無料ブログはココログ

リンク先

ランキング

  • ランキング

旅行日記(北陸)

2017年4月14日 (金)

青春18きっぷの春旅…敦賀

第4弾は5回切符を使った中で一番距離的にも時間的にもショートかと。それでも十分東京~富士位の距離はありますよ。大阪からわずか2時間ほどで着く近畿圏を脱出したすぐその先にある地、そこは。。。



福井県敦賀です!



大阪から直通で快速列車が走っていて、ギリ通勤圏ともいえるかと。そんな敦賀へは何度となく足を運んでいるんですが、今回は町中だけだった敦賀を少し足を延ばしレンタサイクルで郊外まで巡ろうかと考えています。そして後半は敦賀から南下し、滋賀県長浜を観光予定。それでは早速第4弾スタート!
 
いつもよりは少し遅めに出発。それでも家を出る時間は6時過ぎですがww
7:02…三国ヶ丘駅(快速天王寺行) ※便宜上JR利用スタートの駅から掲載。
7:22…天王寺駅(大和路快速天王寺行)←天王寺から天王寺?これは環状線1周するからなんですよね。
7:45…大阪駅(新快速敦賀行)
途中の近江今津で12→4両に。運良く4両の方に座っていたので後半もお茶を飲みながら終点までのんびり過ごすことが出来ました。JR西の郊外電車はクロスシートなので数時間なら快適快適!ロングシートだとつまらないし、疲れますしね。
9:50…敦賀駅着
 
Photo
 
 
午前は敦賀をレンタサイクルで巡り、昼過ぎに長浜へ向かうパターンで時刻表をチェック。13時23分がタイムリミットと言うことで早速自転車を走らせます。先ずは駅前から気比神宮まで伸びている「シンボルロード」から。もうここも何度も通っていますが、やはり銀河鉄道999ファンの自分としてはここは見飽きない。ここ敦賀はあの松本零士さんの出身地!シンボルロードの両サイドには銀河鉄道999、宇宙戦艦ヤマトのモニュメントがずらっと並んでいて写真を収めるにはすごい量ですよ。ファンには堪らん通りです。
 
Photo_2Photo_3Photo_4Photo_5
 
佐渡酒造よ、いい飲みっぷりであるww
シンボルロードを抜けた先にあるのが気比神宮。木製の3大鳥居が有名なんですが、この時期あいにく改修工事のため、拝めず。それでも参拝は出来るので再訪の挨拶を兼ね参拝。前回来た時の鳥居の雄姿を載せておきますね。

Photo_6
 
さて、ではここからは自転車を駆使して町を出て郊外へ!気比の松原を右手に通過し、大原山のふもとに鎮座するのが西福寺と言う浄土宗のお寺。庭園が有名とのことで来てみましたが、ここの庭園の見時は秋の紅葉の季節だとか。春先故に少し色彩に欠けてましたが、秋の紅葉のコントラストはさぞかし華やかなんでしょうね。個人的にはお堂にあった木魚の形色にちょっと惹かれましたがw
Photo_7Photo_8Photo_9Photo_10
 
続いて向かったのは勿論、気比の松原。日本三大松原の一つですしね。3大松原は制覇していますが、日本の原風景を醸し出す松原は何度足を運んでも飽きの来ない風景ですね。
 
Photo_11
 
気比の松原を後にした頃にはすでに予定の半分の時間を越えてしまっています。少しペースを上げないと13時過ぎの電車に間に合わない。スピードを上げ、町中に戻ってきました。海辺近くの地区には紙わらべ資料館、みなとつるが山車会館などの資料館や博物館が点在しており、初めて来られた方はこちらも是非。自分は前回寄っているので町並みの方を堪能します。京都にある安倍晴明の神社「晴明神社」が何とここにも!これはびっくり!
 
Photo_12Photo_13
 
海辺の方まで行くと往時の敦賀の軍港として、また交通の要所としての役割を果たしたであろう建物をあちこちで見ることが出来ます。その一つが「旧敦賀港駅舎」、現在は資料館として内部公開されております。
 
Photo_14
 
そしてここから目と鼻の先には赤レンガ倉庫や敦賀ムゼウム、ランプ小屋等が点在する金ヶ崎地区があります。しかしここまで来てあいにくタイムアップ。もう少し足を延ばして金ヶ崎城址まで上りたかったんですが、諦めることにします。
 
Photo_15
 
ただいまの時間、12時30分。13時23分の出発までまだ観光しようとすればいつもの自分であれば食事を抜いても巡るんですが、やはり敦賀。。。
これを逃して敦賀を後にするのは悲し過ぎる。
それは。。。


敦賀名物ソースかつ丼!!
 
 
いつもはヨーロッパ軒さんで頂いているんですが、今回は別の店をチャレンジ、と探していると何と駅近くのショッピングセンターのフードコートに入っているお店にさりげなく人気の店があると。。。
ならばチャレンジするしかないですよね!
と言うことで時間ない中行ってきたのが「上野屋」のソースかつ丼定食!この皿からこぼれんばかりのボリューム!!これで1000円切るんですから言うことないですよね♪あっという間に頬張りきって満足満足♪味も濃すぎず、さっぱりしていて3枚の特大ソースかつはあっという間に胃袋に♪
 
Photo_16
 
おっと、まったりしている時間はない、食べ終わった時には13時過ぎ。急いで駅に戻ります。到着は出発5分前。ギリギリの到着でしたが敦賀、やはり何度来ても楽しい町です!!
ではここからは後半戦、スムーズにいけば30分ほどで到着する予定の滋賀県は長浜へ向かいます。
 
 
13:23…敦賀駅(新快速姫路行)
しかし、あいにくこの時間帯の列車は湖西線経由の電車が1時間に1本、すなわち長浜を通る北陸本線方面の列車は途中の近江塩津と言う本当に静かな田舎駅で乗り換えのため待ちぼうけを喰らうことに。。。
駅近くを散策するが本当に静かな田舎駅。まあ、たまにはセカセカせず何もせずまったり待つのもいいかもね。
14:05…近江塩津駅(新快速姫路行)
14:28…長浜駅着
ここ長浜はかの「豊臣秀吉」こと羽柴秀吉が初めて「大名」として開いたと言われる城下町で、江戸時代も宿場町として大いににぎわった地。現在もその町並みが残存し、黒壁スクエアと言われる地域を中心に今でも多くの観光客でにぎわっています。
早速長浜駅周辺に固まっている観光名所を巡り倒したいと思います。
 
 
まずは琵琶湖湖畔側にある「長浜城」、お城の周りを囲む豊公園ではまだ桜の時期には早かったんですが、今か今かと多くの桜の木々が春の訪れを待ちわびていました!ここの公園の桜は日本桜100選にも選ばれているんだとか。もう少し遅く来てたらきれいな桜に包まれた長浜城を拝めたかもね。
 
Photo_17Photo_19
 
長浜城を後に線路沿いに戻ってきたところにあるのが、「長浜鉄道文化館」、今回は18きっぷの利用と言うこともあり偶然か鉄分多めですwwここの向かいには「慶雲館」と言う長浜の迎賓館があるのですが、タッチの差で長浜盆梅展が終わってしまい、この日は長期休館と。。。il||li _| ̄|○ il||li残念です。

Photo_18
 
鉄道文化館を後に線路をまたぎ黒壁スクエアのある東側にやってきました。その外れにある朝日町界隈も実は長浜の町並み探訪としてはお勧めの地域。成田美術館やヤンマーミュージアム、長濱浪漫麦酒工房等静かに?気になるスポットが点在していますよ。で、俺がチェックしたところが。。。

Photo_20
 
まるい食パンこと「つるやパン 」!これは頬張らない訳にはいけませんねw早速店に入って卵とあんこの2種ゲット!イートインコーナーもあるのでゆったり頬張れます。パンは形も独特ですが何ともふわっとした柔らかい食感。この食パンは焼かなくても十分何個でも頬張れそう!あっという間に食べきり、ご満悦なおやつタイムとなりました!

Photo_21
 
ではここからはメイン!黒壁スクエア一帯 に足を運びたいと思います。この地区には多くの博物館や旧名家、ガラス工房などがあり、あちこち寄り道していたら軽く1日いってしまう位見どころ満載!色々自分も閉館時間まであちこちの施設や名家、寺社を巡ったんですが本当時間との戦いになってしまい、もっと絞ってみて回っても良かったなあ、と思う位のボリュームある町です。行くなら1日かけて巡るか、ポイントやテーマを絞って観て回るのも手かなと思います。 そうそう、自分も途中で気づいて購入しておけば良かった、、、と後悔したものがあり、それが「長浜浪漫パスポート」と言うもの。1000円で5カ所の任意の観光スポットを選んで観て回れるという優れもの。3カ所以上観て回るなら絶対お得ですよ!


Photo_22Photo_23Photo_24Photo_25Photo_26Photo_28

昼下がりから夕方までぎっしり詰め込みまくった長浜観光、日の経つは本当早いものです。そして最後の〆はやはり長浜名物で♪

長浜と言えば、焼鯖そうめんとのっぺいうどん!
うーん。。。。
「のっぺいうどん」にしよう!焼鯖のお寿司もこのお店だったら食べられそうだし、何といっても「のっぺい」と言う言葉が気になる。。。

で入ったお店が「茂美志屋(もみじや)
のっぺいとは何ぞや??

で早速のっぺいうどんと焼鯖寿司を注文。そして出て来たものがこちら。。。

Photo_27
 
大きな蓋を開けるとそこにはあんかけに隠れたうどんが。。そしてそのうどんをこれまた覆い隠している黒い物体、、、これは???
巨大しいたけでした!!



軽く10センチ定規分くらいはある特大しいたけをはじめ、湯葉、かまぼこ等の具を、出汁汁と土しょうがで煮詰めたあとに、片栗粉や葛粉でとろみをつけた「あんかけ」をうどんにかけたものだそうで、この地方でよく食べられていた郷土料理だとか。あんかけの出汁に確かに生姜の風味が感じられ、体がぽかぽか。。。これは箸が進みます!特大しいたけもいい感じにあんと絡みうまみを引き出してくれます!是非皆さんも長浜来訪時はのっぺいうどんにチャレンジを!
夕暮れの長浜を後に今回の18きっぷの旅は終了。
帰りは長浜始発の新快速で大阪駅まで1本!いや~、あっという間の楽しい1日旅でした。
18:29…長浜駅(新快速播州赤穂行)
20:24…大阪駅(関空快速関西空港行)
20:54…三国ヶ丘駅着

今回は今回の18きっぷ旅の中で一番の近場でしたが、それでも2590円(三国ヶ丘~敦賀)と片道分で往復したことになります。18きっぷ恐るべし!

Photo_29
 
残すはあと1回。東西を東海道山陽線をメインで今まで攻めてきましたが、最後の1回くらいは北か南かで動いてみようかな?
さてさて、最後はどこへ行ったのでしょうか?
 
続く
18きっぷ春旅の記録
 
 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

2010年9月27日 (月)

夏が過ぎ…富山(越中八尾、五箇山)

今年の夏の終わり、あの「サザエさん」で富山県は越中八尾と五箇山を旅行していた磯野家一家。。。これを見て、「あ、富山行こう♪」と軽々しく??考えて出かけてきてしまった思いつき野郎ですww

越中八尾は「風の盆」で有名で出かけたのは丁度風の盆が終わった直後だったので、残念ながら見ることはできませんでしたが、風の盆の期間中を中心に夜更けまで輪躍り、町流しが行われるそうで、小さい町に溢れんばかりの観光客が訪れるそうです。

ちなみに、「風の盆」の由来は二百十日の前後は、台風到来の時節。昔から収穫前の稲が風の被害に遭わないよう、豊作祈願が行われてきました。その祭りを「風の盆」というようです。

詳しくはこちら→「おわら風の盆

Dsc03114 Dsc03115

町並みには風の盆で灯された行灯がまだ軒先に少し残っており、小さな町でありながらも、相応以上の雰囲気を醸し出してくれる。機会があったら是非直に風の盆を拝んでみたいなと思います。

午前中いっぱい越中八尾の町並みを散策し、午後は五箇山方面へ。これもまた「サザエさん」の影響。世界遺産の白川郷、五箇山を特集していて、なんでも菅沼集落には集落には似ても似つかぬ?エレベーターがあるとwwそのギャップは是非とも確認しておかないと!

その前に五箇山のもう一つの集落、相倉集落へ向かう。白川郷ほどの規模の大きさはないが、こちら側のほうがより鄙びた雰囲気の中にあり、昔の生活の厳しさを直に感じられるように思います。山菜天ぷらざるも朝から何も食べていない腹にはもう最高のごちそう。山菜の甘さを感じることが出来るのは山菜がとれたてで新鮮と言うこと。五箇山豆腐のてんぷらもおいしかったです。食後は菅沼集落へ向かい、あのエレベーターを探す。う~ん。。。確かにこれは微妙。。。出来れば自然な遊歩道だけでもよかったようにも思うのですが。。。もう一つの入口なら車でも下まで降りれるし。。。ただ、集落そのものは稲穂が揺れて集落を際立たせてくれていました。本当絵になる風景です。

Dsc03117 Dsc03118 Dsc03116

五箇山を見て廻ったころには陽が傾き始めました。この日は岐阜県は下呂温泉泊。次回は岐阜県編です。

続く

2009年9月16日 (水)

UFOの飛来する地へ

過去ブログ

 

雷鳥  蜃気楼

 

温泉に来たなら必ずと言っていいほど、朝早起きして朝風呂直行!前回のブログでも書いたがここ和倉温泉の湯の温度は高い!朝から血圧上がりますわww

おかげで朝からポカポカで逆に気持ち良い♪

 

朝食もしっかり頂き今日の最初の目的地は輪島へ

 

 

能登半島を気持ちよく飛ばすこと1時間半、、、10時前に輪島市に到着。

ここ輪島は言わずと知れた「朝市」と「漆塗り」で有名な町。

早速活気あふれる朝市を見て廻る。とってもにぎやかであちらこちらから「兄ちゃん、これおいしいでw」「買っててえな」と朝市ならではの威勢の良いおばちゃんたちの声が飛び交う。

おいしそうな磯の香りがあちらこちらからぷんぷんするので、俺ものりビンを購入♪

 

こういうのって楽しいですよねえ。でも朝市なのにお昼過ぎまでやっているなんてすごいです。輪島を発つころになってもあちらこちらから他府県ナンバーの車がひっきりなしに駐車場に入っていく。。。

 

さて、ここからは石川の能登半島を海岸線沿いにドライブ。

途中、ヤセの断崖や能登金剛と呼ばれる巌門を見て廻る。

ここはどちらも源義経の逃亡の際の隠れ場所として有名。ヤセの断崖からの断崖絶壁は本当吸い込まれそうですよ。東尋坊みたい!!!

 

能登金剛の由来は韓国と北朝鮮にそびえる金剛山の地形に似ているからだそう。。。面白いもんです。

巌門を超えると、能登半島の荒々しさも少しずつ無くなってきて静かな感じの海岸線が拡がってくる。ここからふと思った地があったので寄ってみる。

 

その町とは羽咋市。。。

 

知る人は知っている。。。。

 

あることでとっても有名な町である。

矢追純一と言えば分かるかな??

そうUFOで有名な町である。日本で一番UFO(未確認飛行物体)との遭遇可能性の高い町である。

 

その昔怖いもの見たさで「謎の円盤UFO」と言う海外ドラマにはまっていたのを思い出す。

そこでコスモアイル羽咋と言う宇宙科学博物館へ。ココはボストークの本物の展示を初め宇宙に関する色々な展示があり、宇宙を夢見るものをわくわくさせる。。。

そしてついに遭遇!!!!!!!!

 

あっ、先に行っておきますが人によっては刺激強い画像と思うので、目をつぶってスルーした方がいいです。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜中に一人で見ないでくださいね。。。おしっこちびりますよww

いや~、まじめにコレは怖いですわww

宇宙人ってなんでこうも強面なんでしょうか。。。昔の宇宙人はタコ星人だったのにww

 

ちょっと脅かしてしてしまって申し訳ない。

しかし、ここ羽咋でこのUFOの存在を疑いないものとして俺の脳裏に焼き付けられる光景が!!!!ニャンと!!!!!!!!!!

本物のミステリーサークル発見!!!!!こんなん絶対いたずらでやらへんわ!!!きれいに円状に稲が倒されているが本当に人が入った形跡がない!コレはまじめにすごい!一人すげーすげー!を連呼して暫し驚嘆してました(マジで!!)

 

 

ちょっと脅かしてしまい申し訳ない。気分取り直して羽咋の海沿いをドライブして気晴らししましょ♪

ここ羽咋にはなぎさドライブウェイと言うものがあり、なんと!海岸線の砂浜を車で通常走行できるのだ!!!!!!砂浜をスピード出してFF車が走ることなんてまず無理ですからね。コレは俺もドライブ冥利に尽きますわwwただいま時速50キロ!飛ばしてます!!

 

 

すごいっしょ!ちょっくら感激♪機会あったら是非走ってみてね♪

さあ、そろそろ大阪へ向けて帰らないと行楽渋滞に引っかかるわww

2泊3日で目一杯遊んだ富山、石川旅行記はこれで終了!!

 

んなわけは無くww

 

 

 

夕方にまたまた???敦賀に寄って、敦賀きらめき温泉にドボーンww
あ゛~~~~さっぱり!!!

 

んでもって、最後はやっぱりヨーロッパ軒に寄らないとねえww

敦賀名物カツ丼をしっかり腹に入れて至福のまま大阪へ。。。

この寄り道が福を招いたのか、大阪まで渋滞らしい渋滞無く2時間で帰れました♪

また行こうっと♪
   

2009年9月12日 (土)

蜃気楼の見える地へ

過去ブログ

 

雷鳥

 

相当バテていたのに、延々走っている列車の音で熟睡出来ずに朝を迎える。。。orz

この日は富山を東から西へ横断。

 

富山市内からおおよそ1時間半で富山県は東部にある宇奈月温泉に到着。

黒部峡谷への入り口の温泉街。思っていたよりはのんびりとした温泉場で、湯治客もほとんどおらずちょっと寂しい、、、

足湯で暫し浸った後は駅前にある黒部川電気記念館を見た後、黒部峡谷鉄道に乗ろうと。。。

 

 

 

 

思ったが止めた!!!!

 

 

 

 

観光客全員を写真撮って張り出していた。。。

それは恥ずかしい、、、

 

 

 

そんな訳分からん理由で計画を変える辺りも俺らしいといえばそれまでだがww

 

その代わりに黒部峡谷にある尾の沼と言うところまでは車で足を運べるみたいなので、宇奈月ダムに寄った後に尾の沼のとちの湯に行く。

ここからは宇奈月湖の対岸を走る黒部峡谷鉄道が良く見える。

勿論鉄道側からも露天風呂が良く見えるww(裸眼では無理ってww)

 

 

朝から風呂三昧で午前中を過ごしたので、少々甘いものが食べたくなった。。。

なので、宇奈月を後にした後、黒部市にある新川牧場へGO!!

この新川牧場を知っていたわけではなくて、偶々宇奈月ダム資料館でパンフを発見し行くことに決めたww

 

そして、、、

 

ジャ~~~~~~~~ンww

 

やっぱりソフトはゲットしとかないとね♪

甘くなく、ミルクミルクミルクしてますww

さっぱりとした感じでベタッとしていないあたりが良いですわww

 

 

さてさて、甘いものも口にしたし、黒部から富山湾沿いを少々ドライブしましょうかww

で、着いた先が蜃気楼が見える街、魚津市。

今の時期は蜃気楼は難しいみたいですが、冬や春には良く見えるらしい。一度直に見てみたいもんですね。この日は魚津埋没林博物館と言うところでビデオですが蜃気楼みさせてもらいました♪埋没林も腐らずによくもまあ、ああきれいに残っていたもんだ♪

 

ここから名物のホタルイカ博物館が隣の滑川市にあるとのことで行こうと思ったが、この時期は光らないらしい。。ならパスww

で、そのまま富山東側から西側の中心地、高岡市まで一気に車を走らせる。

 

高岡は今年町が開かれて400年と言う節目ということでかなり観光客も多かった。

町並みも昔からの町並みが点在していて、1日で廻るには勿体無い位の素敵な場所。

先ずは富山市の国宝瑞龍寺を見学する。お堂の中にある天蓋?というのでしょうか。アレはすごかった!

 

瑞龍寺から2キロほど北上すると、古き高岡の町並みが点在しており、古城公園を中心に土蔵造りの町並み、金屋町(格子造りの町)、高岡大仏など見所は一杯。古城公園に車を停めて夕方まであちこち町並みを散策するが、良い距離感で見て廻れてなかなか楽しい。もう少し時間をとってみたい町でもありました。

 

本当は、高岡市の海側の万葉地区も見たかったけど、今回は時間が足りず。。。

また機会あったらいきたいな♪

 

あっ、、、氷見のうどん食べ損ねた!!!!!!!

 

しかし、ここで氷見うどんを食べると、今日の宿泊地の和倉温泉に時間内に着かない。やむを得ず石川県七尾市まで車を向かわせる。。。この地域、次回リベンジの必要ありですなww

 

そして夜の7時に和倉温泉着。

早速旅館の温泉に入るが。。。

 

熱い!!!!!!!

 

草津も相当熱かったが充分張り合えるでww

風呂の湯があまりに熱すぎ長湯は出来なかったけどさっぱりは出来たので、まあ良しとしましょうww

さてさて、旅館と言えば夕食ですww

おかみさんにお酌頂きながらおいしい食事いただきました♪

松茸の土瓶蒸しもおいしかったww

んでもってこの後、ご飯物も出てきて腹が。。。

 

続く

2009年9月 8日 (火)

雷鳥の住む地へ

ついこの間青森、函館に行ってきたばかりなのに、またまた出掛けてきちゃいましたw(もうピーピーですw)

今回の目的地は富山県。唯一足を運んだことが無い県です…

と言うことは。。。

おめでとう!!!

日本全国47都道府県制覇!!!

旅を始めたころは別に日本全国攻めようなんて考えてなかったのに、気付けば30代半ばで制覇できちょっくらうれしい♪俺ですww

さてさて、本題に戻して今回の行程ですが

1日目・大阪~立山~室堂~黒部湖~富山(泊)

2日目・富山~宇奈月温泉~魚津~高岡~和倉温泉(泊)

3日目・和倉温泉~輪島~羽咋~敦賀~大阪

節約モードで行かないといけないので、今回は朝方4時に大阪を出発!車で高速飛ばして飛ばしてww4時間で富山IC着。。。立山には8時40分には着いてました(爆)

立山からは車での移動は出来ないので、公共交通機関を大量に駆使する事になるが、如何せん山間部を横断するので、金額も跳ねる跳ねる。。。普通に行ったら立山~黒部湖の往復で軽く1万円越えますww

なので、裏技?と言う訳ではないのですが途中の大観峰までの得切符を購入し、残りの黒部湖までの部分のみ普通に購入する形で、何とか9000円ちょっとに。。。

立山黒部アルペンルート

立山~(ケーブルカー)~美女平~(高原バス)~室堂~(トロリーバス)~大観峰~(ロープウェイ)~黒部平~(ケーブルカー)~黒部湖

とまあ、乗り物尽くしですなあ。。。ww

ちょっと今流行の???鉄ちゃんモードになってしまいますww

美女平からの高原バスはピストン運行してくれていたので時刻表よりも早く乗れたのでラッキー♪と思ったのに、団体が一緒に乗り込んできて、おばちゃんたちがギャーギャーと。。。

うっちゃい!!!

盛り上がるのは良いんですがもう少しお静かに。。。

途中弥陀ヶ原で下車して湿原をトレッキングしようかと思ったのだが、車ぶっ通しで運転していた疲れがバスに揺られているうちに出てきて、、、途中から爆死ww室堂到着寸前まで爆睡ww

バスに揺られ、約45分で日本一高い駅、室堂に到着!

実は天気予報では雨!だったのだが運よく?うす曇でもってくれ、ところどころから晴れ間も覗く。。。。でも残念ながら雷鳥の姿は拝めず。。。お預けみたいです。。。

室堂周辺で地獄谷~室堂平のトレッキングを楽しむことにするが、みくりが池の下にある地獄谷の硫黄ガスのきつさに相当やられてしまいました。。。かなりのガス量です。。。

体力に余裕があれば、立山登頂も時間的には余裕だったのですが、今回は無理してつぶれるよりは、と言うことで断念。次回は是非登頂したいです!

1時間半ほどトレッキングして室堂に戻ってきたところで、トロリーバスに乗り換え、大観峰へ!立山の中をトンネルで一気に走りぬけるなんて、さすがは人間の叡智の塊のしろものである。

走っている時間は10分ちょっとだったのに山を一つ越えてしまうわけなんですよね。う~ん、すごいの一言です。着いた大観峰は立山の山の縁に聳え立つ断崖絶壁の駅。ひょえ~~~~!!

展望台から見える眼下の黒部湖がはるか遠くに見える。。。

これはすごい位置にある駅だ!!

大観峰ではロープウェイの乗換えで30分弱の待ち合わせだが、人の流れは明らかに逆向き。。。長野県側から来られる観光客のほうが格段に多い!!まるでラッシュアワーのようにすし詰めでロープウェイから降りてくる。俺らのほうは余裕♪ラッキー!!

乗り込んだロープウェイですが、写真見てもらったら分かりますが、途中全く支柱がありません!!そう!駅間をそのままロープだけで支えている!!切れたら即行アウトです。。。

ロープウェイの駅を降りるとそのまますぐにケーブルカー。。。本当忙しい行程です。

ここでも元気あったらケーブルカー使わずに黒部湖まで歩いていくつもりでしたが、やっぱり無理。。。もう歳ですかねえ。。。強行スケジュールで頑張る歳ではなくなりましたww

そして、昼過ぎについに黒部ダムのある黒部湖へ!!

夢にまで見た黒部ダム!!放流の偉大さにすげーモード全開!!

黒部ダムと言う人工の建造物と自然がここまでマッチするのもすごいものである。

ダムの放流は延々見ていても飽きるものではありません。ただただすごい!です!

黒部ポークの豚まんと黒部湧水を頬張りながら疲れた体をここで癒す。。。

ここから長野県側に抜けるには、関西電力のトロリーバスで扇沢に出て、信濃大町まで路線バスの形になるのだが、俺はここでリターン。あ゛~人混みに塗れなければならないのか、と思いきやピークは過ぎたようで、ゆったり戻ることが出来た。

ケーブルカー、ロープウェイ、トロリーバスとトントントンと乗り継ぎが良く、行きの時間の半分で室堂まで戻ってこれた♪(臨時便出ていたお陰ww)

が、午前中は天候にも恵まれた室堂が戻ってきたらえらい事になっていた。。。

うぉ~~~~~~~~~~!霧で向こうが見えん!!!!

これもまた自然の山の姿。午前中に室堂散策していてよかった♪

高原バスで下って行く中、美女平に着く手前まで霧がかっていました。

帰りのバスも、これまた外国の団体さんと一緒になってしまうが、行きと違ってお静かモードでしたのでホッ。。。

でもワイディングロードなので、気分悪くなる人続出だったようで、みんな○○○モードでバスを猛ダッシュで降りていく。。。確かにあの道はフラフラになるよなあ。。。

よくバスの中で本を読んだりしてしまう俺ですが、あのワイディングは疲れた体にはきつい。帰りのバスは行き以上に爆睡してましたww

疲れた体を立山駅に戻した時には4時前。

いつもの俺ならもう一つ欲張ってどこかへ寄り道するのですが、バテバテモードですんで、珍しくwwこのまま富山市内のホテルへ直行!!

軽く仮眠をとり、8時前に起きてここのホテルの名物のステーキを食べる!!

疲れた体には効くねえ。。。

うみゃいわ~~~~~~~~♪

続く

2007年4月 7日 (土)

18切符の旅…敦賀…

ここ2週間以上、日曜も出勤で休み無しが続き、さすがに気晴らし必要かな、と思い、余っていた18切符を使って、今日は福井県は敦賀まで行って来ました。

 

大阪から直通電車が出来たようで、大阪駅からおおよそ2時間半で敦賀に到着。。。土曜日と言うこともあり、乗車率はかなりのものでした。

 

早速、気比神宮から敦賀ワーフまでコミュニティバスに乗り、市内観光開始♪

 

敦賀…詳しくはここ参照

 

さて、今度は博物館へ。。。と思いとぼとぼと歩いていると、道沿いに「ソースカツ丼」の旗が。。。

 

ソースカツ丼。。。

カツ丼。。。

。。。

。。

 

そんなんもう何ヶ月食べて無いっけ?

 

そういえばここ敦賀はソースカツ丼が名物だったっけ…

 

 

気付いた時にはもう足は「ヨーロッパ軒」というお店の軒先へ。。。

早速お店に入って名物の「ソースカツ丼」頂いちゃいました♪

うみゃーい!!

 

ちょっと濃い目だけどこりゃいけるわwwそれにこんなぺっちゃんこの肉も初めてだ~♪

これなら名物かたるのもよく分かりますwwお勧めです♪

しっかりここで空腹を満たした俺は博物館から気比の松原までしっかり徒歩で頑張ってきちゃいました♪(帰りはしっかりバスでしたが、ええwwなにか??)

↑ここ敦賀は銀河鉄道999で有名な松本零士さんとも縁があるんですねえ♪

 

約4時間の敦賀の旅、まだまだ見れてない所もあったけど、素敵な町でした♪

 

さあ、帰りの時間。。。駅に着くと、やっぱり人、人、人…

座って帰る為に40分ホームで待っていた俺です…orz…

 

これにて某サイトから続いた18切符の旅も終わり。来週からはまた仕事の毎日です。

皆さん、頑張りましょうww

あ゛~、カツ丼おいしかった~♪

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31