旅行日記(③関東)

2022年5月15日 (日)

常磐線沿いお上り旅…水戸

2回ほど途中下車をして高野山参拝道シリーズをぶっこんでしまいましたが、ここから常磐線沿いお上り旅シリーズ復活であります。

高野山京大坂道トレッキング…九度山~学文路
高野山京大坂道トレッキング…学文路~女人堂

この日で一応常磐線の終点まで向かう予定ではありますが、出発の前にここ泊まった水戸の中心地を巡ってみたいと思います。
徒歩圏内でも色々見どころは固まっていて、そんなに時間はないものの、出発予定の10時半まで出来るだけ水戸を攻めてみたいと思います。

今までの常磐線沿いお上り旅シリーズ

南相馬
浪江、富岡、いわき(四ツ倉、平)
いわき(湯本)
北茨城
いわき(勿来、小名浜)

朝一から動き回るわけですから、しっかり朝からホテルでの食事を頂きます♪

Photo_20220515203301

器に色々入れてくれており、一部はビュッフェスタイルですが移動もしなくていいので、本当助かります。
ホテルの値段も良心的だったし、古さを除けばコスパ最高!

さあ準備も万端、早速早朝の水戸市街を探検スタート。
まだ朝の7時半。先ずは徒歩圏内でいける一番遠いあの場所へ向かうことにします。

途中、カエルちゃんが祀られている神社に立ち寄ったり、参道ぽいのに明らかに住宅街みたいなところを通っていくこと30分弱、おっ、もしかしてあそこが入り口かな??

Photo_20220515205401

どうやら無事到着したようです。
着いた先は「偕楽園」、岡山の後楽園、金沢の兼六園と並ぶ三大庭園の一つですよね。
これで念願の日本三大庭園無事制覇であります。
早速入場料を払って。。。

と思ったら??

 

 

誰もおらへん。。。orz

 

 

しかし、見事に公園内はオープンしている。
まあ、あとで言われたら支払ったら良いか、とお邪魔することにします。
(開園時間は朝7:00~。夏場は6:00~)

偕楽園は花の偕楽園ともいわれ、特に早春の頃に咲き乱れる梅林が人気の庭園ですが、初頭の偕楽園ではまだ早すぎでしたねww
しかし竹林や杉林なども季節を問わず心癒す静空間を見事に演出してくれます。
早朝からの庭園散歩もなかなか洒落たものであります。

水戸藩九代藩主、徳川斉昭により造られた兼六園、「陰」と「陽」を意識した庭園構成は皆を楽しませるというまさしく偕楽園の趣旨を最大限に活かせているのを五感で感じることが出来る庭園でした。

日本三名園 偕楽園

Photo_20220515212101 Photo_20220515212102 Photo_20220515212103 Photo_20220515212104

続いては東門そばにある「常磐神社」、偕楽園を造った徳川斉昭と水戸の御老公こと徳川光圀公を祀るとあって朝にもかかわらずそこそこ来られた方達が参拝されておられました。
神殿もさすがの大きさ、水戸藩の影響力ってすごいですね。

Photo_20220515215701

そうそう、結局偕楽園は朝の9時までに入園してしまえば「無料」らしい。
皆さん、偕楽園訪れるなら早朝がおすすめですよ。
偕楽園はここだけかな、と思ったお方、いえいえ。。。
実は常磐線を跨いだ先も偕楽園公園、千波公園として整備されていて一緒に散策しておかないと偕楽園を堪能したとは言えません。
水戸駅方面に戻るのに同じ道ではつまりませんしね。
公園内には斉昭や光圀公の像もあり、ここが「ザ・水戸」であることを実感(笑)
千波池には多くの水鳥達がなんとも気持ちよさげにスイスーイw

Photo_20220515220301 Photo_20220515220302 Photo_20220515220401

とのんびりしていたらもう9時過ぎている、ちょっと時間押し始めたので、急いで駅の方へ戻ります。
駅近くまで戻ってくると水戸東照宮たるものが。
これは立ち寄っておきましょう!

Photo_20220515220901 Photo_20220515221001

東照宮を名乗るだけあって、徳川家康公を祀っている水戸東照宮。
鳥居も神殿もなんかめっちゃ派手派手しいねんけどww
流石は時代の栄華を感じる作りですね。
斉昭が発明したとされる日本式戦車「安神車」もあり、ちょっと独特な雰囲気の神社を後に、「水戸学の道」沿いを散策してみようと思います。

Photo_20220515221401

とんでもなくどでかい銀杏を横目に水戸学の道を進んでいくと、斉昭公が開いたという「弘道館」に到着です。
日本最大級の藩校であり、徳川幕府最後の将軍、徳川慶喜公も幼少時ここで学びを受け、そして大政奉還後はここで謹慎生活を送った場所でもあると。。。

日本最大の藩校 弘道館

Photo_20220515221901 Photo_20220515221902

歴史はやや苦手な自分ですが、幕末の激動の歴史は色々変化があって結構好き♪
水戸学の道沿いではこの弘道館が日本遺産として登録されていますが、周辺は全て文武に関する各種学校や役所通りと化していて、通りを往時の雰囲気に作り替えていました。

Photo_20220515222901

学校に通うのに往時の大門をくぐって行けるなんてちょっとステータス感じちゃいそうw
水戸学の道をぐるっと一周したら水戸駅近く。
時間ももう10時半近く。
いい塩梅で水戸駅周辺を堪能できました。
さて、ここからはまた常磐線に乗ってある町へ向かうことにします。
ヒントは「栗」で有名なあの町です♪

Photo_20220515223201

黄門様、お世話になりました♪
水戸の町、なかなかいい所じゃないですか~!

続く

今回の行程

水戸駅~水戸偕楽園(常磐神社、千波公園)~水戸東照宮~水戸学の道(弘道館)~水戸駅

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

2022年4月29日 (金)

常磐線沿いお上り旅…いわき(勿来、小名浜)

北茨城の観光を終え、一旦いわきに戻ります。

前回の北茨城編はこちら

もう一つのサイトも更新中♪

ETERNAL  WIND~永遠に吹く風~
「Persona non grata(ペルソナ・ノン・グラータ)」
「キャッシュレスってやっぱ便利♪」

 

 

本当なら北茨城からまた南下して茨城県の他市に移動するのが普通なんですが、レンタカーを福島県内で借りている関係上、隣の県で返すとなると手数料馬鹿にならないほど高いんですよね。
しかしただ戻るだけでは時間も残っているし、いわきの南部、西部にあたる勿来、小名浜地区を巡ってからレンタカーを返すことにします。

北茨城の岡倉天心ゾーンからわずか数キロ、いわき市勿来地区に到着です。
勿来は関東と東北を分け隔てる重要な地。
奥州三関の一つである勿来関は、
「来る勿れ(くるなかれ)」と言う名の通り、これ以上先には来るな、と遠い昔の時代の民族の争いの最前線にあたる場所にあり、複雑な時代背景を知ることが出来る場所です。

Photo_20220425225901 Photo_20220425225902 Photo_20220425225903

関所のあった場所は現在公園になっており、松尾芭蕉や小野小町、紀貫之等錚々たる歌人達もこの地にて色々な歌を作っており、武将源義家の句「吹く風を なこその関と 思へども 道もせに散る 山桜かな」
は、聞いたことがある方も多いかもしれませんね。

そんな不思議な人を引き付けるよう何かしら妖艶な雰囲気を持つ来勿の地。
公園には関所跡や勿来関文学歴史館、平安調の吹風殿もあり、文学マニアそして自然散策の人にも是非とも立ち寄っていただきたい静かなスポットでございました。

勿来関跡
勿来関文学歴史館

Photo_20220425225904 Photo_20220425225905 Photo_20220425225906

公園内は紅葉も見ごろ、良い時期に訪れることが出来ました。
こんなに多くの歌人達がこの地の魅力を詠んでいるのに、マイナー感強いのは場所柄なのか??
勿来の地名通り「来る勿れ」の場所故なのか。。。

と色々思いをはせつつ、次は小名浜地区に向かいます。

小名浜にはいわきマリンタワーを有する一大公園、「三崎公園」に立ち寄ってきました。

Photo_20220425235702 Photo_20220425235703 Photo_20220425235701

うへーい!!
間近に見る太平洋の荒波!!

近くから見ても高台から見ても太平洋の迫力を壮大に感じることのできる公園、海で思いきり叫びたい人は是非ここ「三崎公園」へGO!でございますよ♪

Photo_20220425235705 Photo_20220425235704

海に突き出た展望台からの足元の絶壁!!
高いところから見るとさすがにこれは足がすくむレベルですな。。。

さて、そろそろ時間も限られてきました。
ですが、最後にどうしても立ち寄っておきたい場所があるので、もう少しだけいわきの海辺を進んでいきたいと思います。
その途中、塩屋崎灯台が時間ギリギリだけど登れそうなので、さっき小名浜の展望台に行ったにも関わらず立ち寄ってしまったw

Photo_20220426000401 Photo_20220426000501 Photo_20220426000502

ちょうどこの地辺りで雨と晴れ間がきれいに分かれているのがわかるタイミングに遭遇。
近くから雨が降っている場所がピンポイントで拝めるシーンは貴重ですね。

駆け足で塩屋崎灯台に立ち寄りましたが、ここから数分のところにあるのが今回のいわき観光の最後の〆、

「いわき震災伝承みらい館」

東北大震災に伴う津波被害の伝承を先の世代にしっかり伝えていく大きな命題を抱えて作られたこの施設、東京電力の廃炉資料館は震災に伴う原発事故の伝承がメインでしたので、東北大震災の大枠をしっかり再度自分の頭に叩き込みたく立ち寄った次第。
リアルな津波の映像などショッキングなのもありますが、自然の持つ色々な姿も忘れないようにしないといけないな、と再認識。

Photo_20220426002401 Photo_20220426002402

いわき震災伝承みらい館

閉館ギリギリまで館内を見て回り、これにて広かったいわき市内の観光も一応?コンプリート。
本当はもっと色々気になる場所はあったんですけどね、やっぱいわき市は広いわw

いわきの小名浜地区の中心地、泉地区でレンタカーを返し、ここから一気に水戸まで常磐線で移動です。
おおよそ一時間半弱の鈍行旅なんですが、東京の電車ってなんか独特なシートですよねえ。。。
ましてやロングシートだし(;´・ω・)

Photo_20220426003101

19時過ぎに着いた茨城県の県庁所在地、水戸!!
水戸に来たのは2回目、でも降り立ったのは実質初!!
水戸に来たからには飲みに行くぜえ!!

 

と思ったんですけどねえ。。。
やっぱり夜の繁華街で飲むのはこの情勢下、避けておきたい。。。
お店の人には大変申し訳ないが、いわきでもホテルで静かに夕食食べたし、今回もホテル内のレストランで静かに食事を頂くことにします。
しかし、このホテルのレストランで茨城の名産品を色々いただくことが出来たのはとてもうれしい誤算!
それもなかなか良心的な値段ときた!!

Photo_20220426003601

突き出しはやっぱり水戸納豆だよねえ♪
あまりしょっちゅうは納豆食べない自分ですが、わさびと納豆ってめっちゃ合うんやねえ。
暫く家でもからしの代わりにわさびにしてしまった位新しい味わい方を知りました♪

Photo_20220426003603

残っているメニューを見返したところこれは「目光」と言うこの地域で取れる深海魚のから揚げ。
サクッと口の中で魚の甘みを感じることが出来、とても好みな味わい♡

そして冬の茨城に来たら、やっぱこれですよね。

Photo_20220426003602

来た来たキターーーーーー!!

これぞ、茨城名物あんこう鍋!!

まさか、ホテルのレストランでここまでいただけるとは、このホテル、侮れんぞ!!
値段も良心的だしホテル代も安いし、結構ボ〇いけどいい宿見つけたぜえ!!

さあて、腹ごしらえも済んだし明日は朝から水戸市内観光で歩き回るぜ!!
続く

今回の行程

北茨城(岡倉天心邸)~来勿関跡~三崎公園~塩屋崎灯台~いわき震災伝承みらい館~泉駅

常磐線沿いお上り旅シリーズ

南相馬
浪江、富岡、いわき(四ツ倉、平)
いわき(湯本)
北茨城
いわき(来勿、小名浜)←今回

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

2022年4月10日 (日)

常磐線沿いお上り旅…北茨城

いわき市内観光は一旦切り上げ、ちょっと数時間ほど県を跨いでフライングした場所へ向かおうと思います。
その場所は北茨城、茨城県に突入です。
いわき市内を巡る予定の中で、ふと地図を眺めていると北茨城にも色々気になる見所が点在しているのを発見してしまった以上、これは訪れない訳にはまいりませぬ。
常磐線沿いお上り旅のテーマにも沿っていますし、少々のフライングは許容範囲内。

と言うことで北茨城観光へ!


常磐線沿いお上り旅シリーズ

南相
浪江、富岡、いわき(四ツ倉、平)
いわき(湯本)
北茨城←今回

もう一つのサイトも更新中♪

ETERNAL  WIND~永遠に吹く風~
Persona non grata(ペルソナ・ノン・グラータ )


先ず訪れたのは「浄蓮寺」
なんと、茅葺屋根の珍しいお寺です。
茅葺の屋根が独特で生き物のようにも見えますね。

Photo_20220410193201Photo_20220410193202

個人的にはクリボーの長老?の様なww

となんとも罰当たりな印象でスタートの浄蓮寺ですが、1200年近く前に建立された由緒あるお寺で、裏手の山沿いの渓谷には33体の観音菩薩が苔生す岩にあちこちにあり、身近に功徳を積めるように彫られたものだとか。
渓谷は晩秋の装いで紅葉が最高潮、人もおらず静かな自然を独り占め!!

Photo_20220410193203 Photo_20220410193205 Photo_20220410193206 Photo_20220410193204

前日に摩崖仏拝んできたばかりですが、ここの観音像群も手彫りの由緒ある石仏群。
やや、ややこしい場所にありますが、自然に溶け込んだ浄蓮寺、一度訪れてみてください。

それでは今度は北茨城の海沿いに向かいます。
いわき湯本編でも少し触れましたが、ここ北茨城は詩人「野口雨情」の生まれ故郷。
「ななつのこ」「赤い靴」「シャボン玉」等色々な童謡の作詞家でもございます。
その雨情が生れ育った北茨城には幾つかの雨情関連の施設があるので順にご紹介。

先ずは雨情の生家。

Photo_20220410195801

雨情関係の資料などもあり、色々お話も伺うことが出来ました。
童謡が好きな人ならきっと満足いく場所だと思います。
続いてはここ雨情生家から目と鼻の先にある「野口雨情記念館」

Photo_20220410200601

ここも雨情関係の資料などのほか歴史資料館も併設されているので北茨城の歴史なども一緒に知ることが出来ます。
入り口前にある像の横を通ると「シャボン玉」の歌と共にたくさんのシャボン玉が噴き出て来る者を歓迎してくださりますよ♪

雨情関連の施設を満喫した後は、五浦岬公園一帯へ。
近代日本の美術史に名を残した「岡倉天心」の施設があり、その中でも日本美術院をこの地を気に入り建立し、近代美術の学びに一生を注いだということですが、すまない、名前は聞いたことがあるのだが(;´・ω・)。。。

でもこの地を気に入ったことはよくわかるな。
この太平洋の眺望は確かに最高!!
海に突き出たように建つ六角堂も絵になるよね。

Photo_20220410201501 Photo_20220410201503 Photo_20220410201502Photo_20220410201504Photo_20220410201505Photo_20220410202502

五浦海岸の展望台からは岡倉天心をモチーフにした映画のセットなどもあり、にわかながら岡倉天心のことを知ることが出来ました。
野口雨情に岡倉天心、北茨城の二大巨匠確かにいただきました!!

それではまたいわきに戻ろうと思います。

参考サイト

北茨城市観光協会
観光いばらき

今回の行程

湯本~浄蓮寺~野口雨情生家~野口雨情記念館~五浦岬公園(天心記念館、六角堂)~茨城県天心記念五浦美術館

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

2019年5月 1日 (水)

西武線攻めてみました…飯能

上京時、時間があったら色々の私鉄沿線を巡ってみる自分。
今回はその時間がなさそうだったんですが、人と会う約束が仕事の都合で夜になってしまうと言う急な時間変更により、見事に時間が出来てしまいました。ならば折角だしどこかフラフラしようかなあ、と初めは鎌倉を久しぶりに散歩しに行こう!と思いホテルを出て武蔵溝ノ口駅まで来たところ、東海道線が事故で全然動かず復旧予定も分からんらしい。ならば目線を変えてどこかを攻めてみますか。

と東急の溝の口に移動し、路線図を眺めて。。。決めた!!!

今回の行先は「飯能」だあ!

えっ?飯能って昨日行った「ムーミンバレーパーク」のあったあの場所やん!

もしかして、もう一度ムーミンに会いに行くのか?
いやいや、流石にそれはないw実は飯能の駅でマップをもらった時に「トーベ・ヤンソン」の公園がある、と。。。
これは行くしかないっしょ!

と言うことで、早速西武池袋線に再び乗車。とは言え今回は一人なのでゆっくり急行電車で移動します♪
急行は西武ライオンズのプロ野球の試合があるのでしょうか?所沢までたくさんの乗客でにぎわっておりました。
所沢でみんな一斉に降りてしまい、一気に空いた電車はのんびり埼玉の郊外を各駅に止まっていき、小一時間かけて終点の飯能駅へ。

Ikebukurokine

急行は所沢から各停なんだねえ。高野線も河内長野から各停だから雰囲気はよく似てる♪
さて今回は飯能駅の裏側の南口から観光案内所でもらったお散歩マップに従って歩いていこうと思います。

Photo_84

コンビニでお茶を購入し用意は万端。先ずはここから小高い山の手にある「美杉台」に向かおうと思います。この時期桜は終わってしまいましたが、きっと新緑に映える多くの草花が咲き誇っているに違いない。散歩マップにもつつじや八重桜のこと書いてあったしw

駅を出て僅か5分程で長閑な風景が目の前に広がります。川を渡って小高い丘を上っていくのも何とも気持ちがいい。美杉台公園に着くとサッカーの試合で盛り上がっている声が。その横では多くの春の花々が俺を癒してくれています。歩いて行ってもそれほど苦にならないけど、実はさりげなくそこそこ上ってきたんだねえ。

Photo_85Photo_90Photo_93Photo_87Photo_106

美杉台、名前からして美しい郊外住宅地。整備された中にも自然との調和が取れていて素敵なところですね。と、ふと歩いていると目の前に週末のみ開いているらしい可愛らしいパン屋さんが。


「タイム」
木~日のみ営業
12時~売り切れまで

富良野産の「はるゆたか」の小麦粉、バターも四葉無塩バターを使用していると言う体に優しい材料をメインにしている小さなパン屋さん。
飯能市美杉台4-35-1


ちょうど昼時だし開店直後っぽいから、甘いパンでも買って行こ♪
と思ったら小さいながらもイートインスペースもあるではないですか!

コーヒーか紅茶もここで飲めるとあれば、これはティータイムと行きますか。
紅茶も何とも洒落ていて北欧紅茶の「セーデル」と一緒にお勧めのメロンパンとアンパンをいただきます!

Photo_89 Photo_88

お店の方が「温めましょうか」と仰ってくれ、お言葉に甘えて両方温めてもらったので、どっちもパン生地のサクフワッ感を思いきり口の中でで味わわうことが出来ました。まさかの偶然の出会い、美杉台バンザーイ!ww

美味しいパンもいただき元気も復活したので、美杉台を後に成木川沿いまで下っていき、入間川の合流地点までGO!途中薬香草園もあり、これまた美味しそうなパンがw美杉台やりますなあ。くぅ~~、美杉台巡りだけで半日イケそうですw

途中大蓮寺にお参りし、清川橋と言う所まで来ると川辺の雰囲気が凄く癒されそうな場所があったのでちょっと寄り道。散歩マップにはこの辺りはヒガンバナが咲くらしいけど、この時期は菜の花や紫の可愛らしい花が川沿いに恥ずかし気に点々と咲いている。。。いいねえ、こういうさりげない風景。

Photo_92 Photo_95

この後は入間川と合流し、川幅も一気に大きくなりますが春の草木はまだまだ続き、もう終わってしまい葉桜になっていたけど桜並木や中洲には自然草の菜の花が目の保養に。列車が通る鉄橋自体も何とも趣のある古い鉄橋だからかどこにいても絵になる光景には入間川沿いにはありますね。

Photo_94 Photo_96 Photo_107

しかーし、ここでも奴はやってきた。。。

低い金属音と共にあいつは現れた。。。

Photo_101

USArmyの軍用機、あ゛~、令和が平和な時代でいられるように。。。

さあて、気を取り直し頑張って歩いて今度は加治地域に向かいます。
駿河台大学と言う大学の横を通り進んでいくと、今回の一番の見所、トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園に到着です。
ここまで来るのに初めはバスでもあるかな?なんて甘ーい考えを持っていたんですが、そんなのないないww
タクシーを使うか、頑張って4キロほど駅から歩くかしかないw
そんな疲れても来て良かった、と言う光景が公園内はありました。

Photo_100 Photo_98 Photo_97

なに~、この癒しの空間は💕
ウイマフオネ(水浴び小屋)は宮沢湖畔のムーミンバレーパークにもあったけど、絶対こっちの方が味わいがあっていいよお!!
ムーミン谷を小さくしたような雰囲気がこの子どもの森にはありました。
なんて楽しい!アダルトチルドレンはめちゃくちゃはしゃいでおりました。心の中でww


トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園

開園時間:9:00~17:00
土日、祝日は21:00まで(日没後ライトアップ)
休園日:月曜日
入園無料

https://www.city.hanno.lg.jp/article/detail/1182/(飯能市)

https://www.moomin.co.jp/news/other/29874(ムーミン公式サイト)


美杉台、加治地域も堪能し最後は駅周辺まで戻って町並み堪能しようと思います。もっと時間があればいいんですけど、友人と会う時間もありますしね。
途中武蔵七福神と呼ばれる浄心寺や観音寺等の寺社群をいくつか見て廻って、最後は市民会館の奥にある能仁寺で〆。

Photo_99 Photo_102 Photo_105 Photo_104

飯能の市街地周辺だけでも軽く一日かける位の見所だくさんの飯能市。池袋から小一時間かけて来た甲斐がありました。
関東に住んでいたらまた山手の方とか攻めてみたくなる、再訪を楽しみに出来る素敵な町でした。こういう初めての町を探訪するのって本当楽しいですよね。大阪周辺でもまだまだ知らない町もたくさんあるので是非探訪記やってみようと思います。

Photo_103

これにて駆け足の1泊二日のお上りさんは終了。またお上りさんする時にはどんなネタをぶっこむかなw

今回巡った場所
飯能駅~美杉台公園~パン屋タイム~大蓮寺~清川橋~真善美の小径~トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園~浄心寺~飯能河原~観音寺~能仁寺~飯能駅

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

2019年4月29日 (月)

お上りさん、ムーミンバレーパークに行く…その2

3月16日にオープンしたムーミンバレーパークに早速出掛け、朝一から激しく動き回った前回はこちら

お上りさん、ムーミンバレーパークに行く…その1

大量のパンケーキをお腹に入れ、早足で14時半からの海のオーケストラ号のアトラクションの前に着くや否やすぐに案内され室内に。
若かりし頃のムーミンパパとその友人が作った「海のオーケストラ号」に乗っての大冒険のお話。シアタータイプのアトラクションで良くある水しぶきがプシューッとww

Photo_58

因みにムーミンバレーパークのアトラクションの多くは写真撮影がOKと言うところが素敵♡
海のオーケストラ号のアトラクションを楽しんだ後はちょっと散策を兼ねて宮沢湖畔の奥側にある「おさびし山エリア」まで歩いていきます。ムーミンパパ海へ行くで出てくるマヤッカ(灯台)やスナフキンが野営をしているあのテントもここにあり、スナフキンはどこだあ。と周りを見渡すもどうやらこの時間、2回目のエンマの劇場の方に行っている様でテントにはおらずorz。。。

暫しスナフキンになりきってみようと思った俺ww

Photo_83

明らかに人生疲れたモードになってるやん(;''∀'')

スナフキン曰く、
「人の目なんて気にしないで思うように暮らしていればいいのさ」
「大切なのは自分でしたいことが自分で知ってると言うことなんだよ」

やっぱスナフキン素敵♡俺もそんな生き方したーい!ここで疲れてちゃ先に進めないぜ。ここで一念発起しておさびし山に頑張って上ろう!
お゛~ぅ!!

Photo_73

小高い丘を上っていくとそこはヘムレンさんの遊園地こと「レイッキパッカ」エリア。子ども連れがたくさんアスレチックで遊んでいます♪
大きなきのこ横には落書き黒板があったので保育士心でお絵かきタイ~~~ム♪

Photo_74

ムーミンパパとニョロニョロww
えっ、下のキツネ野郎は誰?
ええ、自画像大樹でーすww

と色々遊んだムーミンバレーパーク、最後の〆はやはりここを見ておかないと。。。

そうです、ムーミン屋敷!!

Photo_79 Photo_80

ツアーの合間のわずかな時間だけ屋敷そばまで寄ることが出来るので目一杯ムーミン屋敷を360度堪能させてもらいました。
ムーミン屋敷の中はこじんまりとしていましたが、まさしくメルヘンワールド!見ているだけでワクワクが止まらない!!

Photo_81

こうして16時半過ぎまでの6時間目一杯楽しんだムーミンバレーでの一日。ムーミンバレーを後にすると、不思議とまた来たくなる衝動に。。。本当ムーミンワールド最高だぜぇ!!
日常の忙しさから解放されて、自由に生きることを忘れかけているそこのあなた、是非ムーミンワールドで乾いた心を潤しにいらしてください!!

Photo_53 Photo_54

かなり歩き回ったので、せっかくだからと最後は隣接するメッツァビレッジの湖畔でお茶タイムをして帰りました。
なのに最後の最後で残念な光景が。。。
折角のムーミンのメルヘン世界に相応しくないものが空から聞こえ、そしてその姿を見せ始める。。。

Photo_75

ゆっくりと飛んでいくUS Air Forceの軍用機。。。
近くに横田基地があるんでしたねえ。。。日米同盟の重要性は分からなくもないけど、何とも残念なミスマッチな光景。平和との共存の難しさを感じてしまった1シーンでした。


ムーミンバレーパーク
https://metsa-hanno.com/moominvalleypark/
開園時間 10:00~20:00
入園料 1500円
各アトラクションは入園後別途購入するシステム


さあて、飯能からはまた東京都心まで帰らなければならないのですが、お互い今日はスィーツしか口に入れてないし腹減ったよねえ、となり、折角やから池袋から品川の間でどこか喰って行こ♪となり、、、

降りた場所が、、、

Photo_76

えっ、これじゃわからん?
じゃあ、これでどうだあw

34

そう、韓国料理のサムギョプサル!
と言えば、新宿のお隣、「新大久保」ですよねええw
って、俺は新大久保って初めてなんです。

新大久保の裏路地にある「チャムナム家」と言うお店に狙いを定めGO!
サムギョプサルもすごく美味しかったのに、チーズタッカルビも頼んでハフハフしてきちゃいましたよ♪
勿論辛い韓国料理にはトマトビールに生マッコリ!

Photo_78 Photo_77

うぇーい、かなり酔っちゃったよおw
こうして朝一からお上りさんして盛り上がったムーミンワールドの一日も終了!
さあ次の日はどこへ行くのか、僅か週末1泊の旅の夜は更けていくいきます。

続く

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

2019年4月23日 (火)

お上りさん、ムーミンバレーパークに行く…その1

ねえムーミン、こっち向いて 恥ずかしがらないで~♪

と昔懐かしムーミンのオープニングが頭をよぎった4月某日。そういやあ3月にムーミンのテーマパークが出来たんやったっけ?折角やし行ってみいへん?と相方を誘って大阪から久しぶりにお上りさんでムーミンバレーパークへGOしてきました!

土曜日の朝6時半の始発飛行機で羽田に向かい、羽田で相方と合流し猛ダッシュで池袋駅へ。9時発の西武特急に乗り40分程かけ着いたのはムーミンバレーパークの最寄り駅、飯能駅。ここからはバスで揺られること20分でムーミンバレーパークがある宮沢湖畔「メッツアビレッジ」に到着です。到着は10時10分過ぎ。10時開園だからちょうどいいね♪
エントランスにはムーミンをはじめとするメインキャラの本型のエントランスがあり、入場前から来た人達をムーミンワールドに引き込んでくれます!それでは早速入園!開園直後と言うこともあり、まだそれほど混んだ感じはなく2人して余裕やね♪と高を括っていたのですが、入場早々にその余裕をへし折られることに( ;∀;)。。。

Photo_51 Photo_52

ムーミンバレーパークのシステムは入場するとその地点でいくつかあるアトラクションの予約が入れられるシステム。4つほどのアトラクションがあり、入場のQRコードを読み込んでもらったと同時にアトラクションの予約のためスマホを準備するも。。。
大人気のムーミン屋敷ツアー、、、すでに本日分終了とな!?

えっ?まだ開園して30分よ、ねえねえ、どういうことよ。そんなに人一杯いるように見えないんだけど!!!1

流石は大人気アトラクション。これは他のアトラクションも早めに押さえておかないとヤバいでないかい??
と気を取り直し、スマホを駆使し11時半にリトルミイのプレイスポット、14時半に海のオーケストラ号を無事ゲット!他のアトラクションは特にいいかな、と言うことでとりあえず最悪の事態は免れた(;''∀'')v
いや~、ムーミン屋敷侮れませんな、でもツアー時間の合間はムーミン屋敷のそばまで行ける様なので良しとしましょう。

で、そのスマホを駆使している間に実は我ら、11時から始まるエンマの劇場前で陣取りあるものを待っていたのです。それが、、、ムーミンのライブアトラクション!おっと、そうこうしているうちに向こうからやってきたのは。。。

Photo_55

愛しのスナフキン~~♪

Photo_56

今回のライブエンターテイメントの細かな内容は伏せておきますが、春になって冬眠していたムーミン谷のみんなをスナフキンが起こしに行ってみんなで遊ぼうとすると不思議なシルクハットを見つけて、、、そこから起こる不思議な大事件!と言うお話。
でもその中にはムーミンワールドならではの奥深さもあり、30分間が本当あっという間!
そして何と言っても個性的なキャラクター達!!

Photo_59Photo_71

ムーミンを初めムーミンパパ、ママ、スニフ等いつものメインキャラが舞台を所狭しと観客たちを楽しませてくれていたんですが、やはりこのキャラを忘れてはいけませんね、そう。。。

Photo_72

ミイ!!

かなりきつーいwwキャラメイク(笑)

これは一度直にお目にかかってみてください、強烈よおおおww

おっと、ライブエンターテイメントが終わると同時に次のアクティビティが始まる時間となった。急げ急げ!
時間ギリギリになだれ込んだのが先ほど予約を入れておいた「リトルミイのプレイスポット」。
ミイの何ともないたずらに対し奮闘するムーミン一家のお話なんですが、いたずら好きミイが観客を巻き込んであチャチャチャ~(;''∀'')。
他の方に見られるのに抵抗がある方はちょっと遠慮しておいた方がww

Photo_60

ミイのアトラクションが終わった頃、昼時で食事処はどこも長蛇の列。これは後で時間をずらして行った方がいいねえ、となりムーミンのことが個々ですべて?分かるといっても過言ではない展示と体験の施設「コケムス」に行くことに!

Photo_61

3階建ての大きな施設にはムーミンの生みの親、トーベ・ヤンソンのことやムーミンとその仲間たちのことが色々と展示されていて、とても楽しい!個人的にはミイとやっぱりスナフキンのことをたくさん知ることが出来、何時間でも入れそうな施設。ムーミンって本当一つ一つの話に深さがあるんですよね。子ども向けでもあるけど、大人に対してもムーミンワールドは色々深く問いかけてくれ、考えさせてくれる話が多いので本当大好き!!

Photo_62 Photo_63Photo_64 Photo_65

ニョロニョロの何も考えていないのに、あの何かの意図を醸し出すような動き、一体あれは何なんだ!永遠のテーゼだわあw
これを書いていてもまたニョロニョロワールドを堪能してしまいたくなるw

施設の最後にはムーミン谷のジオラマが展示されており、ムーミン屋敷の中もミニチュアで細部まで細かく表現されています。子どもの如くじーっと見入ってしまう俺。完全にアダルトチルドレンと化しております。

Photo_66

おーい、ヘムレンさん。そんなところでまた植物収集?(笑)

Photo_67

個人的にはここ「コケムス」が一番楽しかった♡
ムーミン大好きな人達にとってのまさしく「聖地」ですわw

さあて、そろそろ良い時間になったのでご飯食べに行こ♪

エントランス近くのパンケーキレストラン「レットゥラ」に行かへん?ムーミンママもパンケーキ作るの好きやしww
時間がずれたこともありそんなに並ぶこともなく、席に着くことが出来、早速美味しそうなパンケーキをどれにするかワイワイ相談しながら頼んだものが。。。

Photo_68

このシナモンアップルのレットゥ(1600円)と。。。

Photo_69

ベリーベリーのレットゥ!(2300円)

シナモンアップルのレットゥも4枚、ベリーベリーのレットゥに関してはにゃんと5枚ものパンケーキがデーンと(;゚Д゚)
2人で分け分けして食べたんですが、これ絶対無理っしょ!!

ウェイターさんにどれくらいの大きさ?とちゃんと確認はしたんだけど、
「ええ、皆さん食べられてますよwお兄さんなら大丈夫かと♪

お兄さん♡と言う言葉に調子づいたのが悪かったのかw
何とか頑張って頬張り続けたけど、このベリーベリーのレットゥ、上の大量のベリークリームだけでなくパンケーキの中にもぎっしりクリームとベリーちゃんが(;゚Д゚)。。。

くぅ~~、やってくれるぜ。ムーミンママよ。。。

Photo_70

この旗がないと見事に崩れていく。。。
ボリューム一杯のパンケーキ軍団を何とか食べきった時にはもう次のアクティビティの時間が、、、
甘~いお腹タッポン状態で急ぎます!

その2へ続く


メッツァビレッジ
https://metsa-hanno.com/
入場無料
開場時間 10:00~21:00

ムーミンバレーパーク
https://metsa-hanno.com/moominvalleypark/
入場料 1500円
開園時間 10:00~20:00
現地でも購入可だが、ネット申し込みがスムーズ。アトラクションは入場後にネットor現地での購入となるシステム。
アトラクションは以下の4つ
・海のオーケストラ号 1000円
・リトルミイのプレイスポット 700円
・飛行オニのジップラインアドベンチャー 1500円
・ムーミン屋敷ツアー 1000円


 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

2018年5月17日 (木)

お上りさん、上野、浅草へ行く

週末で上京遊びも3回目で最終回。週末だけだと頑張っても2泊までだねえ。。。もっと関東見所あるけどまたきっと上京するだろうからまたの機会にとっておこう。
と言うことで、3回目は上野、浅草と超、超メジャーなところを久し振りに散歩して帰阪します。
 
有明のホテルを後にシンボルプロムナードをのんびりビーナスフォート、フジテレビ等台場を朝散歩。皆さんは月曜のラッシュ中なのに何とも申し訳ない。
 
PhotoPhoto_2Photo_3
 
フジテレビがここに来て1回だけあの球体の展望台みたいなところ行ったんですよねえ。もうどれくらい前だかww
 
と、軽く朝の散歩を兼ねて台場巡りをした後、ゆりかもめに乗って一路浅草方面に向かいます。そこで1日お世話になる「東京メトロ、都営地下鉄共通1日乗車券」を購入。しかし、ここで大問題が。。。
 
自動券売機で購入しようとすると。。。 
 
 
PASMOへ強引に持っていこうとするんですが!(怒)
 
 
いらんちゅーねん!!とやり直して再度購入手続きをするも。。。
 
 
 
PASMO仕様に。。。 
 
 
〆る!!!
関西人にPASMO買わせてどないするねん!カードのデポジット勝手に取りやがって!
そう言や土曜日もJRで疲れたから帰りは少し奮発しようとグリーン車に乗ろうとグリーン券(週末は安くなるんだよね、ありがたい)を購入しようとホームにある券売機に行くと。。。
 
Suica仕様。。。il||li _| ̄|○ il||li
 
 
〆る!!!×2
強引にICカードのみにするなやあ!
 
 
普段使う人には便利なんだろうけど、たまにしか用のない人間には全く必要性を感じない。。。切に改善求む!!!
 
と愚痴ってもどうしようもない、やむなくIC乗車券で巡ることにします。
ラッシュ時の地下鉄も浅草が近づくにつれ減っていき、10分もしないうちにガラガラ。そして地下鉄は一つ目の目的地、押上へ…
勘の良い方ならもうお判りでしょう。
 
 
 
 
そう、東京スカイツリー!!!
 
 
Photo
 
あちゃ~。。。雲がかかっておる。。。
 
まあ、展望台の所はここから目視できるからある程度は見ることは出来るかな、と9時30分過ぎ、まだ人の少ないスカイツリーへ突入です!
 
ガラガラのスカイツリー、エレベーターも待つこともなくあっという間にフロア350へ。 
 
Photo_2
 
うひょー!なかなかの迫力ですなあ。で、遠くはどうかなあ。。。
 
Photo_3
 
うーん、霞がかかって新宿も見えんww
でも浅草のアサヒビールのウ〇チはみえるぞおww(ええ、違うのはわかっているんですが(;´Д`A ```、あの芸術センスやっぱ俺には分からんw)
 
Photo_6
↑降りてからちょっと一枚。うーん、、、見れば見るほど。。。(;''∀'')
 
3000円払ったのにちょっと残念ですが、まあ来たという記念費と言うことで。
この切符には天望回廊も入っているのでそれなりにお得なのかな?
因みに10時までに入るとこの値段で済むみたい。
フロア450の天望回廊ではなぜか宝塚歌劇団特集が行われておりました。あまりフロア350との差が分からんかったww
一通り下界を眺めたのち、降りてくるとフロア340では足元をガラス張りで観れると。。。ニュージーランドでもガラス床はあったが、、、
 
Photo_4   
 
うーん、もう少しこの金網っぽいの無かったら迫力あるんだけどなあ。。。
 
天気が今一つ故少し残念な部分もありましたが、流石は634メートルの高さを誇る東京スカイツリー、良いお上りさんネタを頂きました!!
 
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
東京スカイツリー
開館時間8:00~22:00
料金はHP参照
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
 
折角こちらに来たので、お上りさん必須スポット!「浅草」にも久しぶりに行ってしまいましょう!浅草は2011年に来て以来。。。相も変わらず観光客だらけの雷門にご挨拶。
 
Photo_5
 
もう日本人率2割以下ちゃう?と言う位外国の方で埋められていた浅草寺。「ザ・日本」と言えばここなんですかねえw
 
Photo_7Photo_8
 
勿論お上りさん、人形焼におかき、、、乗せられるまま「ザ・ご購入」w 
お上りさん、いいカモです(;´Д`A ```
 
さて、続いては浅草から2駅、上野へ移動です。
 
Photo_9
 
アメ横でぶらぶら。。。ここも外国人だらけ!お上りさん完全浮いておりますw
そのまま今度は上野公園方面へ。動物園にでも行ってみるか!パンダちゃーん!!
 
Photo_10
 
あっ、パンダちゃんじゃなかった(;´Д`A ```
今度こそパンダちゃーん!! 
 
Photo_11
 
ええ、この日は月曜日、、、見事休園日でございましたorz,,,il||li _| ̄|○ il||li
 
しゃーない、ならば上野公園をフラフラするかなあ。。。
そういえば上野界隈は博物館がたくさん立地してたんだよねえ。大昔バーンズコレクションで2時間位国立博物館で並んだっけ。
 
Photo_12
 
ええ、やはり月曜日、、、ありとあらゆる博物館は閉まっておりましたw
 
Photo_13
 
とフラフラ人通りの少ない上野公園界隈を散策していくと、、、気付いたら。。。
 
 
 
谷中周辺まで歩いてきてしまってましたw折角ですし久しぶりに谷中ものんびりお散歩でもしますかねえ。
ここ谷中は猫を売りにしていたのですが、今回猫と遭遇することは無かった。。。代わりにここでも外国人がわんさかわんさか。ここ谷中、ガイドブックにでも載っているんですかねえ?
 
Photo_14Photo_15Photo_16
 
とことこ歩き続けて谷中界隈をウロチョロしていくと知らず知らずのうちに「根津」まで来てしまいました。根津に来たのは2回目、有名な根津神社にお邪魔してみますか。ちょうど道には「つつじ祭り」ののぼりが。
 
根津神社に着くとすごい人がどこからともなく涌いて来てます。みんなのお目当てはきっとこれでしょう!!
 
Photo_17Photo_18Photo_19Photo_20
 
つつじって大体5月のイメージが強いですが、今年はやはり天候が半月~1か月早いですよね。4月のGW前にも関わらずつつじは完全に満開!1日目のネモフィラに続いて今回は花散策に恵まれております♪小さい頃は良くこの蜜を吸ってたな。個人的には濃桃のつつじの蜜がおいしいと思います!
 
昼下がりまで台東区界隈(ちょっと文京区まで足出したけど)を巡ってきたけど、流石に疲れてしまった。夕方には羽田に着いて飛行機までの時間はのんびり買い物&ラウンジでお上りさんの2泊かけて巡った上京物語は終了。ラウンジきれいになってる!!
 
Photo_21    
 
関東に住んでいる時にもっと色々東京巡っておけばよかったなあ、と思うんですがそれはやはり離れてみてわかるものなのかなあ。
また上京した時にはどこへ行ってみようか。。。またそれを楽しみに頑張ることにします。
 
 
この日の行程
有明~東京スカイツリー~浅草~上野公園~谷中~根津

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 

 

2018年5月 6日 (日)

お上りさん、ネズミーシーに行く

せっかくお上りさんしたんだしさあ、やっぱ東京味わいたいじゃんwって関西人が関東言葉使って潜入した先は。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ネズミーシー!!!!(ディズニーシー)
 
 
 
 
 
いやあ、大阪にもUFJ(USJ)あるけどさあ、なんていうかさあ、シーって黙ってても行けないじゃん?お上りさんしたならさあ、シーッて黙っとかずに騒ぎに行っとく?的なw
 
とそんな会話をしたかどうかはさておき?憧れのネズミーシー、デビューです!
 
7時30分に舞浜駅で待ち合わせ、ディズニーリゾートラインという夢の国へのモノレールに乗っていざネズミーシーへ♪窓もネズミーと何ともかわいいネズミーライントレイン♪萌えてまうわあw
 
PhotoPhoto_2
 
暫し並び、8時の開園と共にネットでとっておいたチケットで入場。日曜だし天気も良いから全部廻るのは厳しいよねえ、なんて話をしながらどこ行く?と聞かれ何も勉強してこなかった俺。。。
 
 
 
 
うーん、おまかせ
 
Photo_32
 
。。。
。。
( Д) ゚ ゚
 
おめえ、エスコートする気ないやろ!!o(#゚Д゚)_‐=o)`Д゚)・;
 
とまあ、いい加減な俺をリードしてくれつつ、先ず向かったのが「ファストパスを先にとりに行こう♪」と。
これから行く場所、さっぱり分かってないので、とりあえず下記の地図のゾーンで行った場所のイメージしてくれ!w
 
Img_b2b12e755c30560274e2ebf79cc2b4b
 
で、初めに歩きながら向かったのがポートディスカバリー地区の「ニモ&フレンズ シーライダー」、すんなりこのファストパスをゲット出来たので、少し時間があるのでそのまま歩いてロストリバーデルタ地区にある「インディージョーンズ アドベンチャー」へ。朝一番と言うこともあってか、あっさり20分もかからず入場。並んでいる感じもしない位めっちゃスムーズやねんけど…
 
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
インディージョーンズ アドベンチャー」
…大型ジープに乗ってインディージョーンズの助手パコの企画する魔宮ツアーへGO!
Photo_3
 
スリリングな世界で一発目からかましてくれるわあw書くとネタバレが多くなりそうなのでこれは直に感じてくれたまえw
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
 
 
一発目からテンションマックスモードで、そのまま隣のアラビアンコースト地区の「シンドバッド ストーリーブック ボンボヤージュへ。全く時間に無駄がない。そのまま5分でGO出来ました!
 
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
「シンドバッド ストーリーブック ボンボヤージュ」
…船に乗ってシンドバッドの旅のミュージカルを味わえるまったりツアー♪ 
Photo
 
にゃんだ、このまったりな乗りもんはwインディージョーンズの後のこのオフ感(笑)色んな意味で静かにw楽しんでしまった♪
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
 
 
シンドバッドを降りるとちょうど2つ目のファストパスが取れそうなのでロストリバーデルタ地区にあるもう一つのアトラクション「レイジングスピリッツ」のパスをゲット。
ここまでほとんどロスタイムが無いんだが、、、
ねえねえ、なんでこんなにスムーズなん?
と盛り上がりながらファストパス1枚目の「ニモ&フレンズ シーライダー」の場所へ。
 
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
「ニモ&フレンズ シーライダー」
…魚サイズになるシーライダーに乗ってニモ達と海のお散歩が出来る体感シアタータイプのアトラクション!   
Photo_2
 
慣れるまで軽くフラフラ三半規管が狂わされるけど♪慣れてくるとめっちゃ楽しい!!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
 
 
さあ、まだまだネズミーシー巡りは始まったばかり。次へ攻めていくぜえ!と今度はミステリアスアイランド地区の「センター・オブ・ジ・アース」のファストパスをゲットしに。するとどうも調整中と。。。でもファストパスは取れるらしいので10分程待機時間の後ゲット♪その待機時間の合間にポテトチュロスを購入して時間を無駄にせずw
 
Photo_3
 
さあて、チュロス食べながらそろそろ2つ目のファストパスでとった「レイジングスピリッツ」の場所へ。さすがにこの時間ともなるとどこも60分オーバーの所が多くなってきて、さっき行ったインディージョーンズでは90分オーバーと。。。本当運がいいねえ♪
 
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
「レイジングスピリッツ」
…崩れかけの発掘現場を駆け巡るローラーコースターのアトラクション!
Photo_4
 
うひょー!俺ジェットコースターめっちゃ好き♪この迫力早く味わいたいぜえ!!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆  
 
 
日曜の大混雑のネズミーシー、、、なのにすでに開園2時間ちょっとで4つもアトラクション攻めてしまった(;'∀')、、、
明らかにハイペースだよねえ。そんな俺達、10時30分過ぎには早め早めに行動しよう♪と「ユカタン・ベースキャンプ・グリル」で昼食タイム。時間も時間なので凄く空いていてテラス席でランチ♪
 
Photo_5
 
45分位喰っちゃべりながら、どこ行く~的なw
明らかにハイペースなこんなパターンは経験したことがない、と言われこれぞ俺のビギナーズラックかぁ?と大盛り上がり。ええ、実はネズミーシー初なんですぅ。。。
さぁて、それではどしどし攻めていきましょ!
 
Photo_6
 
次の場所への移動中、ネズミーの友達であろうキャラが愛想を振りまいていたが、全く分からんwそして言い忘れてたが、今ネズミーシーでは開園35周年ハッピーイースターであちこちに卵が♪
 
Photo_7Photo_8Photo_9Photo_10
 
イースターのイベントもあちこちでやっていて、マリタイムバンドがイースターを盛り上げている所も拝めましたよ!
 
Photo_11
 
家族連れ向けのマーメイドラグーン地区をくぐり、 「センター・オブ・ジ・アース」の横にある「海底2万マイル」へ向かいます。待ち時間も20分ちょっとでいい時間繋ぎが出来そう。
 
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
「海底2万マイル」
…沈んだアトランティス大陸を小型潜水艇に乗り込んで探検!サーチライトの先にいるものは。。。
 
Photo_12
 
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
 
 
おっと、あまりにスムーズ過ぎて、まだ「センター・オブ・ジ・アース」のファストパスの時間まで30分ほど時間がある(;´Д`A ```
ならば、ダメもとで人気アトラクション取りに行く?となり、うまいこと「タワー・オブ・テラー」の夕方時間をゲット出来た!!この人気アトラクションのファストパスを取ること自体が厳しいらしいので、本当ありがたい。
さて、ファストパスをゲットすると「センター・オブ・ジ・アース」の時間!
 
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
「センター・オブ・ジ・アース」
…地底走行車に乗って地底世界を探検。地底探検を続けていると噴火にあい、思いきり噴き上げられ、、、時速75キロの恐怖世界を味わいたまえw
Photo_13
 
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
 
 
これだけ乗ってもまだ13時過ぎ。目の前におもろいもんがクルクルしてるから、あれ乗ろう!とアクアトピアに乗ったり…   
Photo_14  
 
エレクトリックレールウェイに乗ったり…
Photo_15
 
キャラメルポップコーン頬張ったり…
Photo_16
 
と乗りまくり食べまくりしつつ、14時過ぎ。今度は少しゆっくりアメリカンウォーターフロント地区の「タートルトーク」へ。
 
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
「タートルトーク」
S.Sコロンビア号の船尾にあたる海底展望室に現れるうみがめの「クラッシュ」と突っ込みどころ満載のトークスクリーンアクション。「お前達、最高だぜぇ」、、、って俺を当てるなよw
Photo_17
 
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
 
 
ここまで長くても30分かからないでアトラクション三昧だったが、流石にこれだけはやむを得ん、、、と頑張って並びますか!と気合入れて90分並んで遊んだアトラクションがこの後登場!
 
 
 
その名も。。。
 
 
 
 
 
 
「トイ・ストーリー・マニア!」
 
 
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
「トイ・ストーリー・マニア!」
…3Dメガネでトイストーリーワールドに突入!!的を狙い撃ちするシューティングゲームだぜえwナンジャタウンの「蚊取り大作戦」のパワーアップバージョン??うっ、蚊取り大作戦もやりたくなってきたww並んでいる途中にも、「グリーンアーミーメン」が面白おかしく登場して俺のマップに覗きこんできたりと飽きの来ないパフォーマンスが最高♪
 
Photo_18Photo_19    
 
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
 
 
いやあ、朝から夕方までもう十分楽しんじゃったのに、まだ「タワー・オブ・テラー」の時間まで1時間あるwならば折角だしディズニーキャラクターと写真が撮れるグリーティングトレイルと言うところがあるみたいだし、折角の記念やし、撮りに行こ♪とまたまたロストリバーデルタ地区へ。
 
ミッキーという名の「ネズミ」と写真が撮れるなら、と思ったんだがあまり並んでなさそうなのに80分待ちとな。。。で、他のキャラは、、、とみると「グーフィー」が20分。。。
 
うーん。。。。
 
 
 
 
 
 
 
グーフィー!!!!!!!!!
 
 
Photo_20
 
一緒に写真をパシリ♪いい思い出になったよおw
 
おっと、グーフィーと戯れているとすでにファストパスの時間だあ。。。トランジットスチーマーラインに乗ってアメリカンウォーターフロント地区まで戻るぜ!
 
Photo_21
 
それではネズミーシー最後のアトラクション、味わせていただきましょう 。
 
 
 
「タワー・オブ・テラー」
 
 
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
「タワー・オブ・テラー」
…言わずと知れたネズミーシリーズ最恐!?のアトラクション。恐怖のエレベーターに乗り込んだら最後、最上階から。。。因みにA,B,Cと3種類の動きがあるそうだが。。。
 
Photo_22  
 
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
 
 
終わったころにはすでに夜の帳が。。。
で、実はこのアトラクション、コースター系は全く平気な俺ですが、フリーフォール系は苦手だったりするんですよねえ。。。
 
「え゛~、やっぱ乗るんだよねえ。。。 」
「来たならやっぱ乗るんだよねえ。。。」
「途中でストップとかしないんだよねえ。。。」
「一番前に当たることないよねえ。。。」
 
やたらと独り言の多くなる俺。。。
そんなことはお構いなしで刻一刻と恐怖の時間はやってきた。。。
 
下から見上げていた時に一番上の窓が開いていてそこからキャー!!!の叫び声を切った地点で俺の心臓はバクバク。。。すなわち外の風景が見えた時が天に召される時なのかあ。因みに何と言うことかよりによってあれだけ外れてくれ、と思ったのに見事に。。。
最前列( ;∀;)
 
 
 
と、その瞬間は訪れた、、、
 
 
夕暮れのネズミーシーから見える紫色の観覧車はどこの。。。
と思った瞬間!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
落ちるーーーーーーーーー!!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
( Д) ゚ ゚   
 
 
 
この時自分が叫んだ言葉が、
 
 
 
 
「無理、無理、無理~~~~~~~~!」
 
 
 
 
 
 
 
我ながらおもろいw
めっちゃ怖かったけど、実はまた乗ってみたい衝動に駆られている自分が今ここにいたりする。。
 
 
 
いや~、目一杯遊んじゃったねえ。
流石はネズミーシー、夢の国の一日はあっという間でした。
最後は「カフェ・ポルトフィーノ」で夕食タイム。お皿の置き方がネズミー♪
 
Photo_23                      
 
テラス席で食事をしていると、目の前のメディテレーニアンハーバー地区でネズミー達の「ファンタズミック」がスタート!!食事しながらまさかのショーを座ってのんびり見れるなんて、やはり今日は何かしら持っているぜ!!
 
Photo_24Photo_25Photo_26Photo_27  
 
ネズミー!!!!!!!!
Photo_28    
 
日曜の夜遅くまで丸々過ごしたネズミの国での一日。みんなが夢の世界だと言うのが良く分かるねえ。いい歳して童心に戻った一日でした。って童心にはほぼ毎日戻ってるかw
 
Photo_29      
 
帰る我らをおもてなしで送り出してくれるキャストの皆さん、「35th」 のペンライト最高です。ディズニーリゾートが出来今年で35周年。これからもたくさんの「夢」を日本中の皆さんにお配りください
 
と言うことで、お上りさん第二弾はこれにて終了。
次回は最終回、俺らしいセコセコ巡りで〆としたいと思います。
 
Photo_30Photo_31
 
続く
 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

2018年5月 3日 (木)

お上りさん、ひたちなかへ行く

暫く更新滞っていました。新年度も始まるも、色々な雑務が多く、また4月の休みは日曜と祭日のみ。土曜は21日(土)以外全出勤(;''∀'')。
完全日曜は体を休めるのに精一杯。って休むのに精一杯ってあんた!って感じですがw
そんな休むだけの休日、唯一の土曜日曜の連休が重なった21~23日(23日はたまたま休み取っていい、と言ってくれたのでありがたく有休頂いて)久しぶりに「お上りさん」してきました。
お上りさんは2年近く振りかな、今回は全く趣を異にした行動パターンです。
では、お上りさん1日目スタート!
 
朝は6時40分発の関西発で羽田へ。羽田へは関空からだとJAL便がたったの3便しかないのでこんな早朝に移動せねばならぬ(;´Д`A ```伊丹でも良いんだけど、南大阪の人間には遠いんだよねえwさて、そんな飛行機であっという間に8時には羽田へ。
 
朝早い羽田からどこへ行くか?それはタイトル通り「ひたちなか海浜公園」です!
前々からいろんな人達の「ひたちなか海浜公園」の記事を拝見してて是非行ってみたい、と思っていたんですよねえ。で、この日は1日ひたちなかに割いて、夜は関東時代働いていた同僚と盛り上がる予定。
早速、モノレールに乗って茨城県は「勝田」と言う所まで向かいます。
 
早速お上りさんにとって便利な切符を羽田空港のインフォメーションセンターで購入。その名も。。。
 
休日おでかけパス」byJR東日本
 
2670円で土浦まで乗り継ぐことが出来ます。えっ?勝田って水戸より先でしょ!?
   
そうなんですよねえ。。。なぜか連続して使える便利な切符が無くて、やむなくこれが一番使える切符だったもんで。でも東京モノレールの他に東京臨海高速とかいう今回泊まる有明への電車にも使えることを考えると断然安い!
羽田~勝田で片道2760円なので、土浦~勝田の970円を別途払っても、往復で十分元が取れます。それにこの日は川崎で盛り上がって上記の様に有明までフリーな切符ですから十分元取らせていただきます♪
 
モノレールに乗って、浜松町に行き、そこから一駅の新橋から直通の常磐線に乗って一路勝田へ。。。ってきた電車が、、、
 
水戸行。
 
おいおい、あと一駅なのにil||li _| ̄|○ il||li
 
水戸から勝田駅まで乗り換えてやっと着いた勝田駅、すでに昼前なんですが(-_-;)
で、ここでバスに乗り換え目的地の「ひたちなか海浜公園」に着いた時にはすでに昼を越えておりました。何て遠いんだ(;´Д`A ```茨城県。
 
生憎ここを15時に出ないと川崎でみんなと会う18時には戻れん。実質2時間半でこの公園を味わい尽くさないといかん訳だ。はじめの計画では阿字ヶ浦辺りも散策するつもりだったけどこれは無理だな、と海浜公園一本に絞り公園内を反時計回りに巡ってみることにします。
 
Photo
 
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
ひたちなか海浜公園
開園時間  9:30~17:00(季節により変動あり)
入園料    450円
東京ディズニーランドの約7倍もの広大な敷地に四季折々の花木が植えられて、散策のみならず遊園地や大広場などもあり、ピクニック等1日かけて遊べる広大な公園
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
 
土曜日の週末と言うこともありすごい人ですが、公園自体が広大なので、自分のペースで巡ることが出来ます。早速西口の「翼のゲート」から右へ折れていくと、「たまごの森」と言われるスペースに一面に咲き誇る「チューリップ」の花々が!ちょうど満開のきれいな時期に来れました。色とりどりとはまさしくこのような光景を言うのですね。
 
Photo_2Photo_3Photo_4Photo_5    
 
チューリップと一口で言っても形状も色も色々。こんなにたくさんの種類があるなんてチューリップ最高♪ミニダッチ!
 
スタートからこの勢いではメインディッシュにたどり着くまでにお腹いっぱいになりそうですが、頑張って歩いて南口の方に向かいます。暫く歩くと6月ごろが見頃になるであろうローズガーデン、そして遊園地スペースを越えて続いては「砂と海の広場」へ。
 
Photo_6
 
浜辺の向こうには太平洋が。砂地でも植物の力とはすごいもので根を何とか張ろうと力強い姿が砂礫ガーデンに広がっていました。
逆側には「香りの谷」があり、ハーブ類がたくさん。時期はずれていたようですが、カレーの香りが凄くしたのでカレープラントですかね。
 
シーサイドカフェでゆっくりしようかなあ、と思ったんですがさすがは週末。のんびりお茶なんてできなそうな雰囲気、それ以前にすでにここに来るまでに1時間半近く、滞在時間の半分越えてしまってます。のんびりもっと過ごしたいけどメインディッシュを頂きに行くことにします。
 
Photo_7Photo_8    
 
広々大草原では家族連れがピクニック中。遠くにはさっき通ってきた観覧車も!
 
Photo_9Photo_10    
 
暫しこの芝生の上で爆睡したい衝動に駆られつつも残り1時間しかない。ちょっと詰め気味でメインディッシュの場所に向かったのですが、その世界が目の前に広がると一瞬時間が止まってしまった様な錯覚に。。。
 
 
そう、メインディッシュこと、 「みはらしの丘」に到着しました。
4月中旬~5月初旬までこの「みはらしの丘」で拝めるものが。。。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「ネモフィラ」です!!
 
 
 
Photo_11
 
空と海の青を足して割ったようなまさしくお互いの「青」が混ざり合ったようなネモフィラが一面に咲き誇るみはらしの丘。
今年は例年より早めだった様で、ちょうど行った日が見頃とのことで、すごい人ですがそんな人混みも全く気にならないほどの絶大な光景が目の前に広がっていました!!
 
Photo_12Photo_13Photo_14
 
お゛~、神よ。大阪から来たお上りさんに最高のご褒美をありがとうございます!!
 
Photo_15Photo_16Photo_17Photo_18
 
ネモフィラの青とこれまた満開の菜の花が色差でより映えてどこを見ても絵になるひたちなか公園のみはらしの丘、もっとゆっくり個々の世界を味わいたかったけど、すでに時計は14時半を過ぎタイムリミット。。。
東京から3時間以上かけてやってきただけの価値のある「ひたちなか海浜公園」、必ず訪れたいと思っていたこの場所に来れたことに感謝です。天気もネモフィラを拝むには最高の快晴で本当神に感謝♪
 
休憩もまともにせず、羽田からペットボトルだけで乗りきってきたのでお腹も限界。。。
そこで、ここひたちなか海浜公園でネモフィラソフトと共に人気だと言う「海浜公園のメロンパン」を購入!茨城産のメロン果汁をたくさん使ったメロンクリーム入りの甘ーいメロンパン。あっという間に食べ終えてしまったw
 
Photo_19    
 
GWまでが見頃らしいんですが、今年はもうGWだと遅めだと。。。
本当良い時期に訪れることが出来ラッキーでした。
夜は川崎でみんなと盛り上がり、有明のホテルに着いた頃は日が変わってました。
さて、次回はお上りさん憧れの地ですw
 
続く
 
今回行ったところ
ひたちなか海浜公園…http://hitachikaihin.jp/
 
 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

2016年11月 3日 (木)

千葉ってでかいんだねえ。。。…上総(大多喜、市原)

一気に更新速度落ちてしまいました。。。今年一杯は微妙な更新頻度になってしまいそうです。(´・ω・`)ショボーン
職場でも色々あり、生活全般に激震が起きそうな勢いの上、仕事には忙殺され、毎月の試験に論文提出といつ自由の身になれるのか。。。今年は試練の年か?(-_-;)
愚痴ってばかりいても仕方がないので、シルバーウィークの記事を仕上げてしまいます。
前回はこちら
国吉駅を後に、15分ほどで大多喜町に着くのですが、かなりの車、町内に入ってからはノロノロ運転が続きます。中心地の駐車場はどこも満車で入れないと、とりあえず町の高台にある大多喜城に車を運んだところ何とかスペースを見つけて止めるが、後から後から車がやってきてその駐車場も一杯。この日はなにがあるの?と思いつつ大多喜町の観光へ。
まずは駐車場近くにそびえる高台の大多喜城へ。
Photo

小さなお城でしたが高台の城だけあって町を眼下に見下ろせるこのお城の城主が羨ましい。因みにここ大多喜城のメイン城主だった武将として有名なのは「本田忠勝」、そう今NHKの大河ドラマ「真田丸」でも猛将として名を馳せた徳川方の武将です。なるほど、真田丸効果でこんなに人がいたわけだ。
と、思っていたんですが、実はそういう訳だけだったわけではないようで、なんとこの後私、あの「本田忠勝」にお会いするのです!!( Д) ゚ ゚
大多喜城を見学した後は眼下に広がっていた城下町「大多喜」を見て回ろうと下っていくのですが、2キロ弱の下り道、すごい人が沿道を埋めています。いくら真田丸効果とはいえ、これは多すぎるだろう、と駅近くまで来てその理由が判明、この日は「大多喜お城まつり」おいうものがあって、そこら中に当時の装束をまとった参加者がわんさか。これは良い時に来た!いつもはもっと静かな町であろうに、多くの観光客に住民が総出で町を盛り上げていてワクワク感も半端ないですw
Photo_2Photo_3Photo_4Photo_5

上総の小江戸と言われるだけあって町並みがまたこの日の祭りをサイドからサポート♪そうこうしているうちにメインイベント、武者行列が始まったようです。

Photo_6Photo_7

大多喜の武者行列、すごい規模!町中の人達が当時の人達に扮して町を練り歩く姿は本当絵になります。ん?あの人だかりは何?どんどん近づいてくるあの集団にみんな釘付け。。。あれ???
もしかして。。。


Photo_8


うぉーーーーーーーー!!
本田忠勝ではないですかああwww

そう、真田丸で本田忠勝を演じている藤岡弘、さんが登場!!馬にまたがる姿の何とも凛々しいこと。バイクに乗っても様になり、馬に乗っても様になり、、、さすがは名俳優さんです!!
偶然訪れた大多喜で名俳優を拝めたことは最大の収穫♪車に戻って次の地へ向かう途中駅に寄り道すると、ムーミン列車もデーンと構えておられこれまたラッキー♪この後の旅程もいいことあるかも♪

Photo_9

昼下がりの大多喜を満喫し、最後の寄り道スポットへ向かいます。その地は「養老渓谷」、名は知っていましたが、結構広範囲に広がる渓谷と言うことを知らず、観光案内所に行ってマップを貰い愕然。。。ちょっと大多喜でのんびりし過ぎたか。すでに時間はこれまた15時過ぎ、全部を見て回るにはちと厳しいか。。。

大きく分けて3つのコースがあるみたいですが、1つは大丈夫として、2つは厳しいか。

Main

この中で一番見ごたえのありそうな、滝めぐりコースだけでも見て回れるかな、と判断して車を走らせます。大小様々な滝がマイナスイオンを吐き出し、心の安らぎを与えてくれるこの滝めぐりのコース、靄もかかり、その雰囲気をより醸し出してくれます。

Photo_12 Photo_10Photo_11Photo_13Photo_14

宮崎の青島にあるような鬼の洗濯岩の様な奇岩に靄のかかった渓谷を流れる養老川、ここにこれただけでも養老渓谷の見どころいただきました!って感じですかね。しかし、自分やっぱ欲張り。。。16時30分に1周して戻ってきて、明らかに時間的にはここが最後かな、と思ってたんですけど、もしかしたらもう1カ所のコース行けるかも、、、と滅茶ぶりを発揮してしまいました(;^_^A
向かった先は弘文洞跡をメインとするコース。駐車場に車を入れると今からでも大丈夫だけど、途中台風の爪痕で川にかかっている遊歩道が通れないかもしれないとのこと。。。でもちょうど戻ってきた人が「何とか倒木の間をくぐったら川渡れますよ」と言ってくれたので、頑張って2つ目のルートも散策することに決定!

Photo_15

2段仕掛けの不思議なトンネルをくぐった先が遊歩道、数百メートル進むと言われていた倒木群が川に引っかかっていて、その後ろ側に飛び石が申し訳なさげに。。。
あの場所をクリアすればいいのね♪とぴょんぴょん跳ねながら渡っていこうとすると、先に渡ろうとしてた人が諦めて戻ってくる。。。
何故?戻ってしまったのか?と入れ替わりで渡り始める俺。難なく渡りきり弘文洞跡へ向かうと後ろからまた先ほどの人達がついてくる。自信なかったようですね。俺も確かにこの情報を仕入れていなかったら悩んだかも。。。そうこうしているうちに弘文洞跡へ到着。洞窟の中を養老川が流れているのかな?なんて思っていたんですが、いざ着いてみると川の分岐点みたいな感じで、まあこれはこれで素敵な風景なんですが、その由来が???
結局この場ではわからず、大阪に帰ってからこの弘文洞跡について調べてみるとこの分岐はその昔、耕地を開拓するため養老川の支流、蕪来川を川まわしして造った隧道だったそうですが、上部が崩壊して現在の様な形になったんだとか。大きな輪潜りの様な形状をしていた頃の弘文洞を見てみたかったかも。。。

Photo_16

養老渓谷の風景美を急ぎ足ながら見て回れ欲張った甲斐もありました。コース最後に出世観音を拝観して養老渓谷巡りは終了。ここ出世観音は源頼朝が再起をかけ祈願した観音がと言うことで開運を願い祈ってきたんですが、今明らかに職場の方向が揺れつつある事態にちょっと心配な状態。観音様への祈願が足りなかったのか??

Photo_17
まあそれはさておき、今回の旅程、勢いで2コース攻め上げて千葉の上総攻め終了。もっと時間があればいいんですが、まあ第1回目の千葉攻めとしては良し、としますか。
小湊鉄道の駅に来るとこれまた何とも時代を感じる気動車が出発を待っていました。最新の列車があちこちに走っている首都圏にこんなローカルな列車があることが何とも驚き。日々の疲れを癒すのにこの上総の地は最高でしょうね。自分の中で千葉の魅力急上昇中ですw
Photo_18Photo_19

ここから川崎まで小一時間で戻れると思ったら帰りのアクアライン、やはり大渋滞。結局19時過ぎてしまいました(;^_^Aまあ、飛行機は最終でしたんで十分に時間はあったんですが、またご飯を味わう時間がなくなりました。。。空港で天丼食っているうちに搭乗時間になり帰阪へ。千葉、本当大きくもっともっと攻め上げたくなってしまいました!
これで千葉旅行記終了!
次はいつ行けるかなあ。。。

終わり
 
過去ブログ

より以前の記事一覧

フォト

兄弟サイト

リンク先

  • Amyの let's enjoy life♪
    ココログでお世話になっています。 旅行を沢山楽しまれている様で旅行記楽しく拝見させていただいております。
  • Junjiroの旅時々日常
    日本全国津々浦々を飛行機や列車を使って旅されている旅好きな方です。 弾丸での島巡り、いつも楽しく拝見させてもらい、ちょくちょく参考にさせてもらってます♪
  • kenzoブログ ~ いつもココロにカメラを ~
    ゆうきさんつながりでお世話になっています。 よろしくお願いします。
  • 三十路手前の手前味噌
    ココログでお世話になっております。 気が付けばどこかに行ってらっしゃる、、、 超アクティブな女性の旅行記です。
  • 単行列車の枕木に揺られて
    列車や船旅をメインに日本中色々巡られているトラベラーさんです。
  • 笑っていこうよ!
    ココログ時代からお世話になっているゆうきさんのブログです。 トコトコ散歩シリーズはゆうきさんならではの散歩目線で面白く拝見させていただいております。 天下の散歩ブロガーさんです♪
  • 青空生活
    ココログでお世話になっております。 写真一枚からでも多くの風情を感じさせる素敵な写真を撮られておられるブロガーさんです。

楽天トラベル

無料ブログはココログ

ランキング

  • ランキング