« ハルハナ(春花)息吹く泉北緑道 | トップページ | 山と川を楽しみ尽くせ、徳島…つるぎ、美馬編 »

2021年4月11日 (日)

山と川を楽しみ尽くせ、徳島…太龍寺編

もう一つのサイトも更新中♪


ETERNAL  WIND~永遠に吹く風~

陽だまりのような保育ありがとうございます
伊東歌詞太郎 ワンマンライブツアー2021「プレアデス」

山と川を楽しみ尽くせ、徳島シリーズ

剣山編
東祖谷編
西祖谷編
大歩危編
阿波池田、脇町編
上勝編
太龍寺編←今回


山犬嶽から那賀町まで小一時間のこれまた山道責めで次の場所へ向かいます。
四国霊場20番札所の鶴林寺の近くの峠道を抜けて、那賀川沿いまで降りてくると急に視界が広がり、目の前に大きな山が見えてきます。
その麓にあるのが道の駅「鷲の里」

ここに車を停めてこれから向かう場所が目の前にそびえる大きな山標高618メートルの「太龍寺山」

えっ、またまた登山ですか!!??

 

いやあ、さすがに2回もはねえ。。。
出来なくはないけどきっと次の日からグデングデンなので、今回は山登りはせずに、「文明の利器」を使って太龍寺山に行こうと思います。
と言いますか、正確には太龍寺山ではなく「太龍寺」に行くのですがね♪

四国霊場21番札所にあたる太龍寺、「西の高野」とも呼ばれ高野山奥の院と配置まで似ているのだとか。またこの太龍寺のある場所は全受注の通り太龍寺山の山上にあるため、遍路転ばしの異名を持つほどお遍路さんには厳しい山寺だったのですが、これから使う「文明の利器」のおかげでなんとも楽ちんに訪れることが出来るようになりました。

それが、こちら↓

Photo_20210411152001

太龍寺ロープウェイ

西日本最長のロープウェイで、途中にある鉄塔支柱はなんと「世界一の大きさ」なんだと!!
料金もなかなか気合いの入った値段で往復で2600円ですがお布施と思って奮発しちゃいましょう♪

それでは早速暫しの間、太龍寺までのショートトリップへ!

Photo_20210411153301

道の駅「鷲の里」に併設されているロープウェイの駅から出発早々に那賀川の河川を跨いで太龍寺山に向けぐいぐい上がっていくロープウェイ。
そして世界最大の鉄塔支柱!ここを通るときのグラッ感が堪らん♪

Photo_20210411153501

太龍寺山が見えてくると、いくつかのオブジェが見えてきます。

子後に住んでいたと言われるニホンオオカミの原種や、山防人と呼ばれるわっか上のオブジェ、そして舎心ヶ嶽に鎮座する「求聞持法(ぐもんじほう)修行大師像等、ロープウェイの後半は外の風景から目が離せません!!

Photo_20210411160301 Photo_20210411160302

緑の青青とした森林帯を越えて少し下がったところが、終点の太龍寺駅です。
こんな山を越えた先にお寺があるとは弘法大師空海が修行の地に選んだだけのことはありますね。

早速太龍寺本堂を参拝したいと思います。

Photo_20210411164101 Photo_20210411164102

本堂までの参道の階段は80段、石段の左隅に人生の節目の記載もあって、階段一つ一つに人の人生の往生を噛みしめながら上がっていくと本堂に到着。

Photo_20210411165301

この本堂だけでも太龍寺の厳かな雰囲気を十二分に味わえますが、このお寺の魅力は「西の高野」と呼ばれる所以と言われる太龍寺大師堂。

西の高野、そう、高野山奥の院の御廟と同じ配置で各御堂が並んでいるのです。
まさしく、阿波奥の院と言っても過言ではない!!
高野山奥の院は写真などは不可ですが、こちらは指定無しなので、高野山奥の院に行かれたことのある方もない方も、こういう感じなのかあ、と感慨深くお参りすることが出来ますよ。

Photo_20210411210301

御廟橋、そしてその奥にある拝殿(太師堂、奥の院では燈籠堂)まで雰囲気そっくり。
御堂の大きさはさすがに段違いではありますが、、、

Photo_20210411210701

↑こちらが本家奥の院の御廟橋。これ以降奥の院では写真不可な場所とされています。

では、奥の院に行かれた方もそうでない方も、奥の院の拝殿、そして御霊の雰囲気をここ太龍寺で味わっていただきましょう。。。

Photo_20210411210901 Photo_20210411210902Photo_20210411211801Photo_20210411212401

拝殿もこじんまりながら拝殿に模された彫刻がなんとも凄い。
燈籠も拝殿を囲み、本家と同じように時計回りに拝殿の裏側に回っていきます。
東西南北に参拝者を待ち構えているかの如く、白虎?やガネーシャ?のような神話生物が拝殿を見張っておられます。
そして、拝殿の裏には「御廟堂」が鎮座しております。

Photo_20210411212501

この配置が全く高野山奥の院と同じ。
高野山の神聖な奥の院の世界をここ太龍寺でも味わえるとは、なんともありがたい。。。

他にも太龍寺には多宝塔、六角経蔵など広大な敷地内に見所たくさん。
ロープウェイもおおよそ20分ごとに動いているので、時間を気にせずお参り出来るのもありがたい。
とはいえ、自分には実はそれほど時間が無い。。。

と言うのもどうしてもある場所をリベンジしておきたい、と前日の宿で決めたため、昼過ぎにはこの地を発たなければならないのです。
次回、最終回!

今回訪れた場所

太龍寺ロープウェイ
太龍寺

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

« ハルハナ(春花)息吹く泉北緑道 | トップページ | 山と川を楽しみ尽くせ、徳島…つるぎ、美馬編 »

旅行日記(⑨四国)」カテゴリの記事

コメント

太龍寺のロープウェイ、強気の値段設定ですねぇ…。
でも、遍路転がしなんて呼ばれているところを登るくらいだったら、ロープウェイ使うしかないですもんね。

太龍寺、こんなに高野山に似せて作られているなんて知りませんでした。
どちらも弘法様が建てられたからなのか、高野山に行かずとも高野山を詣でられるようにとの配慮なのか、その辺の歴史的背景が気になります。

この辺はお遍路転ばしと言われる地域ですものね。
このロープウェイ怖いですなあ・・・。写真だけで足がざわざわしました。。。。乗れない・・・

こんばんは。
ロープウェイ、高いですね!!
でも、これだけ高いと、それだけ楽しませてくれるものが
沢山あるのでは?!と期待してしまいます。

四国巡礼もいつか行ってみたいです~

Re:ナユタさん、なかなかブルジョアな金額設定ではありましたが、あの山を上っていくならまあ、お布施代として(笑)
太龍寺はこの地で若かりし弘法大師空海が修行をした場として有名らしいですよ。
歴史の疎い俺で申し訳ない(;´Д`)

Re:ゆうきさん、お遍路転ばし、俺全く知りませんでした。こういった遺産や歴史にはとんと疎い自分でありますorz
ゆうきさん、高いところ苦手なんですね。実は俺は結構好きだったりします(^◇^;)
でもやっぱりひょえー!!とはなりますけどw

Re:はな☆さん、なかなかの値段設定ですよね。まあ太龍寺は無料参拝できるのでその半分くらいは入山料ということにしておいて(笑)
なかなか境内も色々見所があって太龍寺侮れないですよ。
四国八十八ヶ所巡り、どれくらいかかるんでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハルハナ(春花)息吹く泉北緑道 | トップページ | 山と川を楽しみ尽くせ、徳島…つるぎ、美馬編 »

フォト

兄弟サイト

リンク先

  • Amyの let's enjoy life♪
    ココログでお世話になっています。 旅行を沢山楽しまれている様で旅行記楽しく拝見させていただいております。
  • Junjiroの旅時々日常
    日本全国津々浦々を飛行機や列車を使って旅されている旅好きな方です。 弾丸での島巡り、いつも楽しく拝見させてもらい、ちょくちょく参考にさせてもらってます♪
  • kenzoブログ ~ いつもココロにカメラを ~
    ゆうきさんつながりでお世話になっています。 よろしくお願いします。
  • 三十路手前の手前味噌
    ココログでお世話になっております。 気が付けばどこかに行ってらっしゃる、、、 超アクティブな女性の旅行記です。
  • 単行列車の枕木に揺られて
    列車や船旅をメインに日本中色々巡られているトラベラーさんです。
  • 笑っていこうよ!
    ココログ時代からお世話になっているゆうきさんのブログです。 トコトコ散歩シリーズはゆうきさんならではの散歩目線で面白く拝見させていただいております。 天下の散歩ブロガーさんです♪
  • 青空生活
    ココログでお世話になっております。 写真一枚からでも多くの風情を感じさせる素敵な写真を撮られておられるブロガーさんです。

楽天トラベル

無料ブログはココログ

ランキング

  • ランキング