« 玄海の海を渡って…壱岐 | トップページ | 玄海の海を渡って…対馬下島 »

2019年8月22日 (木)

玄海の海を渡って…対馬上島

前回の壱岐編はこちら

今回お世話になる宿は東横イン対馬厳原。2泊の間お世話になるビジネスホテルでございますが、対馬の中でも一番の高さ。それ位のニーズがあるのか??他のホテルにそんなに高層な建物はどこ見てもないのに。。。
と対馬に着いてそのニーズがあることはすぐにわかる。

ええ、降りた途端、ここは対馬と言う名の韓国でございました。。。

ジェットフォイルを降りるとすぐに日本語と共にハングル文字があちこちに。。。日本と朝鮮の間に位置していて文化的にも歴史的にも両国のつながりの強い地域であることは知っていたがここまでとは(;^_^A

チェックイン後早速夜の厳原市街に繰り出すが、どこもかしこも「韓国人」だらけ。折しも日韓の政治的状況としてはかなり悪い意味でタイムリーな時期に来たにも関わらず、入った居酒屋も見渡す限り俺以外「韓国人」だらけ(;''∀'')
日本旅行ボイコット!と叫んでいるのは韓国政府とマスコミとプロ市民だけなんでしょうかね。でもちょっと違和感があるなあ、日本人本当いない。。。日本の居酒屋に来て完全アウェーモードなんですけど。。。

Photo_20190814230803 Photo_20190814230801 Photo_20190814230802

とは言え対馬の海産メニューに対馬名物のとんちゃん焼き、どれもおいしかったけどねw

さて、次の日は1日かけて対馬の上島を1周して巡ろうと思います。対馬は縦に80キロ以上もある日本で10番目に大きい島。1日で巡るには時間がないので大きい対馬上島を1日目に、2日目の午前中に下島を巡る形でコンプリートを図ろうと思います。ところがここでちょっとしたミステイク。レンタカーを借りようとネットで申し込みをしていたんですが、借入の場所が厳原でなく「対馬空港」と。。。やってしまいましたorz。。。

なのでまさかの路線バスを使ってレンタカーを借りに行くと言うぶっこみを入れさせていただきます(笑)

Photo_20190814232801

対馬空港までは結構バスも走っているのですが、上島まではバスが一気に減ってしまい日に10本あるかどうかのレベルなので、やはり観光にはレンタカーは欠かせません。
9時30分にレンタカーを借り「返すのは厳原で良いよ」と言ってもらえたのでギリギリまで巡る事が出来そうです。

では早速上島に向けてGO!まず上島の入り口にかかる「万関橋」へ向かいます。その昔明治海軍が軍艦を行き来させるために掘削し作られた幅40メートル、深さ4.5メートルの運河航路だと。

Photo_20190814232701 Photo_20190814232702

幅の狭い対馬をショートカットするためとはいえ、よくぞまあ、このような掘削技術が当時からあったものだ。結構潮の流れも分かる位早くここが運河だと言うことが良く分かります。

万関橋から北側が上島。それでは今回は時計回りに上島を巡ろうと思いますが、レンタカー会社のファイルにちょっと面白い場所のマップがあったので近くにある赤島に立ち寄ってみようと思います。

Photo_20190814234701 Photo_20190814234702

名もない海岸ですが波が作り出す皿の様な平らな岩群の横にはフジツボの様な穴がポコポコ空いた岩々が。。。波の力って面白いですね。この後もう1個所レンタカー会社の穴場スポット登場いたしますw

続いて向かったのが「和多都美神社」と「烏帽子岳展望台」。どちらも対馬の熱い定番スポットです。
珍しい三柱鳥居や拝殿に向かって続く5つの海中鳥居等神秘な世界を感じることが出来るスポットですが、定番スポットと言うこともあり、韓国人だらけ。日本人は自分だけと言う何とも日本であり日本でないこの状況。

Photo_20190814235503 Photo_20190814235502 Photo_20190814235501

最近のマナーの悪さのためでしょうか、境内の中は写真撮影が禁止されていてここからが精一杯。折角のパワースポットなのに節度を持ってお参りしたいものですね。そしてここ和多都美神社から山を上って行った先にあるのが烏帽子岳展望台。対馬のリアス式海岸で形成された島々を拝むことが出来ます。うーん気持ちいいねえ。

Photo_20190814235801

ここからは上島の西側を北に向けて車を走らせます。和多都美神社と同じ読みが出来る「海神神社」は「かいじんじんじゃ」と呼ぶようで和多都美神社が陽ならこちらは陰の神社とでも言いましょうか。とても荘厳な大きな神社にもかかわらず誰も参拝者はおらず、静かに対馬の島々と海を守ってらっしゃいました。広い境内でしたけど、場所柄アプローチし辛い所もあってマイナー感が強いですが、和多都美神社共々訪れていただきたい神社でした。

Photo_20190815151802Photo_20190815151801

海神神社からほど近い所にはこれまたレンタカー会社の一押し奇岩群があったので寄り道。スフィンクス岩と言われればそうだねえwwうーん。。。

Photo_20190815152101

でもここからもう少し言った地点で見るのが一番それらしく見えるらしかったんですが、、、

道はないもので岩場を進んでいかないといけないのですが土砂崩れが発生していて、とてもではないですが前進は出来なさそう。止むを得ず戻り始めると嫌な音が山の方から、、、

ええ、目の前で土砂崩れが発生したんです(;゚Д゚)

初めはパラパラと小石が落ちはじめ、そのあと大きめの石がドスンドスンと。
急いでもと来た岩場を戻るが結構怖かった。一押し奇岩群を見るにもちょっとヒヤリとする一瞬でした。

さて、気を取り直し次に向かったのが「対馬野生生物保護センター」。対馬と言えばツシマヤマネコの生地。ここで飼われているツシマヤマネコを是非ともこの目で拝みたいと思ったんですけども、、、

Photo_20190815154401

訪れたのが8月2日、ちょうど1週間前に天に召されたツシマヤマネコ「福馬」。とても残念ですが、いままで多くの来訪者にツシマヤマネコの生態について教えてくれたんでしょうね、天でのんびり過ごしてください。

Photo_20190815154402

ここまで来るともう対馬の北の先「比田勝」地域はすぐそば。ますます韓国度が高まる地域です。この地域から韓国第二の都市「釜山」までは50キロちょっと対馬の厳原に向かうよりも釜山に行く方が距離的には近いと言う場所。天気がいい日には釜山が見えると言う「韓国展望台」にはそれはもう大挙して訪れていた韓国人観光客の数々。観光バスが狭い道をどんどんやってくるので、何度こちらがバックで道譲ったか(;''∀'')

Photo_20190815155302 Photo_20190815155301

天気が良ければ釜山が拝めるとあったが、冬の澄んだ空気でないとやっぱり見えないねえ。この韓国展望台の近くには豊砲台跡がありましたが、戦争記載のなる一部分に黒くいたずらされた跡があったりとなんとも複雑な感情がピリピリ伝わってくるような場所。こんなご時世だからこそ煽るようなことはあまりしてほしくないんですけどね。なのに三宇田浜に行くと完全韓国ビーチモードだし(;゚Д゚)出店も日本語<ハングル。日本のビール買わない、と不買運動広がっているはずの韓国人達がアサヒビールをここぞとばかり購入して飲んでいるこのミスマッチな光景。やっぱり多くの一般市民とのギャップを感じざるを得ないなあ。

Photo_20190815155401

比田勝の町まで戻ってくると日本人1に対し9割位韓国人。コンビニでお茶を買おうと立ち寄るもコリア語しか聞こえてこない(笑)ちょうど韓国に戻るジェットフォイルがたくさん係留されており、ターミナルを覗くと足の踏み場もない程の観光客だらけ。全然日本観光自粛モードをこの島で感じることは無かったです。それかこうなる前はそれは恐ろしい程の韓国人観光客が大挙し訪れていたのか?

Photo_20190815163401

比田勝を後にすると後は東側の海岸沿いをのんびりドライブしながら厳原に戻っていきます。観光名所はほぼほぼ西側に固まっているので帰りは看板で気になったらちょっと寄る、と言うスタンスで途中「紅葉街道」や地元民しかいない静かなビーチを眺めつつ戻ってきました。

ところで食事は?

ええ、食べようとは思ったんですよ、いや本当。。。

所が比田勝の手前に美味しい蕎麦屋があるのを情報としててにいれたんですけどね、観光名所巡っているうちに昼時の時間が終わってですねえ、食べ損ねたと申しますか(-_-;)
その代わり、佐賀と言う地区においしいたい焼き屋があるんだとか。お゛~!!ならばそこに寄って腹を満たそうではないか!!!

Photo_20190815163402

ええ、7~8月の夏場は長期休業だと。。。orz...猫背のたい焼き食べてみたかったです。。。

結局ホテルで食べた朝ごはんとお茶だけで1日終わってしまったww

まあ、旅に出ると昼ごはん抜くことざらにあったしそう言うこともあるわなw
夕ご飯その分早く食べに行こ♪

Photo_20190815164901

入ったお店は開店直後に行ったのでのんびり一杯出来るなあ、と高を括っていた所、まさかのワイワイ団体様ご到着!
ええ、早々に切り上げてしまう状況に( ;∀;)、、、あまりにお腹の満腹感が遠かったので、繁華街にあった「対馬バーガー」のお店が目に入ったのでこの界隈で人気だと言うメインの対馬バーガーをチョイス。
対馬産のひじきをパディに練り込み、その上にこれまた対馬で取れたイカをトッピングしたハンバーガー。何とも独創的ながらもその期待は裏切らないうまさ!!値段はそこそこしましたがこれはボリューミーでありながら面白い食感と味わい。良いもの頂きました!!

Photo_20190814231401

2日目は以上で終了。3日目は対馬の下半分、下島を巡ってきます。


今回お世話になったところ

対馬観光物産協会…対馬の事色々載せてくれていますよ。

対馬交通…厳原~空港間は頻繁にバスがあって便利。一日乗り放題1000円もお得♪

対馬バーガーKIYO…対馬の新しい名物、対馬バーガー!対馬に来たら是非!!


玄海の海を渡って…シリーズ

壱岐編

今回の行程
厳原~対馬空港~赤島〈奇岩群〉~和多都美神社~烏帽子岳展望台~海神神社~女連〈スフィンクス〉~対馬野生生物保護センター~(異国の見える丘展望台)~韓国展望台~(豊砲台跡)~三宇田浜~比田勝~紅葉街道~(茂木浜)~佐賀〈たい焼き屋〉~厳原

(  )は今回載せてませんけど対馬行ったら行かれてみても良いかと思いますよ。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

« 玄海の海を渡って…壱岐 | トップページ | 玄海の海を渡って…対馬下島 »

旅行日記(⑩九州)」カテゴリの記事

コメント

対馬、そんなに韓国モードなんですか!?この昨今の情勢下であってもわざわざ日本にやって来るなんてと思いましたが、対馬は朝鮮と日本の微妙なバランス地に立っていることが分かりますね。
和多都美神社の三角鳥居なかなか独特な雰囲気がありますね。海に浮かぶ鳥居にも神秘さを感じます。
ツシマヤマネコの「福馬」、大往生だったのかな。静かに天で休んでいて欲しいですね。
夕食に対馬バーガー、そういう系の食事も良いですよね。イカにひじきとはなかなか面白い組み合わせで味がすごい気になります♪
相手国はかなりヤバイ反応を見せていても一般市民は冷静であってもらいたいものですね。とは言うもののちょっとあの大統領の高圧的な言い方はやっぱり腹が立ちますけど。

Re:紫苑さん、対馬はいやあ、本当にちょっとリトルコリアと言っても過言でない位かなり韓国化しておりました。雰囲気は日本なんですけど至るものが韓国向けになっていてアウェー感が半端ないと言いますか。自分保守系ではないですが、この状況にはやはり違和感を感じてしまいました。
ツシマヤマネコの福馬、本当残念です。ゆっくり休んで欲しいですね。
対馬バーガー、あれはなかなか面白い所に目を付けた逸品ですね。値段はそこそこしますけど一度は頬張ってみてとお勧めできます!
文大統領、ちょっと引きますよね、確かにあの罵り方。。。あれではいつ解決の道筋が出来るのか。。。

対馬は韓国人が土地を買い占めているという話を前に聞いたことがあったのですが、やはり韓国人が多いのですね…。
この時期、トラブル等巻き込まれなくて良かったですね。
それよりも何よりも土砂崩れ!!
さすがにビックリです!!

海の神様、対馬では多くお祀りしてるのですね。
海を渡るしかない時代、外交の拠点としては海の安全は大切だったからでしょうね。

こんばんは。
そうなんですね。。韓国人がいっぱいだと、今の時期は行きにくいですね。。
何事もなくてよかったです。。
やっぱり、海の幸が美味しそうですね~
神社も趣があって、いい感じ。そしてやはり、レンタカーは必要なんですね。

Re:ナユタさん、このご時世だからかもしれませんが、やはり日本であって日本でない現状をここ対馬では感じざるを得なかったです。日本の対馬では観光地として魅力がないのか。。。もっと日本人も対馬の良さを感じに遊びに来て欲しいな、と思ってしまいます。
韓国との文化的つながりも大きいので観光客に韓国人が多いのは良く分かるんですけどね。お互い認めあえる風潮があればいいんでしょうけど、今の時期は難しいのかなあ。
土砂崩れの場所は全く観光地化されてなくてレンタカー会社の自作マップで示された場所なので本当自己責任。。。ちょっと焦りました。
海神神社も和多都美神社もナユタさんなら絶対ハマると思いますよ。是非素敵な自然と文化に囲まれた離島「対馬」においでませww

Re:はな☆さん、このご時世故どうしてもそうなってしまいますよね。でもここは日本!!全く問題なく過ごしてきました(笑)とは言え本当対馬には韓国人だらけでしたけど(;^_^A
対馬は離島ながらもかなりの大きさがあるのでどうしてもレンタカーは必須となりますね。バスでの移動は正直観光地を結ぶ路線はほぼないので。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 玄海の海を渡って…壱岐 | トップページ | 玄海の海を渡って…対馬下島 »

兄弟サイト

カテゴリー

リンク先

ランキング

  • ランキング
無料ブログはココログ