« 秋の九州山地を巡る…熊本県山都町の九州のへそを巡る | トップページ | 常磐線沿いお上り旅…浪江、富岡、いわき(四ツ倉、平) »

2022年3月21日 (月)

常磐線沿いお上り旅…南相馬

この日記を書く数日前、まさかの東北での大地震。
奇しくも3.11の東北大震災と時期も重なり、驚きとそして何の因果なのかと世の中の不条理に苛まれての記事アップ。
そう、今回から始まるのは昨冬に出掛けた常磐沿線を上る旅行記。

旅を決めたのはこれまた旅発つ10日ほど前。
有休の調整を行っていたところ、自分の休みをもらっていた前後は誰も休みを取っておらず、ならば有休も結構残っているし頂いても良い?と言うことで土日を入れての4連休が出来たわけでございます。
それなら、伊東歌詞太郎のライブ、大阪でも行ったけど東京のファイナルもチケットまだ取れそうだし、行こうかな??となりどの地域を他の日に巡るかと色々考えたわけです。

本当は北関東(群馬、栃木、茨城)を巡るつもりだったんですが、ここであるトラブルが。。。
宿を取ろうとしていた時、職場の先生より「コロナ濃厚」の連絡が入り、これは有休キャンセルか、、、
という状況が発生し、一旦旅の旅程設定を中断したのですが、5日前に「濃厚接触に当たらず」と言うことで休みはそのまま取れる状況となって、よしそれでは、、、と予約サイトを見ると、目ぼしいところは埋まっており、飛行機の値段も厳しいと来た。。。
北関東に行くなら茨城空港のスカイマークは!?と調べるも結構強気の設定(-_-;)
成田便もスカイマークと変わらないし、羽田便は言うまでもなく。。。

前回結構贅沢したので、今回の旅は出来るだけ節約で行こう、と思ってケチケチモードで設定していただけに根本的に考え直すか、とピーチのHPを見ると仙台便が成田便よりもグーンと安く5000円台ときた。
復路は成田便でこれも結構安い値段でゲットできそうなので、往復15000円前後。

よし、ならこのルートで宮城から東京に下るルートで移動しよう!!
そこでスポットが当たったのが、東京と宮城をつなぐ「常磐線」ルート。

常磐線ルート上にはあの「福島第一原発」を含む福島県浜通りも通る。。。
いままでいろいろな地域を旅してきた大樹もこの「浜通り」は全くの未踏の地。

原発復興の町の様子も見てみたいし、よし!このルートで決定だ!!

 

と言う前置きがあり、今回のルート設定と相成りました。
それでは常磐線沿いを巡る旅のスタートです。
あっ、地図上では宮城から東京には「下って」おりますが、鉄道路線では大都市→地方方面を「下り」反対に、大都市に向かう方向を「上り」と言うらしい。。。なので今回は「常磐お上り旅」といたしたいと存じますm(__)m


もう一つのサイトも更新中♪

ETERNAL  WIND~永遠に吹く風~

大きな株のお話…確定申告をしてきました。

こころのねっこを広げて


12月に入って、朝夕冷える久しぶりの関西空港。
国際線が飛ばなくなって、関西空港もそれはそれは寂しい限り。
それでもピーチが発着する第2ターミナルはそこそこ搭乗客がおり、ちょっと一安心。
飛行機も朝のピーチタイムでズラっと♪

Photo_20220320222501

飛行機は定時に出発し、8時40分に仙台空港着。
ここからバスと電車を乗り継ぎ福島県に入ります。
列車メインの旅も久しぶり♪
時刻表をチェックして1時間に1本の常磐線でのんびり常磐線を南下していきます。

Photo_20220320223302 Photo_20220320223301

仙台空港からバスで着いた常磐線の起点「岩沼」駅。
この駅から仙台までは東北本線に乗り入れるみたいで、路線としてはここから東京の上野駅までを常磐線と名乗るみたいです。

駅前には松尾芭蕉の「桜より松は二木は三月越し」の句碑と共に映画「バクテン」の宣伝ポスターの新旧で岩沼をアピール。
ちょうど令和4年の4月から深夜アニメで放映されるみたいです。

オリジナルTVアニメ「バクテン」
岩沼市HP

近くには二木の松があるようですが、1時間に1本の電車を逃す可能性があるのでまたの機会にし、列車の到着を待ちます。
やってきたのは緑色のラインの仙台地域でよくみられる列車。
しかーし、まさかのロングシートですか(;´・ω・)

ここから終点の原ノ町と言うところまでガタゴト1時間ちょっと。。。
なんとも長閑な列車旅であります('◇')ゞ

Photo_20220320225001Photo_20220320225101

終着駅、原ノ町駅。
ここは「南相馬市」の中心地。
どうもここ南相馬市までが仙台の交通圏に入るようです。
南相馬市の北側に宮城県と接する「相馬市」があるのですが、見所はこちら「南相馬市」の方が多そうなので、ここでちょっと列車旅からレンタカーに乗り換え福島県を下っていこうと思います。

先ず向かったのは「南相馬市博物館」と「雲雀ヶ原祭場地」

南相馬市博物館

ここ南相馬市の一番の名物と言えば「相馬野馬追」
南相馬市博物館ではその馬追と南相馬の発展の歴史を学ぶことが出来ます。

Photo_20220320225501 Photo_20220320230301 Photo_20220320230302 Photo_20220320230303

そして、この博物館すぐそばにあるのが「相馬野馬追」が行われる「雲雀ヶ原祭場地」

Photo_20220320225502

ちょっとした広い運動場と言うか競馬場と言うか。。。
ここであの有名な馬追神事が拝めるんですね。

毎年暑い夏の真っ只中の7月に行われる相馬野馬追、一度見てみたいものですね。
街中を練り歩く騎馬武者行列、ワクワクしますよね。

さて、その馬追の出陣の地と言うのがここ相馬地区に3社あり、ここ南相馬にある「相馬太田神社」にも立ち寄っていこうと思います。
「相馬太田神社」「相馬中村神社」「相馬小高神社」の相馬三妙見神社の総本宮であるここ相馬太田神社には大きな大木と共に白馬の御神馬も祀られていてとても荘厳な雰囲気な神社であります。

Photo_20220320231802 Photo_20220320231801 Photo_20220320231803

続いては南相馬野「小高地区」にある「大悲山の石仏」群へ。

「観音堂石仏」「薬師堂石仏」「阿弥陀堂石仏」を総称して大悲山の石仏」と言われ、日本三大磨崖仏らしいですが、その謂れは全く分からないというなんとも神秘的な場所です。

薬師堂石仏は緑に苔生した岩の剥落がはげしいものの、他の2か所は彫り込まれた石物群の凄さを味わうことが出来ますよ。

Photo_20220320233801 Photo_20220320233802 Photo_20220320233901 Photo_20220320233804 Photo_20220320233902

これら石物群が彫られたのは今から1000年以上前の平安時代前期とされ、よくぞこの令和の世まで現存出来たものだ、と感動。
岩に彫られ命を持った石仏の皆々様はこの現世をどのようにご覧になってらっしゃるのでしょうね。。。

周辺は晩秋から初冬に季節の移り変わりを示すかのように木々が赤く染まり旅情を掻き立ててくれますが、そろそろ次の地域に向かうことにしましょう。。。

参考サイト

南相馬観光協会
南相馬市観光情報サイト
小高観光協会

続く

今回の行程

仙台空港~岩沼駅~(JR常磐線)~原ノ町駅~南相馬市博物館、雲雀ヶ原祭場地~相馬太田神社~大悲山の石仏群

仙台空港から~原ノ町駅(仙台空港~岩沼駅間はバス)

南相馬市内(原ノ町駅~南相馬市博物館、雲雀ヶ原祭場地~相馬太田神社~大悲山の石物群)

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

« 秋の九州山地を巡る…熊本県山都町の九州のへそを巡る | トップページ | 常磐線沿いお上り旅…浪江、富岡、いわき(四ツ倉、平) »

旅行日記(②東北)」カテゴリの記事

コメント

昨年冬に関東、東北方面にいらしていたんですね。
関係者の濃厚接触の件、それにあたらなくてよかったです!
うまく素敵な行先&ルートを見つけましたね~
東北、いいところなのにまた地震、気の毒な限りです。
常磐線、そんな先までは乗ったことがありません。相馬市も。
興味深く拝見いたしました(^-^)/

Re:Amyさん、急遽決めたので、ギリギリまで行程をどうするか悩みました。
東京でライブが週末にあったので、それに合わせての行程となったので、時間は限られてしまいましたが、福島の浜通りに足を運ぶことが出来、また新たな知見を得られました。

常磐線、自分も東京に住んでいたころ名こそ知っていたもののあまり御縁のない路線だったので、今回制覇でちょっと乗り鉄?モードです(笑)

東北の地震、早くまた落ち着いてくれると良いんですけどね。
そういえば、東京の方、電力がひっ迫してきているとか。。。大丈夫でしょうか?

行先が関東から予定が変わったという話、今回の内容を見て分かりました!
そういうことだったのですね!
福島、地震の影響が比較的少なかった喜多方方面は何度か行きましたけど、沿岸部は行けてないんですよね。
相馬駅に相馬野馬追の像が昔あったけど、今もあるのかな…。

日本三大磨崖仏、最近磨崖仏を見た身としては気になるところです。

Re:ナユタさん、そうなんですよ。
栃木はまたきっと訪れることできると信じているのでその時まで楽しみに取っておきます。
浜通り、これだけ日本各地巡っていながら全くの未踏地&原発の被害地なので、なかなか訪れることが出来ず、震災後10年経ち、やっと訪れることが出来ました。
相馬馬追像、原ノ町駅前にそれらしい像がありましたが、相馬駅の方にもあるのかな?

日本三大摩崖仏、規模はきっとここが一番小規模だと思いますが、逆にそれが神秘性を帯びていて歴史的価値も高くなっているのでしょうね。

3.11の二年後に、相馬野馬追を見に行きました。
そのころは、観客も少なくて、見やすかったのですが、
震災の数年後の野馬追は、すごい人が集まっていたそうです~
毎年行っている友人が、宿を抑えるのに一苦労みたいでした。

先日の大きな地震には驚きましたよね。時期も同じでしたし・・・
丁度NHK見てたので緊急地震速報の音と共に、その範囲が数秒ごとにどんどん広がっていくのが写ってて恐ろしかったです。これきりで収まるといいのですが。。。

昨年は東北にも行ってたのですね!
常磐線・・・どんなトコなんだろ。
北へ向かう感じですかね。美味しいもの出てくるかなー(笑)

Re:はな☆さん、やっぱり野馬追は人気なんですね。
一度傍で見てみたいな。
相馬の地域もこれからどんどん復興から立ち直って賑わう地域になってもらいたいですね。

Re:ゆうきさん、本当びっくりしました。まさかのこのタイミングで、、、
何かしら地球からのメッセージ何でしょうか、大自然の怖さを再認識した次第です。
はじめは東北、福島は予定になかったんですけど飛行機の値段で仙台から下って上京することにしまいた。
なので、残念w
北上するのではなく、南下するのであります(笑)
今回はかなりの節約旅なので地物はあまり出てこないかもですが、ホテルの飯はUPしようかなw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋の九州山地を巡る…熊本県山都町の九州のへそを巡る | トップページ | 常磐線沿いお上り旅…浪江、富岡、いわき(四ツ倉、平) »

フォト

兄弟サイト

リンク先

  • Amyの let's enjoy life♪
    ココログでお世話になっています。 旅行を沢山楽しまれている様で旅行記楽しく拝見させていただいております。
  • Junjiroの旅時々日常
    日本全国津々浦々を飛行機や列車を使って旅されている旅好きな方です。 弾丸での島巡り、いつも楽しく拝見させてもらい、ちょくちょく参考にさせてもらってます♪
  • kenzoブログ ~ いつもココロにカメラを ~
    ゆうきさんつながりでお世話になっています。 よろしくお願いします。
  • 三十路手前の手前味噌
    ココログでお世話になっております。 気が付けばどこかに行ってらっしゃる、、、 超アクティブな女性の旅行記です。
  • 単行列車の枕木に揺られて
    列車や船旅をメインに日本中色々巡られているトラベラーさんです。
  • 笑っていこうよ!
    ココログ時代からお世話になっているゆうきさんのブログです。 トコトコ散歩シリーズはゆうきさんならではの散歩目線で面白く拝見させていただいております。 天下の散歩ブロガーさんです♪
  • 青空生活
    ココログでお世話になっております。 写真一枚からでも多くの風情を感じさせる素敵な写真を撮られておられるブロガーさんです。

楽天トラベル

無料ブログはココログ

ランキング

  • ランキング