« 秋の九州山地を巡る…宮崎県椎葉村の椎葉市街を巡ってみる | トップページ | 秋の九州山地を巡る…熊本県高森町の奥阿蘇パワースポットを巡ってみる »

2022年1月24日 (月)

秋の九州山地を巡る…宮崎県椎葉村の秘境を巡ってみる

前述の上椎葉地区はただっ広い椎葉村の中の一番の中心地。
とは言っても上椎葉のメインとなるところは、本当小さな一集落に過ぎず、細長い集落も十数分歩けば端から端まで歩ききれる位小さい。
椎葉村は他にも離れた所にいくつかの集落が点在するものの、メインの上椎葉地区でこの大きさであれば、他の地区はもっとこじんまりとしているんだろうなあ。。。

この日は午前中一杯椎葉村の点在する地区のいくつかを巡り、その後一旦熊本方面に車を走らせる予定。
食事を頂き、鶴富屋敷の主「鶴富姫と那須大八郎」像にご挨拶をし、鶴富屋敷を後にします。

Photo_20220116233901

秘境巡りのはじめは椎葉村の水がめ「上椎葉ダム」へ。
上椎葉地区から程近いところにあるようなので、早速向かってみますが、早々に山道をグネグネ上っていくほど、山の斜面にへばりつく様に椎葉中学が現れ、その横の道を進んでいくと上椎葉ダムの上に到着です。

Photo_20220123221201

日本初の大規模アーチダムで出来たのはなんと昭和30年!戦後すぐに出来上がったこのアーチダム、平成、そして令和になっても耐久性に富んだこのダムに培ってきた技術のすごさを感じずにはいられないね。
アーチの上を渡って下を眺めると、本当引き込まれてしまいそうな絶景。
対岸の高台から眺めると先ほど通った椎葉中学が。
この中学校、中学なのににゃんと「寮」があるんだと!それだけ椎葉村と言うのがスクールバスでは対応しきれないほど広大な山地にある僻地だということを実感。

Photo_20220123221202Photo_20220123221203

上椎葉地区を一通り見て回ったので、ここから「松尾地区」及び「十根川地区」の2つの地区の秘境を味わいに行こうと思います。
この2地区がある椎葉村の北半分の一部でもかなりの移動距離となり、この日の時間を考えるとこれ以上の地区巡りは厳しいなあ。
まだまだ未開の僻地椎葉、これは再訪を誓わねばなりません。

国道265号から327号へ車を走らせると日向方面。
松尾地区は327号を下って行った先にある日向方面からの東側の椎葉の入り口に存在する地区にあたります。

松尾地区には「仙人の棚田」と「松尾の大イチョウ」が見所だと。
先ずは仙人の棚田へ!と展望台のある方に車を走らせてみるが、ナビの方向には道もなく結局離合不可で切り返しも出来ない道が続くので、ギリギリのところで折り返すことに。。。
ナビではたどり着けない棚田の展望台、、、さすがは椎葉。
次来るときには徹底的に道調査するぜ!!
なので、今回は「松尾の大イチョウ」を目指すが、、、

 

こっちも場所が不明、、、

 

 

ナビもあてにならないので、自分の勘を信じ一旦来た道を戻ったりして、ここか、と言う狭い急坂&ワイディングを進んでいくと、とんでもない急斜面を上ったところに一軒民家が出てきて、その横に駐車スペースが現れた。。。

ふーっ、やっと着いた。大阪の暗峠の酷道308号もすごかったが、十分張り合えるぜ!!!
流石は椎葉!!(もうこの言葉しか出てこんw)

Photo_20220123225101 Photo_20220123225102

なんとも言えない絶景地に大きく聳える「松尾の大イチョウ」
日差しを浴び、700年以上もここ椎葉の地を見下ろしているなんて、とてもロマンのある話ですよねえ。

先ほど拝むことが出来なかった棚田の方も、遠くからの展望ではなかたったけど、間近の棚田はここで拝むことが出来ました。

Photo_20220123225103

この棚田の原風景を向かいの山から拝んだらさぞかし絶景なんだろうなあ♪
ここに来たことへの敬意を表し、帰りにこの地で取れたお米を買って帰りましたw(LCCだったら重量オーバーだっただろうなw)
松尾地区に降りてくると、椎葉で昔から伝承されているであろう「椎葉神楽」のお宿?みたいな建物が。
神楽って本来は民家で舞う祭りなんだって。

Photo_20220123225104

神楽と言えば高千穂が有名ですけど、椎葉の神楽も一度見てみたくなりますね。
椎葉ではちなみに11月~12月に地区毎に神楽祭が開かれるみたい。
松尾地区での絶景探訪を楽しんだ後は、一旦国道を戻り、265号から北上し、「十根川地区」へ。

こちら「十根川地区」は椎葉の北の入り口に当たり、北上すると熊本県の山都町や宮崎県の五ヶ瀬町、そして高千穂町につながります。
上椎葉から北部側の国道は酷道と言う状況ではなく、しっかり走りやすい2車線の道路に整備されていたので、もし運転に自信がない方は北部や東部からのアクセスがいいかもしれませんね。

十根川地区は「十根川重要伝統的建造物群保存地区」に当たり、鶴富屋敷の話で出てきた那須与一宗高の弟、大八郎宗久がこの地に入り、その大八郎がこの十根川地区に陣屋を設けた場所が十根川地区の中心だったらしいです。
椎葉型と呼ばれる独特の建築様式を用いた民家群が現存していて、柿の木と共に静かな農村の一風景を絵にしてくれています。

Photo_20220123233001 Photo_20220123233002 Photo_20220123233101

この石垣と独特な瓦造りの家々がまたいい感じ♪
地区傍には「十根川神社」があり、この社殿横に大きく聳える「八村杉」がデーンと。。。
この八村杉、あの大八郎が手植えしたものではないか、と言われる由緒ある杉で国内で2番目の高さを誇るのだと。

Photo_20220123233701 Photo_20220123233702 Photo_20220123233703

写真見てもらってわかるかと思いますが、もう写真で全景を取るのは不可能が位どでかい八村杉。
それでなくとも境内に植わっている多くの木々がすでに「神木」サイズなんですが。。。
流石は椎葉!!(また言ったw)

この八村杉だけでも十分すごいけど、まだまだ十根川地区にはこの八村杉をも凌駕するような巨木が存在するのだと。。。
それが、十根川地区からさらに上ったところにある「大久保のヒノキ」。。。

Photo_20220123233901 Photo_20220123234001 Photo_20220123233902

なんじゃ、これは。。。

 

すでに木と言うより「妖木」、いやこれぞまさしく「神木」だあ!!!!
ドスの利いた声で何かしら迫ってきそうな迫力のある大久保のヒノキ。。。
こんな木々が椎葉だけに存在しているなんて、椎葉はやっぱり神々に守られた人間が立ち入るのを憚る勢いがある、、、

流石は椎葉!!www

 

数十年前前だったら絶対訪れるだけでも一苦労したであろう秘境「椎葉村」
まだまだ椎葉の秘境世界を味わいたいが時間がそれを許してくれない。。。
また椎葉村を組み込んだ旅を考えることにしよう、、、

そう心に誓い、秘境椎葉を後にすることにします。

今回の行程

上椎葉(鶴富屋敷)~上椎葉ダム~松尾地区(仙人の棚田、松尾の大イチョウ)~十根川地区(八村杉、大久保のヒノキ)
※仙人の棚田展望台は断念。。。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

秋の九州山地を巡る

熊本県美里町の石橋群
熊本県美里町の日本一の石段
熊本県八代市泉町の五家荘
宮崎県椎葉村の椎葉市街
宮崎県椎葉村の秘境←今回

参考サイト

椎葉村観光協会
鶴富屋敷

« 秋の九州山地を巡る…宮崎県椎葉村の椎葉市街を巡ってみる | トップページ | 秋の九州山地を巡る…熊本県高森町の奥阿蘇パワースポットを巡ってみる »

旅行日記(⑩九州)」カテゴリの記事

コメント

さすがは椎葉!(合言葉)
70年近く前のダムが現役とは、すごすぎですね。
中学生から寮生活、通学が大変とはいえ、まだ十分子どものうちから寮生活も大変そうです。

植物とか自然の見学スポットって、ナビで設定できないことが多いから、探すのに苦労しますよね…。
うーん、私は方向音痴だから絶対たどり着かない!

十根川神社、これは雰囲気ありますねー。
写真からも神域の雰囲気が伝わってきます。

こんばんは。
1日目に続き、2日目もすでに秘境をたっぷり巡られていますね。
自分は交通アクセスのいいメジャーな観光地ばかりに行っているので、
ブログを読んで、自分では行くことのできない秘境を楽しませてもらっています。
でもやっぱりこうして読むと、行きたくなってしまいますね。

Re:ナユタさん、そう、さすがは椎葉!!な世界を堪能させていただきましたわww
中学生にして独り立ち。。。自分ならできていたんですかねえ、、、田舎の子の逞しさを感じます。
この棚田の展望地、是非とも行ってみたかったんですが、今回はお預け。是非また訪れてみたいと思います。
十根川地区の雰囲気、秘境の中でもたくましく生きてきた地域がゆっくり時の流れの中無理なく進んでいる感じでよかったです。この神社の世界が間近で拝めるなんて椎葉の人達が羨ましいです。

Re:Junjiroさん、椎葉村、一度は来てみたかった場所だったんで、願いが叶い大満足の旅となりました。
最近はコロナ禍でなかなか両手振って旅が出来ない中、静かに人との触れ合いを避けつつ出かけられる場所を探す旅が主流になってしまってますが、これもまたイトヲカシでいいなあ、と思っている自分がいます。
でも早くアクティブな旅も再開したいですけどね。

しばらくぶりのコメントになっちゃいました。
・・・かなりな繁忙期であまり書く気力が・・・(笑)

神楽宿・・・なんか右側にいる人形に凄くびっくりしたんですけど・・・・見えても良いやつですかコレ( ̄▽ ̄;)

九州って何だか独特な雰囲気を感じます。神様がいる感じというか・・・

Re:ゆうきさん、繁忙期、お疲れ様です。無理な去りませんように。
俺は逆に無理が祟ってしまいました。。。

神楽宿の人形、、、なんと言っても神楽に来られる神様ですからw
来ていただかないと困るんですww
九州はまさしく神降臨する地ですよ。ここ椎葉の近くはあの「高千穂」ですからね♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋の九州山地を巡る…宮崎県椎葉村の椎葉市街を巡ってみる | トップページ | 秋の九州山地を巡る…熊本県高森町の奥阿蘇パワースポットを巡ってみる »

フォト

兄弟サイト

リンク先

  • Amyの let's enjoy life♪
    ココログでお世話になっています。 旅行を沢山楽しまれている様で旅行記楽しく拝見させていただいております。
  • Junjiroの旅時々日常
    日本全国津々浦々を飛行機や列車を使って旅されている旅好きな方です。 弾丸での島巡り、いつも楽しく拝見させてもらい、ちょくちょく参考にさせてもらってます♪
  • kenzoブログ ~ いつもココロにカメラを ~
    ゆうきさんつながりでお世話になっています。 よろしくお願いします。
  • 三十路手前の手前味噌
    ココログでお世話になっております。 気が付けばどこかに行ってらっしゃる、、、 超アクティブな女性の旅行記です。
  • 単行列車の枕木に揺られて
    列車や船旅をメインに日本中色々巡られているトラベラーさんです。
  • 笑っていこうよ!
    ココログ時代からお世話になっているゆうきさんのブログです。 トコトコ散歩シリーズはゆうきさんならではの散歩目線で面白く拝見させていただいております。 天下の散歩ブロガーさんです♪
  • 青空生活
    ココログでお世話になっております。 写真一枚からでも多くの風情を感じさせる素敵な写真を撮られておられるブロガーさんです。

楽天トラベル

無料ブログはココログ

ランキング

  • ランキング