってみました。赤が映える!
桜で一日癒された後は狭山池近くのケーキカフェ「FLOUR」で、ケーキをゲット♪河南町産の苺のショートケーキに、ラフィネのチーズケーキ、奮発してブリュレも買ってしまったww
ええ、ちゃんと食べましたよ。一日で。。。

Photo_15Photo_16


ううーん。。。自転車で散歩したからまあカロリーはケーキ1個分位は。。。(;'∀')




2016年1月 5日 (火)

気づけば南海。。。

新年を迎え早いものでもう5日が経ちました。仕事も始まり、忙しさも戻ってきそうです。しかし、年末から何かとプライベートに仕事に大きなうねりがあり、大波小波に揉まれながら必死に毎日を頑張っている感じ。
言い方を変えれば、ぼーっとしている間がないといいますか。。。それでも前を向いて進んでいかなければならないですよね。気分一新でまた頑張って行こうと思います。で、今週末からちょっとリフレッシュを兼ねて(はじめは完全バカンスモードだったんですがww)正月休み明けだというのに、俗世間を離れてこようと思います♪
それではぼーっとしている間はないので(笑)早速今年初のテーマを。今回は「今年の験担ぎ」だったはずだったんですが、、、
予定していたテーマを邪魔するものが。。。
それが。。。









「南海」

















はぁ????
いや~、俺もなんで?と思ったんですよ。特段鉄ちゃんでもなく、どの電車が云々と言われても、せいぜい特急が早く着く、とか位のレベルの俺がこの日だけは完全南海フリーク!偶然が偶然を呼び寄せた?南海三昧の1日をブログアップしちゃいますw
大体もってこの日は住吉大社(通称住吉さん)に去年は喪中だったし、もう行ってもいいか、と軽く運試しに出かけたことが事の始まり。
自分の実家は南海の子会社、泉北高速鉄道と言う路線(今の家でも最寄りの一つ何ですが)を使うところにあり、バスに乗って駅まで向かうと、トラックに見慣れない表記が。。。
特急「泉北ライナー」!!


にゃんと!!いままで準急とごく数本の区間急行しかないこの路線によりによって特急参上とは!!(12月のダイヤ改正で出来た新品ピカピカheart01種別)泉北線住民としては、これは乗らなければなりません!
何といっても堺東を通過するなんてどれだけ気持ちいいことか、、、20分ちょっとでなんばに着けるなんて510円払ってでも一度はブルジョワ気分を味わってみないと!
まだ到着まで3分あるぜ、ネットで特急券購入しワクワクして待っていると。。。
来ましたよ、泉北ライナー!!
 
Photo
 
あれ?これって高野線の特急のやつやん。。。(たまに酔っぱらってなんばから帰るときに使うんですww)
使いまわしですかwwまあ、良い。20分ちょっとでなんばに行けるなら使ってしんぜようww乗車率は正月ということもあってかそこそこ乗っていましたよ、7割くらいかな。特急は泉北NTを抜けると一路大阪市内の天下茶屋までノンストップ!堺の中心堺東を通過するなんて皆の者頭が高い!モードwwちょっと気分良いわあ。。。でも逆だったら「(・д・)チッ」なんですけど(笑)今日だけだからゆるしたってww
 
Photo_2Photo_3
 
いや~、初詣のために散財してしまいましたwwまあ、正月だからいいか。また機会あったら乗ってみたいですね。でも30分も乗っていないのに510円はちょっと高いかなあww
さて、本当なら天下茶屋で本線に乗り換えて住吉大社に行かなければいけないのに贅を味わいたく終点のなんばまで来てしまった。。。(;´・ω・)しゃーないので、一旦帰りに寄ろうと思ってた本屋のはしごをしてから再度お参りに行くか。。。
本屋で目的の本を何冊かかって駅に戻ってくると、南海フリーク第2弾の発動!!
それが、これ!!!
























Photo_4


「ラピート、スターウォーズ仕様」!!!!
鉄ちゃん以外にもすごい数のギャラリーがわんさか!!これは俺も参戦せねばなりません!!
いや~、これはかっちょええ!!!久しぶりに子ども心全開でラピートをあっちからこっちから見入ってしまいました。スターウォーズ人気はすごいですねえ。関西空港に向かう特急だけあって外国人の観光客もあちこちでポーズ取っていましたよ!スターウォーズ恐るべし!
 
Photo_5Photo_6Photo_7Photo_8
 
いや~、初詣前にほんまええもん拝めたわあwさあ、電車に乗って住吉大社に行きましょう!やっとここまで来て本題。。。
まあ、大阪で一番の参拝客を受け入れる住吉さん、すごい人ですわ。。。

Photo_9Photo_10Photo_11
ここ住吉さんのおみくじは以前俺も引いたことがあるんですが、結構な割合で「大凶」が入っているんですよ。手加減なし!と言うあたり良いわあ、と内心ネタ的に大凶を狙ったんですが、
小吉。。。
欲の皮が突っ張っている、、、とありました。。。ある意味当たっとる(-_-;)
まあ、こんなもんですわな。今年はあまり欲張らず頑張りますかね。と言い聞かせ駅に戻ると鉄ちゃんの会話が…



「もう1か月切ったよな」
「11時過ぎから臨時で来てるから写真撮りに行こう」
ん???
ふと見ると住吉大社の駅横に「住吉公園駅」たるものが。。。
お゛~、これは阪堺(これも南海の子会社)の路面電車の駅やねえ。。。
で、これの何が珍しいかと、、、実は、、、(この人達の会話で知ったんですが)この駅、今月末で無くなってしまうんだと。。。それだけなら残念。。。と言うだけなんですが、この駅…



「日本一終電が早い駅」








らしいですwお゛~!南海フリーク第3弾発動!!
構内に入って時刻表を見てびっくり!にゃるほど、朝の7,8時台に数本あるだけでそれ以降は近くの電停から乗る形みたいです。
 
Photo_12Photo_13
 
結構立派な駅なのにラッシュ時の数本だけのために存在した駅。。。きっと往年は多くの人でごった返していたんでしょうね、時代の流れをこんなところからも感じられますね。
ほんの数時間で3つもの南海フリークになるほど最近の南海ネタが多いと言うことか。さすがです、南海!
 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

2015年9月22日 (火)

1年に400日雨が降る地

皆さん今年のSW(シルバーウィーク)いかがお過ごしでしょうか。きれいに5連休の方も多いかと思いますが、珍しく自分はおとなしく家で掃除やら音楽聴いたり、爆睡(笑)したりしていたんですが、今日22日はどういう訳か目が冴えて(間違いなく前日の爆睡が原因に違いないのだが(^-^;)朝を迎えそうな勢い。。。そして何故か気持ちも体も軽いwwなら一日位はどこか行ってみても良いかな、と思い立って向かった先は…

1年に400日雨が降り、弁当忘れても雨具忘れるなと言う位の屋久島に並ぶ多雨地帯で日本100名山の一つに上げられる「大台ケ原」です!

Map_higashiMountain_map

大台ケ原は奈良県側からならドライブウェイが出来ていて、比較的容易にアクセスできます。実際早朝に向かって大阪から2時間で着きましたから。ただ道幅はドライブウェイの前半はワイディングの1車線なので離合困難な場所も多数。何度と無くバックや徐行も余儀なくされました。車に乗り慣れてない人は1日2便の路線バスでのアクセスが無難かと思います。
朝5時に家を出て7時にビジターセンター前の駐車場に着いた時にはもう8割方埋まっていてギリセーフ。実際トレッキングを終え、戻ってきた時には1キロ近く両脇に路駐で埋まっていて大変そうでした。さすがはSW。。。(゚ー゚;

Photo_9

サポーターをつけ、いざ大台ケ原は東大台を1周するコースを制覇しようと思います。因みに西大台は利用調整区域で事前に申し込みとレクチャーが必要とのことでほとんどの方は東大台を巡られるのが普通のようです。(赤いラインが今回のコース)

トレッキングするにはとっても平坦な歩きやすい道が多いのが人気の一つでもあるんですかね、どんどんペースが進み、30分ほどで第一のポイント、「日出ヶ岳」に着いてしまいました。ここから大杉谷にも降りていけますが、かなりの難コースで毎年死傷者も出るコースらしいですわ、、、奈良県側は青空が広がっていますが、三重県側の大杉谷方向は靄がすごい、南東からの吹上の湿った風がこの大台ケ原にぶつかるが故に出るこの極端な風景、なかなか神秘的です。

Photo_8

日出ヶ岳から正木ヶ原へは軽い上りの後尾根沿いに下っていくところにあるんですが、多雨多湿の大台ケ原とは全く想像つかない風景がそこにはありました。。。

Photo_10Photo_11

トウヒが立ち枯れして、なんか死の山のような恐ろしい風景が。。。
これはその昔、伊勢湾台風で多くの木々がなぎ倒され、苔むす森だった正木ヶ原が乾化し、苔から笹に変わりそれを食す鹿が木々の皮を剥ぎ取り、、、と言う悪循環の結果生まれた光景だとか。。。神秘的ではありますが現実はシビアな結果なんですね。

この地域以外ではまだ苔むす雰囲気は残っていましたが、笹があちこちにのさばっておりあちこちに乾化が進んでいるのを感じますね。。。

Photo_12Photo_13

正木ヶ原~牛石ヶ原の間はトウヒの倒木以上に笹の青青さがこれでもか、といわんばかりにアピール。見た目はきれいなんですが、乾化の賜物となるとなんとも、、、そして何故か神武天皇の銅像もあるんですが、調べてみたところ「神習大台教」と言う神道系の宗教の開祖がこの地に教会を作り(実際、ビジターセンター近くにありました)、どうやらその縁で建てられたようです。こんな厳しい環境下で開かれた宗教のすごさを感じずにはいられません。

Photo_14Photo_15

そして、ついに大台ケ原一番の名所!!「大蛇嵓」まさしく蛇の頭に乗って大峰山系を眺める状態、と言っても過言ではない恐ろしい岩場!一応鎖はあるものの、先端まで行くと足竦みます(゚ー゚;
何と言っても、この大蛇嵓から真下を覗くと一気に800メートル近い断崖絶壁の風景、、、ここまで来て見ないなんてことはしてはいけないです。ええ、高所恐怖症であってもレッツチャレンジ!!

Photo_16Photo_17Photo_18

いや~、本当覗き込んだら落ちてしまいそうです、、、怖かった(;´Д`A ```

一大イベントを終え、最後はシオカラ谷を経由して大台ケ原東大台巡りは終了。大蛇嵓~シオカラ谷~ビジターセンターの最後のラインが今回の東大台コースの中で一番大変でした。アップダウンに急勾配。他のところがトレッキングレベルだったので油断してました(汗)

Photo_19

約9キロの行程、3時間ぐらい掛けて巡ってきましたが、いい運動になった♪勿論目と体の保養にもなりましたw徹夜で行ってしまったけど、本当良かった!
帰りはちょっとドライブで下北山村を1周し、川上村の道の駅でちょっと遅めの昼ごはんを購入して帰路につきました。

Photo_20Photo_21

火打餅と吉野地方名物「柿の葉寿司」、久しぶりの柿の葉寿司、酢が利いていておいしいですよ♪
さて、無事に今日の記事をその日のうちにUP出来たので、今から寝ますww
皆さん良きSWの残りを満喫なさってください!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

2014年9月27日 (土)

初秋の奈良へ…陽編

過去ブログ

陰編

大和西大寺から5分ほど電車で移動し、近鉄奈良駅に到着、ここからはメジャーどころを攻めてみますw今回買った1デイチケットは奈良交通のバスも使えるので早速バスに乗り込むと、あっという間に渋滞に巻き込まれ、僅か1キロ~2キロの距離に40分掛かってしまいましたw(坂道歩くこと考えればまあ、我慢かw)
バスを降り向かう先はやはりあの場所ですねw





東大寺!!

Photo

観光客と鹿でわんさかな境内を抜け、目の前に現れたのはやはりこのお方!

東大寺の大仏様!

Photo_2

華厳宗の総本山として立派に聳えております。いや~、鎌倉の大仏様もなかなかのものですが、やはり天下の大仏様といえば奈良の東大寺ですね。大仏様の裏側には柱くぐりが出来る柱があって子ども達が必死にくぐっていました。俺がくぐると、、、抜けられんだろうww(柱の穴の大きさは大仏様の鼻の穴と同じ大きさとのこと、すごい!)

東大寺の裏手にはあの「正倉院」があるとのことで、見に行こうと思ったんですが、改築中で参観は叶わず、仕方が無いので「二月堂」に向かいます。二月堂といえば、早春の風物詩、二月堂の「お水取り」で有名ですが、まさかこの二月堂が東大寺の一部だということはこの日に行って初めて知った事実。全く別の寺院かと思っておりました。因みに二月堂以外に三月堂、四月堂もありました。一月堂とかは無いのかなww

Photo_3Photo_4Photo_5

二月堂から少し下っていくとあの春日大社への参拝路に続く若草山の裾野へ。ここまで来てあることに気づく方もw

ええ見事に皆さんの参拝経路と真逆で攻めてますw

若草山は1月にある山焼きでこれまた有名ですがこの時期の若草山は芝生が映えて美しい!これは上らなければなりません!本当なら150円の入山料がいるのですがこの日は運良く無料開放、ありがたい!頑張って上ります。しかし、何だこの傾斜は!!!

Photo_6Photo_7

かなりバテながら20分かけて上った若草山からの眺め。うん、これは良い!

Photo_8

しかし、ここでのんびりしている時間はないんです、、、1日で奈良を巡るのは並大抵ではないですね。もう16時過ぎてます(汗)たいていの寺院の開院時間は17時前後。。。果たしてどこまで巡れるか。。。

少し急いで下山した後、春日大社を参拝。勿論ここも世界遺産!赤い境内が映えます!昔はよくここで正月カウントダウンを迎えていましたw

Photo_9

春日大社から奈良駅方面に続くのが春日大社表参道、二の鳥居、一の鳥居と逆ルートで見事参拝終了、ギリギリ17時前に最後の世界遺産地、興福寺も散策できました。おめでとう!!(よく分からんがw)

Photo_10

ここまで来たらもう駅そばなので「ならまち」の町並みを散策して帰ろう、とならまち方面に向かうと、一つ大きな忘れ物をしていたことに気付く、それは…

世界遺産一つ忘れてた!

このならまち地区にはもう一つの世界遺産「元興寺」があることを。。。急いで向かうも拝観終了。。。il||li _| ̄|○ il||li

一気に疲れきりましたorz。。。

流石に気力の糸も切れ、疲れがドバーッと。。。
元興寺は次回ならまち共々リベンジですね。。。しかし、1日で7つあるうちの6つの世界遺産は制覇できました!
帰りの電車では難波に着くまで爆睡し、危うく阪神の方まで乗り過ごすところでした。奈良~神戸がつながったのは便利だけど乗り過ごすとえらい目になる。。。
もうすぐ10月ですね、季節の移り変わりが速く感じるのは歳のせいでしょうか?

今回の行程

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

2014年9月23日 (火)

初秋の奈良へ…陰編

9月にはいると毎日運動会モードでバテてます。。。もう歳には勝てませんw
祝日が重なったありがたい連休は少し気晴らしをしたく、最近とんとご無沙汰な奈良へ散歩でもしに行こう、と南海から近鉄の奈良へのメイン地区を巡れる1日乗り降りし放題のチケットを買って1日散歩してきました。

今回は久しぶりの奈良なので今までで行ったことの無い西ノ京や平城京の辺りをまずは行ってみようと、難波から近鉄に乗って40分。まずは乗換駅の大和西大寺駅に到着です。先に平城京に行くか、それとも西ノ京に行くか、、、
すると降りた目の前に西ノ京方面の電車が来たので、即行西ノ京行き決定♪

因みにこの大和西大寺駅、奈良に大阪に京都に橿原へと、1分に1本どこかへ電車が行ってまうような駅でw写真のように11時30分~40分の間に何とほぼ1分毎に8本もの行き先がバラバラに発車する模様は、鉄ちゃんにとっては堪らん駅でしょうね。

PhotoPhoto_2

乗り換え僅か5分ほどで初めの目的地、西ノ京へ。この地には薬師寺と唐招提寺の2つが世界遺産として登録され、歴史ファンと外国人観光客が訪れていたものの、奈良市街にある東大寺などとは違い人もまばら。静かに観覧出来るのがこの西ノ京地区のいいところです。薬師寺は興福寺と共に法相宗の総本山で南都七大寺にも数えられる由緒あるお寺。天気にも恵まれ西塔も映えます。(東塔は平成の大改修中coldsweats01

Photo_3Photo_4

続きましては薬師寺から北側に1キロ弱歩いたところにある唐招提寺。言わずと知れた鑑真の建立した律宗の総本山、奈良は総本山が多いですねえw
奈良時代の趣ある建物と苔むした境内のコントラストが良い感じ。蓮の花も少し咲いていたんですが、今年は不調だそうで、、、来年はきれいに咲きますように。

Photo_5Photo_6Photo_7

西ノ京は奈良市街と違ってとてもマイナーですが、どちらの寺院も隠れた世界遺産として是非御目置きを♪
西ノ京を後に一旦大和西大寺に戻ります。勿論西大寺といえば平城京跡ですが、この西大寺の駅の由来にもなった西大寺って気になりません?きっと東大寺に負けない立派な寺院に違いない!駅からも近いし行ってみよう!!

はい、着きました。西大寺。。。。

地味ww
良いんです、それがまた東大寺をより映えさせる隠れた魅力でもあるに違いないw

Photo_8Photo_9

名前どおり東大寺と対しての西大寺。当時は南都七大寺としての栄華を極めたものの度重なる火災などで徐々に衰退、現在の状況に落ち着いたそうです。ここは真言律宗の総本山。東大寺の大仏に対し西大寺はお釈迦様がご本尊です。

西大寺を見た後は線路をまたいで反対側にある平城京跡に向かいます。平城京跡は東西1.2キロ南北に1キロの基板状に作られた都跡。全体だと東西南北4キロ以上の大きな基盤の町並みだとか。。。昔の人達の文明もすごいものをもっていたんですね。

勿論せっかくなので平城京跡全部探検!と言いつつ全て歩いていたら日が暮れるので基本どころを全部抑える形で。。。それでも4,5キロは歩いたなあw

まずは平城京跡資料館で少しばかり歴史の勉強をし、いざ大極殿へ。大極殿は朝廷の正殿で即位や国家行事で使われたというまさしく都の中心的存在。復元された建物の大きいこと。朝廷の力のすごさを感じます。

Photo_10

ここからは時計回りに順に平城京跡西側の遺構展示館、東院庭園をめぐり南側の朱雀門へ。途中畑になっていたり、線路が通っていたりと、ここが平城京跡と言われなければただののどかな郊外の一風景と間違いそうな風景が続きます。

Photo_11Photo_12

線路をまたぎ南側に出てくると見えてくるのが朱雀門、平城京の大内裏部分であるこの平城京跡の入り口となる門です。ここから南側には朱雀大通と呼ばれる何十メートルと言う広さの大路が南にグッと延びていってます。(今は少ししか無いですが)北はあの大極殿までまっすぐ。京都の平安京に比べると小さいとは言え、充分素晴らしき都跡です。自転車や車さえない時代、昔の人は大内裏に入るだけでも1日がかりですよねえ。

Photo_13Photo_14

これで奈良の隠れた世界遺産3箇所終了。次回はせっかくですし「陽」の部分を散歩したいと思います。

今回の行程

続く

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

2013年12月13日 (金)

天空の城

製作展に続いては発表会の台本作りでヘトヘトモードですが、あと少しで出来上がるので頑張ります!ここ数日1、2時間しか寝てないのに、なぜかこんなん書いている大樹ですw

10月の後半から今まで土日休日は1回だけで日曜も休日出勤もしくは自宅勤務状態な中、貴重な休みにあの「天空の城」に行ってきました。今回は珍しくパートナーと一緒♪今流行の「竹田城址」と出石に遊びに行こうとなり、車でドライブしながら朝来市へ。兵庫県は大きい!裕に神戸から2時間弱かかりますw

大きな地図で見る

行ったのは日曜だったんですが、竹田城址。。。あっという間に「一大名所」となってしまい、とっても人だらけでえらい目にあうんでは、と思ったんですが、地元の竹田駅に着くと…ほとんど人おらんしwwおかげで駅傍の駐車場もらくらく停められました。

駅の裏手の山の上に在るのが竹田城址、ここから歩いていこうか、とテクテク歩き始めると、登山道崖崩れ?で通行止め。。。しゃーないなあ。。と思ってたらいい具合にシャトルバスが。。。乗り込むべ!と思ったらどこから沸いて出たのか、すごいお客さん達。。。2台続けて満員の乗客を乗せ、バスは竹田城址の麓に向かいます。

Photo

そして麓の駐車場近くまで来ると、、、

何と言う数の車。。。駐車場入るのに2時間以上待ちとは!!!

どうやら俺みたいに駅近くで停めてバス移動するほうが賢い選択だったようで。皆さん、竹田城址行くならバスで♪そして渋滞の中をすり抜けバスが着いたところが、竹田城址の入り口。ここから20分ほどは頑張って上らねばなりません。お互い少し無理しながらww上ってついたところは。。。

Photo_2

何と言う眺めでしょうwww

Photo_3Photo_4Photo_5Photo_6

流石は天空の城といわれるだけあります。素晴らしい天城!よくぞまあ、こんな山のてっぺんに山城を築いたもんです!ただただ圧巻です!秋の早朝には雲海も拡がってそれはラピュタを彷彿させる風景にも納得!因みに雲海の出たときはこんな感じだそうです。

人一杯でしたが、ここに来れたのはラッキーだったね、と♪
竹田城址から駅に戻ってきたときにはもう昼下がりだったので、ちょっと遅めの昼ごはんを食べに但馬の小京都、「出石」に出石蕎麦を食べにGO!出石は俺の大好きな場所のひとつ!今回も俺のお気に入りの蕎麦屋さんへGOですw

1386860556692Dsc_0920

出石蕎麦の特徴は出石焼の小皿に蕎麦を盛っているのが特徴。大体5皿で1人分かな。2人分くらいなら食べられますww

お腹を膨らませた後は、ちょっとせっかくだし出石見て廻ろうか、と出石城下町や城跡など見て廻ってきました。2時間くらいあったら十分見て廻れるし、落ち着いた城下町なんで、皆さんも兵庫北部に行かれることあったら、行ってみてくださいね。

13868605977321386860632017PhotoPhoto_2

あ゛~、貴重な休みもこの日だけ。。。後は家で篭って仕事に追われ、今日もこれ書いた後、台本の曲調整してきます。。。今日も朝日を拝むのか。。。

2011年11月28日 (月)

嵐山の紅葉

やっと紅葉のシーズンになりましたね。と言うことで、晩秋の一時を京都は嵐山で過ごしてきました。嵐山はもう何年ぶりでしょうか。。。記憶も薄れる位前だったのは間違いないww京都自体も久し振りです。

大阪から京都を色々巡る上で欠かせないのが「いい古都チケット」。これで京都までの地下鉄、阪急、バスが乗り放題。2000円なので、十分元取れます。

久し振りの阪急で梅田から嵐山へ。桂で乗り換えでおおよそ1時間で着きます。やはり紅葉シーズンなので人も多め。では今回のルート。

大きな地図で見る

阪急嵐山~bus~鈴虫寺(華厳寺)~月讀神社~松尾大社~bus~渡月橋~天龍寺~竹林の道~野宮神社~bus~愛宕念仏寺~bus~嵯峨豆腐森嘉~bus~大覚寺~bus~阪急四条烏丸

先ずは別名鈴虫寺と言われ一年中境内に鈴虫が鳴いている華厳寺。ここの住職のありがたい30分ちょっとのお話を頂くため、しっか!と並び、笑いありつつもありがたいお話を頂戴しました。願掛けの話しや感謝の心の話などこんな俗世間に塗れていても忘れてはいけない大切な話の数々、感謝です。

因みにここ鈴虫寺にある幸福地蔵様に願掛けをする際、京都のこの神社の方を向きお参りをして頂きたい、しかし長崎県の人は願掛けの際名前を先に唱えていただきたい。。。

神仏に感謝をささげるのを願掛けなど都合のいい時だけでなく、日頃から心掛けることで心に光が差し込んできて、心にこだまが響き渡るようになる、そしてそこから望みがわき出てくる。。。

上の二つの話しの意味するところ分かります?分かったらコメに書いてみてねww

Dsc08595

鈴虫寺の横にある苔寺もお邪魔したかったんですが、どうやらここは一般公開はしていないようなので、ここから歩いて月讀神社、松尾大社方面を散策し、嵐山の中心に位置する渡月橋へ。紅葉はまだこれからが本番と言った感じだが真っ赤っ赤な紅葉より、緑と赤のバランスがあってより紅葉って映えるようにも思うので、ちょうどいい時期に来たかと(゚ー゚;

Dsc08627

渡月橋から嵐山の中心辺りはバスも車もすし詰め状態で全然動く気配なし、一般車は通行禁止にしないとこれは厳しそう。。。橋を渡った先に天龍寺がある。ここの庭園からの紅葉が凄く絵になるとのことでこれは拝んでおかないですね。広い境内にある庭園から見る紅葉はなるほど素晴らしい♪

Dsc08649

天龍寺の裏門から野宮神社辺りは竹林の道が続いており、嵐山らしさを体感できるスポット。また野宮神社は縁結びの神様として知られていて御利益にあやかろうとすごい人だかり。。。ええ、俺もお願いしておきましたww(って誰と?ww)

Dsc08657_2

散策の時間と言うものは本当あっという間で、夕方の閉門時間が迫って来る。まだまだ行きたい所一杯あったんですけど仕方ない、と諦めないのが俺wwで普通なら嵯峨御所大覚寺は欠かせないのですが、あえてそこは省略。清滝行きのバスをハラハラしながら待つ。4時半の閉門がほとんどの寺社の中でどうしても行っておきたかったのが「愛宕念仏寺」。30分に1本ながら、あまりの渋滞にバスが全然来ず。。。やっと来たバスもここから愛宕念仏寺まで30分近くバスに揺られることになり、着いたのが4時半過ぎ。。。アウトかと思ったが、ギリギリ開けてくれていて、俺が入ると同時に閉門。危ない危ない(;´Д`A ```

ここ愛宕念仏寺は千二百羅漢のお寺で、境内に一つ一つ顔の表情の違うお地蔵様が心をほっこりさせてくれます。嵐山から一歩山に入ると観光客も疎らで落ち着いて散策出来ます。

Dsc08677

慌ただしく終えた嵐山巡りでしたが、大覚寺を逃したのは残念。。。なんていうのは嘘で、紅葉の季節に限り実はここ大覚寺は夜間拝観してくれるんですよねえwwその前にちょっと嵯峨野らしいものを。と言うことで有名な嵯峨豆腐を購入♪

嵯峨豆腐森嘉

家に帰って早速湯豆腐にして食べてみましたが、柔らかさの中にも弾力があり、崩れそうで崩れないこの微妙な感触が堪りませんでした♪

さて、買い物を済ませ、またまたバスにて大覚寺へ。丁度夜間拝観の時間の始まりで夜の帳も降りてライトが境内を照らし出す。夜の寺社訪問は初めてですが、底冷えする夜の京都も乙なもんですねww紅葉のライトアップ素晴らしかったです!!

Dsc08707Dsc08710

大覚寺の参拝を終えた頃には7時になっており、ここから家に帰るには2時間以上かかるので、嵐山に出て帰るより座って帰ろうと思い、四条烏丸方面のバスに乗って帰ることにしました。嵐山地域だけで軽く1日過ぎるなんてさすがは京都!奥が深いです。まだまだ知らない所が京都には一杯。また機会見つけ遊びに来たいものです。

2011年11月 8日 (火)

大阪の山の上から

手術上がりでまだ完全ではないのですが、調整で半休をもらったので、すすきの風景を味わおうと車でドライブがてら紀泉高原に行ってきました。紀泉高原とは大阪と和歌山を隔てる葛城山地の泉州地域にに拡がる高原。大阪にもそんなところがあるんですよ。

和泉市の南端父鬼と言う所から和歌山へ抜ける国道480号へ。ここから先すれ違い困難な1車線道になるので対向車がこないことを願うのですが、甘い。。。ワイディングで鉢合わせで何度となくどちらかがバックして譲って、、、を繰り返しやっとこさ和歌山側へ(゚ー゚;

和歌山県との県境からは葛城山地の尾根を走る紀泉スカイラインを走って頂上部に到着出来るんですよ。。この場所一体が紀泉高原と言われ大阪を一望できます。展望台に登ると気持ちいい風が心の洗濯をしてくれます。すすきも良い感じで高原を1枚の絵に仕上げてくれていました。

Dsc_0057Dsc_0059

これで紀泉ドライブを終えるにはまだ時間が早かったので、久し振りに泉州地域を巡ってきました。葛城山地を下って貝塚市の奥座敷、水間へ向かう。水間寺やローカル鉄道「水間鉄道」の終点地として、小じんまりながら散策するにはちょうどいい所。駅舎も水間観音をモチーフに洒落てます♪

Dsc_0066Dsc_0072_3

水間を後にして今度は和泉市に戻って来ましたが、まだ夕方ではあるものの日没までは若干時間があるので「久保惣記念美術館」で暫し日本、朝鮮、中国の装身具展を見学させてもらう。そしてこの美術館からほど近い「松尾寺」へ。もうそろそろ紅葉も始まっているかな?と思ったのですが、今年はまだほとんど色付いておらず、、前来た時にはもうこの時期は結構良い色付きだったんですが残念。

Dsc_0084

今年は秋も暖かい日ばかりだったから紅葉前線も止まっているんでしょうかね。紀泉高原もまだまだ緑の割合が高かったし、これからですかね。

以上午後の一時ドライブでした。

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31