無料ブログはココログ

リンク先

ランキング

  • ランキング

旅行日記(関東)

2016年11月 3日 (木)

千葉ってでかいんだねえ。。。…上総(大多喜、市原)

一気に更新速度落ちてしまいました。。。今年一杯は微妙な更新頻度になってしまいそうです。(´・ω・`)ショボーン
職場でも色々あり、生活全般に激震が起きそうな勢いの上、仕事には忙殺され、毎月の試験に論文提出といつ自由の身になれるのか。。。今年は試練の年か?(-_-;)
愚痴ってばかりいても仕方がないので、シルバーウィークの記事を仕上げてしまいます。
前回はこちら
国吉駅を後に、15分ほどで大多喜町に着くのですが、かなりの車、町内に入ってからはノロノロ運転が続きます。中心地の駐車場はどこも満車で入れないと、とりあえず町の高台にある大多喜城に車を運んだところ何とかスペースを見つけて止めるが、後から後から車がやってきてその駐車場も一杯。この日はなにがあるの?と思いつつ大多喜町の観光へ。
まずは駐車場近くにそびえる高台の大多喜城へ。
Photo

小さなお城でしたが高台の城だけあって町を眼下に見下ろせるこのお城の城主が羨ましい。因みにここ大多喜城のメイン城主だった武将として有名なのは「本田忠勝」、そう今NHKの大河ドラマ「真田丸」でも猛将として名を馳せた徳川方の武将です。なるほど、真田丸効果でこんなに人がいたわけだ。
と、思っていたんですが、実はそういう訳だけだったわけではないようで、なんとこの後私、あの「本田忠勝」にお会いするのです!!( Д) ゚ ゚
大多喜城を見学した後は眼下に広がっていた城下町「大多喜」を見て回ろうと下っていくのですが、2キロ弱の下り道、すごい人が沿道を埋めています。いくら真田丸効果とはいえ、これは多すぎるだろう、と駅近くまで来てその理由が判明、この日は「大多喜お城まつり」おいうものがあって、そこら中に当時の装束をまとった参加者がわんさか。これは良い時に来た!いつもはもっと静かな町であろうに、多くの観光客に住民が総出で町を盛り上げていてワクワク感も半端ないですw
Photo_2Photo_3Photo_4Photo_5

上総の小江戸と言われるだけあって町並みがまたこの日の祭りをサイドからサポート♪そうこうしているうちにメインイベント、武者行列が始まったようです。

Photo_6Photo_7

大多喜の武者行列、すごい規模!町中の人達が当時の人達に扮して町を練り歩く姿は本当絵になります。ん?あの人だかりは何?どんどん近づいてくるあの集団にみんな釘付け。。。あれ???
もしかして。。。


Photo_8


うぉーーーーーーーー!!
本田忠勝ではないですかああwww

そう、真田丸で本田忠勝を演じている藤岡弘、さんが登場!!馬にまたがる姿の何とも凛々しいこと。バイクに乗っても様になり、馬に乗っても様になり、、、さすがは名俳優さんです!!
偶然訪れた大多喜で名俳優を拝めたことは最大の収穫♪車に戻って次の地へ向かう途中駅に寄り道すると、ムーミン列車もデーンと構えておられこれまたラッキー♪この後の旅程もいいことあるかも♪

Photo_9

昼下がりの大多喜を満喫し、最後の寄り道スポットへ向かいます。その地は「養老渓谷」、名は知っていましたが、結構広範囲に広がる渓谷と言うことを知らず、観光案内所に行ってマップを貰い愕然。。。ちょっと大多喜でのんびりし過ぎたか。すでに時間はこれまた15時過ぎ、全部を見て回るにはちと厳しいか。。。

大きく分けて3つのコースがあるみたいですが、1つは大丈夫として、2つは厳しいか。

Main

この中で一番見ごたえのありそうな、滝めぐりコースだけでも見て回れるかな、と判断して車を走らせます。大小様々な滝がマイナスイオンを吐き出し、心の安らぎを与えてくれるこの滝めぐりのコース、靄もかかり、その雰囲気をより醸し出してくれます。

Photo_12 Photo_10Photo_11Photo_13Photo_14

宮崎の青島にあるような鬼の洗濯岩の様な奇岩に靄のかかった渓谷を流れる養老川、ここにこれただけでも養老渓谷の見どころいただきました!って感じですかね。しかし、自分やっぱ欲張り。。。16時30分に1周して戻ってきて、明らかに時間的にはここが最後かな、と思ってたんですけど、もしかしたらもう1カ所のコース行けるかも、、、と滅茶ぶりを発揮してしまいました(;^_^A
向かった先は弘文洞跡をメインとするコース。駐車場に車を入れると今からでも大丈夫だけど、途中台風の爪痕で川にかかっている遊歩道が通れないかもしれないとのこと。。。でもちょうど戻ってきた人が「何とか倒木の間をくぐったら川渡れますよ」と言ってくれたので、頑張って2つ目のルートも散策することに決定!

Photo_15

2段仕掛けの不思議なトンネルをくぐった先が遊歩道、数百メートル進むと言われていた倒木群が川に引っかかっていて、その後ろ側に飛び石が申し訳なさげに。。。
あの場所をクリアすればいいのね♪とぴょんぴょん跳ねながら渡っていこうとすると、先に渡ろうとしてた人が諦めて戻ってくる。。。
何故?戻ってしまったのか?と入れ替わりで渡り始める俺。難なく渡りきり弘文洞跡へ向かうと後ろからまた先ほどの人達がついてくる。自信なかったようですね。俺も確かにこの情報を仕入れていなかったら悩んだかも。。。そうこうしているうちに弘文洞跡へ到着。洞窟の中を養老川が流れているのかな?なんて思っていたんですが、いざ着いてみると川の分岐点みたいな感じで、まあこれはこれで素敵な風景なんですが、その由来が???
結局この場ではわからず、大阪に帰ってからこの弘文洞跡について調べてみるとこの分岐はその昔、耕地を開拓するため養老川の支流、蕪来川を川まわしして造った隧道だったそうですが、上部が崩壊して現在の様な形になったんだとか。大きな輪潜りの様な形状をしていた頃の弘文洞を見てみたかったかも。。。

Photo_16

養老渓谷の風景美を急ぎ足ながら見て回れ欲張った甲斐もありました。コース最後に出世観音を拝観して養老渓谷巡りは終了。ここ出世観音は源頼朝が再起をかけ祈願した観音がと言うことで開運を願い祈ってきたんですが、今明らかに職場の方向が揺れつつある事態にちょっと心配な状態。観音様への祈願が足りなかったのか??

Photo_17
まあそれはさておき、今回の旅程、勢いで2コース攻め上げて千葉の上総攻め終了。もっと時間があればいいんですが、まあ第1回目の千葉攻めとしては良し、としますか。
小湊鉄道の駅に来るとこれまた何とも時代を感じる気動車が出発を待っていました。最新の列車があちこちに走っている首都圏にこんなローカルな列車があることが何とも驚き。日々の疲れを癒すのにこの上総の地は最高でしょうね。自分の中で千葉の魅力急上昇中ですw
Photo_18Photo_19

ここから川崎まで小一時間で戻れると思ったら帰りのアクアライン、やはり大渋滞。結局19時過ぎてしまいました(;^_^Aまあ、飛行機は最終でしたんで十分に時間はあったんですが、またご飯を味わう時間がなくなりました。。。空港で天丼食っているうちに搭乗時間になり帰阪へ。千葉、本当大きくもっともっと攻め上げたくなってしまいました!
これで千葉旅行記終了!
次はいつ行けるかなあ。。。

終わり
 
過去ブログ

2016年10月24日 (月)

千葉ってでかいんだねえ。。。…上総(長南、いすみ)

試験勉強に次の科目の論文まとめ、そして職場ではクラス参観があり、もういつ休めるのか、という暗い毎日バタバタの日々を過ごしております。この後個人懇談の準備に制作展と行事の方も怒涛の勢いで迫ってきているうえに、組合活動で団体交渉に行く羽目に。。。勘弁してくれえ!!
そんなこんなで更新、訪問も滞りがちですが、余裕のある日には皆さんのところにもお邪魔させていただこうと思いますので、すみません。。。
大分遅れましたがシルバーウィークの千葉旅行パート2行きます!
前回はこちら
日曜日、大阪に帰る日です。週末上京物語、有休なしの週末休みだと仕方がないですね。飛行機の時間は21時過ぎなので、しっかり観光は出来そうですが、如何せん週末、行楽地はどこも混んでいそう(-_-;)前日の小雨がまじることもあった天気から一転、しっかり晴れて行楽日和でもあり、渋滞が気になるところですが、この日は前日の佐原、銚子よりも近場なのでまあ、何とかなるでしょ♪
因みに今回は、、、



上総を攻めます!


とは言っても時間は限られているので、上総を横断している小湊鉄道?といすみ鉄道というローカル線がある地域を攻めてみようと思います!

川崎~長南~一宮~いすみ~大多喜~養老渓谷~川崎
天気もいいし、やっぱり千葉と言えば「九十九里浜」は絶対だなwと思っていたので一気に上総を横断して東海岸の大原を目指します!が、長南町と言うところを通ると「笠森寺」と言うお寺の看板があり何かに惹かれるように寄り道!第1の立ち寄り地は急きょ、笠森寺に決定!
この笠森寺は「笠森観音」とも言われ、日本で唯一の「四方懸造り」という技法で大岩の上に作られた観音堂から眼下の森を眺められ、神秘の世界を味わうことが出来ます。千葉にこんな場所があったなんて!
参道沿いには三本木の杉や子授楠の名木等、自然の芸術を拝め隠れたパワースポットと言ってもいい位神秘に囲まれたお寺でした。

PhotoPhoto_2Photo_3

↑この楠木の穴を女性がくぐれたら元気な子を授かれるのだとか。。。俺だとつっかえてしまいそうです(;^_^A東大寺の柱潜り出来た人なら可能かも♪

長南の寄り道の後はじめの目的地、九十九里浜に到着しました!やっぱり九十九里浜はいい!若い頃は青春しに来てたなあwサーフィンしている人達みんなキラキラしていていいね。自分は出来ませんけど、眺めているだけでちょっと心奪われます。

Photo_4Photo_5

九十九里の海を満喫して、次は内陸部も堪能しようと少し南下し、いすみ市へ。ここからローカル線の「いすみ鉄道」沿いを上っていってみようと思います。その目的地とは「大多喜」、なんでも上総の小江戸と言われた場所と言うことで、前日の下総の小江戸「佐原」に続いての小江戸巡りです♪
途中、いすみ鉄道の国吉駅と言う小さな駅に寄り道、なぜ?それはムーミンがいたからなんですwでも何でムーミン?

Photo_6

何でもこの地域一帯は春には桜や菜の花が咲き乱れ、沿線全体がムーミン谷の花に囲まれた雰囲気に似ていて、それをいすみ鉄道存続に活かせないか?と言うことからコラボが始まったようで。。。菜の花と鉄道のポートレートカラーの黄色がいい感じ♪春の時期、この沿線に機会があったら来てみたいですね。菜の花とはいきませんでしたが、紋黄蝶とヤマトタンポポとのコラボで一枚♪

Photo_7

折角いすみ鉄道の駅に来たということで、古いディーゼルカーが止まっていたのでこれまた一枚♪

Photo_8

これぞザ・ローカル線!って感じで味わいがあってすごく絵になります♪
国吉を後に大多喜へ向かいます。

続く

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

今回の旅程

川崎~笠森寺~九十九里浜~国吉

2016年10月17日 (月)

千葉ってでかいんだねえ。。。…下総(香取、銚子)

論文提出で2日近く徹夜で、頭も体もグロッキーを通り越しテンション上がってきている大樹です。
もう寝ないと仕事に差し支えそうなんですが、不思議と眠気を通り越すと、何かしないと!と言う気分になり、この記事を書いている次第w大丈夫か俺ww??
と言う訳で急きょ出掛けて来た上京物語を書いてみようかと思います♪
8月の末、ラインで関東の友人と話をしていた時に「今度上京したら焼肉喰おうぜ!」と言う話が出たんですが、それがポンポンポンと話が進んでしまい、シルバーウィークの週末、急きょ上京することに。。。
仕事を終えて、飛行機に飛びのり川崎へ。そう、今回は川崎で焼肉でっせ♪
今回はJAL便がなかったので久しぶりのスターフライヤー!黒でシックな飛行機です!シートピッチも広くて快適!そして何とこの飛行機予定より20分も早く到着w夕方のラッシュで20分早着ってすご過ぎw関西空港からわずか1時間後には羽田に降り立っていました。因みに川崎は若い頃働いていた街ですんで、ある程度の土地勘はあるので、到着すると一気に関東人モードに入ってしまいますwでも来る度に川崎駅前は何かしら新しくなっているので少しずつ浦島太郎の気分になってしまいますw

Photo

週末の金曜の夜と言うことで、残業があるとのこと。。。「腹減った!早く仕事片づけろ!」と友人の仕事場へ直行!(笑)ええ、彼女&彼らが働いている場所は、俺が若かりし頃働いていたところ。元職員ですから押しかけOK!と言うことでw
そして20時過ぎに向かった焼き肉のお店。本当は桜本の焼肉屋にしようか、と言っていたんですがちょうど職場の近くに「孤独のグルメ」で取材を受けた店があるとのこと。お゛~!俺その店知っているかも!テレビで見ていて川崎に行った時には機会があったら、と思っていた店やん!!
全員その店でOK!とのことで早速向かいます。ちょうど運良く4人机が空き、スムーズに案内いただきやした!その後どんどん人が来るわ来るわ。。。いやー、運良かったねえ♪

このお店、焼肉のボリュームもそれはそれは、と言うレベルですが、箸休めのキャベツやビールも特大サイズ!オイオイ、これは俺の胃袋破壊を狙っているのか!?

Photo_2Photo_3Photo_4

とんでもない量を食べたのに一人4000円ちょっとで済んだ。あんなにビッグサイズのビールやらチューハイやら飲んで食ってしたのに。。。流石は孤独のグルメにピックアップされるだけのことはありますね。また来たいなw
因みに→孤独のグルメ 「つるや」

で、今回の上京の目的は達したわけなんですが、折角上京したんだしと、友人にお願いして土曜日千葉巡りしようぜ!と言うことでアクアラインに乗って利根川沿いの町を巡ってみたいと思います。前々から「佐原」と「銚子」に行ってみたいよなあ、と思っていたので友人にお願いしたことろ快諾、あーざーす!
時折小雨が降ることもありましたが、何とか持ちそう。流石は何とか天気の持つ男です(゚ー゚)
15,6年近くアクアラインを通ったことがなかったので、久しぶりのアクアラインドライブにテンションもあがります!そして降り立ったのは勿論。。。


海ほたる!ですよねえww



出来た当初はしょっちゅう遊びに来ていたんですけどね。関西に下野してからは初の再訪です。曇り空ですが、東京湾を突っ切るアクアラインはやはり気持ちがいいロケーションですね。PA内にはゴジラがお出迎え♪

Photo_5Photo_6Photo_7

海ほたるで小一時間とかなり俺にとってはみればのんびりペースで居ついてしまったのでそろそろ本来の目的地に向かわないと…
 
ブーン
ブーン
ブーン
cardash
延々下道走らされるんですけど、いつ着くの~???
レンタカーのナビを信頼しちゃ行けないですな、やっと着いた佐原の到着時間、見事13時過ぎております(;^_^A

え~、この調子で銚子行けるの?

おっと、寒いオヤジギャグ飛ばしてしもうた。。。
佐原は千葉の小江戸とも呼ばれ、水郷の町としても有名。伊能忠敬の町としても知られ、ここから日本全国を行脚して現在の日本地図のベースを作ったんですよね。今はナビでスーッと簡単に地図見れるけど、当時は徒歩のみですごい労力だっただろうなあ。。。
そんな水郷佐原の町並みは、町中を流れる小野川沿いに重要伝統的建造物群保存地区が広がり、我が職場の町同様に、木造家屋群や土蔵群が両岸を中心に往時の面影を残していて、柳の木々の間の小野川を優雅に流す船がまた味があっていいです!町並み探訪って何時間いても飽きないで、見て回れるのでとっても楽しい!でも今回はいつ雨が降り出すか分からない天候なのでちょっと早足の観光。天気が良かったらもっとゆるりと見て回れたのになあ。

PhotoPhoto_2Photo_3Photo_4Photo_5
Photo_6

ここで遅めの昼食にする?と色々あるうなぎ屋に入ろうか!と物色し始めた俺ら。ところが「実は。。。」と。。。

「ごめん、ウナギ得意じゃない(-_-;)」

なんやあwそれならそうと言えばええのに(笑)
なら、ここ佐原じゃなくて次向かう銚子でなんか食べようかwとなり、佐原を後にします。途中香取神宮に立ち寄り道中の無事を祈ります。あいにくここ香取神宮の辺りだけ雨が降ってきてしまいましたが、傘なくてもなんとかなるべwと強引に参拝w

PhotoPhoto_2Photo_3

香取神宮をあとに、一路銚子まで向かうんですが、実はここまで来て時間に狂いがかなり生じていることに我ら2人全く気付いておらず、簡単に数十分で銚子に行けるだろうwなんて軽く考えていたんですが、、、
予定時間を軽く2時間近くオーバーしておりましてwwそれに輪をかけるように渋滞が(;^_^A
そんな俺らが銚子に着いた時間は、、、




16時(笑)

ええ、もうほぼ観光も終盤モードの時間に到着w

何やっているんでしょうねw明らかにあの木更津から下道で佐原に誘導を図ったナビが悪い!(爆)

今回実は俺がレンタカーで車を借りたので19時には返すことにしており、明らかにこの時間の銚子着は大きなミステイクです。しかし、ここから怒涛の銚子観光は幕を開けるのです。全部はさすがに諦めないといけないけど、名所だけはいくつか押さえておこう。そのためには走って走って走りまくるしかない!!一カ所につき5分ちょっと!というとんでもないスピードで銚子を攻めていく!!

Photo_4

銚子駅からまずは銚子電鉄の観音駅へ。ここでは駆け込みで名物の「たい焼き」と「ぬれ煎」をゲット!!テレビで見て絶対食べたかったんですよねえw滞在時間わずかでもきっちり基本ものはゲットしたぜw餡の割合に対し、生地がぶっちょいのなんの!これでもか!と言わんばかりに分厚い皮のモフモフ感が堪らんheart04基本カリッとした皮が好きなんですけど、モフモフの生地、結構うまいもんだね。(ぬれ煎は大阪帰って職場のみんなと食べたけど、また独特な食感でしたね、初めてこんな食感の煎餅食べたw)

Photo_5Photo_6Photo_7

時間がないからどんどん行きますよ、続いては「銚子ポートタワー」

はい、天気も今一つですし写真だけええwww

Photo_8

どんどん急がないと時間がない~~~。焦ってやってきたところ第三弾は銚子のメイン処、「犬吠埼」です!広い太平洋を眺めていると地球が丸いことが分かると言われる海の方向の視界にさえぎるものは何もない風光明媚な場所なんですが、、、


分からん。。。il||li _| ̄|○ il||li

Photo_9Photo_10

折角来た犬吠埼、少しはゆっくりしたかったんですが、ここでも滞在時間10分。。。
もう、何しに銚子に来たんだか( ;∀;)

そして最後に着いたのが、「地球の丸く見える丘展望館」。ついこの間もUFOの特集でテレビ出ていましたよね.UFOの町とあらば、勿論UFO探してみましたとも!!5分(笑)

Photo_11Photo_12

あ゛~、こんな小一時間であちこち落ち着きのない観光なんて、本当観光とは言わんよなあ(-_-;)

これはまた機会を改めて来訪せねばなりませんな。こんな滅茶な俺の動きに文句も言わずついて来てくれた友人には感謝♪結局たい焼きが唯一?の飯になってしまったなあww

レンタカーの返却もあるのでここまで。最後は通り道沿いにある屛風ヶ浦を見て川崎に帰ります。

Photo_13

何とか飛ばして無事に車を返却、いや~、最後までドタバタでごめんなあ、と一緒に夕食は驕らせていただきましたよw
こんなバタバタながら一日かけて巡った下総地方、本当千葉って広いんだね。改めて千葉を舐めてはいかんな、と感じた一日でした。
次回は2日目、大阪に帰るんですが、最終便なのでまたまたある所へ今度は一人で目一杯これまた走りまくってきます。

続く

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

今回の旅程
川崎~海ほたる~佐原~香取神宮~銚子(観音駅、犬吠埼、屛風ヶ浦等)~川崎

2016年5月 8日 (日)

国内トランジット?…鎌倉

今年もGW長い人だと何と10日間取れるとか。。。羨ましいですねえ、いいなあ。と思っていたら何と!今年休み取る人がGW全く重なっておらず、スムーズに休みが1日だけですが貰うことが出来、3連休の後の金曜日が有休!そして土曜は自分のチームが調整休なので連続6日の休みが出来上がりました!やったー♪
しかし、休みが決まったのが4月の中旬、、、もうGWの目ぼしい所は一杯、&高騰(-_-;)。出発2週間切った状態でどこか行けるかなあ、と思ってふとJALのマイルがたまっていたことを思い出し、ダメもとで行先をいくつか設定し、予約可能か調べてみると、なんと!北海道が行きは直行では取れなかったものの、羽田経由のトランジットなら取れることが判明!それも同日ではかなわず、1日おいての移動。ま、久しぶりに1日関東ブラブラしてもいいかな、と1日クッションおいて今年のGWは北の大地、北海道に行くことが叶いました!
で、北海道のどこ行くの?ですが、北海道の中でもあまり足を運ばなかった地域「日高、十勝」へ。以前も行ってはいるんですけど、もう10何年、日高などは行っておらず、久しぶりに日高ワールドを満喫することにしました。

第1回目はそのトランジット?バージョンの関東編から。
月曜に仕事を終え、次の日から休みと言うことで、ゆっくり移動しても良かったんですが、時間貧乏?と言いますか朝から活動的にめぐりたいな、と思い21時過ぎの最終便の飛行機に飛び乗り、羽田入り。GWはバカ跳ねするホテルもこの日はギリセーフの値段(;^_^A貧乏保育士には倍額近い値段は出せません。

Photo

最終便で羽田に着いた頃には23時前、川崎の宿にチェックインする頃には日が変わる辺り。飲むにはもう微妙だし、ファーストフードでいいや、とパクついていると、ラインで話していた友人がちょっとだけやけど会おう、となり、駄弁りタイム。今度はもう少し早く分かったら連絡してな、と。
ごめんなあ、今回急やって、その上トランジットやねんww次回はちゃんと関東来ると言う前提で声掛けるわww

そして次の日、朝から向かった先は。。。

鎌倉ww


元鎌倉市民としては関東時代の故郷、訪れないわけにはいきません。本当は千葉も良いかなあ、と思ったんですが、天秤にかけた結果鎌倉へww
ところが出発した直後から交通トラブルに巻き込まれ、鎌倉着が1時間以上遅れ。。。GWもかさなり振替の京急では何十年ぶりかの通勤ラッシュモードの列車に押し込まれ汗だく。。。昔は東海道線でかなり鍛えられたものですが、もう今となってはある意味新鮮(笑)

結局出発早々恐ろしいタイムロスを喰らいつつ、とりあえず着いた大船の町を久しぶりに散歩。実はここ大船は俺が関東で働いていた頃に住んでいた町。北口が出来ていたのは知っていたけど、来るたびに大船駅、大きくなっている様な。。。でも町自体はそれほど変わってなくてちょっとホッとしたりもして。
大船の駅前はとっても栄えていて活気があるんですが、西口は一転、とっても静かな雰囲気の駅前。その真ん前に聳えるのが。。。

Photo_2Photo_3


大船観音です!

大船に住んでいながら、実は訪れたのは大阪に帰る数日前に一回きり、ともまあ何ともお粗末な状態で。。。
それもその時はメンタルもボロボロだったので何をすがっていたのか思い出すのも憚れる。
因みにこの大船観音、戦争慰霊で有名でありつつ、結構諸外国の方々の観光スポットでもあるようで、インドやタイの観光客でしょうか?何組かおいでになってました。

久しぶりの観音様との再会ののち、湘南モノレールに乗って、これまた久しぶりに「西鎌倉」に向かいます。西鎌倉と言えば、言わずと知れた「セレブ」の町、ええ、俺とはご縁のない町ですが、この地にあるスィーツのお店とはご縁がありまして、その店を久しぶりにのぞいてみたくやってきた次第。ですが、今回はあいにく購入はなし。。。次回きちんと上京した時には買うからねえ(多分)w

まずはお気に入りの「にしかまプリン」で有名な「レ・シュー」。。。あの瓶の形ちょっと食べ辛いけどバニラビーンズが効いていて、程よい甘さが俺を虜にしていました!ケーキのレベルもかなり高いですよ♪

Photo_4

そして西鎌倉と言えば、このお店!「ホルトハウス房子」。チーズケーキがワンホールにゃんと12,000円!!ありえん高さです!
自分、このケーキ実は買ったことがあるんですよ、それも3回!もちろん一人でなく、みんなでカンパしあい買ったんですけどね。8カットしても1500円と言う計算。。。うーん、もう手は出せんw(あっ、ちなみに小ホールもありますよ、それでもええ値段ですが)

Photo_5

今度ここのチーズケーキを買う機会があるのか。。。神のみぞ知る(;^_^A

こんな素敵なお店が一杯ある西鎌倉、セレブらしい町で一軒一軒、あまりに立派!いや~散歩していて目の保養になるわあ。

Photo_6Photo_7

駅まで戻って次の場所に向かおうかな、と思ったんですが、いかんせん西鎌倉、駅からも結構離れていて、歩く元気なかったのでバスで鎌倉市街に出よう!とバス停でバスを待つことにしました。
 
10分経過、、、



20分経過、、、



30分経過、、、
(-゛-メ)




40分近く経ってやっと鎌倉駅行がやってきました。なんでこんなに遅れるねん!その理由はバスに乗ってわかる、、、

西鎌倉を出て、大仏に通ずる道に合流すると、、、



バス動きません(-_-;)



忘れていました、、、この日はGW真っただ中(;´・ω・)
40分近い遅れの上、バスに軽く50分以上缶詰を喰らいやっとこさ着いたところは。。。

Photo_8


ええ、やはりベタどころ、大仏!ですw
もう何度も来ていますが、久しぶりの里帰りと言うことでご挨拶。すごい観光客ですねえ、外人さん達もお土産爆買いされてますww大仏まで来たんだし、ついでと言っては何ですが、長谷寺も行っておこう、と人ごみかき分け参ってきました。

丘から見える湘南の海!あ゛~、俺もその昔は湘南ボーイだったんだなあww(誰?ありえねえ!と突っ込み入れている奴!)

Photo_9Photo_10Photo_11

これからの季節、アジサイでも有名なお寺なので、また多くの人でごった返すんでしょうね、さすがは観光都市鎌倉です。

ここから久しぶりに江ノ電乗ろう、と思い駅に向かうと電車に乗るだけで30分待ちとか、、、ありえへん!GWどこまで人だらけやねん!って俺もその一人か(;^_^A
時間も時間やしもうええか、と半分だらけモードで渋々鎌倉駅まで歩いていると、「銭洗い弁天」の標識が。。。銭洗い弁天か、と独り言を言ったと思ったら気づけば足は一路銭洗い弁天の方へ(゚ー゚;ばてているのに不思議とこういう時足取りは軽いです(笑)

坂道を上り入り口まで来ると、うわー!金の亡者がウヨウヨ!!!!!(ええ、俺もその一人ですww)神様仏様、もう何でもありですなww

でもこの日はお参りだけしてお金は洗わず、だって人多すぎですよぉ。。。

Photo_12


久しぶりの鎌倉観光、交通トラブルや渋滞に振り回されましたが、ある意味良き思い出となったかな?銭洗い弁天の帰りに源氏山と佐助稲荷にも寄って(もうええわ、って言っておいて十分時間的には欲張ってますよね)1日も終了。次の日に英気を蓄え、次回からは本当の北海道旅行記が幕を開けます。

続く

2014年12月 7日 (日)

八丈島に行ってみた

もう1ヶ月完全放置ですみません。。。製作展に終われ、終わった直後に発表会の台本と合奏、歌、手話と見事に追われており、PC上げると仕事でブログに気が回せませんでした。。。4月まではいつUPするか分かりませんが、今日は合奏の楽譜を何とか作り終えたので少し休憩がてらブログUP♪

11月の週末、ANAの株主優待券が残っていて、金券ショップに売ってしまおうかな、とも思ったんですが、ふと意味も無く「島寿司」を食べたくなり、、、

週末で強引に行ってしまいました。。。


八丈島へ(笑)

しかし、製作展の準備が終わり、すぐに発表会の準備モードなので、この週末だけしか時間取れない。。。本当強引に羽田入りです。前日の夜まで仕事して、職場から空港に直行。21時過ぎの飛行機で羽田へ。そのまま朝7時半の飛行機に乗るので、空港から近場のホテルとって仮眠。。。5時間も寝られなかった(;´Д`A ```

かなり久しぶりのANA!八丈島行きは8割ほどの搭乗率。三浦半島からは富士山も見えます♪天気も何とかもってくれ、風は強いものの8時半に無事到着。早速レンタカーを借りてギリギリまで色々見て廻りたいと思います。

Photo_5

今回は日帰りですので、かなり欲張ってます!

八丈島空港~硫黄沼、唐滝~裏見ヶ滝~みはらしの湯~(昼食)~ふれあい牧場~八丈富士~アロエ園~南原千畳敷~八丈島歴史民俗資料館~空港

まずは島の南半分を攻めます。向かうは島の南東にそびえる三原山。山に登るなら八丈富士か、と思っていたのと、道がはっきりしないので、今回は三原山の中腹にあるという硫黄沼とその先の唐滝をめざします。(地図上の東山となっている手前の○の先がその辺り)とんでもない細い道を上り、車でいけるギリギリまで行くと何台かとめられるスペースを発見したので、そこで止めてトレッキング開始。唐滝まで大体小一時間かかります。途中まではのんびり歩いてトレッキングモードを楽しめるんですが、硫黄沼の近く辺りからなんともけったいな道?を歩かされ結構大変でした。しかし誰も来ないのでこの道合っているのか?と不安になるもやっと見つけた唐滝を拝むとそんな不安や疲れもぶっ飛びます。そしてこれ位で焦っていては午後から向かう八丈富士の恐ろしさに耐えられませんわw

PhotoPhoto_2


滝も未明まで雨が降り続いていたこともあり、水量もあって迫力ある!八丈島はまさしく自然の宝庫ですね!続いて今度は海辺の方にも素晴らしい滝があるとの情報を仕入れていたので、そこへ向かいます。その名も「裏見の滝」、名前の通り、滝の裏側に廻って滝を拝めるんですね♪

Photo_3Photo_4

マイナスイオンを体に直に浴びてお゛~気持ちいい♪時間があれば、もっとゆっくりしていたい!近くには足湯や混浴場もあって疲れた体を癒せます。水着持ってきたら良かった(^-^;
温泉、やっぱ入りたいかも!と裏見ヶ滝温泉に感化された俺はそのまま八丈島の南、末吉地区へ。ここには太平洋を一望できる「みはらしの湯」があるので、是非とも入っておくか!

Photo_6Photo_7


温泉は写真撮れませんが、浴場から見渡す太平洋は最高!自分の○○○の大きさではとてもかないません(爆)

これで午前の部は終わり♪島中央部の集落まで戻り、八丈島名物の明日葉うどんをいただきます!伊豆諸島は明日葉結構有名で美味しいんですよね。そして、今回の来島の目的の一つ、小笠原に行った時にハマった「島寿司」がここで手に入れられるんですよ!しかし、、、

Photo_8

「島寿司あいにく今日の分終わってしまったんよ」

ガーン。。。

と落ち込んでいると、「午後の分、空港の店で限定で手に入れられるかもね」と。。。即行空港に戻り、お店で「持ち帰りあります?」と聞くと残っている、とのこと!やったーーーー!!!店で食べられる分はもう無いそうだが、持ち帰りなら残っているらしく、ギリセーフ!!!

帰りの飛行機の搭乗時間まで取り置きしてくれるので、これで安心して午後の部に突入できるわw
空港の裏手に聳え立つ「八丈富士」、車で五合目までは向かえます。八丈富士を一周する「鉢巻き道路」にはふれあい牧場もあって、夏場はジェラートとかも味わえるようですが、、、

牛しかいねえwwwwwwwwwwwww!!

Photo_9

ジェラート食べてから登山しようと思ったのに。。。
しかたがない、まあ854メートルの八丈富士水分補給は断たれたが、強引に上ってしまえ!因みに頂上部までは1280段の階段を上るんだとか…がんばらねば!!路駐して登山口から上ること小一時間で「お鉢」と呼ばれる頂上部に到着。しかし、ここからが本当の登山。このお鉢巡りこそ「八丈富士」の登山の醍醐味なのだ!しかし、このお鉢巡りでえらい目に遭うのである。。。

八丈富士の頂上まではおおよそ15分とあるが、明らかに道が無い。。。それに足元も草や潅木に隠され見事に獣道である。。。そればかりか岩場を飛び越えていったり崖の横を通ったり。。。ひょえーーー!!!お鉢を巡る人も誰もおらず心細く道を間違え、戻ってを繰り返し、時に足を踏み外すことも1度2度ならず。。。

やっとたどり着きました「八丈富士」頂上。ここまでで15分どころか20分以上掛かってます。。。

Photo_10Photo_11

さっきまでそこそこ良い天気だったのに急に靄がかかり、薄気味悪さも全開、それに頂上部の風はすごく強く吹き飛ばされそうになることも。。。あわわわしながら、恐ろしく体を持っていかれそうになりながらのお鉢巡り。道の明らかに無くなっているところは自分の勘を信じて尾根を伝っていくしかない。お鉢の中を覗き込むと足が竦む。。。

Photo_12Photo_13

やっとお鉢を半分を過ぎた頃、霞がとれてきて晴れ間が出てきました。八丈小島も見え始める頃には足元も落ち着いてきて何とか1時間ほどで1周廻りきれました。いや~、かなりのスリリングなお鉢巡りでした。

Photo_14Photo_15Photo_16

スニーカーももう泥だらけ(;´д`)トホホ…みなさん、八丈富士舐めてはいけません。。。
帰りは八丈富士の北側から麓まで降りてアロエ園や黒岩で一杯の南原千畳敷を観て、最後は歴史民俗資料館で〆!ここで丁度16時30分。素晴らしく時間目一杯観光しちゃいました!

Photo_17Photo_18Photo_19

空港に17時前に着いて、お店で念願の島寿司をゲットし、飛行機に搭乗。8時間という僅かな時間でしたが八丈島、なかなか楽しい島でした。飛行機で1時間でいける南の島。都内でこんな自然一杯の島があるなんて東京都奥深い。。。

そして、念願の「島寿司」!わさびの代わりにねりがらしを使うのが特徴。漬け醤油にからめた魚とマッチして美味しい!!またいつか島寿司食べたくなってきてしまった。。。

Photo_20

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

2014年7月 5日 (土)

京急線攻めてみました…鎌倉編

京急線巡り最終回は「鎌倉」です。京急線沿いではありませんが、京急バスが鎌倉市内をくまなく走り回っており、元地元と言うことでw久しぶりに寺社巡りを楽しみたいと思います。金沢八景駅から鎌倉駅行きのバスに乗り込み、まずは金沢街道沿いの寺社を攻めてみます。

Miu_map140221_big_2

先ずは報国寺前バス停からスタート。報国寺は別名「竹の寺」とも呼ばれ、綺麗に整備された竹林が小さな嵐山を連想させます。のんびり竹林を味わいたい方は抹茶を味わいながら観るのもオツかもですね。

Photo

報国寺から浄妙寺を経て鎌倉宮、そして瑞泉寺まで頑張ってみて廻ります。うん、かなり頑張って歩いてますww瑞泉寺は小高い山の上に位置して、「花の寺」とも呼ばれていますが、この時期はつつじとかが綺麗でしたよ。天園ハイキングコースもそばを通っていますが、ここまで来る観光客はそうそういないみたいで、隠れたビュースポットとしてはお勧めですよ。石庭も独特な雰囲気があっていい!

Photo_2Photo_3

ここから鎌倉宮の横を通ると「源頼朝墓」があるんですが、元鎌倉市民だったくせに頼朝墓には行った事がなく(;´Д`A ```。。。今回初のお邪魔させてもらいました。いや~、これでは元鎌倉市民名乗れませんねえ…
そしてあの鶴岡八幡宮を横切り向かうのが「北鎌倉」地域。自分が昔住んでいた「台」地区のすぐ隣なのでよく散歩していた地域です。いや~、懐かしい。。。

ここでは切通しから順に建長寺、明月院、浄智寺、東慶寺を得て円覚寺まで下っていこうと思います。しかし足が疲れてきた。。。日差しがなくなってきただけまだましだけど。。。

Photo_4Photo_5Photo_6Photo_7

明月院では後一ヶ月でアジサイも見頃になるとは思うんですが(行ったのが5月の初旬なのでw。。。更新遅っsweat01)まだこの時期は青々としたはっぱだけ。。。それもまた趣あっていいですがw北鎌倉には去来庵もあったんですが、この日はスルー。。。何年経っても人気店ですね。

Photo_8

北鎌倉駅まで戻ってきたらもう足は棒。。。頑張って源氏山の方から銭洗い弁天とかも行ってみようかと思ったんですが、流石にギブ。。。電車で鎌倉駅に戻りました。ところが鎌倉駅に戻ってきたら、どういう訳か「もう少しいけそう」と意味不明な行動に。。。

大巧寺、妙本寺、八雲神社、安養院、そして妙法寺まで名越地区を最後の力を振り絞って歩き続けます!妙法寺では苔むした石段が。苔むした石段は長い間古都鎌倉を見守ってきたんですね。妙法寺からの鎌倉の海を眺めると心癒されます。

Photo_9Photo_10

これにて京急線攻めも終了。また鎌倉には元!?鎌倉市民として遊びに行こうと思います。帰りはバスで逗子に出て、そのまま羽田直行!いや~疲れた疲れた。。。

追伸・京急は赤い電車と思っていたんですが「黄色い京急」に遭遇。黄色い電車は縁起がいい?と言うことで1枚撮ってみましたw

Photo

過去ブログ 横須賀編三浦編

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

2014年6月21日 (土)

京急線攻めてみました…三浦編

第2弾は京急線の最南端、三崎口終点まで向かいます。
三崎口に降り立つと駅の周辺はまったり感全開ののどかな雰囲気漂う駅で建物もまばら。。。都心から1時間ちょっとで街の喧騒から離れられるなんて京急線素敵過ぎます!

Photo_3

Miu_map140221_big

この三崎口、三浦市の中心部三崎まではバスで20分ほど乗らないといけません。しかし、京急線1DAYチケットはバスもOKなので全く問題なしwバスは結構なお客を乗せ、終点の三崎港まで向かっていきます。バスが着いたときにはみんな一斉に産直センターのほうへ。。。自分は昼前なので早めの昼食を!と言うことでやはりここはお寿司ですなあwwwと、幾つかある店の中からポツポツと人が入っていくお寿司屋さんへ、、、

まだ時間も早かったから待ったりすることもなく、「にいちゃん、何する?」と( ̄▽ ̄)

「今日のお任せお願いしまっす!」

と調子づいたことを言ったものの値段は、、、( ̄○ ̄;)!

1500円ほどでしたwwやっぱ地元もんは安くてうみゃい!と言うことなしですねw

PhotoPhoto_2

お寿司を頬張り、いい具合になったところでバスに乗ってまたまた南下。向かった先は三崎港の対岸にある「城ヶ島」大学時代1回来たきりなのでほとんどイメージ残ってなかったので本当に久しぶりの上陸。城ヶ島は島の北側と南側では雰囲気が思いきり違って散策するにはもってこいの小島です。大体1時間半ほどあれば1周出来ますよ。

Photo_4Photo_6

城ヶ島大橋を降り、島に上陸して初のバス停で途中下車し、ここから城ヶ島公園から南側をトレッキングし城ヶ島灯台から城ヶ島港へ時計回りにめぐってみます。小島とは言え少々のアップダウンはあるので城ヶ島公園まで来た頃には見事に汗だくwwここから南側の小道をトレッキングするんですが、すでに息も上がってしまっておりますw

三浦八景の一つ、落雁といわれる雄大な岸壁がそんな疲れた体を癒してくれます。ここから15分ほど行くと海岸まで降りることが出来、太平洋を目の前にすることが出来ます。馬の背洞門や城ヶ島灯台までの海岸線はとてもここが神奈川とは思えない絶風景!

Photo_7Photo_8Photo_9Photo_10

港町としての風景をもつ北側と自然の風靡さを味わえる南側を楽しめる城ヶ島。5月の気持ちいい風に吹かれながら堪能することが出来ました!

次回はやはりあの地、鎌倉です。

横須賀編

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

2014年6月15日 (日)

京急線攻めてみました…横須賀編

今回上京した際、やはり?用事のない日はどこかへ行きたい!と小旅行モードの俺が今回選んだのは…

「京急線」

品川から横浜そして三浦半島を海沿いに走る私鉄です。
上京の際にはかなりの確率で馴染みのある川崎に宿をとるので京急には色々お世話になるんですが、いつも横浜まで位しかお世話にならないのでより今回は南下を試みますw

第1弾は

「横須賀」

Photo

軍港で有名ですよねえ。今回は京急のお得なチケット「三浦半島1DAYきっぷ」で移動。こういうお徳チケットありがたいですよね。今回はこれをフルに使わせてもらいます。

Miu_map140221_big

京急川崎から1時間ちょっとで着いたのが「横須賀中央」、なかなか立派な駅です。軍港の玄関らしく、防衛大の制服組やUS軍人も多く見かけました。日本の平和のため皆さん背負ってたつんですね、ありがとうございます。

さて、一番初めに向かったのは軍港のあるウ゛ェルニー公園方面。自衛艦がこんなに停泊しているなんて全く知りませんでした(゚ー゚;米軍の空母とかも見れるかなあ、と思ったんですがここからでは分からず。。。しかしすごい迫力です。

Photo_2

ウ゛ェルニー公園から一旦中央駅方面に戻ってくる途中にあるのが、「どぶ板通り」、流石はUSAナイズされた街、俺みたいな小柄な人間は多くの外人達から見下ろされてしまいますwどぶ板の由来、、、確かこの通りにドブ川が流れていて、通行しやすいよう鉄板をして塞いだところから来たとか。。。面白いものですね。USArmyの店もあってなかなか楽しいですw人気店は結構人も並んでいました。ここでは横須賀バーガーと、海軍カレーがやはり有名だとか。。。

Photo_5Photo_7

海軍カレー・・・

一度レトルトで食ったことがあるぞwwこれは喰わねば!

ですが、結構どこも人だらけ。。。仕方がないので暫し時間をずらして挑戦すべw

その間にもう一箇所見ておこう、と向かったのが「三笠公園」、日露戦争で活躍した戦艦「三笠」が記念艦として保存されています。閲艦も可能とのことで、乗船。軍国時代の日本の一部を垣間見る時間となりました。小さな子どもが機関砲を支え、「バンバン!」と無邪気にやってますが、これが遊びの域で終わらんことを。。。

Photo_3Photo_4

昼下がりにもなったし人も少なくなったかな、と三笠公園を後にドブ板通り方面に向かっていくと、よこすか海軍カレー館なるものが、、、腹ごなし前に入ってみるか、と入ってみると、

カレー屋さんでしたwww

勝手に資料館かと思ってしまった自分が恥ずかしいw

まあ、せっかくですので勿論元祖!と謳っている様ですので元祖海軍カレーとやらを。。。

Photo_6

ミルクが出てくるんですねえ。。。給食みたいww

お味のほうは結構思っていたよりもさっぱりとした感じ、具材も多く入っていてボリュームはありますね。今のカレーは凝っているので、これを食べるとなるほど、シンプルな味付けなのがよく分かります。

横須賀バーガーも。。。と少し思ったんですが、結構カレーだけで腹一杯モード。また次回来た時のお楽しみにでもとっておくことにします。

次回は京急の終点にでも。。。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

2014年6月 2日 (月)

学生時代は世田谷に住んでました!

つい先日宮崎帰ってたんですが、これまた週末で上京しちゃってました(;´Д`A ```
人と会う約束があって上京したんですが、その合間にこれまたチャチャッとうろつきまわってしまいました。

JALで関空からの羽田便は早朝か夜しかないので、早朝便で6時半発。Peachでもよかったんですけどねwたまにはマイル貯めないとww

スカイマークのA330見れた!

Photo

ミニスカCAやったあww!

いや違ったグリーンシートやったあ!(;´▽`A``

と、少し脱線したので話を戻して(笑)、羽田空港に着き、いつも時間潰すのに頭使うんですよねえ。。。どこへ行こうかと。。。そして考え付いたのが、久しぶりに学生時代の町、世田谷行ってみるか!と。。。

バスで蒲田に出て、駅近くでモーニング。食事をした後東急に乗って向かったのは、「二子玉川」、今も洒落た町ですが、なんか落ち着きがあって好きな町です。でも高層マンションが建ったりと雰囲気は大きく変わったなあ。。。
しかし、今回はここはパス。向かったのは隣の用賀、ここから桜新町~経堂~豪徳寺~世田谷と世田谷中心部を頑張って散歩します。

用賀駅から15分くらい歩いたところにあるのが「長谷川町子美術館」、言わずと知れたあの「サザエさん」の作者の美術館です。こじんまりとした美術館で生前に収集されていた絵画や原作原本などが展示されている美術館、築20年以上経ってますが、綺麗に整備されていて町もサザエさんをモチーフに色々飾り立てられてます。波平さんの声もまた聞けた♪

Photo_2

桜新町からは頑張って経堂まで歩きますが、暑いなあ。。。東急~小田急の間って軽く2,3キロあるんですよねえ。。。と丁度世田谷通りまで出ると、よくランニングしに来ていた馬事公苑が!丁度催し物があったみたいで、馬術大会も開催中!多くの観客でごった返してたんで、自分も暫し見入ってました。

Photo_3

この馬事公苑までくると、経堂駅まではあと15分ほど、大学時代この近くの保育所でアルバイトしていたんですよねえ。懐かしいなあ。。。自分、この経堂が学生時代の拠点だったんです。毎週末、先輩後輩が電車の終電が上下線とも経堂止まりなので、「お゛~今から行くから!」と問答無用で押しかけてきた学生時代。懐かしいwそんな自分が住んでいたアパートも現存!でも廻りは綺麗なアパートで囲まれてしまっていました。。。そうそう、家のすぐ傍にはあの有名サッカー選手のマンションもあるんでしたw今も住んでいるのかなあ。。。駅も綺麗になり、今では急行も止まるんですね、俺のときは準急がいいところだったのに、、、

Photo_4Photo_5Photo_6

学生時代よくお世話になった中華やさん、安くてボリュームあって最高!でもこの日は臨休、残念。。。(あっ、俺映ってるww
ここで昼食にしてもよかったんですが、もう少し頑張ろう!とここから隣駅の豪徳寺のほうまで行きます。住宅街を抜けて世田谷八幡宮、世田谷線の線路を越えた所にあるのがあの「豪徳寺」です。井伊直弼の墓所もあり、また「招き猫発祥の地」としても有名。しかし、ここまで招き猫がいると、「ウォリーを探せ」状態で明らかに違う形をしたものを探してしまいます。(1匹だけ金色の手をした招き猫がおったw)(;´▽`A``

PhotoPhoto_2

豪徳寺来たなら、世田谷の中心まで行っておくか!とこれまたトボトボ歩いて向かったのが世田谷区役所、いや松蔭神社です。あの吉田松陰の墓所がある神社で学問の神様でも有名ですね。

Photo_3

歴女と呼ばれる方々でしょうか、若い女性陣も多くこられてました。豪徳寺にも多くの歴女が来られてましたが、自分が学生時代に来たときにはあまり人気がなかったイメージがあるだけに、時代の流れを感じますw
ここまで歩くと流石にもうバテマシタ。。。三軒茶屋までは久しぶりに世田谷線に乗車。これも綺麗になりましたねえ。

Photo_4

あっ、ご飯食べ損ねたww

続く

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

2013年7月 7日 (日)

関東右左…茨城

全く更新せず申し訳ない。。。気力0%なまま、来てしまいました。
更新していない間は仕事がこなせない環境に辟易。かなりムッと(≧ヘ≦)。。。

と、まあそんなイケテナイ環境は捨て置き、6月末の週末に友人達と会う為に飛行機で上京。時間があったので会う前にフラッと羽田から一気に茨城県は「つくば」まで行ってきました。

つくばといえば、つくば万博か学術研究都市位しかイメージ無いんですが、「いい旅○気分」でたまたま筑波山の特集をしていて、ちょっと行ってくるか、と。。。

9時に羽田に着いてそのままモノレールとJRを乗り継いで、秋葉原から「つくばエクスプレス」と洒落た名前の鉄道に揺られ、小一時間。。。早いですねえ、茨城県はつくば中央駅に到着。ここからバスに乗り換え、一路筑波山を目指そう。。。と思ったんですが、なんと!直通のバスは行ってしまった後。。。次は13時までありません。

げっ、と思ったところ「つくバス」と言うベタなゴロ合わせのバスが筑波山の麓に行くようなのでトレッキングもいいか、と乗り込むことにしました。

Photo

バスはほとんどバス停に止まることなく、初め乗っていた3人の乗客もあっという間に降りてしまい、ほとんど俺だけのために麓まで走っていく。。。出発から1時間ほど掛け筑波山口と言うバスターミナルへ。。。誰もいませんw

ここから、「つくば道」と呼ばれる参道を通りながら筑波山を目指すことにします。

筑波山

薄曇りながらもかなりの暑さ。。。とても山登りなんて無理無理ww

Photo_2Photo_3

滝の様に噴出す汗を拭き拭きすること45分、ようやくケーブルカーのある宮脇駅まで到着。ここには筑波山をご神体とする筑波山神社があり、今日の山登りの無事を願う。因みに筑波山とは筑波側から見て左側の山が男体山、右が女体山といわれ、山全体がパワースポットとして有名でこの日も山ガールで一杯でしたよ♪

Photo_4

しかし、俺は今日は山登りに来た訳ではなく、あくまでフラッとなのでwwスニーカーにジーンズ、そしてこの暑さに登る気は0%!勿論ケーブルカーを使いますww文明の利器バンザーイ!!こんな急坂見ただけで倒れてしまうわww

Photo_5

文明の利器を使い上がってきた男体山!ここから15分ほど上ると男体山頂上となるので、そこは流石に頑張りますか。しかし、難と言う岩場、老体には堪えます。。。頂上を拝むと男体山を1周出来るトレッキングコースもあるので一緒に廻ってきましたが、体力の消耗が激しい。。もっと体鍛えないとダメですね。。。

Photo_7Photo_8Photo_9

男体山を1周した頃にはTシャツは絞れるほどの汗だく。。。本当汗かきにはつらい季節です。しかし、まだ道は半ば。。。ここから女体山に向かわないと筑波山を攻めたとは言えません。マップでは20分~30分ほどとなっているので頑張りましょう!女体山の上からの方が眺めも良いらしいですし。。。

男体山と女体山は標高がそれ程変わらないので尾根沿いの道はそれ程苦にはならずちょっと安心。そしてついた女体山には結構な登山客、どうやらみんな頂上の岩場からパワーをもらっているのか、断崖絶壁に腰掛けている。。。え゛~、結構怖いんですけどwwでも眺めは最高!眼下を見下ろす筑波の風景、いいですねえ。。。

Photo_1110

さあ、帰りは女体山からロープウェイに乗って下り、バスでつくばセンターに戻ります。結構な時間とりましたね、バスに乗り込む頃にはすでに夕方。簡単に1日使ってしまいましたw

11

この後は友人達とワーワー終電近くまで飲み会wwワザワザ上京野郎に集まっていただきありがとうございますwたまにこうやって仲間と会うのも良いもんだw
次の日は別の友人と会うんですが、今度は茨城から山梨へ飛びます。。。

続く

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31