« 十和田八幡平国立公園を一人静かに巡る旅(秋田駒ヶ岳編) | トップページ | 十和田八幡平国立公園を一人静かに巡る旅(駒ヶ岳温泉編) »

2020年8月30日 (日)

十和田八幡平国立公園を一人静かに巡る旅(ムーミン谷編)

ガスの中に隠れているかの如く、この日の秋田駒ヶ岳は外部からの視界を遮ってくれます。
無事に秋田駒ヶ岳の最高峰「男女岳」も登頂するも、このガスがこの後も先に進むのを拒むかの如く進む先を隠し続けてくる。。。
駒ヶ岳登頂編はこちら

男女岳から再び阿弥陀池に戻ってきた頃、ちょうど12時前。
この後、30~40分程で「男岳」にも上れそうだが、このガスでは眺望は望めそうにないなあ。。。

暫し考えたものの、この後向かう「馬場の小路」のことも考えると、天気はきっとこのままか午後になればなるほど下り坂の可能性もあると思い男岳は寄らずにそのまま馬場の小路へ向かうことに。
今回の行程は以下の通り↓(拡大可)

Map

阿弥陀池から男岳、横岳を結ぶ尾根道までは10分程で上りきれますが、左右にはガスに霞みつつもニッコウキスゲが「頑張れー!」と応援してくれている様。。。
色がない中のこの映えた黄色、元気が出ます。

Photo_20200830215401 Photo_20200830215402

男岳と横岳を結ぶ尾根道まで来ると一気にこれまた違った風景が目の前に。。。
これから向かう「馬場の小路」はこの尾根道の四差路から一気に下っていき、女岳の麓まで降りていくのですが、ガスがひどくて足元も数十メートル先はガスの中。。。

えっ、こんな中降りていくの?、、、

人っ子一人いないこの状況下、かなり不安が増してしまいますが、自分を信じ先へ進むことにしたのですが、下り始めてすぐにこの馬場の小路へのアプローチが厳しいことを思い知ることに。。。

Photo_20200830215901Photo_20200830220402

何!!??この急勾配は!!

明らかに勾配度50度以上はあるだろう足場の悪い急坂をガスに包まれたこの状態で降りていくのか!?

足を石に乗せると50%以上の確率で崩れて下に転がっていく。。。
かなりリスキーな登山道なんですが( ;∀;)。。。

悪戦苦闘しながら20分位延々下っていくとやっと、馬場の小路らしきものが見えてきた。
心なしかあれだけガスっていたのに、気付けは視界も少しずつ開けてきたよう。。。

Photo_20200830220401

どうやら、ここが「馬場の小路」の様です。
( ´Д`)=3 フゥ、ようやく着いたよお♪

Photo_20200830231202

振り返ると馬場の小路に下りるために急斜面と奮闘してきた跡が。。。もう逆にここを上っていく気力はないなあ。。。

Photo_20200830221201

あの先に見えるのは「͡小岳」、カルデラの形がくっきりしていますね。
前回も書きましたがこの地帯は活火山、女岳の所々から湯気が噴き出していることからもそのことが良く分かります。

Photo_20200830223301

馬場の小路まで着くと、さっきまであんなにガスってたのが嘘の様に、静かな世界が目の前に広がる。。。
そう、ここが馬場の小路こと「ムーミン谷」なのです。

あれだけ人を寄せ付けないガスや急斜面を越えた先にこのような静かな異世界があるとは。。。

Photo_20200830224004

6月~10月のわずかな間、この静かな谷は多くの草花で埋め尽くされるのだとか。

Photo_20200830224001 Photo_20200830224002 Photo_20200830224003Photo_20200830221301

遠目からは緑一色に見えたムーミン谷も実は色んな高山植物があちらこちらに。
俗世で過ごしているとついつい見過ごしがちですが、こういった小さな植物の優しい姿を拝める幸せをムーミン谷で味わうことが出来、この日にこの地に降り立ったことの奇跡に感謝すべきですね。
ムーミン谷に来た俗世から逃れてきた旅人のみが味わえるこの感動、この時ばかりは俺はスナフキンになりきってます。

ムーミン谷を囲むようにガスが漂っていますが、それはきっとこの地を俗世から隠しているからだ、と。

Photo_20200830225302 Photo_20200830225301

もう少し時期が早ければきっと「チングルマ」の群生を拝めただろうなあ、と思っていたら実は、しっかり「チングルマ」あったんですよね。

Photo_20200830225303 Photo_20200830225304

ええ、これがチングルマ。
正確にはチングルマの「果実」ですがw

この果実の様な綿毛が揺れる様が風車に似ていることから、言葉がなまって「チングルマ」になったのだとか。
でも、白い小さな花もとっても素敵で、一面にこのムーミン谷に咲き誇るチングルマの群生を是非とも拝んでみたい。
またきっとここに戻って来ることを誓って、名残惜しいですがこの地を去ることにします。

ムーミン谷こと馬場の小路の後半は打って変わっての火山状の登山道。
富士山の6~7合目の雰囲気とよく似ています。

Photo_20200830231701

30~40分程「大焼砂」と呼ばれる砂礫上の登山道を上がり「横岳」そして、焼森へと進んでいくのですが、こういった地形は本当に歩き辛い。
1歩進んだら0.5歩ずり下がるって感じで全然足が前に進まない。。。
本当気持ちが折れるorz

そんな中でもこの砂礫の中にも癒しの空間はあるもの。

Photo_20200830232201 Photo_20200830232202

コマクサ等が見頃であちこちに砂礫に負けずに根を張っている。
こんな小さな高山植物も頑張って咲いているんだから俺もここでへこたれず頑張らねば!!

Photo_20200830232501

そしてふと横を見ると先程まで居たムーミン谷が「またコソッと人生疲れたならおいで」と言わんばかりに姿を見せてくれる。
ほんのわずかな時間だったけど癒しの時間と空間をありがとう。
またいつの日か必ずこの地に!

そんな素敵なムーミン谷こと馬場の小路でしたが、実はですね。。。
隠していたわけではないんですが、何度となくあの警告は頂いていたんですよ。
駒ヶ岳八合目の山小屋の地点で分かってはいたんですがね。。。。

 

 

 

 

Photo_20200830231201

ええ、、、

 

 

 

 

 

クマちゃんが出没しましたよお♪(3回目)

駒ヶ岳の登山道でも見られたと言うことはこっちだとより奥地故遭遇率もかなり高くなるようで(;^_^A
ムーミン谷、癒しの空間であると言うことは野生動物たちにとっても癒しの空間であるわけですね。
出来るだけお互いの領域を荒らさない様にしないと。。。

焼森を越え、行きと同じような藪道を延々これまた30~40分格闘しつつ、無事八合目に戻ってきました。
10時30分に出て、14時過ぎには着いたので、思ってた4時間~5時間よりも早く到着。もっとゆっくりしていたつもりだったんだけどなあ。

やっぱり俺って現世でちょっとセカセカし過ぎているんだろうなあ。。。

この後は疲れた体を癒しに乳頭温泉郷に向かうことにします。

続く



十和田八幡平国立公園を一人静かに巡る旅

黒石、小坂編
新玉川温泉編
秋田駒ヶ岳編


にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

« 十和田八幡平国立公園を一人静かに巡る旅(秋田駒ヶ岳編) | トップページ | 十和田八幡平国立公園を一人静かに巡る旅(駒ヶ岳温泉編) »

旅行日記(②東北)」カテゴリの記事

コメント

あんな石がガラガラ崩れ落ちるような場所を歩くだなて…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
私だったらビビって無理かもしれません。
でも、その後にご褒美のような素敵な景色が待っていたのですね♪
確かに平和な風景はムーミン谷の雰囲気ですね。

チングルマ、花じゃなくて果実ということは、このフワフワしたのはタンポポの綿毛のようなものということでしょうか?
初めて見たけど可愛らしい!

Re:ナユタさん、 地図にも滑落注意の印が付いていたのを後で知った位の場所だったようで、正直焦りましたね。
でもまさかここまでとは思いませんでしたけど(-_-;)
こんな危険な所を越えて出会えたムーミン谷は本当俗世間と切り離された別世界でした。
チングルマ、白い花が一面に咲き誇るのもまた素晴らしいらしいので、今度行く時にはもう少し早い時期に訪れることが出来たらなあ、とは思いますが、この綿帽子の様な果実も味があって良いですよね♪

こんばんは。
俗世から離れたようなムーミン谷の優しい風景、写真を見ている
だけでも癒されます。簡単に行ける観光地にしか行くことがない
自分にとってはこういう風景に出会えることがめったにないので、
とても楽しませてもらいました。
それにしても人もいないガスで視界の悪いところへ行くのは
勇気がいりそう。熊が出たりしないの?と思いながら読み進めて
いたのですが、最後の写真を見て、やっぱりと思ってしまいました(笑)

Re:Junjiroさん、ここ駒ヶ岳に来たら是非とも足を踏み入れたいな、と思っていた憧れの地だったので、一人この地に降り立てた感動に暫し身を任せてしまってました。
俗世で荒んでいたのもあって、ここでのわずかな時間は本当心の洗濯にピッタリの場所でしたよ。
クマちゃん、安定の登場でしたが、目の前に出たらきっとパニくると思います(;´Д`A ```

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 十和田八幡平国立公園を一人静かに巡る旅(秋田駒ヶ岳編) | トップページ | 十和田八幡平国立公園を一人静かに巡る旅(駒ヶ岳温泉編) »

フォト

兄弟サイト

リンク先

  • Amyの let's enjoy life♪
    ココログでお世話になっています。 旅行を沢山楽しまれている様で旅行記楽しく拝見させていただいております。
  • Junjiroの旅時々日常
    日本全国津々浦々を飛行機や列車を使って旅されている旅好きな方です。 弾丸での島巡り、いつも楽しく拝見させてもらい、ちょくちょく参考にさせてもらってます♪
  • kenzoブログ ~ いつもココロにカメラを ~
    ゆうきさんつながりでお世話になっています。 よろしくお願いします。
  • 三十路手前の手前味噌
    ココログでお世話になっております。 気が付けばどこかに行ってらっしゃる、、、 超アクティブな女性の旅行記です。
  • 単行列車の枕木に揺られて
    列車や船旅をメインに日本中色々巡られているトラベラーさんです。
  • 笑っていこうよ!
    ココログ時代からお世話になっているゆうきさんのブログです。 トコトコ散歩シリーズはゆうきさんならではの散歩目線で面白く拝見させていただいております。 天下の散歩ブロガーさんです♪
  • 青空生活
    ココログでお世話になっております。 写真一枚からでも多くの風情を感じさせる素敵な写真を撮られておられるブロガーさんです。

楽天トラベル

無料ブログはココログ

ランキング

  • ランキング